「大川小」とは?

関連ニュース

<311次世代塾>災害犠牲を教訓に 学生ら大川小など視察 - 10月15日(日)14:35 

東日本大震災の伝承と防災啓発の担い手育成を目指し、河北新報社などが企画した「311『伝える/備える』次世代塾」の第9回講座が14日、宮城県石巻市であった。大学生ら受講生約60人が同市大川小などを視察。
カテゴリー:

【仙台高裁】大川小津波訴訟 市教育委員会の元職員「マニュアル確認せず」と証言 石巻市 - 10月12日(木)22:55  newsplus

東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が、市と県に損害賠償を求めた訴訟の控訴審第6回口頭弁論が12日、仙台高裁(小川浩裁判長)であり、学校防災に携わった市教育委員会の元職員が証人尋問で「学校の危機管理マニュアルを震災前は詳しく確認しなかった」と話した。 元職員は学校教育課長を務め、各学校の安全管理を指導する立場にあった。毎年提出される危機管理マニュアルについて、形式的な確認にとどまり「中身を検討していなかった」と証言。定例会議などを通じて校長に、適切なマニュアル...
»続きを読む
カテゴリー:

<大川小控訴審>仙台高裁裁判官が現地視察 - 10月05日(木)06:05 

東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の19遺族が、市と宮城県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、仙台高裁の裁判官3人が4日、現地を視察した。 小川浩裁判長をはじ
カテゴリー:

<大川小控訴審>マニュアル「内容確認せず」石巻市教委元幹部ら証言 - 10月13日(金)06:05 

東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の19遺族が、市と宮城県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審第6回口頭弁論が12日、仙台高裁であり、2010年度に市教委学校教育
カテゴリー:

震災から生まれ、年間200公演を無償で行うローカルヒーロードキュメント小説『RYU PROJECT』 - 10月10日(火)10:00 

ローカルヒーローが花盛りである。先日開催された「日本ローカルヒーロー祭」には実に350ものキャラクターが参加したという。もちろん、実際にはそれ以上の数のローカルヒーローが全国に存在するのだろう。「破牙神(ばきしん)ライザー龍」は、東日本大震災がきっかけで生まれた宮城県のローカルヒーローだ。この9月、その歩みを小説形式で記録した書籍『RYU PROJECT 震災のあの日から』が刊行された(公式サイト)。固有名詞などは変えられているが、ほぼ事実に近いことが記されているという。版元は仙台の書店チェーン・金港堂出版部。避難所の子どもたちのためにヒーローを作りたい!2011年3月11日の東日本大震災からしばらく後のこと、仙台の小さな企画制作会社を営む主人公たちの元に一本の電話が入る。避難所の子どもたちのために、テレビで全国的に知られているヒーローを呼べないかという相談の電話だった。彼らがかつてそのテレビヒーローのキャラクターショーを手がけていることを知り、連絡してきたのだ。しかし、手を尽くしてはみたものの、版権やビジネス上の問題などでテレビヒーローを呼ぶことはできなかった。それでも、家を失い、親を失い、我慢に我慢を重ねてきた子どもたちがあげた声に応えたい。そう強く思ったメンバーの中から、こんな声が上がった。「だったら作りましょうよ! 版権にとらわれない、私達で自由に動かせるヒーローを!」この...more
カテゴリー:

【宮城】大川小津波訴訟、裁判官が現地視察 複数の避難経路確認…仙台高裁 - 10月04日(水)19:36  newsplus

大川小訴訟、裁判官が現地視察=複数の避難経路確認-仙台高裁 東日本大震災の津波で犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校の児童23人の遺族が、 市と県に損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、仙台高裁の小川浩裁判長ら裁判官3人が4日、 遺族らと現地の校舎周辺を視察した。   小川裁判長らは、児童や教職員が避難のため実際に向かったとされる小高い交差点を経由して、 児童が植樹活動を行っていた山に登り、大川小が事前に準備すべきだった避難場所として適切かを確認した。 校庭では、遺族側が「避難すれば助かった」と主...
»続きを読む
カテゴリー:

「大川小」の画像

もっと見る

「大川小」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる