「大型トラック」とは?

関連ニュース

【社会】徳島道事故、バス運転手を書類送検へ 過失致死傷容疑……容疑者含め16人が死傷事故 - 09月23日(土)11:08  newsplus

 鳴門市の徳島自動車道の路肩に止まっていたマイクロバスに大型トラックが追突し、高校生ら16人が死傷した事故で、県警は今月中にも、死亡したバス運転手岡本勉さん(30)=阿波市阿波町綱懸=を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、容疑者死亡のまま書類送検する方針を固めたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。  県警は、乗客に多数の死傷者が出た結果を重視。岡本さんが適切な安全措置を取っていれば被害を防げた可能性があったとみて、運転者として必要な注意義務を怠った責任を問う必要があると判断した...
»続きを読む
カテゴリー:

アラスカに流れる「もうひとつの時間」 - 09月21日(木)17:00 

頭上でオーロラが爆発したとき、ぼくは言葉を失い、夢中になってカメラを向けていたけど、最後は写真を撮るのもやめて、雪原の上に大の字になり、ただただ光のショーを眺めていた。この光景をしっかりと目に、そして記憶に焼き付けたかったから。−39℃の世界数年前の冬、アラスカを訪れた。フェアバンクス空港到着時の気温は-39℃。外に出て、5秒もしないうちにまつ毛は凍っていた。信号を待つバスの中で、ガイドさんは言った。「これが北米最北の信号機ですよ」こんな極寒の地でも、確かに人は生活していた。翌朝、フェアバンクスから10人乗りの小型飛行機に乗って、さらに400km北へ飛んだ。ちょうど夜明けの時間で、空の色があまりにも美しかった。見下ろしたアラスカの大地は、川も木も、すべてが凍っていた。操縦士は、前を向いたまま言った。「ここから先が北極圏だよ」北緯66.33度よりも北の世界。もちろん、目に見える境界線はないが、「北極圏」という響きがぼくを魅了した。1時間ほどして到着したコールドフットという場所は、世界最北のトラックストップ(ドライバーが休憩したり睡眠を取ったりする場所)であり、物資を運ぶために都市と北極海の町とをひたすら往復する大型トラックやタンカーがたくさん停まっていた。記念に座らせてもらえたが、運転席に登るのもひと苦労という、大きなタンカーだった。日常と非日常は同居している夜、コールド...more
カテゴリー:

ヤマト運輸が日本初のスーパーフルトレーラ25(車両長25メートルの連結トレーラ)を導入 - 09月19日(火)15:01 

[ヤマト運輸株式会社] 1.背景  物流業界では、主に幹線輸送を担う大型トラックドライバーの不足や高齢化が進んでいます。労働人口の減少などにより人材確保はより一層困難になることが見込まれる中、国土交通省は、トラック輸送の省...
カテゴリー:

徳島道事故:トラック運転の男起訴 高校生ら16人死傷 - 09月15日(金)20:52 

 徳島県鳴門市の徳島自動車道で停車中のマイクロバスに大型トラックが追突し、16人が死傷した事故で、徳島地検は15日、トラックを運転していた菊池誉司(たかし)容疑者(50)=松山市南久米町=を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)で起訴した。地検は認否を明らかにしていない。
カテゴリー:

踏切事故:電車運転士も書類送検 岡山県警 - 09月15日(金)19:38 

 岡山県倉敷市のJR山陽線の踏切で2015年2月、大型トラックと普通電車(6両編成)が衝突し、乗客ら45人が重軽傷を負った事故で、県警は15日、電車の男性運転士(29)を業務上過失傷害などの疑いで、トラックの男性運転手(52)を過失往来危険などの疑いでそれぞれ書類送検した。
カテゴリー:

2回で153台が資材を搬入 シュワブ仮設道路工事進む - 09月22日(金)12:57 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、新基地建設に反対する市民約30人は22日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前に早朝から座り込んだ。  午前9時前と正午ごろ、県警の機動隊が座り込む市民を排除し、砕石や鉄板など建築資材を積んだ大型トラックなど...
カテゴリー:

ヤマト、全長25メートルの車両導入 - 09月21日(木)06:15 

 宅配便最大手のヤマト運輸は20日までに、大型トラックと連結トレーラーを合わせて全長25メートルに及ぶ車両での輸送を年内に始めると発表した。一度に2台分の大量の荷物を運び、幹線輸送の効率化につなげる。他社のトレーラーを連結する共同輸送も検討し、業界で深刻なドライバー不足の対策にも役立てる。
カテゴリー:

いすゞ自動車/大型トラック「ギガCNG車」に自動変速追加 - 09月19日(火)10:07 

いすゞ自動車は9月19日、大型トラック「ギガCNG車」の追加車型を発売した。 <ギガCNG車> <走行中のギガCNG車> いすゞの「ギガCNG車」はこれまでマニュアルトランスミッション搭載車型のみ展開していたが、よりイー […]
カテゴリー:

Etc: テスラのイーロン・マスクCEO、「信じられないほど素晴らしい」電動大型トラックを10月26日に発表すると予告 - 09月15日(金)20:00 

Filed under: グリーン, 商業トラックス, テスラ, 電気自動車テスラ CEOのイーロン・マスク氏が、EVトレーラーの発表試乗会を10月26日に開催すると発表しました。テスラはこれまで公式にこのトレーラーのシルエットを公開したのみで、いまだ仕様などは明らかになっていません。 Continue reading テスラのイーロン・マスクCEO、「信じられないほど素晴らしい」電動大型トラックを10月26日に発表すると予告テスラのイーロン・マスクCEO、「信じられないほど素晴らしい」電動大型トラックを10月26日に発表すると予告 originally appeared on Autoblog Japan on Fri, 15 Sep 2017 07:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

JR運転士ら書類送検=山陽線踏切事故-岡山県警 - 09月15日(金)18:04 

 岡山県倉敷市のJR山陽線の踏切で2015年2月、普通電車が立ち往生していた大型トラックに衝突し乗客ら19人が重軽傷を負った事故で、県警は15日、業務上過失傷害などの容疑で男性運転士(29)を、過失往来危険などの容疑でトラックの男性運転手(52)を書類送検した。運転士は容疑を認め、トラック運転手は一部否認している。 送検容疑では、運転士は時刻表などに気をとられ、前方の安全確認を怠った疑い。トラック運転手は変速機の正しい操作を行わなかった疑い。 県警によると、事故当時、電車は時速約95キロで走行。運転士は踏切内のトラックに約260メートル手前で気付いてブレーキをかけたが、間に合わず衝突した。 県警は同型トラックを用いた実験などから、踏切内の車両は約800メートル手前から視認できたとしている。 JR西日本岡山支社の話 厳粛に受け止め、再発防止に万全を期す。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「大型トラック」の画像

もっと見る

「大型トラック」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる