「大川小」とは?

関連ニュース

私たち19遺族は本当のことを知りたいだけだ 大川小はなぜ51分間も校庭に留まらせたのか | GARDEN | 東洋経済オンライン - 12月12日(火)15:00 

さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「…
カテゴリー:

宮城の大川小で遺族ら語り部に SNSで告知後10回目、石巻市 - 12月10日(日)18:48 

東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が死亡、行方不明になった宮城県石巻市立大川小で10日、遺族や地域住民などで...
カテゴリー:

【仙台高裁】大川小訴訟 「津波と無関係な学校ではありませんよね」 裁判官の質問で原告が涙★8 - 11月29日(水)13:06  newsplus

「弁護士生活35年。裁判官の質問で原告が涙するシーンを初めて見ました」   東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の遺族が起こした訴訟の控訴審で、原告代理人を務める斎藤雅弘弁護士がこんな感想を漏らした。   仙台高裁で10月12日にあった口頭弁論で、高裁は震災前の津波ハザードマップで大川小の通学地域の一部が津波浸水予想区域に含まれる点に着目。潮見直之裁判官が被告の市側に「津波と無関係な学校ではありませんよね」とただした。   一審の最大の争点は海岸から約4キロ離れた...
»続きを読む
カテゴリー:

【仙台高裁】大川小訴訟 「津波と無関係な学校ではありませんよね」 裁判官の質問で原告が涙★2 - 11月26日(日)22:08  newsplus

「弁護士生活35年。裁判官の質問で原告が涙するシーンを初めて見ました」   東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の遺族が起こした訴訟の控訴審で、原告代理人を務める斎藤雅弘弁護士がこんな感想を漏らした。   仙台高裁で10月12日にあった口頭弁論で、高裁は震災前の津波ハザードマップで大川小の通学地域の一部が津波浸水予想区域に含まれる点に着目。潮見直之裁判官が被告の市側に「津波と無関係な学校ではありませんよね」とただした。   一審の最大の争点は海岸から約4キロ離れた...
»続きを読む
カテゴリー:

【仙台高裁】大川小訴訟 唯一生き残った教師尋問せず来年1月結審★2 - 11月21日(火)19:37  newsplus

宮城県石巻市の大川小学校の津波避難をめぐる裁判の控訴審です。遺族や学校側、仙台高裁などの協議で裁判が来年1月に結審する見通しとなりました。 唯一生き残った教師への証人尋問を行なわない方針が明らかになり、遺族は表情を曇らせました。 裁判は、大川小学校で津波の犠牲になった児童23人の遺族が、石巻市と宮城県に損害賠償を求めているもので、一審の仙台地裁は、市と県に14億円余りの賠償金を支払うよう命じましたが学校側と遺族側、双方が控訴しています。 20日の進行協議で、仙台高裁の裁判長は来年1月23日の法廷を控訴...
»続きを読む
カテゴリー:

<大川小>「友達、先生の分まで」つらくても語り継ぐ 被災児童が初ガイド - 12月12日(火)06:05 

東日本大震災の発生から11日で6年9カ月を迎えた。10日は、児童74人と教職員10人の計84人が犠牲となった石巻市大川小の遺族らでつくる「大川伝承の会」の語り部ガイドがあり、当時5年生で津波にのまれな
カテゴリー:

【仙台高裁】大川小訴訟 「津波と無関係な学校ではありませんよね」 裁判官の質問で原告が涙★10 - 11月30日(木)15:39  newsplus

「弁護士生活35年。裁判官の質問で原告が涙するシーンを初めて見ました」   東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の遺族が起こした訴訟の控訴審で、原告代理人を務める斎藤雅弘弁護士がこんな感想を漏らした。   仙台高裁で10月12日にあった口頭弁論で、高裁は震災前の津波ハザードマップで大川小の通学地域の一部が津波浸水予想区域に含まれる点に着目。潮見直之裁判官が被告の市側に「津波と無関係な学校ではありませんよね」とただした。   一審の最大の争点は海岸から約4キロ離れた...
»続きを読む
カテゴリー:

【仙台高裁】大川小訴訟 「津波と無関係な学校ではありませんよね」 裁判官の質問で原告が涙★4 - 11月27日(月)10:13  newsplus

「弁護士生活35年。裁判官の質問で原告が涙するシーンを初めて見ました」   東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の遺族が起こした訴訟の控訴審で、原告代理人を務める斎藤雅弘弁護士がこんな感想を漏らした。   仙台高裁で10月12日にあった口頭弁論で、高裁は震災前の津波ハザードマップで大川小の通学地域の一部が津波浸水予想区域に含まれる点に着目。潮見直之裁判官が被告の市側に「津波と無関係な学校ではありませんよね」とただした。   一審の最大の争点は海岸から約4キロ離れた...
»続きを読む
カテゴリー:

【仙台高裁】大川小訴訟 唯一生き残った教師尋問せず来年1月結審★5 - 11月23日(木)21:52  newsplus

宮城県石巻市の大川小学校の津波避難をめぐる裁判の控訴審です。遺族や学校側、仙台高裁などの協議で裁判が来年1月に結審する見通しとなりました。 唯一生き残った教師への証人尋問を行なわない方針が明らかになり、遺族は表情を曇らせました。 裁判は、大川小学校で津波の犠牲になった児童23人の遺族が、石巻市と宮城県に損害賠償を求めているもので、一審の仙台地裁は、市と県に14億円余りの賠償金を支払うよう命じましたが学校側と遺族側、双方が控訴しています。 20日の進行協議で、仙台高裁の裁判長は来年1月23日の法廷を控訴...
»続きを読む
カテゴリー:

「大川小」の画像

もっと見る

「大川小」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる