「夏帆」とは?

関連ニュース

塚本高史がまさかの告白 脈略のなさにネット民爆笑『監獄のお姫さま』 - 11月22日(水)15:30 

21日、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』第6話が放送された。「姫」ことしのぶ(夏帆)の息子・勇介が悪のイケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)に連れていかれたその後が描かれる一方で、今回もさまざまな見所が。■勇介ロスから復讐決意まで勇介ロスに苦しむ カヨ(小泉今日子)たち。しかし、それ以上に心配なのがすっかり笑顔を失った「姫」だ。そんなある日、千夏(菅野美穂)のもとにマネージャーから週刊誌が送られてくる。その中には、吾郎が 元タレントの妻・晴海(乙葉) と極秘入籍し、息子がすでに一歳半という記事が。しかし、写真の様子を見るかぎり、それは仕込みの可能性が高く、つまり板橋はそうすることで世間に認識させ、勇介を自分と晴海の子供ということにしていたよう。その後、自分の息子・公太郎(神尾楓珠)から「親子であることは変わらないから、離婚してもしなくてもどちらでもいい」旨を手紙で伝えられたカヨは離婚を決意。失うものがなくなったカヨは「姫」のために復讐することを決め、他の面々もそれに同意。「復讐するぞー!」の代わりに「更生するぞー!」と掛け声を言い合ったのだった。■なにかと格好いい満島ひかり一方、2017年現在にも動きが。弁護士たちに入れ知恵され、晴海が電話をかけてきたのだ。それに対応した若井ふたば(満島ひかり)は、「更年期のおばさん軍団が旦那さまに襲いかかり、それを古井(偽名)が身を呈して」...more
カテゴリー:

『監獄のお姫さま』、塚本高史のオバカ行動に大反響「かわいくてサイコー」 - 11月22日(水)11:44 

 小泉今日子が主演し、宮藤官九郎が脚本を務めるドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系/毎週火曜22時)の第6話が21日に放送され、カヨ(小泉)の担当検事だった、塚本高史演じる長谷川の驚きの行動に、「塚本高史アホ可愛くてサイコー」「衝撃の展開すぎて笑える」「最高にバカでポンコツだけど、長谷川かわいい」というコメントが多数集まり、大きな反響を呼んだ。【関連】「夏帆」フォトギャラリー しのぶ(夏帆)の母・民世(筒井真理子)に託したはずが、吾郎(伊勢谷友介)に連れて行かれてしまったしのぶの息子・勇介。刑務所内では、カヨ、洋子(坂井真紀)、明美(森下愛子)、千夏(菅野美穂)らが勇介ロスに苦しんでいた。一方で、彼女たちはしのぶの心配もしていた。そんな中、千夏はマネージャーから送られてきた週刊誌の中に、吾郎が晴海(乙葉)と極秘入籍し、息子はすでに1歳半であるという記事を発見する。 放送終了後、SNSでは「とにかく情報の出し方が凄い。まったく先が読めない。もしかしてラストから組み上げていってるんじゃないかと思うくらい複雑で最高に面白い!」「今一話見直したら絶対面白いし最終回見たら全話見直したくなるだろうな~…は~…すげ~…」「第1話の設定が『そういうことだったのか!』と時間差で納得する展開」と、 第1話からの謎が徐々に解明していく絶妙な脚本を絶賛する声が相次いだ。 さらに長谷川がタキシード姿で花束を手...more
カテゴリー:

岡田将生、空っぽクズ男役にご満悦「こういう役を望んでた。気持ちよかった」 - 11月22日(水)10:00 

俳優の岡田将生が21日、都内で行われた映画『伊藤くん AtoE』(2018年1月12日公開)完成披露試写会に共演者の木村文乃、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭、そしてメガホンをとった廣木隆一監督とともに登壇した。
カテゴリー:

【映画】佐々木希、アニサキスにかかっていた - 11月22日(水)04:54  mnewsplus

2017.11.21 19:27 佐々木希、アニサキスにかかっていた 俳優の岡田将生、女優の木村文乃がW主演を務める映画『伊藤くん A to E』(2018年1月12日公開)の完成披露試写会が21日、都内にて開催され、岡田、木村、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭、廣木隆一監督が登壇した。 ◆佐々木希の「今年一番痛かった話」 イベントでは、劇中で岡田演じる超モンスター級【痛男】伊藤に振り回され痛い目に合わされていくキャスト陣が、自身の「今年一番痛かった話」を披露。 佐々木は、「意味がちょっと違うんです...
»続きを読む
カテゴリー:

岡田将生、小学生に囲まれた無様なエピソードを告白「本当に悲しかったですよ」 - 11月21日(火)20:40 

 岡田将生と木村文乃が、21日に都内で行われたW主演映画『伊藤くん A to E』の完成披露試写会に、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭、廣木隆一監督とともに出席。岡田は“今年最も無様だったエピソード”として10名ほどの小学生に囲まれたことを明かし、「本当に悲しかったですよ」と語った。【関連】『伊藤くん A to E』完成披露試写会フォトギャラリー 容姿端麗で家柄も良いのに、自意識過剰で性格が最悪な伊藤くん(岡田)と、彼に振り回される5人の女性たちの姿を描く本作。伊藤くんを演じた岡田は、「今までとちょっと違うような役をやりたかったっていうのが、正直あって」としたうえで、「こんなにクズで、ダメな、バカな、アホな奴と、この夏を過ごせたので、すごい気持ち良かったです」と充実の表情で語った。 5人の女性の一人で、落ち目の脚本家・矢崎莉桜にふんした木村の印象については「クランクイン前に、監督、スタッフ、文乃さんをふまえて食事会がありまして、その時に、お互い漫画が大好きで、漫画の話をずっとしていたんですよね。それで仲良くなりました」と振り返る。これを受けた木村は、「今日も来て顔を合わせてから、ずっと漫画の話しかしていないんです」と苦笑。また、木村は伊藤くんについてどう思ってたかを聞かれると、岡田の目を見つめながら「『この野郎!』って思ってたよ(笑)」と悪戯っぽく話して会場...more
カテゴリー:

岡田将生、初共演の木村文乃とマンガトークで意気投合! - 11月22日(水)12:17 

映画『伊藤くん A to E』の完成披露試写会が11月21日にスターライズタワーで行われ、岡田将生、木村文乃、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭、廣木隆一監督が出席した。 本作は柚木麻子の恋愛小説を映画化した恋愛ミステリー。4人の女性たち(佐々木、志田、池田、夏帆)の恋愛相談をネタにしようとする脚本家の矢崎莉桜(木村)が、彼女たちを悩ませるモンスター級の痛男・伊藤誠二郎(岡田)に翻弄される様を描く。 さわやかなイメージから一転、自分史上最も痛い男を演じた岡田は「今までと違うこういう役を望んでいたので、すごくいいタイミングでラッキーと思いました。でも、思っていた以上にヤバイ奴でしたね」と紹介。完成した作品には「伊藤君と出会うことによって5人の女性が成長していく話でもあるので、伊藤のクズさが過激なほどいい方向に向くのかと思っていたので良かったです」と満足そうに話した。 一方、木村も「こんなに女でいることを痛いと思わせてくれる作品はなかなかないと思いました」と女性目線で本作を振り返りつつ、「人をあざ笑っていたけど、その行き先が自分自身に向かってくるので、廣木さんがニヤニヤしながら『後で全部自分に返ってくるからな』と言っていたのが怖かったです」と撮影中の一コマを回顧。 そんな岡田と木村は今回初共演で、初対面はマンガの話で意気投合。クランクイン前にスタッフ・キャ...more
カテゴリー:

『監獄のお姫さま』第6話 キョンキョンの息子役・神尾楓珠に注目集まる - 11月22日(水)11:31 

小泉今日子、菅野美穂、満島ひかりらが出演する連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第6話が21日、放送された。 『監獄のお姫さま』、神尾楓珠に注目(画像はドラマ公式Twitterより引用) 女子刑務所に勇介を迎えに来たのは吾郎(伊勢谷友介)だった。しのぶ(夏帆)は母・民世(筒井真理子)に「あの男...
カテゴリー:

【映画】<岡田将生>『伊藤くん A to E』の完成披露試写会に登壇!無様な体験を再現「小学生10人くらいに囲まれて…」 - 11月22日(水)06:55  mnewsplus

俳優の岡田将生が21日、都内で行われた映画『伊藤くん A to E』の完成披露試写会に登壇し、小学生たちに絡まれた際の無様な体験を明かした。 作品にちなみ、今年一番イタかった話を尋ねられると、岡田は小学生たちに絡まれたことを告白。休日に車を運転しながら細い道に入ったところ、 小学生10人くらいが車を取り囲み「お兄ちゃん知ってる! 出てきて!」と騒ぎ出し、「ちょっと待って。通らせて」とお願いしても「ヤダヤダ。絶対に通らせないよ。名前何だっけ?」と事態は収まらず、 「ずっと下を向いていた」という。このエピ...
»続きを読む
カテゴリー:

岡田将生、念願の痛男役 「すごく気持ちよかった」 - 11月21日(火)20:58 

 映画『伊藤くんAtoE』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、木村文乃、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭と廣木隆一監督が出席した。  本作は、容姿端麗、自意識過剰、無神経な28歳のフリーター伊藤誠二郎(岡田)が、女性たちの運命を狂わせていくさまを描いた恋愛ミステリー。  劇中で、超モンスター級の“痛男(いたお)”を演じた岡田は「こういう役を望んでいたので、オファーを頂いた時はラッキーだと思ったのですが、思った以上にヤバい奴でした」と語り、苦笑いを浮かべた。  岡田は「今までとはちょっと違うような役をやりたかったというのが正直なところ。こんなにクズで駄目でアホなやつとこの夏を(撮影で)過ごせたので、すごく気持ちよかったです」と満足げに振り返った。  最強の“毒女”こと、崖っぷち脚本家の莉桜を演じた木村も「こんなに女であることを“痛い”と思わせてくれる作品はなかなかない」と本作の魅力に触れ、「人をあざ笑っていた莉桜ですが、いずれその矛先が自分に向いてくる。廣木さんがニヤニヤしながら『全部自分に帰ってくるからな』と言っていて、それだけが怖かったです」と撮影時の心境を打ち明けた。  劇中では“都合のいい女”を佐々木、“自己防衛女”を志田、“ヘビー級処女”を夏帆、“愛されたい女”を池田がそれぞれ演じた。改めて「伊藤に振り回れてどうだった?」と...more
カテゴリー:

岡田将生、木村文乃たちから「気持ち悪いと言われました」と苦笑 - 11月21日(火)20:30 

柚木麻子の小説を岡田将生と木村文乃のW主演で映画化した『伊藤くん A to E』の完成披露イベントが、11月21日にスターライズタワーで開催。岡田将生、木村文乃、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭、廣木隆一監督が登壇した。とことん痛い男を演じた伊藤は「カットがかかると、みなさんに『気持ち悪い』と言われました」とぼやきながら苦笑いした。 【写真を見る】木村文乃や佐々木希らがドレスアップして登壇 最低の“痛男”役を演じた岡田は「こういう役を望んでいたので、いいタイミングでラッキーでしたが、思った以上にヤバいやつでした。今までとはちょっと違う役をやりたかったのですが、こんなにクズでバカでアホなヤツとこの夏を過ごせたので気持ち良かったです」と感想を述べた。 毒を吐く脚本家役を演じた木村は「人をののしったりしますが、その指先が自分に向いてくる。廣木さんはニヤニヤしていたけど、怖かったです」と笑いながら語った。 木村を含め、5人の女優陣は伊藤くんに振り回される女たちを演じた。佐々木は「振り回されて嫌な気持ちになりました」と、志田は「圧迫感がすごいなと思いました」と、池田は「関わりたくないです」と、夏帆は「傷つきました。すごく」と、木村は「この野郎!と思ってたよ」と恨み節を吐き、で会場から笑いが起きた。 『伊藤くん A to E』は、とことん痛い男・伊藤くんを巡り、5人の女...more
カテゴリー:

もっと見る

「夏帆」の画像

もっと見る

「夏帆」の動画

Wikipedia

夏帆(かほ、1991年6月30日 - )は、日本の女優、タレントファッションモデル。所属事務所はスターダストプロモーション

来歴

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる