「大会組織委員会」とは?

関連ニュース

都市型競技の盛り上げ協議=国際大会を参考に-東京五輪 - 04月23日(月)21:34 

 2020年東京五輪の準備状況を国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会が確認する事務折衝「プロジェクトレビュー」が23日、2日間の日程で東京都内で始まった。 スケートボード、自転車BMXフリースタイルといった都市型スポーツやサーフィンなど若者へのアピールを目指す競技で、観客のにぎわいを生み出す会場をつくるための考え方を協議した。広島開催で約9万人を集めた都市型スポーツの国際大会「FISE」や、競技に音楽や食なども絡めたサーフィンの国際大会の映像も参考にした。 [時事通信社]
カテゴリー:

ラグビーW杯:ボランティア募集開始 12都市で1万人超 - 04月23日(月)20:06 

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、大会のボランティア「チーム・ノーサイド」の募集を大会公式サイトを通じて始めた。  19年3月31日時点で18歳以上の人を対象に、全国12開催都市で試合会場や最寄り駅での案内などに当たる1万人以上を募る。応募締め切りは7月18日で
カテゴリー:

東京五輪、準備遅れ不満 IOCコーツ氏「答え用意を」 - 04月23日(月)12:48 

 2020年東京五輪の準備の遅れを懸念――国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会の第8回事務折衝が23日午前、東京都内で始まった。IOCのジョン・コーツ調整委員長は、国際競技団体(…
カテゴリー:

IOC「効率的な運営を」=東京五輪準備で折衝 - 04月23日(月)10:33 

 2020年東京五輪へ向け、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会が準備状況を確認する事務折衝「プロジェクトレビュー」が23日、東京都内で2日間の日程で始まった。 IOCの東京五輪調整委員長を務めるジョン・コーツ氏は、IOCが経費削減へ向けて118項目で示した五輪運営の指針「ニューノーム(新基準)」に会議冒頭で触れ、「ただ単にお金を節約するという観点だけではなく、効率的に大会を運営するという考え方をしてほしい」と述べた。 現在の大会経費は総額1兆3500億円(予備費除く)。組織委の森喜朗会長は「予算削減は引き続き最優先課題。今後もコストの削減に努めていく」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

東京オリンピック、教育プログラム特設Webサイト開設 - 04月20日(金)18:15 

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会による東京2020教育プログラム特設Webサイト「TOKYO 2020 for KIDS」が公開されている。教材や動画コンテンツなどが利用できる。 東京2020教育プログラム特設Webサイト「TOKYO 2020 for KIDS」は、オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を通じて、未来を担う子どもたちに競技大会の価値やスポーツが持つ力や、多様性を認め合い共生社会の重要性を学んでもらうことを目的としている。 Webサイト内には、学校や教育委員会関係者向けに、オリンピック・パラリンピック教材、東京2020教育プログラム学校事業認証などを紹介。児童・生徒向けには、オリンピック・パラリンピック競技への理解を深めるための動画コンテンツなどを公開している。 今後は、オリンピック・パラリンピックのテーマを通して英語を学ぶための動画コンテンツや、オンライン英語学習講座(希望制)も無償で提供される予定。また、学校で活用できる教材や、学校が参加できるイベントを随時紹介するという。【関連写真】東京オリンピック、教育プログラム特設Webサイト開設■関連記事萩野公介らオリパラ選手参加、熊本でスポーツイベント6/2東京2020大会、オリンピック・パラリンピック教育アワード校決定東京2020大会、夢・未来プロジェクト実施校とパラリンピック競技応援校を決定...more
カテゴリー:

ボランティア募集始まる=ラグビーW杯 - 04月23日(月)20:45 

ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、大会ボランティアの募集を開始した。写真は、ボランティア募集をPRする大会アンバサダーの大畑大介さん(右から2人目)=東京都千代田区
カテゴリー:

ボランティアの募集始まる=19年ラグビーW杯日本大会 - 04月23日(月)18:23 

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、大会ボランティアの募集を開始した。同日東京都内でPRイベントを開催し、元日本代表で大会アンバサダーの大畑大介氏は「大会を自分自身がつくり上げていく経験ができる」と述べ、参加を呼び掛けた。 ボランティアは約1万人を、7月18日まで大会公式サイトで募る。試合が開催される全12の都市ごとに2~5日の最低活動日数が定められており、19年3月末に18歳以上であることなどが条件となっている。 W杯日本大会は19年9月20日に開幕し、11月2日まで計48試合が行われる。 [時事通信社]
カテゴリー:

東京五輪の準備確認 IOCと大会組織委の事務折衝始まる - 04月23日(月)11:19 

2020年東京オリンピックの準備状況を確認する、IOC=国際オリンピック委員会と大会組織委員会による事務折衝が23日から始まり、各競技会場の課題などについて議論が交わされます。
カテゴリー:

<ラグビーW杯>東北のキャンプ地に釜石など6件 石巻、弘前は落選 - 04月21日(土)10:22 

ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は20日、出場チームが1次リーグで使用する公認キャンプ地に、岩手県・釜石市(共同応募)など東北関係6件を含む22都道府県の59自治体、52件
カテゴリー:

【ラグビー】W杯公認チームキャンプ地内定! 日本は東京と浜松市、ニュージーランドは浦安市などへ - 04月20日(金)16:26  mnewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00010003-rugbyrp-spo 世界中のスターたちがやって来る! ラグビーワールドカップ2019 日本大会に出場するチームが大会期間中に 滞在する「公認チームキャンプ地」が内定し、大会組織委員会から発表された。 公認チームキャンプ地には、日本全国から90自治体76件が立候補。これに加えて、当組織委員会では トレーニング環境の充実を目指し、大会を主催する国際統括団体のワールドラグビーと協議のうえ、 試合会場周辺でトレーニング施設等を確保した。 これらの施設について、ワー...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「大会組織委員会」の画像

もっと見る

「大会組織委員会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる