「外来種」とは?

関連ニュース

【福岡】小倉城の堀、池の水抜いたら…アリゲーターガーいなかった - 02月25日(日)01:40  newsplus

水抜きが続いている小倉城(北九州市小倉北区)の堀で23日、少なくなった水の中にいる生き物の捕獲作業があった。池の水を抜いて外来種などを調べるテレビ番組さながらの光景に、多くの人が足を止めて見入った。いったい何が出てきたのか。  水抜きは市が城の石垣の基礎を調べる準備。在来種の保護などを目的とした「かいぼり」ではない。  20日から続いた作業で、堀の底は所々で顔をのぞかせた。残った浅瀬に委託業者ら10人ほどが入り、網で捕獲した。  5~6時間の作業で見つかったのは約4千匹。モツゴ約3300...
»続きを読む
カテゴリー:

【神奈川】特定外来生物の「上海ガニ」を生きた状態で店頭に陳列容疑 鮮魚販売業者ら書類送検 - 02月21日(水)18:56  newsplus

特定外来生物の上海ガニを許可なく店頭に生きた状態で陳列したとして、神奈川県警南署は21日、外来種被害防止法違反の疑いで、鮮魚販売業「東盛商事」(横浜市南区)の中国籍の男性社長(44)と、別の鮮魚店(同区)の中国籍の男性店主(49)を書類送検した。  書類送検容疑は昨年12月22日、男性社長は上海ガニ59匹を、男性店主は80匹を許可なく店頭に陳列した疑い。  署によると、男性社長は知り合いの飲食店を通じて仕入れ、140グラム約千円で店頭販売していた。「昨年9月ごろから売っていた」と供述している...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレ東/池の水ぜんぶ抜く】今年も始動!第7弾 ココリコ田中が岐阜・笠松トンボ天国へ…3・11放送 - 02月21日(水)13:41  mnewsplus

テレ東「池の水ぜんぶ抜く」今年も始動!第7弾3・11 ココリコ田中が岐阜・笠松トンボ天国へ 2018年02月21日 12:00 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/21/kiji/20180221s00041000098000c.html 人気シリーズ「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の最新第7弾の放送が決定!ココリコ・田中直樹(右)が岐阜県「笠松トンボ天国」の池に出向く Photo By 提供写真  池の水を抜くだけの異色企画で、テレビ東京の人気シリーズになった「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の最新第7弾が3月11日(後7...
»続きを読む
カテゴリー:

田中直樹が地元住民1000人と外来種を捕獲!「池の水―」放送決定 - 02月21日(水)12:00 

3月11日(日)にテレビ東京系ほかで「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦7」(夜7:54-9:54ほか)が放送される。 【写真を見る】7回目となる人気番組の放送が決定 同シリーズは、2017年1月から約2カ月に1回のペースで水を抜き続け、前回1月2日放送の正月3時間スペシャルでは、同時間帯在京1位となる視聴率13.5%を記録した。 2018年の一発目となるロケに挑んだMC・田中直樹は、今回で7カ所の池の水を抜く。岐阜の笠松トンボ天国から「地域住民や小学生と一緒に守っているトンボのヤゴが、外来種の魚に食べられているらしいので駆除してほしい」との要請を受け出動。水抜き作業には約1000人の地元住民が参加し、泥だらけになりながら外来生物の捕獲を行った。 田中は「番組スタートから1年がたちましたが、周りの方の反響がどんどん大きくなって驚いています。私は7回目のロケですが、どの池にもそれぞれ特徴があり新しい発見があるので、2018年も一つでも多くの池の水を抜いていきたいです!」とコメントした。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・【テレビの開拓者たち / 菅賢治】「これからは作り手の手腕が試される時代」 ・中井貴一「波瑠みたいな娘がいたら心配。満島は池の水を抜いてくれる頼りになる男」 ・泉谷しげる『池の水ばっかり抜いてるテレ東の贅沢なドラマ』と「三匹のおっさん」をアピール ・「池の水ぜんぶ...more
カテゴリー:

『池の水を抜く』第7弾の放送が決定!日本有数の広さを誇る「笠松トンボ天国」を救う - 02月20日(火)20:10 

テレビ東京の人気番組『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』の第7弾が、3月11日(日)の19時54分から放送されることがわかった。同番組は、2017年1月からこれまでに6回放送され、“池の水を抜く”という斬新な内容で反響を呼んでいる特番の第7弾。前回の正月3時間スペシャルでは、同時間帯在京1位の視聴率13.5%を記録した。今回の舞台は、岐阜県にある日本で有数の規模の広さを誇るビオトープ「笠松トンボ天国」。地域住民や小学生と一緒に守っているトンボのヤゴが、外来種の魚に食べられているらしいので駆除してほしい、との要請を受け、ココリコの田中直樹が出する。ロケには地元の人たち約1000人も参加し、泥んこになりながら外来生物の捕獲を行った。番組初回からMCを務め、ほぼ毎回ロケに参加している田中は「番組スタートから1年が経ちましたが、周りの方の反響がどんどん大きくなって驚いています。私は 7 回目のロケですが、どの池にもそれぞれ特徴があり新しい発見があるので、2018 年も1つでも多くの池の水を抜いていきたいです!」とコメントを寄せている。 関連リンク テレ東の「池の水を抜く」というヒット番組が誕生した理由 テレ東、池の水を抜いた“その後”も調査!あの超汚い池に異変が ...more
カテゴリー:

小倉城の堀、水抜いたら…アリゲーターガーいなかった - 02月24日(土)07:02 

 水抜きが続いている小倉城(北九州市小倉北区)の堀で23日、少なくなった水の中にいる生き物の捕獲作業があった。池の水を抜いて外来種などを調べるテレビ番組さながらの光景に、多くの人が足を止めて見入った。…
カテゴリー:

モクズガニなら普通に釣れるが - 02月21日(水)17:13  news

特定外来生物の上海ガニを許可なく店頭に生きた状態で陳列したとして、神奈川県警南署は21日、外来種被害防止法違反の疑いで、 鮮魚販売業「東盛商事」(横浜市南区)の中国籍の男性社長(44)と、別の鮮魚店(同区)の中国籍の男性店主(49)を書類送検した。  書類送検容疑は昨年12月22日、男性社長は上海ガニ59匹を、男性店主は80匹を許可なく店頭に陳列した疑い。  署によると、男性社長は知り合いの飲食店を通じて仕入れ、140グラム約千円で店頭販売していた。「昨年9月ごろから売っていた」と供述してい...
»続きを読む
カテゴリー:

『池の水を抜く』第7弾の放送が決定!日本有数の広さを誇る「笠松トンボ天国」を救う - 02月21日(水)12:02 

テレビ東京の人気番組『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』の第7弾が、3月11日(日)の19時54分から放送されることがわかった。同番組は、2017年1月からこれまでに6回放送され、“池の水を抜く”という斬新な内容で反響を呼んでいる特番の第7弾。前回の正月3時間スペシャルでは、同時間帯在京1位の視聴率13.5%を記録した。今回の舞台は、岐阜県にある日本で有数の規模の広さを誇るビオトープ「笠松トンボ天国」。地域住民や小学生と一緒に守っているトンボのヤゴが、外来種の魚に食べられているらしいので駆除してほしい、との要請を受け、ココリコの田中直樹が出する。ロケには地元の人たち約1000人も参加し、泥んこになりながら外来生物の捕獲を行った。番組初回からMCを務め、ほぼ毎回ロケに参加している田中は「番組スタートから1年が経ちましたが、周りの方の反響がどんどん大きくなって驚いています。私は 7 回目のロケですが、どの池にもそれぞれ特徴があり新しい発見があるので、2018 年も1つでも多くの池の水を抜いていきたいです!」とコメントを寄せている。 関連リンク テレ東の「池の水を抜く」というヒット番組が誕生した理由 テレ東、池の水を抜いた“その後”も調査!あの超汚い池に異変が ...more
カテゴリー:

『池の水ぜんぶ抜く』第7弾 3・11放送決定 - 02月21日(水)12:00 

 2017年1月からこれまでに6回放送され、ほぼ2ヶ月に1回のペースで各地の池の水を抜き続けてきた、テレビ東京の人気番組『緊急SOS !池の水ぜんぶ抜く大作戦 【写真】多くの池で発見されるブラックバス 7』が、3月11日(後7:54~9:54)に同局系で放送されることが明らかになった。前回18年1月2日のお正月3時間スペシャルでは、同時間帯在京1位の視聴率13.5%を記録。今年に入って1発目のSOSは、岐阜県の「笠松トンボ天国」の池から。現場にはMCのココリコ・田中直樹が向かった。  笠松トンボ天国は、日本で有数の規模の広さを誇るビオトープ。38種類を超えるトンボがいたが、現在23種類くらいまで減っている。地域住民や小学生と一緒に守っているトンボのヤゴが、外来種の魚に食べられているらしい。6ヶ所の大小の池があるが、その中で一番大きい「トンボ池」に近年、ライギョやアカミミガメが繁殖しているので駆除してほしい、との要請を受け出動した。ロケには地元の約1000人が参加し、泥んこになりながら外来生物の捕獲を行った。  田中は「番組スタートから1年が経ちましたが、周りの方の反響がどんどん大きくなって驚いています。私は7回目のロケですが、どの池にもそれぞれ特徴があり新しい発見があるので、2018 年も一つでも多くの池の水を抜いていきたいです!」と意気込みを新たにしている。  ほかに、...more
カテゴリー:

【埼玉】聞き慣れないセミの大合唱…中国のセミ、川口で繁殖 日本で生息確認は初、調査チーム「全国で調査を」 - 02月14日(水)10:45  newsplus

 埼玉県川口市北部の安行地域で中国の外来種のセミ「プラティロミア・ピエリ」が生息し、 繁殖していることが埼玉大学の林正美名誉教授(昆虫分類学など専門)らの調査で確認された。 同市の市民から「安行で聞き慣れないセミの鳴き声の大合唱を聞いた」などの情報があったことから、 調査チームを結成し2016年と17年に分布や生息状況、生態調査を実施し、プラティロミア・ピエリと確認した。 同名誉教授によると、日本で生息が確認されたのは初めて。  生息環境が違うため、在来種のセミ類への影響はないとみられるが、 同名誉...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「外来種」の画像

もっと見る

「外来種」の動画

Wikipedia

外来種(がいらいしゅ)とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のこと。https://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/basic.html 外来生物法生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる。

類義語に移入種帰化種侵入種外来生物がある。英語では「alien species」もしくは「invasive species」という。ただし「invasive`species」については、在来種(後述)でありながら、人為的な影響によって分布域の爆発的な拡大や生息(生育)数が激増し、生物多様性および生態系サービスへ悪影響を及ぼしている種に対して「native invasive」という呼び方もする場合もあり、英語表記において最も誤解が少ないのは「Invasive Alien Species」である。

外来種に対して、従来からその地域で生息・生育するものは在来種と呼ばれる。

概要 背景

人類は15世紀中期の大航海時代以降、世界を自由に行き来するようになり、その過程で多種多様な生物を移動させてきた。こうした人間活動によって新たに分布を拡大させた生物に対して、イギリス生態学者...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる