「大反響」とは?

関連ニュース

Google技術で自動作成された奇跡的な「雪山の巨人」画像に大反響 - 01月19日(金)20:00 

奇跡的な瞬間に立ち会うと、人は興奮を抑えられなくなるものです。Googleの写真認識・自動生成技術によって、コラージュにしか見えない奇跡的な画像をゲットした人が写真投稿サイトに画像を投稿したところ、大きな反響を呼んでいます。続きを読む...
カテゴリー:

HKT48の4期生に究極の質問!「尊敬するのは指原莉乃? 田中奈津美?」 - 01月19日(金)12:00 

テレ朝チャンネルで初のHKT48冠番組となった「ほかみな」が、1月28日(日)昼3時より「HKT48の『ほかみな』~そのほかのみなさん~4期生昇格よかとねSP!」としてCSテレ朝チャンネル1にて放送される。 アイドルプロデューサーとしての一面も持つHKT48指原莉乃は、リアル体重を明かしたことも 同番組は、指原莉乃以外の“その他のメンバー”がハカタの新たな顔となるべく、あんな顔やこんな顔をガンガン(顔顔)世間にアピールするバラエティー。今回はスペシャル第2弾として放送となる。 昨年11月に研究生から昇格した4期生だけでのお披露目特番となるスペシャル第2弾は、「笑い過ぎて背筋が痛くなりました!」というメンバーが続出する。 通称「壁写」といわれる劇場等で飾られているメンバーの宣材写真。実際とのギャップがありまくりのメンバーもいるという評判も多いようで、この番組では恒例となっている人気コーナー「壁写と全然ちゃうやんけ顔番付!」からスタートした。 今まで何人ものメンバーが号泣している同企画だが、テレビ収録がほぼ初体験という4期生だけあって、自分が何位にランクインしているのか? まずは「順位付け」という自己評価を迫られる厳しい洗礼が。 また、昨年12月27日に発売されたばかりのHKT48待望のファーストアルバム『092(ぜろきゅうに)』の特典映像には、48人の監督が全メンバー48人それぞれの...more
カテゴリー:

ミュージカル『スタミュ』team 柊 単独公演「Caribbean Groove」開催決定![オタ女] - 01月19日(金)09:30 

昨年2017年4月にミュージカル化され、追加公演もチケットが完売するなど大反響の中、幕を閉じたミュージカル『スタミュ』。そのスピンオフとして、なんと“team 柊 単独レビュー公演「Caribbean Groove」”の開催が決定! 4月27日(金)・28日(土)の2日間、計3公演を舞浜アンフィシアターで開催します。 team 柊は、杉江大志さん演じる主人公・星谷悠太が所属する“team 鳳”のライバルチーム。メンバーは初演に出演した辰己役・櫻井圭登さん、申渡役・北川尚弥さん、戌峰役・丹澤誠二さん、虎石役・高野洸さん、卯川役・星元裕月さんの5名全員が続投! エリート揃いのteam 柊という原作アニメの設定を見事に再現し、一際存在感を放っていたミュージカル版のteam 柊! 戌峰も完全に戌峰でしたからね……。 さらに原作でも人気が高く、少ししか描かれていない「Caribbean Groove」を全編観ることができるのが嬉しいですね。初演のワンシーンだけでもとても素敵だったので期待が高まります。 さらに、今回の公演に合わせて制作されるソロ曲やチーム曲もあるそうです! チケット発売は、2月12日(月・祝)よりスタミュ公式FC星箱有料先行を皮切りにスタート予定。 「Caribbean Groove」も動画で少し観ることができる初演の紹介はコチラ↓ 【動画】ミュージカル『スタミュ』すべて...more
カテゴリー:

高杉真宙、加藤諒、渡辺大知主演でコミック『ギャングース』実写映画化 - 01月19日(金)09:00 

 高杉真宙、加藤諒、渡辺大知が、人気コミック『ギャングース』の実写映画で主演を務めることが発表。高杉は「ひたすら突き詰めてリアルに、とにかくリアルにしたいと思っています」とコメントを寄せている。【写真】「高杉真宙」フォトギャラリー 『ギャングース』は「週刊モーニング」(講談社)にて2013年から2017年まで連載された同名コミックの実写映画化作品。少年院で共に過ごしたサイケ・カズキ・タケオの3人が、犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す"タタキ"稼業によって裏社会で生き抜く姿を描く青春エンターテイメントだ。 メガホンを取るのは、『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『日々ロック』『22年目の告白-私が殺人犯です-』などの入江悠監督。窃盗団の情報収集・作戦立案担当のサイケ役を務める高杉は「家がなく保険証もない、頼れる人がいない中で生きていく事をどこか遠い世界のように思っていた自分に疑問を持ち、今はどんな風に演技をしようかと悩んでいる状態です」と心境を吐露。それでも「ひたすら突き詰めてリアルに、とにかくリアルにしたいと思っています」と決意を新たにしている。 工具に関する秀でた見識を生かして“タタキ”をしながら、生き別れた妹を追い求めるカズキ役の加藤は「原作者の鈴木大介さんにカズキ達のモデルになった方々のお話を伺った時に、全く違う世界の住人だと思ってた人達が、そうではなく、僕たちと同じ日常に...more
カテゴリー:

「返礼品に緑茶はダメ」「ご祝儀2万は縁起がいい」マナーの在り方を巡る呟きに大反響 - 01月18日(木)16:39 

三重県の茶屋・お茶の川村園 (@ochakawamuraen)さんが投稿した、「緑茶にまつわるマナー」を巡る呟きに注目が集まっています。 昨夜テレビバラエティー番組で、お祝いのお返しに緑茶は駄目で紅茶はOKなどということをマナーとしてご紹介されました。その理由は緑茶は葬式を連想させるとのことでした。しかしながら、お祝いに、お祝いのお返しにも、緑茶が使われてきた理由もご理解いただければ幸いです。 pic.twitter.com/fsDULJwV2Z— お茶の川村園 (@ochakawamuraen) 2018年1月17日 そもそも「お祝いに緑茶がNG」という話自体、初耳です…!Σ(゚Д゚;) ご祝儀に万札二枚は「対になる」ので縁起が良いはずです、ってご高齢の方から聞いたことがあります。— お茶の川村園 (@ochakawamuraen) 2018年1月17日 物事の捉え方は人によって様々。だからこそ、親切心からの行いを「しきたりとしてダメ」の一言で無下にするのは、やはり乱暴な気がしてなりません。 ネットの反応 ●葬式もなにも、祖父の家では食後に飲むのが習慣でした。現代人にとって茶葉でいただく緑茶が日常でなくなってしまったということでしょうか ●この手のことってどうとでも言えるから、定期的におかしな解釈をもっともげに言う人が出てきます ...more
カテゴリー:

12歳から毎日6年間、山手線で痴漢に遭い続けた日本人女性がフランスで本を出版し大反響 - 01月19日(金)18:36  news

「山手線で6年間、痴漢に遭い続けた私の#MeToo」|日本人女性がフランスで“チカン”本を出版し、現地で大反響を呼んでいる https://courrier.jp/news/archives/109596/ パリ在住の日本人女性が2017年秋にフランスで上梓した小説『TCHIKAN(痴漢)』が現地で話題になっている。 著者の佐々木くみが中学と高校時代を過ごした日本で被害に遭った、実際の「痴漢体験」に基づく物語だ。 ある意味、日本特有の性犯罪ともいえる痴漢行為に、フランスのメディアや読者は大きな関心を示し、反響を呼んでいる。 フランス人は同書をどのよ...
»続きを読む
カテゴリー:

顔面白塗のKIZOKU達が若者の街・原宿をジャック!? - 01月19日(金)10:40 

京都市は19日、市政PR動画「平成KIZOKU2」の第二弾動画4本を公開した。 京都の魅力をエキセントリックなダンスと音楽で紹介するという全く新しい取り組みとして注目を集めた「平成KIZOKU」。シリーズ累計再生数100万回以上、メディア掲載多数と大反響の本シリーズは、2017年の「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」において「ACCファイナリスト」受賞。さらには、「2017 MADE IN OSAKA CM AWARDS」においても、テレビCM部門で最優秀賞を受賞するなど勢いを増している。 今回公開となったのは、「卒業写真」篇、「激走KIZOKU」篇、「見守りKIZOKU」篇、「彼へのプレゼント」篇の4本。 2018年は明治元年から150年の節目の年とあって京都市では多彩な明治150年関連事業を展開中。「卒業写真」篇では、明治時代の実際の小学校の卒業写真のどアップから動画は始まり、カメラが引いていくとそこに映し出されているのは…。 「激走KIZOKU」篇では、2018年4月1日から自転車保険の加入が義務化することにちなみ、無表情で補助輪付自転車を漕ぐ平成KIZOKUの4人が登場。その激走ぶりはマラソンをしている通行人も思わず振り返ってしまうほど!? 「見守りKIZOKU」篇は、京都市の取り組み「京都はぐくみ憲章」にちなんだ内容に。動画には通...more
カテゴリー:

高杉真宙「とにかくリアルにしたい」加藤諒&渡辺大知とタタキ稼業開始!? - 01月19日(金)09:00 

1年前に連載終了後したものの、熱狂的なファンを増やし続ける漫画「ギャングース」が、話題作への出演が相次ぐ注目の若手俳優・高杉真宙、そして加藤諒、渡辺大知とのトリプル主演で実写映画化されることが分かった。2018年秋に同タイトルで公開される。 【写真を見る】かなりのインパクトを放つ原作ビジュアル/(C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社 本作は、少年院で共に過ごしたサイケ、カズキ、タケオの3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す“タタキ”稼業を開始し、裏社会で生き抜くことにひたすらにポジティブな3人の友情を描く。新時代のアウトローによる、かつてない青春エンターテインメントだ。 原作は、冒頭に毎回付されている「この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい」という注意書きが象徴的なように、ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介氏による未成年の犯罪者への取材を基に、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られている。 主演を務めるのは個性豊かな3人の若手注目俳優。窃盗団の情報収集、作戦立案担当のサイケ役に、2017年には「PとJK」「トリガール!」「散歩する侵略者」など、主演含む6本の映画に出演し、2018年にも「虹色デイズ」「プリンシパル」など数多くの話題作が控える高杉。 工具に関する秀でた見識を生かし“タ...more
カテゴリー:

ウィル・スミス「バカな人が噛まれる時」大反響 - 01月19日(金)03:43 

ウィル・スミスが、クロコダイルと遭遇した際の動画をInstagramで公開し、わずか1日で再生回数600万回に迫る反響を呼んでいる。
カテゴリー:

食べられる手紙!?オリジナルメッセージをチョコで届けよう! - 01月18日(木)16:00 

ビーテックは、1月15日に、オリジナルメッセージでチョコが作成できる専門サイト「チョコメール」のサービスを開始した。 【写真を見る】スマホからでも簡単にメッセージを入力できる 2017年、同社の運営サイトにて販売されていた「チョコメール」。定型文ながらも大反響だった同商品が、オリジナルも作成できるオンリーワンギフトとして再登場した。 今回オープンした専門サイトでは、入力画面に打ち込んだ35文字のメッセージを、カラフルなチョコにして届ける「チョコメール」(2800円)を購入できる。ひらがな、漢字、アルファベットなどを入力して、贈りたい相手の名前や、とっておきの思い出などのエピソードを入れたお菓子ギフトを作ることができる。 チョコを入れる専用のギフト缶は、8柄からセレクト可能。汎用で使えるデザインから、誕生日やブライダル、お礼など、目的に合わせたデザインが取り揃えられている。 バレンタインや誕生日、ブライダル、出産祝いなどへの利用はもちろん、学校や幼稚園の謝恩会、会社のイベント等、多くの人に配りたいメッセージをまとめて注文することも可能。メッセージを伝えるチョコレートで、誰とも被らないサプライズギフトを贈ろう!【ウォーカープラス編集部】(東京ウォーカー(全国版)・ホシ) 【関連記事】 ・これからの季節にぴったりな2品がロッテから登場 ・ニューヨークタイムズ絶賛!世界一のチョコレートと...more
カテゴリー:

もっと見る

「大反響」の画像

もっと見る

「大反響」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる