「夏川結衣」とは?

関連ニュース

【インタビュー】『妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3』 妻夫木聡「今回は、うっかり感動させちゃいます」 蒼井優「この家族は、最低だけど最高じゃないですか」 - 05月21日(月)12:00 

 第1作は「熟年離婚」、第2作では「無縁社会」をテーマにした、山田洋次監督の喜劇『家族はつらいよ』シリーズ。最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3』(5月25日公開)のテーマは「主婦への讃歌」だ。気遣いがなさ過ぎる夫の言葉に日頃の不満が爆発し、家出をした妻と、一家の主婦がいなくなるという緊急事態に直面した平田家の大騒動を描く。本作で平田家の次男・庄太とその妻・憲子を演じた妻夫木聡と蒼井優が、撮影の舞台裏や、山田監督に対する思いなどを語った。 -『東京家族』(13)も含めると今回が4作目になりますね。山田洋次監督の言葉の中で、特に印象に残ったものはありますか。 妻夫木 多分、今回がこのシリーズの集大成になると思うし、誰にでも起こり得ることを題材にしているので、監督は「ただ皆さんに笑いを届けるだけではなく、喜劇だからこそ真剣に取り組んで、血の通ったものにしたい」とおっしゃっていました。その言葉がとても印象に残っています。また、台本には書かれていない大事なことを、演出の中で気付かせてくださるのが山田監督ならではだと思います。 蒼井 山田監督が「初めて映画を撮る前日に緊張して眠れなくて、先輩の監督の家を訪ねて『明日から自分はどうすればいいのでしょう…』と聞いたら、『現場の人間を信じることも監督の才能の一つだ』と言われた」という話をしてくださいました。それを聞いて、私たち役者はもち...more
カテゴリー:

夏川結衣が絶賛した、妻夫木聡の「神対応」 - 05月18日(金)09:30 

 5月15日深夜放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に、女優の夏川結衣(49)が出演。5月25日公開の映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3』で共演した俳優たちについて、意外な思いを吐露して、MCの笑福亭鶴瓶(66)を笑わせていた。  番組冒頭、鶴瓶は夏川の印象を問われると、清潔感があり一緒にゴロゴロしたいタイプだと答えた。さらに、収録前に夏川から「しゃべらないから、ひとつ頼むね。(私は)小学生みたいだから」と言われたと暴露すると、「そない言う人、珍しい」と笑った。  夏川は『家族はつらいよ』シリーズの山田洋次監督(86)について、現場に鶴瓶がいるとすごくうれしそうで、「あんなふうに私たちの前では笑わないから。何やってもオーケーなんですよ」と嫉妬。鶴瓶が「そうなんですよ。怒られないんですよ」と認めると、夏川は「私は怒られますよ」と明かした。さらに、山田監督について「蒼井優ちゃんのことは怒らない! 言い方が違うもん。“優ちゃん、優ちゃん”。私の場合は“結衣ちゃん、結衣さん、夏川さん、夏川くん、史枝(役名)!”って言い方が変わってきます」と、いつも蒼井優(32)には優しく接するのに、自分に対しては機嫌の良し悪しで態度が変わると暴露して鶴瓶を笑わせた。  また、夏川の好物は寿司、天ぷら、焼肉だが、「寿司は基本、連れていってほしい」という。そこで、鶴瓶が「もう、年いったら連れ...more
カテゴリー:

妻夫木聡を共演者が絶賛する理由とは? 夏川結衣&鶴瓶「もう抜群!」 - 05月17日(木)22:00 

女優の夏川結衣(49)が、15日に放送されたテレビ東京系バラエティ番組『チマタの噺』(毎週火曜24:12~)にゲスト出演し、俳優の妻夫木聡(37)を絶賛した。
カテゴリー:

大倉忠義、緊迫シーン直後のバースデーサプライズに笑顔『モンテ・クリスト伯』 - 05月16日(水)19:53 

関ジャニ∞の大倉忠義が16日、出演中のドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の撮影現場で誕生日を迎え、スタッフ・共演者からサプライズで祝福を受けた。本作は「巌窟王」として知られる小説「モンテ・クリスト伯」を原作にした復讐劇。小さな漁師町で漁業を営んでいた暖(ディーン・フジオカ)が、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、モンテ・クリスト・真海となって、自分を陥れた地元の仲間・幸男(大倉)や神楽清(新井浩文)、刑事の入間公平(高橋克典)に復讐を果たしていく。この日は、薄暗い地下のバーで飲んでいた幸男(大倉)が、4人の強面の男たちに囲まれて……という第6話(5月24日放送)のシーンを撮影。指揮する永山耕三監督も「こんな男たちに囲まれたらイヤだよ」とこぼすほど、緊迫した雰囲気の中で行われていた。そんな緊張感に包まれたシーンのドライが終わると、助監督が「今日は、大倉さんのお誕生日です!」とアナウンスし、雰囲気は一変。スタッフ、強面の役者たちも大拍手で大倉の誕生日を祝った。スタッフから、お祝いのフルーツブーケとプレゼントを渡され、抱負を聞かれた大倉は、「ありがとうございます。誕生日を迎えさせてもらいました。(幸男が)どう終わるかは分からないんですけど、最後まで楽しんで演じたいと思います」とコメント。真海が次々に復讐を果たしていく中...more
カテゴリー:

クローゼットをスッキリ整理して快適に『助けて!きわめびと』 - 05月16日(水)16:46 

5月19日の『助けて!きわめびと』(NHK総合、毎週土曜9:30~)は、「毎日の生活が楽になる!クローゼット整理術」と題して放送。“きわめびと”にライフ・オーガナイザーの鈴木尚子を迎え、整理術の極意を伝授する。今回の悩みは「クローゼットが片付かない」。クローゼットに洋服や小物があふれて、「捨てられない」「元の場所に戻せない」といった悩みを持った人は多いはず。片付けの達人・鈴木によると、片付けが苦手な人には「捨てられないタイプ」「散らかしタイプ」など、いくつかタイプがあるという。今回は、それぞれのタイプに応じた整理術をわかりやすく伝える。整理が上手になれば、毎日の生活が快適で楽になること間違いなしだ。 関連リンク EXILE・SHOKICHI、東京にできた巨大な穴の正体の正体に驚愕 夏川結衣、山田洋次監督にクレーム?「蒼井優ちゃんのことは怒らない」 水川あさみ、控室でセクシー動画を観る三四郎・小宮に「この変態!」 タモリ、伊豆ならではの“わさびの食べ方”に感激! 風間俊介、林修の“不倫相手”に「...more
カテゴリー:

鈴木亮平、二階堂ふみ演じる女戦士とぅまを「勇ましさと愛情深さが魅力的」と絶賛 - 05月19日(土)12:00 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。5月20日は、第19話「愛加那」が放送される。原作・林真理子、脚本・中園ミホによるこの作品は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第19話「愛加那」では、とぅま(二階堂ふみ)は、ユタ(秋山菜津子)から告げられた「海の向こうから来る夫」が、菊池源吾と名乗る薩摩からの流人(鈴木)だと分かり、心を揺さぶられていた。そんなとき、砂糖隠しの嫌疑で、龍佐民(柄本明)が代官所に捕縛されることに。とぅまは激怒し島人たちと代官所に押しかけるが、そこに吉之助が現れる。とぅまは「薩摩の人間は信じない!」と言い放つが、吉之助は予期せぬ行動に出て……。 公式サイトの「西郷どんの目線」で鈴木は、「何と言っても、いちばんの見どころは“女戦士とぅま”ですね。僕には彼女がそう見えました。二階堂ふみさん演じるとぅまの勇ましさと愛情深さがとっても魅力的で、吉之助ととぅまの関係が急激に変化していきます。テーマは、『愛』。その人を失いそうになる瞬間に、どれほど大切な存在かと気づく……。僕は、吉之助さんがとぅまどんに“あるもの”を授けるシーンが大好きですね。とっても純粋な愛に目覚める瞬間を、どうぞ目撃...more
カテゴリー:

クローゼットをスッキリ整理して快適に『助けて!きわめびと』 - 05月18日(金)09:00 

5月19日の『助けて!きわめびと』(NHK総合、毎週土曜9:30~)は、「毎日の生活が楽になる!クローゼット整理術」と題して放送。“きわめびと”にライフ・オーガナイザーの鈴木尚子を迎え、整理術の極意を伝授する。今回の悩みは「クローゼットが片付かない」。クローゼットに洋服や小物があふれて、「捨てられない」「元の場所に戻せない」といった悩みを持った人は多いはず。片付けの達人・鈴木によると、片付けが苦手な人には「捨てられないタイプ」「散らかしタイプ」など、いくつかタイプがあるという。今回は、それぞれのタイプに応じた整理術をわかりやすく伝える。整理が上手になれば、毎日の生活が快適で楽になること間違いなしだ。 関連リンク EXILE・SHOKICHI、東京にできた巨大な穴の正体の正体に驚愕 夏川結衣、山田洋次監督にクレーム?「蒼井優ちゃんのことは怒らない」 水川あさみ、控室でセクシー動画を観る三四郎・小宮に「この変態!」 タモリ、伊豆ならではの“わさびの食べ方”に感激! 風間俊介、林修の“不倫相手”に「...more
カテゴリー:

有吉弘行、京都・祇園の会員制クラブに「魔窟だよ」 - 05月17日(木)13:24 

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:15~ ※一部地域を除く)。5月16日の放送では、16歳高校生からのメールをきっかけに“暗黙の了解”について語り合った。この日紹介された投稿は「卓球の試合で完封勝ちしたが、“暗黙の了解”で禁止されていることを知らず、コーチに怒られた」というもの。マツコは「手を抜いて1点もらったことくらい対戦相手も分かるんだから、最初から1‐1で始めればいい」とコメントし、有吉や久保田直子(テレビ朝日アナウンサー)も同調した。タレントにも暗黙の了解は存在し、昔から“目上の人と衣装の色をかぶらせてはいけない”というものがあるそう。マツコは最近なくなったと言い、ある番組で女性の服装が全員一緒の色になったこともあったと明かした。続けて「最初は女優同士で“お互いに色かぶりはヤメましょう”って話があったんだろうね。それが変な形になったんだよ」と予想した。テレビ朝日アナウンス部では“デニムで出勤するのは3年目から”というものがあるそうで、それを聞いたマツコと有吉は「くだらない」と一刀両断。カジュアルな服装をしていた名物女性スタッフを見つけた有吉は「あいつは何年目なの? あの服装が許されるなんて」とツッコんでいた。続いて、知られざる歓...more
カテゴリー:

大倉忠義、緊迫シーン直後のバースデーサプライズに笑顔『モンテ・クリスト伯』 - 05月16日(水)19:50 

関ジャニ∞の大倉忠義が16日、出演中のドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の撮影現場で誕生日を迎え、スタッフ・共演者からサプライズで祝福を受けた。本作は「巌窟王」として知られる小説「モンテ・クリスト伯」を原作にした復讐劇。小さな漁師町で漁業を営んでいた暖(ディーン・フジオカ)が、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、モンテ・クリスト・真海となって、自分を陥れた地元の仲間・幸男(大倉)や神楽清(新井浩文)、刑事の入間公平(高橋克典)に復讐を果たしていく。この日は、薄暗い地下のバーで飲んでいた幸男(大倉)が、4人の強面の男たちに囲まれて……という第6話(5月24日放送)のシーンを撮影。指揮する永山耕三監督も「こんな男たちに囲まれたらイヤだよ」とこぼすほど、緊迫した雰囲気の中で行われていた。そんな緊張感に包まれたシーンのドライが終わると、助監督が「今日は、大倉さんのお誕生日です!」とアナウンスし、雰囲気は一変。スタッフ、強面の役者たちも大拍手で大倉の誕生日を祝った。スタッフから、お祝いのフルーツブーケとプレゼントを渡され、抱負を聞かれた大倉は、「ありがとうございます。誕生日を迎えさせてもらいました。(幸男が)どう終わるかは分からないんですけど、最後まで楽しんで演じたいと思います」とコメント。真海が次々に復讐を果たしていく中...more
カテゴリー:

夏川結衣、山田洋次監督にクレーム?「蒼井優ちゃんのことは怒らない」 - 05月16日(水)11:31 

女優の夏川結衣が、5月15日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系、毎週火曜24:12~)に出演。山田洋次監督との関係性について語る一幕があった。同番組のMCである笑福亭鶴瓶とは、山田監督の映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III』(5月25日公開)で共演した夏川。映画について、鶴瓶は「(3作目となるが)ようあのメンバー集めるなぁ」と俳優陣の豪華さについてコメント。夏川は1作目の撮影時を振り返り、山田監督から「君は粗忽(そこつ)な人だね」と言われたと回顧。夏川は当時、“粗忽”の意味が分からなかったそうで、後に「そそっかしい」などの意味があることを調べたという。それを受けて、3作目の打ち上げの際、夏川が監督に「粗忽でスミマセン!」とおどけると、「君はね、自分の粗忽さを愛さなきゃいけないよ」と言われたと喜んだ。また、夏川は「監督は鶴瓶さんがいらっしゃるとすごく嬉しそう。あんな風に私たちの前では笑わない」とコメント。どんな演技をしても怒られず、簡単にOKをもらえるそうで、鶴瓶自身も困惑していることを打ち明けた。一方の夏川は、周囲からは「監督に好かれている」と言われるものの、「よく怒られる」と告白。続けて「でも、蒼井優ちゃんのことは怒らない。呼び方が違うもの。“優ちゃん”って(呼んでいる)」と不満を漏らした。この他、夏川は自身の恋愛観について「ビビリだから」と意中の相手がいても告白...more
カテゴリー:

もっと見る

「夏川結衣」の画像

もっと見る

「夏川結衣」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる