「大倉孝二」とは?

関連ニュース

【視聴率】石原さとみ主演「アンナチュラル」第2話は13・1% 初回から上昇 - 01月22日(月)09:22  mnewsplus

女優・石原さとみ(31)が主演を務めるTBS系連続ドラマ「アンナチュラル」(金曜後10・00)の第2話が19日に放送され、平均視聴率は13・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。 昨年「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒットした野木亜紀子氏が脚本を担当。 初回は「逃げ恥」(初回=10・2%)を上回る12・7%と好スタートを切っていた。 死因究明の専門家が集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、法医解剖医の姿を描く医療ミステリー。 毎回さまざまな「死」を扱い...
»続きを読む
カテゴリー:

傑作ドラマ「アンナチュラル」面白い、面白すぎる1話を解剖してみる - 01月19日(金)11:00 

石原さとみ主演、野木亜紀子脚本の金曜ドラマ『アンナチュラル』。不自然死究明研究所、通称UDIラボを舞台に、死因究明のスペシャリストたちが活躍する新感覚の法医学ミステリー。先週放送された第1話は放送開始直後からツイッターには「面白い!」「めっちゃ面白い!」「面白すぎる!」という声が相次ぎ、終わる頃には「傑作!」「天才!」「シーズン2希望!」などの声が溢れかえった。視聴率は12.6%、上々の滑り出しだ。なんといっても脚本がいいまず、なんといっても野木の脚本が良い。架空の組織であるUDIラボの説明と登場人物たちのキャラクターを異常に手際良く明かしていくオープニングから(出勤ボードの使い方!)、文字通りストーリーが二転三転し続けて視聴者は振り回されっぱなし。しかも、ご都合主義っぽい部分や無理やりな部分が見当たらない。何度も「おおっ、こうくるか!」「えーっ、ああ、そうかー!」と思わされて、ラストは「参りました!」という感じだった。法医解剖医・三澄ミコト(石原)が勤務するUDIラボに持ち込まれたのは、突然死したサラリーマン・高野島渡(野村修一)の遺体。彼の両親が「虚血性心疾患(心不全)」という渡の死因に納得がいかず、UDIラボに究明を依頼したのだ。ミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、バイトの記録員・久部六郎(窪田正孝)の3人からなる三澄班が遺体の解剖に取り組むが、心臓には何の異常も...more
カテゴリー:

石原さとみ&窪田正孝『アンナチュラル』解剖医が温泉地へ行った理由とは? - 01月19日(金)10:30 

石原さとみ主演の連続ドラマ『アンナチュラル』(TBS系、毎週金曜22:00~)第2話が、が1月19日に放送。今回は、自殺と断定された遺体からダイイングメッセージが発見されるという衝撃エピソードが描かれる。本作は、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台にした、一話完結の医療ミステリー。石原演じる、法医解剖医の三澄ミコトたちが、UDIラボに連日運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)の遺体の死因を究明する。UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在しており、三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は、法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)だ。そして、彼らを束ねているのが所長の神倉保夫(松重豊)となっている。ある日、警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向いたミコトらUDIのメンバー。そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は「事件性がない」と主張するが、ミコトは解剖することを決める。解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが解剖すると、ある一人の少女の死因が凍死であることが判明。さらに、その少女の胃の中から解読不可能なダイイングメッセージが発見される。間違いなく事件だと確信したミコトたちは、神倉に止められな...more
カテゴリー:

ドラマ『アンナチュラル』窪田正孝のメガネ姿が好評「かわいい」 - 01月20日(土)00:21 

石原さとみが主演を務める連続ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の第2話が19日、放送された。 窪田正孝、『アンナチュラル』メガネ姿が好評 ミコト(石原)、六郎(窪田正孝)らUDIメンバーは、集団練炭自殺の現場に向かった。死亡したのは4人。刑事の毛利(大倉孝二)は「事件性はない」「自殺だ」と言うが...
カテゴリー:

石原さとみ&窪田正孝『アンナチュラル』解剖医が温泉地へ行った理由とは? - 01月19日(金)10:47 

石原さとみ主演の連続ドラマ『アンナチュラル』(TBS系、毎週金曜22:00~)第2話が、が1月19日に放送。今回は、自殺と断定された遺体からダイイングメッセージが発見されるという衝撃エピソードが描かれる。本作は、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台にした、一話完結の医療ミステリー。石原演じる、法医解剖医の三澄ミコトたちが、UDIラボに連日運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)の遺体の死因を究明する。UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在しており、三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は、法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)だ。そして、彼らを束ねているのが所長の神倉保夫(松重豊)となっている。ある日、警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向いたミコトらUDIのメンバー。そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は「事件性がない」と主張するが、ミコトは解剖することを決める。解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが解剖すると、ある一人の少女の死因が凍死であることが判明。さらに、その少女の胃の中から解読不可能なダイイングメッセージが発見される。間違いなく事件だと確信したミコトたちは、神倉に止められな...more
カテゴリー:

【映画】池松壮亮が尾崎豊さんに!主演映画「君が君で君だ」で楽曲歌う - 12月27日(水)05:20  mnewsplus

2017.12.27 05:02 池松壮亮が尾崎豊さんに!主演映画「君が君で君だ」で楽曲歌う  俳優、池松壮亮(27)が来年公開の主演映画「君が君で君だ」(松居大悟監督)で、歌手の故尾崎豊さんになりきることが26日、分かった。  同作は韓国人女優、キム・コッピ(32)演じるヒロインに恋心を寄せる3人の男が、彼女を振り向かせるために自分を捨て去り、それぞれ彼女の好きな人物になりきる恋愛物語。 池松が尾崎さん、満島真之介(28)が米俳優、ブラッド・ピット(54)、大倉孝二(43)が幕末の志士、坂本龍馬になりきる...
»続きを読む
カテゴリー:

「大倉孝二」の画像

もっと見る

「大倉孝二」の動画

Wikipedia

大倉 孝二(おおくら こうじ、1974年7月18日 - )は、日本俳優東京都出身。187cm、78kg。

劇団ナイロン100℃所属。所属事務所はCUBE。

略歴

舞台をはじめ、各媒体で活躍。

優柔不断な青年・コミカルな役・ひねくれ者の役など、クセとインパクトのある役柄を演じることが多く、「キリン生烏龍」などのインパクトのあるCM出演もある。

2002年の映画ピンポンでのアクマ役で、一躍その個性が広く知られるようになった。その後大河ドラマ新選組!やバラエティー番組の出演など、活躍の場を広げている。

人物
  • 舞台芸術学院卒業後、芝居を作ってみたいと思って訪ねた劇団ナイロン100℃で、たまたま開かれていた役者オーディションに合格。役者の道に入る。
  • 高校時代はバドミントン部に所属。
  • 映画ピンポンでは卓球でその腕前を披露している。
  • 好物はカレーライス。3食カレーが続いても大丈夫だという。
  • 俳優の八嶋智人と親しく、売れない頃に八嶋の家に居...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる