「夏木マリ」とは?

関連ニュース

スカパラ谷中敦&大森はじめ、『新宿セブン』最終回に出演 - 12月15日(金)10:09 

 テレビ東京系ドラマ24『新宿セブン』(毎週金曜 深0:12※テレビ大阪は毎週月曜 深0:12)のオープニングテーマ曲を担当する、東京スカパラダイスオーケストラのメンバー、谷中敦と大森はじめが、同ドラマの第11話=最終回(22日放送)にゲスト出演することが発表された。 【劇中カット】第10話の栞(家入レオ)が怖い  同名漫画(原作:観月昴、作画:奥道則/日本文芸社)をKAT-TUNの上田竜也主演で実写化した本作。質屋の店主で抜群の鑑定眼を持った主人公・七瀬(上田)が、「物」の真贋を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決するストーリーを重ね、第9話(8日放送)で餃子店の看板娘・栞(家入レオ)がマフィアの殺し屋という本性をあらわすなど、クライマックスを迎えている。  スカパラメンバーは第11話の劇中、七瀬質店を訪れる何やら怪しいコワモテの男性客を演じる。迫力ある2人と、大野健太(中村倫也)とのやりとりに注目だ。谷中は「今回オープニングテーマを担当させてもらえてとっても光栄でした。『白と黒のモントゥーノ』の歌詞を書かせていただくにあたって原作を熟読した『新宿セブン』。そのドラマの世界の中に役者として加えてもらって無茶苦茶うれしかったです。出演はちらっとですが楽しんでもらえたらとってもうれしいです」とコメントを寄せている。  きょう15日は、第10話を放送。水月華(大野いと)が...more
カテゴリー:

家入レオの怪演にネット騒然!『新宿セブン』第10話の内容は… - 12月14日(木)12:50 

KAT-TUNの上田竜也が主演を務めるドラマ『新宿セブン』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)。先週(12月8日)放送された第9話で、衝撃の事実が発覚。そして12月15日放送の第10話では、さらに怒涛の展開が待ち受ける。「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社)で連載中の同名コミックをドラマ化した本作。新宿歌舞伎町の“質屋”を舞台に、アウトローな主人公で質屋の店主・七瀬(上田)が「物」の真贋を見極めると同時に、訳ありなお客と関わり、トラブルに立ち向かう痛快なヒューマンミステリードラマだ。先週の放送で、家入レオ演じる餃子屋の看板娘・栞が、実はチャイニーズマフィアの一員で殺し屋だったことが判明。チャイニーズマフィアの王(嶋田久作)率いる黄幇会を追っていた刑事・近藤(田中哲司)を背後から刀で刺した栞の冷淡な表情は、これまで見せていた餃子屋での元気な女の子の姿とはあまりにかけ離れていて、放送終了後、SNS 上では「嘘でしょ?」「まさかの栞ちゃん!!!???」「栞が黄幇会のメンバーだったとは!」「ただの餃子バイトの役かと思っていたのに……衝撃過ぎて眠れない」「初出演で殺人犯役とは驚きを隠せん」 「ラストの栞さん怖すぎ」などの大きな反響を呼び、本作が女優デビューとは思えない怪演に衝撃が広がった。そして、15日放送の第10話では、謎の女・水月華(大野いと)がいまだ姿を消したままの七瀬質店に、栞が現...more
カテゴリー:

女優に挑戦中の家入レオ、実は殺し屋だった…怪演に衝撃 - 12月12日(火)13:03 

 テレビ東京系で放送中のドラマ24『新宿セブン』(毎週金曜 深0:12※テレビ大阪のみ毎週月曜 深0:12)で、第9話(8日放送)のラストで、歌手の家入レオが演じる、餃子屋の看板娘・栞が、実はチャイニーズマフィアの一員で殺し屋だったことが発覚。放送終了後、SNS上では「嘘でしょ?」「ただの餃子バイトの役かと思っていたのに…衝撃過ぎて眠れない」「初出演で殺人犯役とは驚きを隠せん」「ラストの栞さん怖すぎ」などと、本格女優デビュー作で見せた怪演が反響を呼んでいる。 【場面写真】家入レオの熱演、怪演シーン  同ドラマは、上田竜也(KAT-TUN)主演で、24時間眠らない街、新宿・歌舞伎町の質屋を舞台に、天才鑑定士主人公・七瀬(上田)が「物」の真贋を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決するストーリー。  第9話では、チャイニーズマフィアの王(嶋田久作)率いる黄幇会を追っていた刑事・近藤昭人(田中哲司)を背後から刀で刺したのがなんと、栞。その冷淡な表情は、これまで見せていた餃子屋での元気な女の子の姿とはあまりにかけ離れていていた。  15日放送の第10話では、七瀬の質店に栞が現れる。出前を持ってきたというが、おかもちの中に入っていたのは、栞が刺殺した近藤のあまりにも無残な亡骸! 餃子店の店主シノブ(夏木マリ)に別れを告げアジトへ戻る栞。そこには拘束された水月華(大野いと)の姿が…...more
カテゴリー:

家入レオの怪演にネット騒然!『新宿セブン』第10話の内容は… - 12月15日(金)06:00 

KAT-TUNの上田竜也が主演を務めるドラマ『新宿セブン』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)。先週(12月8日)放送された第9話で、衝撃の事実が発覚。そして12月15日放送の第10話では、さらに怒涛の展開が待ち受ける。「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社)で連載中の同名コミックをドラマ化した本作。新宿歌舞伎町の“質屋”を舞台に、アウトローな主人公で質屋の店主・七瀬(上田)が「物」の真贋を見極めると同時に、訳ありなお客と関わり、トラブルに立ち向かう痛快なヒューマンミステリードラマだ。先週の放送で、家入レオ演じる餃子屋の看板娘・栞が、実はチャイニーズマフィアの一員で殺し屋だったことが判明。チャイニーズマフィアの王(嶋田久作)率いる黄幇会を追っていた刑事・近藤(田中哲司)を背後から刀で刺した栞の冷淡な表情は、これまで見せていた餃子屋での元気な女の子の姿とはあまりにかけ離れていて、放送終了後、SNS 上では「嘘でしょ?」「まさかの栞ちゃん!!!???」「栞が黄幇会のメンバーだったとは!」「ただの餃子バイトの役かと思っていたのに……衝撃過ぎて眠れない」「初出演で殺人犯役とは驚きを隠せん」 「ラストの栞さん怖すぎ」などの大きな反響を呼び、本作が女優デビューとは思えない怪演に衝撃が広がった。そして、15日放送の第10話では、謎の女・水月華(大野いと)がいまだ姿を消したままの七瀬質店に、栞が現...more
カテゴリー:

ゴールデングローブ賞テレビ部門は「ビッグ・リトル・ライズ」が最多6ノミネート - 12月12日(火)15:30 

 ハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員投票によって選出される、第75回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月11日(現地時間)に発表された。  最多6ノミネートを獲得したのは、作家リアン・モリアーティのベストセラー小説をドラマ化したミニシリーズ「ビッグ・リトル・ライズ セレブママたちの憂うつ」。リース・ウィザースプーン、ニコール・キッドマン、ローラ・ダーン、シャイリーン・ウッドリー、ゾーイ・クラビッツといった豪華女優が共演する本作は、カリフォルニアの高級住宅街を舞台に、子どもたちの学校で起こった謎の事件を通じて、不倫、DV、レイプなど、幸せそうに見えた母親たちの抱える闇が徐々に明らかになる。今年のエミー賞では最多5冠を達成しており、シーズン2の制作も既に発表されている。  続いて、スーザン・サランドンとジェシカ・ラングという2大女優が火花を散らす「フュード 確執 ベティvsジョーン」が、4ノミネートを獲得。本作は、ハリウッド黄金期の名女優ベティ・デイビスとジョーン・クロフォードが共演した1962年の傑作ミステリー「何がジェーンに起ったか?」の舞台裏を描いた作品で、ドラマ界のヒットメーカー、ライアン・マーフィが制作総指揮を手がけた。  授賞式は2017年1月7日(現地時間)に開催され、コメディアンのセス・マイヤーズが司会を務める。第75回ゴールデングローブ賞(...more
カテゴリー:

家入レオが殺し屋に!KAT-TUN上田竜也主演「新宿セブン」衝撃展開が話題 - 12月12日(火)12:00 

テレビ東京系で放送中の「ドラマ24『新宿セブン』」で、家入レオ演じる栞が殺し屋だったことが12月8日の放送で明らかになり、話題を呼んでいる。 【写真を見る】SNS上では「嘘でしょ?」「衝撃過ぎて眠れない」と話題/(C)テレビ東京 同ドラマは、24時間眠らない街、新宿・歌舞伎町の質屋を舞台に、天才鑑定士主人公・七瀬(上田竜也)が物の真贋を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決するストーリー。 12月8日放送の第9話では、家入演じる餃子屋の元気な看板娘・栞が、実はチャイニーズマフィアの一員で殺し屋だったという思いもよらぬ事実が発覚。 チャイニーズマフィアの王(嶋田久作)率いる黄幇会を追っていた刑事・近藤(田中哲司)を背後から刀で刺した栞(家入レオ)の冷淡な表情は、これまで見せていた餃子屋での元気な女の子とはあまりにかけ離れた姿で、視聴者にも衝撃が走ったようだ。 放送終了後、SNS上では「嘘でしょ?」「まさかの栞ちゃん!!!???」「栞が黄幇会のメンバーだとは!」「ただの餃子バイトの役かと思っていたのに…衝撃過ぎて眠れない「初出演で殺人犯役とは驚きを隠せん」「ラストの栞さん怖すぎ」などの大きな反響を呼び、本作が女優デビューとは思えない怪演に衝撃が広がっている。 ■ 12月15日(金)放送「新宿セブン」第10話あらすじ 近藤を殺めた栞(家入レオ)はマフィアだった―! 水月華(大野いと)...more
カテゴリー:

「夏木マリ」の画像

もっと見る

「夏木マリ」の動画

Wikipedia

夏木 マリ(なつき マリ、1952年5月2日 - )は、日本の女優、歌手。旧芸名及び旧姓は中島 淳子(なかじま じゅんこ)。

来歴

東京都豊島区生まれで、小学校3年から中学校3年まで埼玉県さいたま市大宮区(旧・大宮市)で育つ週刊新潮1982年8月12日号46頁くにまるワイド ごぜんさま〜: 1月4日〜1月8日の邦流は、夏木マリさん。

1971年、19歳の時に本名の中島淳子名義で「小さな恋」にて歌手デビュー。ジャニス・ジョプリンのような曲を歌いたかったが希望は受け入れられず、清純派アイドルとしてデビューした。しかしあまり注目されず、キャバレー回りの日々が続く不遇の時代を過ごす。

1973年に現在の夏木マリ名義で「絹の靴下」を発表。妖艶な振り付けやフィンガー・アクションが盛り込まれた同曲は大ヒットした。その後各局の歌番組に続けて出演するなど多忙な日々を過ごすが、低色素性貧血で3か月の入院を余儀なくされ、復帰した時には仕事が激減し、再びキャバレー回りの生活に逆戻...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる