「夏木マリ」とは?

関連ニュース

元ICONICの伊藤ゆみ、自身のキャラクターの打ち出し方で悩んでいることを明かす - 03月27日(月)03:02 

女優の伊藤ゆみが先日、バラエティー番組『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に出演し、 昨年8月に『ICONIQ』から現在の芸名に改名したが、自身のキャラクターの打ち出し方で悩んでいることを明かした。 伊藤は高校時代に単身で韓国に移住。ぺ・ヨンジュンの妻のスジンも在籍していた韓国のアイドルグループ『Suger』のアユミとして2001年にデビューした。 2008年からは日本へ活動の拠点を移し、伊藤ゆみとして活動。 2009年11月には丸刈り頭の歌手ICONIQとして再デビューし、注目されたが、昨年8月からは再び伊藤ゆみに改名し...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

尾上松也が軽快ラップ披露する「モアナ」劇中歌フル動画公開!隠れキャラにも注目 - 03月23日(木)12:00 

 ウォルト・ディズニー・アニメーションの新作「モアナと伝説の海」(公開中)の劇中歌「俺のおかげさ」日本版フルバージョン映像が、このほど披露された。吹き替え声優を務めた歌舞伎俳優の尾上松也(伝説の英雄マウイ役)が歌う同曲は、ディズニーミュージックのなかでも珍しいラップパートのある楽曲。尾上はラップ初挑戦ながら軽快に歌いきっており、映画を見た観客からは「めっちゃ良い! 好きだわこういう歌。何よりも尾上松也がイケボすぎる」「尾上松也がいい声でしびれた!」と賞賛の声が多数寄せられている。 ・【動画】「俺のおかげさ」フル映像  「リトル・マーメイド」で知られるロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督が手がけた本作は、海を愛する少女モアナが、マウイに盗まれた、命の女神テ・フィティの“心”を元あった場所に戻すことで、島の危機を救おうと奮闘する大冒険を描く。  人間ばなれした体格のマウイは、ユーモア溢れる陽気な性格で、自信家の一面も持つ。「俺のおかげさ」は、そんなマウイの性格が反映されており、「どういたしまして、ユアウェルカム」というサビ部分が癖になると、SNSを中心に話題を呼んでいる。また本楽曲の作詞作曲を担当したリン=マニュエル・ミランダは、トニー賞11部門に輝いたブロードウェイ・ミュージカル「ハミルトン」の脚本・音楽・主演を務めた天才クリエイターだ。  本映像は“隠れキャラクター”も見...more
in English
カテゴリー:

野村周平が告白!広瀬すず・有村架純・本田翼・武井咲とは「裸でいても何もしない」 - 03月18日(土)10:00 

毎週ゲストと酒を酌み交わしながら本音でトークする「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の企画「本音でハシゴ酒」。3月17日放送のゲストは、人気急上昇中の俳優・野村周平ら。 【写真を見る】コロッケは“モノマネ四天王”不仲説について釈明した まずは坂上忍が「若手俳優で仲の良い人は?」と聞くと「この間、菅田将暉と映画『帝一の國』で共演していて、デビュー当初から一緒で同い年です」と明かす野村。 菅田に今度“ハシゴ酒”に出ると言うと「『おまえ“ごっつええ感じ”見たんか?』と聞かれて。でもキャシィ塚本は知ってると言ったら、『おまえ、そんなんでいいと思ってるの?』と言われ、めっちゃ面倒くさい」と、一同爆笑。 また、共演者の若い女優とすぐ親密そうに写メを撮りたがり、SNSにアップする相手が、広瀬すず、有村架純、本田翼、武井咲と半端ないレベル。 「これ、どういう感覚でやってるの?」と坂上に問い詰められた野村は「本音で言うと、炎上されたい気持ちがあります」と大胆発言。 「絶対にファンの人がかみついてくる、『俺のすずを!』とか。おまえのではない、俺の方が知っていると。そうやって炎上させると、ドラマとか見てくれる人が多くなる。炎上させながら、注目を浴びれたら」と攻撃的な一面も。 松本人志が「今、名前が挙がった人たちとは何もないの?」とツッコむと「何もないです。裸でいても絶対に何もしないです」と言い切っていた...more
in English
カテゴリー:

『ズートピア』対比142%でNo.1! 『モアナ』がオトナからも支持される理由とは? - 03月17日(金)19:30 

 『ズートピア』が本年度のアカデミー賞長編アニメーション賞を獲得し、『アナと雪の女王』では世界中で社会現象を巻き起こしたことも記憶に新しいディズニー・アニメーションの最新作『モアナと伝説の海』がついに日本でも公開された。10日、11日公開作品の初日満足度ランキング(ぴあ調べ)では、1位を獲得し、レビューサイトでは10代以下はもちろんのこと、20代、30代、さらには60代からも「私史上、最高傑作」「歌に感動した!」「もう一度観たい」など反響の声で溢れていた。なぜ『モアナと伝説の海』はここまで“オトナ”から支持されているのか、その理由に迫りたい。【関連】加藤ミリヤが主題歌を生披露!『モアナと伝説の海』大ヒット記念イベント<フォトギャラリー> 本国アメリカでは、昨年11月23日に封切られた『モアナと伝説の海』。全米の公開前夜に行われた先行公開では『アナと雪の女王』『ズートピア』の先行公開の数字を大きく上回る260万ドル超えという圧倒的な数字を叩き出した。そして、公開初日も『アナと雪の女王』や『塔の上のラプンツェル』を超えるオープニング成績で、初日だけで1551万ドルを突破し、“『アナ雪』超え”のNo.1スタートを切った。 日本でも、公開後、初めての週末となった3月11日、12日の2日間で、興行収入は5億8900万円超え、動員数は46万6000人超えを記録し、週末動員、興収ともにNo.1を...more
in English
カテゴリー:

加藤ミリヤ、「夢にも思ってなかった」『モアナ』主題歌を生披露し感激 - 03月14日(火)20:45 

 現在公開中のディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』の大ヒット記念イベントが14日、都内にて行われ、主題歌『どこまでも ~How Far I’ll Go~』の日本版エンドソングを歌う加藤ミリヤが登壇した。ステージで同曲を生披露した加藤は「この曲がこれからたくさんの方に歌っていただける曲になってほしいなと思いを込めて歌わせていただきました」と感激の表情で語った。【関連】加藤ミリヤ登壇『モアナと伝説の海』大ヒット記念イベント<フォトギャラリー> 2014年の『アナと雪の女王』、2016年の『ズートピア』に続くディズニー・アニメーションとして注目の本作は、島の外に出ることを禁じられながらも、“海に選ばれた”16歳の少女・モアナが、世界の危機を救うために神秘の大海原に飛び出し冒険をする感動のファンタジー・アドベンチャー。 デビューするために上京してきたのがモアナと同じ16歳ということで、作品を観て「自分と重ね合わせる部分がたくさんありました」という加藤。胸元には、映画からインスパイアを受け、自身がデザイナーを務めるアクセサリーブランド 「MIRROR」で制作した、世界に一つのエメラルドネックレスが光っており、「自分の人生って自分で切り拓いていくもの。でも、ピンチになった時って誰かが自分のことを助けてくれる。ちょっとした勇気を出して一歩を踏み出すことで、人生が変わっていくんだと...more
in English
カテゴリー:

3児の母ミーガン・フォックス、ランジェリー広告で超セクシーショットを披露 - 03月24日(金)15:36 

3児の母ミーガン・フォックス(30)が、ハリウッド発のセクシーランジェリー専門店フレデリックス・オブ・ハリウッド(Frederick's of Hollywood)の広告塔に就任し、話題を呼んでいる。 【写真を見る】3児の母には見えない!?/写真:SPLASH/アフロ ミーガンといえば、かつては“ポスト・アンジェリーナ・ジョリー”と言われ、またセックスシンボルであるスカーレット・ヨハンソンと比較されていたが、セクシーさが全面的に押し出されていたことに不満を抱き、大物プロデューサーと衝突。 半ば女優生命が絶たれそうになっていたが、オンオフを繰り返していたエージェントのブライアン・オースティン・グリーンと、2010年に極秘結婚した。そして、同年に第1子となる男児を、2014年に第2子となる男児を出産した後、離婚申請をしたが、2016年には第3子となる男児を出産し、離婚申請を解消。現在は3人の男の子の母親として、細々とハリウッド映画で復帰している。 そんなミーガンが、今回はフレデリックス・オブ・ハリウッドの広告塔としてでん部丸出しの黒いボディースーツで壁に寄りかかっているショットや、黒いレースの下着や、パープルのレース下着でベッドにうつぶせでベッドに横たわっているショットなどを披露。数々のセクシーショットがデイリー・メール紙に掲載されている。 まるで人形のような完璧な顔とボディには、「加...more
in English
カテゴリー:

千鳥「キングちゃん」レギュラー化決定!なぜか劇団ひとりが嫉妬 - 03月21日(火)22:25 

テレビ東京系にて「NEO決戦バラエティ キングちゃん」が4月クールよりレギュラー化することが決定。MCを務める千鳥が取材会に出席した。 【写真を見る】ファン待望のレギュラー復活となった/(C)テレビ東京 レギュラー化についてノブは「言葉じゃ言い表せないうれしさがあります。(担当プロデューサーの)佐久間(宣行)さんがルミネに話に来たときは、思わず大悟に抱きついてしまうくらいでした」と喜びを爆発。 大悟も「こんな番組をやりたくて芸人になったので本望です。いろんな芸人が“(MCが)なぜ自分たちじゃないのか”と嘆いているとも聞きますから…(笑)。“これさえやれれば”という思いで臨みます」と思いを語った。 この日の取材会は第1回のロケを終えてからとのことで、初回収録の感想を聞くと、ノブは「こんな方が来てくれるんだ!という大先輩、劇団ひとりさん、千原ジュニアさんにお越しいただきました。とても過酷なロケでしたね。 体力的な意味ではなく、ずっと頭を使うという意味で。まあ、めちゃくちゃスベったんですが(笑)、心地良いスベリでした。そして、初日なのにまれに見るグダグダ感でした(笑)」。 大悟も「ああいうスベリはね…酔っ払った時に朝からサウナ入るみたいな気持ち良さがあるんですよ」と番組ならではの感情を吐露した。 また、レギュラー復活の決め手を佐久間プロデューサーは「コンビの2人が均等に面白いから、こうい...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」芳根京子 「19歳のおばあちゃん役」に賛否 - 03月18日(土)07:00 

 10月のスタートから20%前後の視聴率を記録し、好調が続くNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。ヒロイン・芳根京子の演技にも注目が集まっているが、彼女が「おばあちゃん」を演じていることに賛否の声が出ている。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんはどう考えるのか? 以下、木村さんが解説する。  * * *  去る2月28日、『べっぴんさん』がクランクアップを迎えました。約10か月に渡る撮影の最終日は、奇しくも芳根京子さんの20回目の誕生日。現場取材した人に尋ねたところ、涙いっぱいのフィナーレだったそうです。  一方、放送中のドラマは3月9日の131話で、芳根さん演じる坂東すみれの娘・さくら(井頭愛海)が第一子・藍を出産。すみれはおばあちゃんになりました。  つまり、「19歳の女優がおばあちゃん役を演じていた」ということ。現実では絶対にありえない「19歳のおばあちゃん」に、クチコミサイトやSNSでは「さすがに無理がある」という厳しい声があがりました。 ちなみに藍の母親となった井頭さんもまだ15歳ですが、ミドルティーン女優の母親役はときどき見られるので、「これはセーフかな」というムード。やはり19歳のおばあちゃんに対する厳しいコメントが目立つ形になっています。  芳根さんは4月1日の最終回に向けて、およそ60歳までの人生を演じることが確定。実年齢の3倍であり、父親役だった生瀬勝久さん...more
in English
カテゴリー:

真野恵里菜、モアナの一歩踏み出す勇気に感動! 「自分の思いが重なる」 - 03月17日(金)17:00 

 現在、大ヒット公開中のディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』に絶賛の声が相次ぐ中、自ら劇場に足を運び、大スクリーンで本作を体感した女優の真野恵里菜も完全に心を奪われた一人。大海原へ一歩踏み出すモアナの姿が、アイドルから女優の道へ進んだ自身のキャリアにも重なるという真野が、愛と勇気と冒険がいっぱい詰まった本作の魅力を余すところなく語った。【関連】真野恵里菜インタビューカット&『モアナと伝説の海』場面写真<フォトギャラリー> 3月11日~12日の全国動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位、昨年76億円の大ヒットとなった『ズートピア』の142%スタートという爆発的な大ヒットスタートをきった本作は、『リトル・マーメイド』(89)『アラジン』(92)などを手掛けた名匠ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督コンビが贈る感動のファンタジー・アドベンチャー。海に選ばれた16歳の少女モアナが、世界の危機を救うため、伝説の英雄マウイとともに大海原を旅する壮大な冒険物語を美しい海の映像と、数々の珠玉のナンバーで綴る。 自他ともに認めるディズニーファンの真野。予告編を観た時は、「もっと穏やかでゆっくりした物語だと思っていました」と話すも、本編が始まった瞬間、「あれ?思い描いていたよりダイナミックで、モアナが想像以上にたくましい!」といい意味で驚いたという。「すごく楽しみで期待してい...more
in English
カテゴリー:

『ズートピア』超えで80億突破も視野に!『モアナと伝説の海』が大ヒットスタート - 03月14日(火)14:14 

3月11・12日の興収ランキングは、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』が初登場1位を獲得。最終興収76億3000万円をあげた昨年のヒット作『ズートピア』(16)を上回る、爆発的なスタートを切った。 【写真を見る】前週トップの『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は依然として好調!/[c]藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017 『モアナと伝説の海』は土日2日間で動員46万6000人、興収5億8900万円を記録。この成績は、2016年の大ヒット作『ズートピア』と比べても動員142%、興収132%と大きく上回っており、いかに爆発的な出足なのかは、この対比を見れば認識しやすいかもしれない。全米興行収入ランキングで3週連続1位に輝いたが、日本でも圧倒的な強さを見せている。 この大ヒットスタートの要因としては、やはり印象的な主題歌の存在が欠かせない。iTunes Storeのサントラソング別ランキング(3月13日現在)では、1位に屋比久知奈の「どこまでも ~How Far I'll Go~」、2位に加藤ミリヤが歌う日本版エンドソングVerとトップ2を制覇している。『アナと雪の女王』(13)以降の傾向として顕著だが、本作も音楽が大々的に注目され、多くの鑑賞者の心を掴んでいるようだ。 前週ワン・ツーを飾った『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』と...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「夏木マリ」の画像

もっと見る

「夏木マリ」の動画

Wikipedia

夏木 マリ(なつき マリ、1952年5月2日 - )は、日本の女優、歌手。旧芸名及び旧姓は中島 淳子(なかじま じゅんこ)。

来歴

東京都豊島区生まれで、小学校3年から中学校3年まで埼玉県さいたま市大宮区(旧・大宮市)で育つ週刊新潮1982年8月12日号46頁くにまるワイド ごぜんさま〜: 1月4日〜1月8日の邦流は、夏木マリさん。

1971年、19歳の時に本名の中島淳子名義で「小さな恋」にて歌手デビュー。ジャニス・ジョプリンのような曲を歌いたかったが希望は受け入れられず、清純派アイドルとしてデビューした。しかしあまり注目されず、キャバレー回りの日々が続く不遇の時代を過ごす。

1973年に現在の夏木マリ名義で「絹の靴下」を発表。妖艶な振り付けやフィンガー・アクションが盛り込まれた同曲は大ヒットした。その後各局の歌番組に続けて出演するなど多忙な日々を過ごすが、低色素性貧血で3か月の入院を余儀なくされ、復帰した時には仕事が激減し、再びキャバレー回りの生活に逆戻...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる