「外来種」とは?

関連ニュース

埼玉で初、ヒアリ見つかる - 08月17日(木)19:17 

 環境省は、埼玉県狭山市で強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」が見つかったと発表しました。埼玉県内で見つかったのは初めてです。
カテゴリー:

埼玉でもヒアリ 倉庫内から女王アリの死骸見つかる - 08月17日(木)18:28 

 埼玉県と環境省は17日、強毒を持つ外来種ヒアリの女王アリ1匹の死骸が、同県狭山市の事業所倉庫内で見つかった、と発表した。環境省によると、国内で女王アリが確認されたのは大阪などに続き4例目で、東日本で…
カテゴリー:

【新スポット/床】川床ならぬ池床が奈良に登場 - 08月17日(木)17:27  newsplus

盆地の夏はとにかく暑い。奈良市ではひとときの涼を味わってもらおうと、奈良の中心部に16日、新スポットの“床”が登場しました。  1300年の都・奈良。今月3日、準備が着々と進んでいました。  「奈良市民の憩いの場、猿沢池に来ていますが、川床ならぬ“池床”が設置されています」(松本陸記者リポート)  いったん水を抜いて池床の足場を組んでいます。池床は16日からはじまる夏のイベントのため、設けられました。  「猿沢池の水のたたずまいを味わっていただくのに、床を少し張って、少し池の中へ入り込んだ形で...
»続きを読む
カテゴリー:

三気通信 外来種駆除作戦 - 08月16日(水)06:07 

7月15~17日の3日間、NPOプロジェクトさがと連携し、佐賀城南堀と西堀の周辺などで「ミシシッピアカミミガメ」など外来種の駆除作戦に取り組みました。 これまで6年間取り組んできた駆除作戦。一時は食害でハスが消滅しかかっていた南堀は、すっかり元通りにハスが広がり、佐賀城下のすばらしい景観を取り戻すことができています。しかし、岸辺に浮いている葉を見ると切り口に食害の痕跡も見られ油断はできません...
カテゴリー:

外来イタチ、絶滅危惧種のカナヘビ食べてた 糞から骨見つかる - 08月15日(火)11:22  news

沖縄県環境部は14日、宮古島や伊良部島で採集した国内外来種のニホンイタチのふんから、絶滅危惧種に指定されているミヤコカナヘビの歯骨や後肢が検出されたと発表した。 これまでニホンイタチによる食害がミヤコカナヘビの個体数を減少させている可能性は指摘されていたが、確実な証拠が得られたのは初めて。 ニホンイタチはもともと本州や四国、九州を中心に生息しており、沖縄にはいなかった。 1960~70年代に、サトウキビなどの農作物に被害を出すクマネズミ駆除に効果があるとして約1万1200匹が持ち込まれた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ヒアリ、ついに関東の内陸でも見つかる―埼玉の倉庫に女王の死骸 - 08月17日(木)19:05 

危険な外来種のアリ「ヒアリ」が、関東の内陸部でも見つかった。環境省が発表した。
カテゴリー:

中央分離帯に木木木…車の通行に支障 豊田西バイパス - 08月17日(木)17:57 

 名古屋市天白区と愛知県豊田市をつなぐ豊田西バイパス(13キロ、国道153号)の中央分離帯には、森のように木々が生い茂った場所がいくつもある。分離帯が広く、外来種のニセアカシアなどが次々と生えてくるの…
カテゴリー:

京都の川床を意識して奈良が気合を入れて池床作ったら京都人から嘲笑される - 08月17日(木)03:07  news

川床ならぬ池床が奈良に登場 盆地の夏はとにかく暑い。奈良市ではひとときの涼を味わってもらおうと、奈良の中心部に16日、新スポットの“床”が登場しました。 1300年の都・奈良。今月3日、準備が着々と進んでいました。 「奈良市民の憩いの場、猿沢池に来ていますが、川床ならぬ“池床”が設置されています」(松本陸記者リポート) いったん水を抜いて池床の足場を組んでいます。池床は16日からはじまる夏のイベントのため、設けられました。 「猿沢池の水のたたずまいを味わっていただくのに、床を少し張って、少し池の...
»続きを読む
カテゴリー:

なろう作家「転生したら世界最高民族「韓国人」だった」 - 08月15日(火)20:36  news

ニホンイタチはもともと本州や四国、九州を中心に生息しており、沖縄にはいなかった。 1960~70年代に、サトウキビなどの農作物に被害を出すクマネズミ駆除に効果があるとして約1万1200匹が持ち込まれた。 中でも宮古諸島には最多の4540匹が導入されたという。 県は昨年度の外来種対策事業の一環で、ニホンイタチによる捕食の影響を把握するため、宮古諸島で約70個のふんを採集し分析。 国が絶滅の恐れが最も高い「絶滅危惧1A類」に分類する宮古諸島の在来種ミヤコカナヘビを捕食している実態を明らかにした。...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国からやってきた凶暴バチ「ツマアカスズメバチ」の恐怖 - 08月14日(月)08:43 

強烈な毒を持つヒアリが国内で相次いで目撃され、日本中がパニックに陥っている。攻撃性が強く、海外では刺されたことによる死者まで報告されている。そんな、場合によっては死に至る危険な「殺人虫」の数々の生態と、いざというときの症状や対策法をリポートする ◆生態系にも甚大な被害を及ぼす凶暴バチ ●ツマアカスズメバチ 死因 アレルギー反応でアナフィラキシーショック 出没スポット 都市部のマンションや木の上に巣を作る 危険度 ★★★ 「韓国から積み荷に載って対馬に上陸したツマアカスズメバチは、まだ九州だけとはいえ、すでに日本に定着してしまいました」  ハチやヘビなど野外で出合う危険生物に関する著書を持つ西海太介氏によれば、’12年に日本で初めて確認されたこの外来種は、木の上など比較的高いところに巣を作る生態があるという。 「ツマアカスズメバチは人間から離れた高所にいることが多いので遭遇しにくいですが、エサを取る目的で低い場所を飛んでいるときは刺傷事故に注意してください」  その体長は2cm程度。国内では例がないものの、韓国やフランスでは毎年、刺されたことによる死亡事故が報告されている。 「体質にもよりますが、ツマアカスズメバチに刺されると激しい痛み、患部の腫れ、さらにけいれんや発作などが起きることがあります。他のスズメバチと同様、アナフィラキシーショックにより、死亡してしまう...more
カテゴリー:

もっと見る

「外来種」の画像

もっと見る

「外来種」の動画

Wikipedia

外来種(がいらいしゅ)とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のこと。https://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/basic.html 外来生物法生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる。

類義語に移入種帰化種侵入種外来生物がある。英語では「alien species」もしくは「invasive species」という。ただし「invasive`species」については、在来種(後述)でありながら、人為的な影響によって分布域の爆発的な拡大や生息(生育)数が激増し、生物多様性および生態系サービスへ悪影響を及ぼしている種に対して「native invasive」という呼び方もする場合もあり、英語表記において最も誤解が少ないのは「Invasive Alien Species」である。

外来種に対して、従来からその地域で生息・生育するものは在来種と呼ばれる。

概要 背景

人類は15世紀中期の大航海時代以降、世界を自由に行き来するようになり、その過程で多種多様な生物を移動させてきた。こうした人間活動によって新たに分布を拡大させた生物に対して、イギリス生態学者...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる