「大崎洋」とは?

関連ニュース

【芸能】<オリラジ中田>禁断のタブー・松本人志批判を先鋭化!お笑い界の「パンドラの箱」開く★4 - 06月06日(火)00:15 

オリエンタルラジオの中田敦彦が、大先輩に歯向かっている――。  2月、脳科学者・茂木健一郎氏は、「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止(原文ママ)し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」とツイッター上で発言。これに対し、3月19日放送のテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志(ダウンタウン)は「(茂木には)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない」とバッサリ切り捨てた。翌週放送の26日には茂木が同番組に出演し、...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<オリラジ中田>禁断のタブー・松本人志批判を先鋭化!お笑い界の「パンドラの箱」開く★2 - 06月05日(月)08:22 

オリエンタルラジオの中田敦彦が、大先輩に歯向かっている――。  2月、脳科学者・茂木健一郎氏は、「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止(原文ママ)し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」とツイッター上で発言。これに対し、3月19日放送のテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志(ダウンタウン)は「(茂木には)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない」とバッサリ切り捨てた。翌週放送の26日には茂木が同番組に出演し、...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<オリラジ中田>禁断のタブー・松本人志批判を先鋭化!お笑い界の「パンドラの箱」開く★3 - 06月05日(月)14:51 

オリエンタルラジオの中田敦彦が、大先輩に歯向かっている――。  2月、脳科学者・茂木健一郎氏は、「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止(原文ママ)し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」とツイッター上で発言。これに対し、3月19日放送のテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志(ダウンタウン)は「(茂木には)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない」とバッサリ切り捨てた。翌週放送の26日には茂木が同番組に出演し、...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】〈オリラジ中田〉禁断のタブー・松本人志批判を先鋭化…お笑い界の「パンドラの箱」開く - 06月04日(日)22:24 

オリエンタルラジオの中田敦彦が、大先輩に歯向かっている――。  2月、脳科学者・茂木健一郎氏は、「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止(原文ママ)し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」とツイッター上で発言。これに対し、3月19日放送のテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志(ダウンタウン)は「(茂木には)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない」とバッサリ切り捨てた。翌週放送の26日には茂木が同番組に出演し、...
»続きを読む
カテゴリー:

「大崎洋」の画像

もっと見る

「大崎洋」の動画

Wikipedia

大﨑 洋(おおさき ひろし、1953年7月28日 - )は吉本興業株式会社社長、プロデューサー大阪府出身。2009年4月1日付で社長に就任sponichi.co.jp。

来歴・人物

1978年に関西大学社会学部卒業後、吉本興業に入社。以後、エンターテインメントビジネス界において様々なプロジェクトを成功させた。特に1980年に上司であった木村政雄と共に東京支社(当時は東京事務所)に異動後は、漫才ブームの時代を支えた。

同社に入社した理由は、当時サーファーだったために私服で通勤が可能な会社だったからと語る。入社当初は仕事に対して特別やる気もなく適当に仕事をしていた大崎氏だが、ある日、会社の同僚と徹夜でマージャンをしたときに終始一人負け続けたことがあった。夜が空けた明け方近くまでずっと負け続けた大崎はおもむろに立ち上がり、カーテンと窓を開けて外に向かって大きな声で「絶対に出世する!」と怒鳴り声を上げた。その日以来、大崎氏の仕事に対する姿勢は一変し、最終的に社長職に就くという現在の結果に至った。東野幸治はかねてより大崎氏の能力を崇拝しており、自分の子供の名前をつける際、姓名判断の占い師に相談したついでに大崎氏の名前も鑑定してもらったところ、「掃除夫から社長になる男」との診断をもらったらしい。

吉本所属タレントの中でも、特にダウンタウンとの関わりが強く、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる