「大創産業」とは?

関連ニュース

ザ・ダイソー×関西コレクション、トレンドを取り入れたコラボ商品を発売 - 02月14日(水)13:16 

 100円ショップ「ザ・ダイソー」を展開する大創産業と、日本最大級のファッションエンターテインメント「関西コレクション(KANSAI COLLECTION)」を開催するKANSAI COLLECTIONが、ファッションとビューティーのコラボレーション商品「ダイソー×Kancore」を発売する。3月中旬からビューティー商品を中心に全国の「ザ・ダイソー」で順次販売する。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

「大創産業」の画像

もっと見る

「大創産業」の動画

Wikipedia

株式会社大創産業(だいそうさんぎょう)は、100円ショップザ・ダイソーを運営する企業である。2015年現在、国内に約2,900店舗・日本国外の26の国・地域に1400店舗を展開している。

社名の由来は、「大きく創(つく)る」を意味する。

概要

;創業 当初はスーパーマーケットの駐車場に店舗を構える、移動販売・露天方式の100円ショップを運営していた。

1980年頃の100円ショップは、問屋からすべての商品を70円以下で仕入れて100円で売る状態であったことから商品の質にも限界あった。 当時、ある主婦客の一人が「安物買いの銭失い」とつぶやくのを創業者である矢野博丈が目にし、それ以来仕入れのスタイルを変えた。時には98円で仕入れた商品を100円で売ることもあるなど、売価100円の範囲で可能な限り質にこだわった商品構成に変更した。これにより「矢野の100円ショップは商品がいい」と評判を呼び、全国から引き合いが増えるようになったダイソー「100円ショップ」躍進の秘密に迫る--その1 富士通 2000年9月6日。

とあるスーパーマーケットのオーナーからテナントでの出店を誘われたことが、現在のザ・ダイソーのルーツとなる。100円商品は安価で品質は劣るという先入観を払拭する...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる