「夏木マリ」とは?

関連ニュース

ベッキー「お酒は酔うために飲む」「キャラは変えられない」デスメタル風の新曲を熱唱 - 08月20日(日)18:32 

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの“こじらせ系”クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。8月19日の放送では、前回に引き続き、タレントのベッキーがゲストとして登場。3人がベッキーに歌ってほしい曲を即興で作成した。14歳で芸能界デビューしてから、「ベッキールール」というものを自分自身に課してきたというベッキー。それは、「ドクロを着ない」「黒を着ない」「アイシャドウはブラウン」「メイクはタレ目」など、自身のイメージを守るために必要なもので、これらを守ることで、「いつ見ても変わらない自分でいたかった」のだという。しかし、昨年の髪を切ったタイミングでこれらのルールを「全てとっぱらった」そうで、今回の曲には、そのルールを捨てたベッキーの、これからやりたいことや思いの丈を込めていくことになった。曲の冒頭で、演歌風にベッキールールを歌い上げ、そこからデスメタル風に転調する流れに決定。メロディーを組み上げるヒャダインから、「もう一つくらい何か」とベッキールールを促されると、本人から「玄関開けたら笑顔」と、まさにこれまでのベッキーを象徴するかのようなルールが飛び出し、3人を感心させた。ここで、能町が「私、別名義を考えていて」と切り出...more
カテゴリー:

夏木マリ 2度目の参戦!『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO』 - 08月14日(月)18:29 

[株式会社MNS TOKYO] [画像1: https://prtimes.jp/i/12632/9/resize/d12632-9-391722-0.jpg ] 今年19回目の開催となる、日本初のオールナイトフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO」が、8月11日(金)、8月12日(土)の2日...
カテゴリー:

土屋太鳳、憧れの黒木瞳と初対面 「すてき過ぎて胸がいっぱい」 - 08月12日(土)12:52 

 映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた土屋太鳳と黒木瞳が登壇した。  本作は、家族のいない独りぼっちの少女が、パリ・オペラ座のバレリーナを夢見て奮闘する物語。土屋は主人公フェリシー役、黒木はフェリシーにバレエを教える元バレリーナの掃除係オデット役を演じた。  観客の大きな拍手で迎えられた土屋は「海外のアニメーションですが、夢を追う時に心が揺れ動く様子、挫折などもしっかり描かれているので、とても共感できる物語。日本でも間違いなくたくさんの方々に楽しんでいただけると思います」とアピールした。  黒木とはこれが初共演。アフレコは別々に行ったため、今日が初対面といい「すてき過ぎて胸がいっぱいです」と感激の面持ち。「憧れの方だったので、ちょっと緊張していたのですが、それを伝えたら『楽しもうね。みんなも(映画を)楽しんだ後なんだから』と言ってくださり、とても心が明るくなりました」と黒木の心遣いにも感謝した。  そんな土屋に対して黒木は「親近感がある。初めてお会いした感じが全くしない」と率直な思いを明かした。  また映画の内容にちなみ、特訓の思い出を問われた黒木は「宝塚で初めて役がついた時、動きながらせりふを言うために、教室の隅っこで『ハァ~!』『ハァ~!』とだけ言いながら(動く)という練習を何時間もしました」と述懐した...more
カテゴリー:

土屋太鳳、憧れの黒木瞳との対面に感激!「ステキすぎて胸がいっぱい」 - 08月12日(土)12:05 

バレリーナを夢見る少女の成長を描くアニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の初日舞台挨拶が8月12日に新宿ピカデリーで開催され、日本語吹替版の声優を務める土屋太鳳と黒木瞳が登壇。憧れの黒木との対面に、土屋が「ステキすぎて胸がいっぱい」と喜びをあふれさせた。 【写真を見る】土屋太鳳、肩を出した真っ赤なノースリーブドレスで登場!キラキラと輝くティアラもステキ 土屋が、バレエの情熱と勇気だけは誰にも負けない、踊ることが大好きな主人公・フェリシーを演じた本作。黒木はフェリシーにバレエを教えることになる、元バレリーナ役を演じ、“師弟”として声の共演を果たした。 アフレコは別収録となったそうで、この日が初対面となった2人。フェリシーの赤いトウシューズをイメージして、真っ赤なドレス姿で登場した土屋は「本当にお会いするのがうれしくて」とはにかみ、「初めてご一緒させていただいて、ステキすぎて胸がいっぱいです」と素直な胸の内を語った。 劇中でフェリシーを鍛えぬく役柄を演じただけあって、黒木は「初めてお会いした気がまったくしない。とても親近感がある」とニッコリ。土屋もうれしそうな笑顔を見せ、「憧れの方だったのでちょっと緊張していたんですが、さきほど『キラキラと楽しもうね』と言ってくださって。すごく心が明るくなりました」と黒木の言葉に励まされたことを明かしていた。 “夢を叶えること”がテーマとな...more
カテゴリー:

土屋太鳳、努力家ゆえの悩み「ストイックも大事だけれど…」 - 08月11日(金)21:04 

公開作が相次ぎ、勢いある若手女優の筆頭となった土屋太鳳。アニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(8月12日公開)の日本語吹替版では、バレリーナになる夢を叶えようと奮闘する女の子・フェリシーを演じた。何事にもストイックに打ち込むイメージのある土屋。情熱いっぱいのフェリシーにも「とても共感できた」と話すが、今、努力家ゆえの悩みを抱えていた。悩みながらも、土屋を支えている女優への情熱とは?22歳の胸の内に迫った。 【写真を見る】土屋太鳳、ミントグリーンのミニドレスで登場!透け感もキュート 本作の主人公は、踊ることが好きな気持ちは誰にも負けない女の子・フェリシー。施設で暮らしながらもバレリーナになることを夢見ていた彼女が、憧れの街・パリへと出発。ライバルたちとの熾烈な競争に立ち向かいながら、夢を叶えようとする姿を描く。 土屋は「今の自分自身、フェリシーにとても共感ができた。夢へと進もうとする情熱も素敵だなと思います」と共感たっぷりに、作品に飛び込んだ。2005年、女優発掘オーディション「ミス・フェニックス」で審査員特別賞を受賞したことをきっかけに、この世界に入った彼女。オーディションでは「私を映画の世界に入れてください」と熱い思いを伝えたそうだが、2017年は『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『トリガール!』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など公開作が相次ぎ、いわば夢が叶...more
カテゴリー:

ベッキー「お酒は酔うために飲む」「キャラは変えられない」デスメタル風の新曲を熱唱 - 08月20日(日)18:29 

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの“こじらせ系”クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。8月19日の放送では、前回に引き続き、タレントのベッキーがゲストとして登場。3人がベッキーに歌ってほしい曲を即興で作成した。14歳で芸能界デビューしてから、「ベッキールール」というものを自分自身に課してきたというベッキー。それは、「ドクロを着ない」「黒を着ない」「アイシャドウはブラウン」「メイクはタレ目」など、自身のイメージを守るために必要なもので、これらを守ることで、「いつ見ても変わらない自分でいたかった」のだという。しかし、昨年の髪を切ったタイミングでこれらのルールを「全てとっぱらった」そうで、今回の曲には、そのルールを捨てたベッキーの、これからやりたいことや思いの丈を込めていくことになった。曲の冒頭で、演歌風にベッキールールを歌い上げ、そこからデスメタル風に転調する流れに決定。メロディーを組み上げるヒャダインから、「もう一つくらい何か」とベッキールールを促されると、本人から「玄関開けたら笑顔」と、まさにこれまでのベッキーを象徴するかのようなルールが飛び出し、3人を感心させた。ここで、能町が「私、別名義を考えていて」と切り出...more
カテゴリー:

土屋太鳳、黒木瞳との初対面に「素敵すぎて胸がいっぱいです」 - 08月13日(日)12:06 

花の都パリを舞台にバレリーナを夢見る少女の成長物語を描いたアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』。この作品の初日舞台挨拶が8月12日に新宿ピカデリーで行われ、日本語吹替版で声の出演をした土屋太鳳と黒木瞳が登壇した。 土屋が声を演じたのは、いつの日かパリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見る主人公フェリシー役。黒木が、そんなフェリシーにバレエを教える元バレリーナのオデット役を演じた本作。この日の土屋は、フェリシーがオデットから譲り受ける赤のトウシューズを意識して選んだ真っ赤なドレスと赤いヒール、そして映画ポスターのフェリシー同様、輝くティアラを身につけて登場。黒木も黒とシルバーを基調とした凛とした装いで登場すると客席から歓声が上がった。 土屋と黒木はこの日が初対面。互いの印象について土屋は「アフレコは別々だったので、今日お会いするのがとても楽しみでした。(黒木さんが)素敵すぎて胸がいっぱいです。(日本語吹替版を見た時に)黒木さんの声で命が吹き込まれたことを実感して感動しました」とコメント。黒木は「(作品を通じて接していたので)土屋さんとは初めてお会いした感じが全くしませんでした。私(オデット)の特訓でオペラ座の舞台に立った子、という感です(笑)」と話した。 また土屋は登壇前に「楽しもうね」と黒木に声をかけてもらったことを明かすと、日本語吹替版のその他キャストに関して、「先...more
カテゴリー:

土屋太鳳は黒木瞳の愛弟子!? 初対面でも「胸がいっぱい」 - 08月12日(土)12:31 

 フランス・カナダ合作のアニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」が8月12日、全国110スクリーンで公開された。日本語吹き替え版で声優を務めた土屋太鳳と黒木瞳が東京・新宿ピカデリーでの舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】土屋太鳳と黒木瞳、その他の写真はこちら  仏映画「最強のふたり」の製作陣と、米ドリームワークスのスタッフがタッグを組んだ長編アニメーション。踊ることが大好きな少女・フェリシーが、バレリーナとしてオペラ座の舞台に立つ夢を叶えるためにパリに向かい、さまざまな困難に立ち向かっていく姿をつづった。  アフレコは別々に行ったため、2人はこの日が初対面。フェリシー役の土屋は、「本当にお会いするのが嬉しくて。『黒木さんはどういう声でアフレコなさるのかな』とドキドキしていたのですが、完成したものを拝見させていただき、命が吹き込まれたと実感して感動しました。本日、初めてご一緒させていただいて、素敵すぎて胸がいっぱいです」と嬉しそうに語る。  一方の黒木は、フェリシーに特訓を施す元バレリーナの掃除婦・オデットに息吹を注いだため「今さっき初めてお会いしたのですが、映画のなかではフェリシーをレッスンしていくので、初めてお会いした感じがまったくしなくて」とニッコリ。さらに「『私の特訓で舞台に立つことが出来た子!』みたいな(笑)。とても親近感」と明かすと、笑いが沸き起こっていた...more
カテゴリー:

土屋太鳳、憧れ黒木瞳と共演にドキドキ「胸がいっぱい」 - 08月12日(土)11:53 

 女優の土屋太鳳が12日、都内で行われたアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の初日舞台あいさつに登壇した。19世紀末のパリを舞台に、オペラ座のバレリーナを目指す少女・フェリシーの声を担当した土屋は、フェリシーを特訓する元バレリーナ・オデット役を務めた女優・黒木瞳と並び、「完成した(黒木の)声を聞いた時、日本語版に命が吹き込まれたと感動しましたし、きょう初めてご一緒できて素敵すぎて胸がいっぱいです」と瞳を輝かせた。 【全身ショット】バレリーナ風のスカート姿を披露した土屋太鳳  そんな土屋に「初めてお会いした気がしない」と、うれしげな黒木。自らの宝塚時代の“特訓”の思い出について「初めて役がついたとき、動きながらせりふを言うため、教室の隅を『ハァ!』だけ言いながら何時間も回った。毎日2時間くらいやったけどすごくいい特訓だった。違和感なく動くことができるんです」と振り返ると、土屋は「ちょうどそれで悩んでいた時だったので、すごく勉強になります!」と目から鱗の様子で感激した。  まだまだ、黒木リスペクトの止まらない土屋は劇中の内容にちなみ、かなえたい夢を聞かれ「(同作に出演する)夏木マリさんと完成披露でお会いして『カッコイイな』と思ったので、夏木マリさんや黒木瞳さんのように改めて、女性として女優として素敵な大人になりたい」と抱負を掲げた。  そんな熱い想いに、会場から拍手が巻き...more
カテゴリー:

土屋太鳳が明かす、声のコンプレックスと実弟との絆 - 08月11日(金)10:46 

女優・土屋太鳳が、バレリーナになることを夢見る少女の姿を描く映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(8月12日公開)で海外アニメーションの吹き替えに初挑戦した。「声にコンプレックスがあった」というだけに、「声のお仕事をいただけるのはすごくうれしい」と喜びを噛み締める彼女。声優業の素晴らしさを教えてくれた存在、そして声優として歩き始めた実弟との絆について語ってもらった。 【写真を見る】土屋太鳳、まるでバレリーナのようなキュートなドレスで登場! 物語の舞台は、19世紀末のパリ。施設で暮らしながら、バレリーナになることを夢見ていたフェリシーが、憧れの街・パリで夢を叶えるために奮闘する姿を描く本作。情熱と勇気を持った女の子・フェリシーの声を、土屋が溌剌と演じている。 「僕だけがいない街」で日本のTVアニメの声優は経験はあったが、「声優のお仕事はとても難しい」と胸の内を明かす彼女。しかし、同時に大きな喜びでもあるという。 「フェリシーと共感できる部分がとても多く、素晴らしい役と作品に出会えたと思いました。私は16歳くらいまで、舌足らずのようになってしまったり、すぐに声が枯れてしまったりとあまりきちんと声がでなかったんです。舌小帯の手術をしたことによって、少しずつ出るようになりましたが、声にはずっとコンプレックスがありました。だからこそ声のお仕事はうれしいし、しかもフェリシーという素敵な女の子と...more
カテゴリー:

もっと見る

「夏木マリ」の画像

もっと見る

「夏木マリ」の動画

Wikipedia

夏木 マリ(なつき マリ、1952年5月2日 - )は、日本の女優、歌手。旧芸名及び旧姓は中島 淳子(なかじま じゅんこ)。

来歴

東京都豊島区生まれで、小学校3年から中学校3年まで埼玉県さいたま市大宮区(旧・大宮市)で育つ週刊新潮1982年8月12日号46頁くにまるワイド ごぜんさま〜: 1月4日〜1月8日の邦流は、夏木マリさん。

1971年、19歳の時に本名の中島淳子名義で「小さな恋」にて歌手デビュー。ジャニス・ジョプリンのような曲を歌いたかったが希望は受け入れられず、清純派アイドルとしてデビューした。しかしあまり注目されず、キャバレー回りの日々が続く不遇の時代を過ごす。

1973年に現在の夏木マリ名義で「絹の靴下」を発表。妖艶な振り付けやフィンガー・アクションが盛り込まれた同曲は大ヒットした。その後各局の歌番組に続けて出演するなど多忙な日々を過ごすが、低色素性貧血で3か月の入院を余儀なくされ、復帰した時には仕事が激減し、再びキャバレー回りの生活に逆戻...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる