「変革期」とは?

関連ニュース

ファッションブランドが生き残る道とは? - 09月14日(木)12:00 

2017年8月30日、Tokyo Fashion Technology Lab 原宿校舎にてファッション業界の未来を考えるトークイベント「FASHION FUTURE」が開催された。 このイベントは"変革期におけるファッション業界の未来を示唆する"をテーマに、編集者である軍地彩弓氏とファッション業界の鍵を握るトップクリエイターが現状の業界課題や成功事例を語り、ファッションの未来を紐解いていく。 第...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

大変革期の物流施設/国交省が講演、10月19日開催 - 09月11日(月)11:02 

日本物流不動産評価機構(JA-LPA)推進協議会は10月19日、日本通運本社ビルで「大変革期における物流施設の運用と事例」と題するセミナーを開催する。 物流産業のなかで特に重要な鍵を占める資産「物流施設」の運用にフォーカ […]
カテゴリー:

「英語で」授業、現状は高校7割が日本語中心…イーオン調査 - 09月11日(月)12:45 

 「授業は原則英語で行う」という文部科学省の基本方針を、中学校の英語教師の4割以上が実践できていることが英会話教室を運営するイーオンの調査により明らかになった。一方、高校の英語教師は「授業時間の半分未満」という回答が7割以上だった。 「中高における英語教育実態調査2017」は、イーオンが今夏、中学・高校の英語教師を対象に全国5都市で開催した、「英語を英語で教えるための指導力・英語力向上セミナー」参加者を対象に実施したもの。中学184名、高校155名、計339名より回答を得た。 現在の授業や教授法について、サポートが必要だと感じていることを聞いたところ、「英文を読み、その内容を第三者に英語で説明する」など、いくつかの技能を掛け合わせた「技能総合型指導」が高校で1位、中学でも2位となり、全体で1位だった。中学の1位は「文法を英語で説明する」。ほかには「スピーキング指導」や「ライティング指導」について、中高ともに約半数がサポートが必要だと感じていることがわかった。 中高の英語の授業については「英語で行うことを基本とする」という基本方針が文部科学省から示されており、高校では導入済み、中学では2021年度より導入が決定している。 しかし、現状において高校では「半分未満(25~50%未満)」という回答が43%、「あまり英語を使った授業を行っていない(25%未満)」29%と、合わせて72%が授業...more
カテゴリー:

「変革期」の画像

もっと見る

「変革期」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる