「夏木マリ」とは?

関連ニュース

【夏木マリ】<One of Loveプロジェクト GIG vol.8>、一夜限りの豪華コラボが実現 - 06月22日(木)12:58 

6月21日の「世界音楽の日」、<One of Loveプロジェクト GIG vol.8>が赤坂BLITZにて開催された。 ◆<One of Loveプロジェクト GIG vol.8>画像 夏木マリ...
カテゴリー:

広田レオナ、香川照之と交際に発展しかけるも「付いていけなかった」 - 06月18日(日)15:26 

爆笑問題の田中裕二と太田光が司会を務めるニュースバラエティー「サンデー・ジャポン」(TBS系)。6月18日の放送では、夏木マリ、広田レオナ、池田美優(みちょぱ)、プチ鹿島をスタジオに迎え、今話題のニュースについて生トークを展開した。 【写真を見る】完全に広田レオナの爆弾発言に巻き込まれた格好の香川照之 新海誠監督が30代前半の美人編集者との不倫報道を否定した話題では、VTR上がりで太田が「新海監督もあんな見え透いた言い訳じゃなくて、あの時僕は誰かと入れ替わってました。中身が違ってたんですって(言えばいいのに)」と、新海監督の空前の大ヒット作「君の名は。」をもじってツッコんだ。 その流れから田中が、ゲストの広田に今年週刊誌で取り上げられた不倫疑惑について質問。 広田が「ええ~! 新海監督からこっちきますか」と困惑しながらも「見出しがダメですよ。ウソですよ。大体(自分は)離婚してますし。そもそも不倫じゃないですけど」と記事に対し反論する。 すると、そんな歯に衣着せぬ物言いが人気で、各バラエティー番組に引っ張りだこの広田の破天荒伝説が紹介された。 伝説の1つ目は「俳優・吹越満との2度に渡る結婚と離婚」。田中から今現在の吹越との関係を聞かれると、「今はベストなんじゃないですかね。ビジネスパートナーでもあるし、男女の関係がなくなっているから、本当に双子みたいな、本当に仲がいい。娘の父親でもあ...more
カテゴリー:

【夏木マリ】夏木マリと斉藤ノヴが立ち上げた 「One of Loveプロジェクト」、今年も世界音楽の日にGIG実施 - 06月15日(木)22:04 

6月21日(水)に赤坂BLITZにて、<One of Loveプロジェクト GIG vol.8>が開催される。 夏木マリと斉藤ノヴが2009年に立ち上げた「One of Loveプロジェクト...
カテゴリー:

泉谷しげる、夏木マリに感服 支援プロジェクト参加「やってることが素晴らしい」 - 06月21日(水)22:00 

 歌手で女優の夏木マリ、泉谷しげるらが21日、東京・赤坂BLITZで開催された支援プロジェクト『One of Love プロジェクト GIG vol.8』に出演。開演前には報道陣の囲み取材にも対応した。 【写真】同イベントに出演した川畑要、フラワーカンパニーズら  夏木と斉藤ノヴ夫妻が2009年に立ち上げ、途上国の女性と子どもたちを支援していく同プロジェクト。夏木らのほか、川畑要(CHEMISTRY)、TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)、フラワーカンパニーズらが出演した。  美輪明宏の代表曲「ヨイトマケの唄」で夏木とコラボした泉谷は、開幕を直前に控え「無理難題ばかり言ってきて…」とボヤきつつ、夏木から「でもリハはちゃんと来た。珍しい」と“真面目エピソード”を明かされると照れ笑い。最後には「マリちゃんのやってることが素晴らしいからね」と感服した。  支援プロジェクトに賛同し、オファーを快諾した泉谷だが、取材では“泉谷節”がさく裂。「しかしPA(音響スタッフ)がどうしようもないね。いきなりカチンときちゃってさ」と、この日のリハでもスタッフに直接苦言を呈し、夏木も「昔に泉谷さんのライブに出させてもらった時に『音響が気に入らない』と言って(スタッフに)殴りかかっていた」と暴露していた。 【関連記事】 『三匹のおっさん』クランクアップ 泉谷しげるは居残り (17年03月...more
カテゴリー:

熊川哲也「フェリシーと夢のトウシューズ」で声優初挑戦 カリスマ指導者に - 06月16日(金)18:00 

 パリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見る少女の成長を描くアニメーション映画「フェリシーと夢のトウシューズ」の日本語吹き替え版に、日本バレエ界を牽引する熊川哲也が参加することがわかった。土屋太鳳が声を演じる主人公フェリシーに可能性を見出し、見守り続けるパリ・オペラ座バレエ学校のカリスマ指導者ラメントゥに息吹を注ぐ。  映画の舞台は19世紀末の仏パリ。踊ることが大好きな11歳フェリシーは、偉大な発明家を志す親友ヴィクターと孤児院を抜け出し、あこがれの街パリへと向かう。バレエを習ったこともないフェリシーだったが、元バレリーナの掃除婦オデットと出会い、情熱と勇気だけを胸に夢の舞台を目指す。  今作で声優に初挑戦した熊川は、「(指導者は)根底に愛がなくてはいけないと思う。バレエに対する愛はもちろん、人間愛が必要だと思います。子どもたちは敏感なので嘘をつけないし、バレエの厳しさや現実を教えるのは、自分自身も苦悩している場面があり、同じような経験をしています」と役との共通点を語る。  また、厳しい環境下で奮闘する主人公について「バレエへのひたむきな情熱や、夢や希望へ向かっていく姿が心に染みました」「とても可愛らしく、ほっこりして癒されました」といい、「子どもだけではなく、教育に携わる人、芸術家、子どもをもつ親、すべての大人たちが共感できるシーンがあると思います」とアピール。劇中のダンスシー...more
カテゴリー:

【音楽】杏里が止まらない!初スタジオライブアルバム「FUNTIME」7・12発売 - 06月07日(水)05:03 

6/7(水) 5:00  名曲「オリビアを聴きながら」「CAT’S EYE」などで知られる歌手、杏里(55)が、7月12日に自身初のスタジオライブアルバム「FUNTIME」を発売することが6日、分かった。3月のライブハウスツアーに参加したパーカッション奏者、斉藤ノヴ(66)ら超一流バンドメンバーが再集結し、当時と同じセットリストで一発レコーディング。ライブの臨場感を丸々体感できる、ぜいたくな1枚だ。  伸びのある歌声でファンを魅了する杏里が、極上の“大人の時間”を届ける。  きっかけは、3月4日の名古屋...
»続きを読む
カテゴリー:

「夏木マリ」の画像

もっと見る

「夏木マリ」の動画

Wikipedia

夏木 マリ(なつき マリ、1952年5月2日 - )は、日本の女優、歌手。旧芸名及び旧姓は中島 淳子(なかじま じゅんこ)。

来歴

東京都豊島区生まれで、小学校3年から中学校3年まで埼玉県さいたま市大宮区(旧・大宮市)で育つ週刊新潮1982年8月12日号46頁くにまるワイド ごぜんさま〜: 1月4日〜1月8日の邦流は、夏木マリさん。

1971年、19歳の時に本名の中島淳子名義で「小さな恋」にて歌手デビュー。ジャニス・ジョプリンのような曲を歌いたかったが希望は受け入れられず、清純派アイドルとしてデビューした。しかしあまり注目されず、キャバレー回りの日々が続く不遇の時代を過ごす。

1973年に現在の夏木マリ名義で「絹の靴下」を発表。妖艶な振り付けやフィンガー・アクションが盛り込まれた同曲は大ヒットした。その後各局の歌番組に続けて出演するなど多忙な日々を過ごすが、低色素性貧血で3か月の入院を余儀なくされ、復帰した時には仕事が激減し、再びキャバレー回りの生活に逆戻...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる