「大原櫻子」とは?

関連ニュース

QJ表紙&巻頭に大原櫻子が初登場、ECDやエビ中の特集ページも - 08月16日(水)18:07 

8月25日に発売されるカルチャー誌「Quick Japan」最新号の表紙および巻頭特集に大原櫻子が初登場。その他掲載内容が明らかになった。
カテゴリー:

【大原櫻子(MUSH&Co.)】大原櫻子、雑誌『Quick Japan』初表紙 - 08月16日(水)18:00 

大原櫻子が、8月25日発売の雑誌『Quick Japan』の表紙を飾り、特集としてクローズアップされることとなった。 ◆大原櫻子 画像 秦 基博の作詞作曲プロデュ...
カテゴリー:

大原櫻子、フリーライブで2000人のファンと大合唱! - 08月12日(土)16:00 

大原櫻子が11日、東京・お台場パレットプラザ(ヴィーナスフォート前)にて、ニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」発売記念アコースティックフリーライブを行った。 大原がフリーライブを開催するのは昨年7月以来とあって、秦 基博の作詞作曲プロデュースによる7枚目のニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」を生歌で聴こうと、会場には約2000人ものファンが詰めかけた。 フリーライブ当日は朝から雨が心配される空模様。イベントも雨が心配される中スタート、大原登場時の元気な掛け声とファンの大きな歓声で、雨も吹き飛ばすかの様なスタートとなった。 1曲目はこの時期にぴったりのナンバー「真夏の太陽」で勢いよくスタート。MCでは「天気が悪いから屋根が着いてしまってごめんね~。でも私のライブは是非皆さんにも歌って盛りあがって欲しいので! よろしくね」とファンを気遣いつつも元気に盛り上げて、2曲目に発売されたばかりの新曲「マイ フェイバリット ジュエル」を披露。「真夏の太陽」とは違った爽やかな清涼感のあるサマーソングで、情感溢れる歌声にファンも思わず聴き込んでいた。 そして3曲目はニューシングルにカップリング収録の「Jet Set Music!」を初披露。その為、大原も思わず「緊張するよー! カップリング曲を初披露しようと思いまーす」。この曲はサビ部分をファンと一緒に歌い...more
カテゴリー:

大原櫻子、ニューシングル発売記念アコースティック・フリーライブ開催 - 08月12日(土)12:30 

秦 基博の作詞作曲プロデュースの7枚目のニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」が8月9日に発売となり、発売直後に今回唯一のアコースティック編成でのフリーライブを東京・お台場パレットプラザ(ヴィーナスフォート前)で行なった大原櫻子。いまにも雨が降りそうな状況の中、雨を吹き飛ばすパフォーマンスとパンチのある歌声を披露した。そして、ニューシングルにカップリング収録された「Jet Set Music!」を緊張の中初披露し、ファンと大合唱の大盛り上がりのイベントとなった。 今回のフリーライブは2016年7月3日川崎ラゾーナプラザ以来となる。しかも、2017年“唯一”のアコースティック編成、且つ初の舞台主演を経て表現力とパワフルさを増した本人の生の歌声を身近に堪能できるこの夏最注目のフリーライブとして約1週間前に告知された。当日は朝から雨が心配される空模様。イベントも雨が心配される中スタート、本人登場時の元気な掛け声とファンの大きな歓声で、雨も吹き飛ばすかの様なスタートとなった。 1曲目はこの時期にぴったりのナンバー「真夏の太陽」で勢いよくスタート。MCでは「天気が悪いから屋根が着いてしまってごめんね~。でも私のライブは是非皆さんにも歌って盛りあがって欲しいので!よろしくね」とファンを気遣いつつも元気に盛り上げて、2曲目に発売されたばかりの新曲「マイ フェイバリット ジュエル...more
カテゴリー:

IA、カナダ・モントリオール公演で2500人以上を動員 - 08月11日(金)12:00 

ヴァーチャルアーティストIA(イア)が先日カナダ・モントリオールでのワンマンライブを開催し、現地のファンを2500人以上動員! 大盛況のもとに終了した。当日はキャパ2500人の会場だったがチケットはソールドアウトとなり、急遽当日券用に座席を追加するなどの対応をせまられるほどの人気ぶりを博した。 IAは世界各国でのライブを重ねており、今回のカナダ・モントリオールでの公演が節目となる10都市目の公演となった。また先月7月23日に上海で行われたBILIBILI MARCO LINK出演時には、IAのパフォーマンス時に最大同時視聴数72万人を超えるなど、世界的に認知が拡大されている様子がわかる。 今後の予定もすでに決定しており、南米のチリで開催される「SUPER JAPAN EXPO CHILE」(10月7日、8日)への出演、またペルーでの公演も控えている。日本初のヴァーチャルアーティストが世界中をまたにかけ活動を続けており、今後もさらに活動が拡大していきそうで要注目だ。【関連リンク】IA、カナダ・モントリオール公演で2500人以上を動員IAまとめUVERworld、SHISHAMO、大原櫻子など 8月初旬リリースの作品から7作を紹介
カテゴリー:

大原櫻子、雑誌「Ouick Japan」初表紙!初めて語った歌も演技も「全部自分」 - 08月16日(水)18:01 

「Quick Japan」(133号)表紙 歌手であり役者である活動スタイルに注目した雑誌「Quick Japan」に大原櫻子が表紙特集に登場。 「Quick Japan」では表紙とグラビアを写真家・川島小鳥とセッション。撮影はCD&役者デビュー作となった映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』撮影場所や、初のフジテレビ系月9ドラ...
カテゴリー:

大原櫻子 ニューシングル発売記念 1年振りのアコースティック・フリーライブでファンと大合唱! - 08月12日(土)23:21 

大原櫻子 秦 基博の作詞作曲プロデュースの7枚目のニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」が発売となった大原櫻子。発売直後に今回唯一のアコースティック編成でのフリーライブを東京・お台場パレットプラザ(ヴィーナスフォート前)で行った。 いまにも雨が降りそうな状況の中、雨を吹き飛ばすパフォ...
カテゴリー:

KANA-BOON、ニューアルバム『NAMiDA』のジャケ写・生産限定盤特典を公開 - 08月12日(土)13:00 

KANA-BOONが9月27日(水)にリリースする4thアルバム『NAMiDA』のジャケット写真と完全生産限定盤に付属する特典グッズの詳細を公開した。 ジャケット写真ではメインビジュアルに少女を起用し、力強い眼差しと共にタイトル「NAMiDA」が印象的に伝えられている。また、未発表となっていた完全生産限定盤に付属するグッズの詳細も公開された。「ナミダマの特製ハンカチーフ」(シルク製・50cm×50cmバンダナ・サイズ)が同梱される。描かれるのはシングル「結晶星」のジャケット・イラストやミュージックビデオ、映像作品のジャケット・イラストなど、KANA-BOON作品とは縁の深い漫画家・佐々木充彦が産み出した、架空の“涙”キャラクター「ナミダマ」。タイトル通り、様々な涙を想起させるアルバム『NAMiDA』、そのお供に相応しい特典に仕上がっている。 現在、各地で出演中の夏フェスでもアルバム曲を披露し始めたKANA-BOON。10月14日からはこちらも1年半ぶりとなる待望の全国ツアー『KANA-BOONのバイバイハローツアー 2017』がスタートする。2017年、現在進行形のKANA-BOONをお見逃しなく!アルバム『NAMiDA』2017年9月27日発売【完全生産限定盤】(CD+グッズ) KSCL-2969~2970/¥3,500+税 ※「ナミダマの特製ハンカチーフ」(シルク製・...more
カテゴリー:

大原櫻子、初披露曲を2000人と大合唱 予定外の1曲にファン感動 - 08月11日(金)23:16 

 女優で歌手の大原櫻子が11日、東京・お台場パレットプラザで7thシングル「マイ フェイバリット ジュエル」(9日発売)のリリースを記念したアコースティック編成のフリーライブを開催し、2000人の観客との大合唱で盛り上がった。 【写真】雨が危ぶまれるなか2000人が集まった  朝から雨が心配されるなか、この時期にぴったりな「真夏の太陽」でスタート。「天気が悪いから屋根がついてしまってごめんね! でも私のライブはぜひ皆さんにも歌って盛りあがってほしいので、よろしくね」と元気いっぱいにあいさつすると、秦基博が作詞作曲プロデュースを手がけた清涼感のあるサマーソング「マイ フェイバリット ジュエル」を歌った。  3曲目にはニューシングルのカップリング曲「Jet Set Music!」を初披露することになり、「緊張するよ~!」と本音も。サビをファンと一緒に歌いたいと熱望し、イベント直前に生歌でレクチャーした動画をアップしていた大原は「みんな覚えてる? 準備はいい?」と問いかけ、ハイテンションで歌い始めると、サビでは本人のイメージどおりにファンも一体となっての大合唱となり、いまにも降り出しそうな雨を吹き飛ばした。  「きょうは本当に雨を心配していたんです。音楽の時は晴れ女パワーが出るんですが、(撮影中の)ドラマの時は雨も多かったりするんですよ」との裏話を交えつつ、応援歌「瞳」、デビュー...more
カテゴリー:

UVERworld、SHISHAMO、大原櫻子など 8月初旬リリースの作品から7作を紹介 - 08月11日(金)12:00 

フリーマガジンokmusic UP's vol.155(7/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、8月2日&9日リリース作品7作を紹介! 1.『TYCOON』/UVERworld 2.『NO MORE MUSIC』/OKAMOTO'S 3.「BYE BYE」/SHISHAMO 4.「マネキン」/FLOWER FLOWER 5.「マイ フェイバリット ジュエル」/大原櫻子 6.『コレカラー』/コレサワ 7.「TAKE MY HAND」/夜の本気ダンス『TYCOON』/UVERworldAlbum 8/2 Releasegr8! Records 【初回生産限定盤(2CD)】 SRCL-9467〜8 ¥3,700(税抜) ※スリーブケース+フォトブック付 【通常盤】 SRCL-9469 ¥3,000(税抜)約3年振りとなるフルアルバムでUVERworldはその世界観をまたひとつ大きく確立させた。より荒々しくソリッドに磨き上げられたサウンドを軸に、心を激しく掻き立てるミクスチャーやラップなど幅広い音楽を全て飲み込み、自分たちの色に上書きしながら突き進むさまは誰しもの道を照らし出す光となるだろう。破壊と再生を繰り返し、新たな鼓動を感じさせる全18曲。その続きが早く見たいと思うのは自分だけではないはず。 TEXT:佐藤志保『NO MORE MUSIC』/OKAMOTO'SA...more
カテゴリー:

もっと見る

「大原櫻子」の画像

もっと見る

「大原櫻子」の動画

Wikipedia

大原 櫻子(おおはら さくらこ、1996年1月10日 - )は、日本の女優、歌手ラジオパーソナリティ東京都出身。

所属事務所はCHERRY.co。所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

人物

主にナレーターとして活動する林田尚親を父に持つ。

歌や演技に興味を持ったきっかけはアメリカのミュージカルアニーと女優のダコタ・ファニング。小学校2年生の頃に映画版のアニーを見て主人公役の女の子の表現力に感動し、「のびのびと歌っていて気持ちよさそう」と思ったのがきっかけ。女優になりたいと思ったもう一つのきっかけは、小学生の頃に見た映画に出ていたダコタ・ファニング。自分と同年代の女の子が観客を引き込むシリアスな演技ができることをすごいと思った。小学生の頃はアニーと...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる