「大倉孝二」とは?

関連ニュース

天海祐希主演ドラマ『緊急取調室』初回視聴率17.9% 民放春ドラマ最高スタート - 04月21日(金)09:23 

 女優の天海祐希が主演するテレビ朝日系『緊急取調室』(毎週木曜 後9:00)の初回が20日に15分拡大で放送され、番組平均視聴率が17.9%を記録したことが21日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【写真】第1話のゲストは三田佳子、ほぼスッピンで老婆役  この日、天海は早朝から同局のニュース情報番組に出続け、放送直前にも『フィギュアスケート国別対抗戦2017』の会場から生出演し、ドラマをPR。フィギュアスケート日本代表の宇野昌磨選手がショート1位の演技を披露した『フィギュア』(平均視聴率は13.2%)の流れを受け、『緊急取調室』は最低が16.4%(後9:08)、最高が20.4%(後10:08)と後半に向けて右肩上がりを示した。  同ドラマは、2014年1~3月に連続ドラマとして放送され、井上由美子氏が手掛ける脚本、そして天海をはじめとする実力派俳優たちの演技で話題を呼び、15年9月27日にスペシャルドラマを放送。天海が演じる取調官・真壁有希子を中心に、警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーが、可視化設備の整った特別取調室で手強い被疑者たちと対峙していく、言葉の“銃撃戦”ともいえる鬼気迫るせりふの応酬が見どころの刑事ドラマ。第2シリーズにも、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、でんでん、大杉漣、小日向文世が集結した。  ...more
in English
カテゴリー:

天海祐希、宝塚初舞台から30年「体力と気力の続く限り」進み続ける決意 - 04月16日(日)08:40 

 これまで、ドラマ『BOSS』(フジテレビ系)や『女王の教室』(日本テレビ系)など、数々のヒットドラマで“強い女”を演じてきた女優の天海祐希。頼れる女性として周囲を引っ張りながら、時にはコミカルな部分を覗かせたりと、ベテラン女優の貫禄と余裕は視聴者へも安心感を与える。そんな天海だが、シーズン2となるドラマ『緊急取調室』(4月20日スタート テレビ朝日系)では、共演の“おじさまたち”に囲まれ、教えられることも多いという。1987年に宝塚の舞台を踏んでから30年。謙虚に、まだまだ進化を続ける天海祐希の歩みは止まらない。 【写真】頼れる女・天海祐希が新人アナに囲まれて「清められる…」 ◆自分を選んでくれた仕事に対し「期待に応えられる人間でいたい」 ――2014年の放送でも人気だったドラマ『緊急取調室』。シーズン1からの共演者である田中哲司さん、速水もこみちさん、鈴木浩介さん、大倉孝二さん、でんでんさん、大杉漣さん、小日向文世さんとひと癖もふた癖もある俳優ばかり。 【天海祐希】本当に頼もしい先輩方です。前シーズンでも素なのか役作りなのか、わからないときがあったほどです。「あれ、こんなところに熱を入れるの?」というシーンも、つながった映像を見ると納得することが何度もあって。もう、悔しくなるぐらいステキなお芝居をしているんですね。おじさまたちのお芝居は見ていて飽きないし、勉強になります。...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ/視聴率】松たか子主演「カルテット」第9話は11・0% WBC効果?放送遅れも初の2桁 - 03月15日(水)10:01 

スポニチアネックス 3/15(水) 9:58配信  女優の松たか子(39)が主演を務めるTBS系ドラマ「カルテット」(火曜後10・00)の 第9話が14日に放送され、平均視聴率は11・0%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)を 記録したことが15日、分かった。直前に生中継されていた第4回ワールド・ベースボール・ クラシック(WBC)の2次ラウンド「日本―キューバ」の影響で放送開始が50分遅れたものの, 初の2桁をマークした。  初回9・8%、第2話9・6%と好発進。3~7話は7~8%台を推移し、7日放送の第8...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【試写室】「緊急取調室」三田佳子の一言に背筋が凍る - 04月20日(木)06:00 

この仕事をしていると、朝イチの電話ほど嫌なものはない。夜型の生活をしているが故、朝は弱いということもあるが、それを承知しているはず(?)の仕事関係の方々が電話をかけてくるなんて、よっぽどの“緊急事案”だからだ。 【写真を見る】個性豊かなキントリメンバーは健在! 独特の空気は一見の価値ありだ/(C)テレビ朝日 「記事が間違っているから直してくれ」とか、「取材時間が早まって今すぐ来てくれ」とか、「後輩が廊下の隅っこで座りながら電話しているから何とかしてくれ」(実話)とか…。やっぱりいい話だった試しがない。最初のやつは自業自得でもあるのだが。 それもあって「緊急」というワードが苦手で、メールの件名に「緊急」という文字があるだけで「うっ…」としてしまうのだが、「緊急」から始まるタイトルにもかかわらず、このドラマの主人公だけは、見るだけで“うっとり”してしまう。 またも毎回前置きが長過ぎたが、各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回は4月20日(木)夜9時からスタートする、天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)を取り上げる。 本作は、天海扮(ふん)する取調官・有希子が緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進...more
in English
カテゴリー:

【芸能】田中麗奈、“悪魔”とお別れ「寂しいです」 クランクアップに号泣 - 03月25日(土)08:50 

 女優・田中麗奈主演の東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『真昼の悪魔』(毎週土曜 後11:40~深0:35)がこのほどクランクアップを迎えた。技能も優秀な美人外科医だが、その裏では身の毛もよだつ残虐な事件を起こす“悪魔”大河内葉子を演じきった田中は、スタッフから拍手でねぎらわれると「とても強烈な役だったので、葉子にお別れするのは寂しいです。葉子の人生に夢中になった、幸せな2ヶ月間でした」と号泣しながら葉子として過ごした日々をかみ締めた。  最終日、ラストシーンの撮影では気持ちの入った演技で魅力した田中。...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【AKB48】田野優花、念願の映画初主演 金子修介監督が大絶賛!「小柄だけどビッグでパワフルな女優が現れた」 - 03月10日(金)12:33 

「平成ガメラ」シリーズ、「デスノート」前後編など話題作を手がけてきた金子修介監督の最新映画「リンキング・ラブ」がクランクアップ。 金子監督および主演の田野優花(AKB48)のコメントと、場面写真・メイキング写真が公開された。 同名のネット小説を実写映画化。 主人公・美唯はアイドルに憧れていた女子大生。 両親が大喧嘩をしたある日、美唯の前に現れたのは魔法のランプから飛び出してきた守護神だった――。 バブル末期の1991年にタイムスリップした女子大生が、両親と自分の未来のためにアイドルグループを結成して奮闘...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「大倉孝二」の画像

もっと見る

「大倉孝二」の動画

Wikipedia

大倉 孝二(おおくら こうじ、1974年7月18日 - )は、日本俳優東京都出身。187cm、78kg。

劇団ナイロン100℃所属。所属事務所はCUBE。

略歴

舞台をはじめ、各媒体で活躍。

優柔不断な青年・コミカルな役・ひねくれ者の役など、クセとインパクトのある役柄を演じることが多く、「キリン生烏龍」などのインパクトのあるCM出演がある。

2002年のピンポンでのアクマ役で一躍その個性が広く知られるようになったが、新選組!やバラエティー番組にも出演している。

人物
  • 舞台芸術学院卒業後、芝居を作ってみたいと思って訪ねた劇団ナイロン100℃で、たまたま開かれていた役者オーディションに合格。役者の道に入る。
  • 高校時代はバドミントン部に所属。
  • 映画ピンポンでは卓球でその腕前を披露している。
  • 好物はカレーライス。3食カレーが続いても大丈夫だという。
  • 俳優の八嶋智人と親しく、売れない頃に八嶋の家に居候し、八嶋から小遣いをもらったことも...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる