「大塚寧々」とは?

関連ニュース

上川隆也、10年ぶりテレ東ドラマ出演 『テミスの剣』ドラマ化 - 08月09日(水)07:00 

 俳優の上川隆也が、今秋放送予定のテレビ東京ドラマ特別企画『テミスの剣』に主演することが明らかになった。中山七里氏の同名小説(文春文庫)を映像化。上川は20数年にわたって事件の真相を追う刑事・渡瀬の20代から50代までを演じる。上川が同局のドラマに出演するのは10年ぶりとなる。 【写真】原作者の中山七里氏  原作者の中山氏は、『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し2010年にデビュー。著書に『贖罪の奏鳴曲』『切り裂きジャックの告白』『総理にされた男』『ネメシスの使者』などがあり、「どんでん返しの帝王」とも言われる。そんな中山氏が本作で描いたのは、「本物の正義とは何か」。時代を越え、組織を越えて深まる事件の謎。すべての真相にたどり着いた時、渡瀬が導き出した答えとは…。  上川は「“散りばめられた謎”がとても魅力的で、加えて物語を巡る人間模様が、核となる“正義”を巡って重厚に、そして幾重にも綾なされ、大いにそそられる内容でした。演じるにあたって、渡瀬という男が持つ、いつまで経っても拭えない心の傷はいつも意識していました。時間が大きく移ろう物語なので、立ち位置を見失わないよう、その痛みを彼の心情の物差しの“0”と設定して、各シーンを考えました」と、コメント。  ドラマの脚本は、『うちの子にかぎって』(TBS)、『君の瞳に恋してる!』(フジテレビ)など、...more
カテゴリー:

【ドラマ】志田未来、7年ぶりの主演ドラマに苦笑「まともな人間が一人も出てこない」 - 07月28日(金)17:37  mnewsplus

http://www.crank-in.net/entertainment/news/50910 2017年07月28日 14:55 女優の志田未来が、大塚寧々、国生さゆりと共に、28日に都内で実施された、8月5日スタートのオトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』(東海テレビ・フジテレビ系)制作発表会見に出席。 7年ぶりに連続ドラマで主演を務める志田は、強かな女性が中心となる物語について、「まともな人間が一人も出てこない」と苦笑交じりに語った。 本作は、直木賞作家・乃南アサの原作を基に、長野で育った純朴な少女・斉藤未芙由(志田)が、未芙由の亡き母の従妹・鹿島田尚子...
»続きを読む
カテゴリー:

「大塚寧々」の画像

もっと見る

「大塚寧々」の動画

Wikipedia

大塚 寧々(おおつか ねね、1968年6月14日 - )は、日本の女優。本名、田辺 寧々(たなべ ねね)旧姓、大塚

東京都出身。アストラル所属。日本大学藝術学部写真学科卒業。

人物・来歴
  • 1988年に週刊朝日の表紙を飾ったのを機にモデルデビュー。1992年の君のためにできること(木田ゆか)で役者としての活動を始める。1998年には三代目魚武濱田成夫と結婚し、男児をもうけるが2001年に離婚。その後、田辺誠一と再婚した。
出演作 テレビドラマ 映画 バラエティ番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる