「多良間島」とは?

関連ニュース

【軍事】尖閣航行の中国・原子力潜水艦「商シャン型」 巡航ミサイル搭載可能 - 01月14日(日)12:58  newsplus

日本政府が、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内を11日に航行した中国海軍の潜水艦について、原子力潜水艦「商シャン型」と断定したことが分かった。 複数の政府関係者が明らかにした。  中国の原潜を巡っては2004年11月、「漢ハン型」原潜が沖縄県の多良間島周辺の日本領海に侵入して潜航したことが確認されたが、尖閣諸島周辺の接続水域では初めて。  政府関係者によると、「商型」は「漢型」の後継として開発された攻撃型原潜。核を積んだ弾道ミサイル(SLBM)は搭載できないものの、巡航ミサイルの搭載は可能だと...
»続きを読む
カテゴリー:

「多良間島」の画像

もっと見る

「多良間島」の動画

Wikipedia

多良間島(たらまじま)は、宮古島石垣島の中間に位置するである。行政区分としては、全島が沖縄県宮古郡多良間村に属する。

地理

宮古列島の南西端に位置し、東方にある宮古島との距離は約67km、西方にある石垣島との距離は約35kmである。また、多良間島の北方8kmには水納島がある。

東西約6km・南北約4.3kmのほぼ楕円形をした島で、面積は約19.75km2多良間島の基礎データ(沖縄県企画部地域・離島課)で沖縄県の島で11番目の大きさである。隆起サンゴ礁からなるため、島全体が平坦で河川はない。最高点は北部にある八重山遠見台の34.2m。島の周囲は砂浜に囲まれ、サンゴ礁が発達している。

2011年(平成23年)3月29日には、多良間島及び水納島のほぼ全域が多良間県立自然公園に指定されている多良間県立自然公園 沖縄県。

気候

熱帯雨林気候(Af)に属する。

  • 最寒月平均気温 18.4°C(1・2月)
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる