「大崎洋」とは?

関連ニュース

中尾明慶&小出恵介、ジミー大西の天然発言に振り回され苦笑い - 03月21日(火)14:00 

 吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月21日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。今年で9年目を迎える同映画祭。実行委員長の大崎洋氏は、「見よう見まねで初めた映画祭ですが、少しずつ成長していると思います」と感慨深げに語った。 ・【フォトギャラリー】沖縄国際映画祭概要発表会見の様子はこちら  4月20~23日に行われる第9回は、過去最大規模となる12市町村での開催を予定している。那覇、北谷、宣野湾のほか、世界遺産に登録されている中城村・中城城跡、宮古島にある日本最南端の映画館「よしもと南の島パニパニシネマ」、石垣の石垣市民会館など本島以外も会場に加わった。  上映ラインナップ(21日現在)で大きな話題となったのは、明石家さんまが芸歴42年目でドラマのプロデュースに初挑戦した「Jimmy アホみたいなホンマの話」(Netflixオリジナルドラマ)。特別上映作品の目玉と位置づけられ、芸人・ジミー大西の半生を、さんまとの出会いを軸に描く。この日は、ジミー役の中尾明慶、さんま役の小出恵介、そしてジミー本人が出席。中尾は、「1話を撮る前に、最初に僕と小出くん、さんまさんとジミーさんの4人だけでリハーサルをした。おふたりが最初から最後まで1話を演じるんです。僕らが見ている前で、『俺らがこのドラマをやったら、こんな感じやから』と。『もう絶対越え...more
in English
カテゴリー:

中尾明慶&小出恵介、ジミー大西の天然発言に振り回され苦笑い - 03月21日(火)14:00 

吉本興業が主催する「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見が3月21日、東京・新宿の同社東京本部で行われた。今年で9年目を迎える同映画祭。実行委員長の大崎洋氏は、「見よう見ま...
in English
カテゴリー:

「大崎洋」の画像

もっと見る

「大崎洋」の動画

Wikipedia

大﨑 洋(おおさき ひろし、1953年7月28日 - )は吉本興業株式会社社長、プロデューサー大阪府出身。2009年4月1日付で社長に就任sponichi.co.jp。

来歴・人物

1978年に関西大学社会学部卒業後、吉本興業に入社。以後、エンターテインメントビジネス界において様々なプロジェクトを成功させた。特に1980年に上司であった木村政雄と共に東京支社(当時は東京事務所)に異動後は、漫才ブームの時代を支えた。

同社に入社した理由は、当時サーファーだったために私服で通勤が可能な会社だったからと語る。入社当初は仕事に対して特別やる気もなく適当に仕事をしていた大崎氏だが、ある日、会社の同僚と徹夜でマージャンをしたときに終始一人負け続けたことがあった。夜が空けた明け方近くまでずっと負け続けた大崎はおもむろに立ち上がり、カーテンと窓を開けて外に向かって大きな声で「絶対に出世する!」と怒鳴り声を上げた。その日以来、大崎氏の仕事に対する姿勢は一変し、最終的に社長職に就くという現在の結果に至った。東野幸治はかねてより大崎氏の能力を崇拝しており、自分の子供の名前をつける際、姓名判断の占い師に相談したついでに大崎氏の名前も鑑定してもらったところ、「掃除夫から社長になる男」との診断をもらったらしい。

吉本所属タレントの中でも、特にダウンタウンとの関わりが強く、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる