「売上高」とは?

関連ニュース

【材料で見る株価】ハウスドゥが大幅続伸、日本M&Aセンターとの提携で期待強まる - 12月14日(木)10:34 

■第1四半期は最高益を更新し売上高経常利益率の拡大など注目される ハウスドゥ(東1)は14日、大幅続伸となり、10時前後には2557円(162円高)をつけて2016年5月以来の2500円台に進んでいる。
カテゴリー:

必要なのは「情熱、軍資金、健康」——ドリコム内藤氏は自社の大危機をどう乗り越えたか - 12月14日(木)09:37 

ドリコム代表取締役社長の内藤裕紀氏 「創業者、経営者に必要なものは、飽くなき事業への情熱、再起を図れる軍資金、そして健康な体。この3つと思っている。そして人生何が起こるか分からないので、何が起きても楽しむというのが大事だと思う」——これはドリコム代表取締役社長の内藤裕紀氏が、自身の会社と人生を振り返って語った言葉だ。 12月12日〜13日にかけて石川県・金沢市で開催された招待制イベント「Infinity Ventures Summit 2017 Fall in Kanazawa」。13日午後のセッション「IVS Dojo」には上場や事業売却などを経験した経営者ら6人が登壇。若い経営者たちに向けたプレゼンテーションを行った。ここではその内藤氏のプレゼンテーション「会社のGoing Concern、人生のGoing Concern」について紹介する。 2001年に学生起業の有限会社としてスタートし、2003年に株式会社化したドリコム。2004年に開催されたイベント「NILS」で出会った経営者らの言葉をきっかけに、上場を目指すことを決めたという。「そこから会社のGoing Concern(企業が永久に継続するという仮定)が始まった」(内藤氏) 当初はブログサービスを展開していたドリコム。内藤氏はあるとき、10億円での買収提案を受けたのだという。 「一晩考えて、10...more
カテゴリー:

訪日外国人旅行者増加で増収4.6%、過半数は影響なし 23区内中小企業、東商調査 - 12月13日(水)19:10 

 東京商工会議所は13日、東京23区内の中小企業を対象に実施した訪日外国人旅行者増加の影響についての調査結果を発表した。1年前と比較し、外国人旅行者増で「売上高が伸びている」との回答は4.6%だった。化粧品や薬品の販売増を受けて、製造業や小売業からは「市場が好転している」と歓迎する声も出ている。
カテゴリー:

プラザクリエイト本社 月次売上高前年対比情報を発表、11月度は7.6%増 - 12月13日(水)13:03 

プラザクリエイト本社<7502>は11日、2018年3月期11月度の月次売上高前年対比情報を発表した。
カテゴリー:

スリムタイプのアイテムを強化!ORIHICA「成人式FAIR」を全店舗で開催中~公式ホームページで着こなしのポイントをご紹介~ - 12月13日(水)11:30 

[株式会社AOKI]  毎年12月、1月は成人式関連のお客様の購買が活発になる時期です。ORIHICAも年々お客様が増加、2016年度は売上高前年比144%と好調に推移しました。今年度は新成人のお客様によりご満足いただくため、ス...
カテゴリー:

コンビニが停滞、ドラッグストアが食品も扱い殴り込み 鈴木敏文さん涙目ww - 12月14日(木)09:39  news

コンビニエンスストアの成長を支えてきたのは、絶え間ない機能や サービスの追加だった。公共料金の収納代行やATM(現金自動預け払い機)設置など コンビニは新たな魅力を付加し、境界線にある市場や企業を侵食して、利用者を広げた。 だが、ここ2年、来客数は伸び悩んでいる。集客力を高めるために、 新しい「ネタ」を付け加える必要に迫られている。 セブン-イレブン・ジャパンはソフトバンクと組み、コンビニの店舗をシェア自転車の 貸し出しや返却の拠点にする。2018年度末までに首都圏や地方都市の1000店で 5000台を設置...
»続きを読む
カテゴリー:

【コンビニ】セブンイレブンが2カ月連続で既存店マイナスに コンビニ大手3社の11月売上★2 - 12月13日(水)20:28  newsplus

コンビニエンスストア大手3社が2017年11月の売上を発表し、セブンイレブンが2カ月連続で既存店売上が前年同月比マイナスとなるなど、3社いずれも既存店売上が振るわなかったことが分かった。 ■客数の落ち込みを客単価がカバーできず セブン‐イレブン・ジャパンは11日、11月の既存店客数が-0.2%(前年同月比、以下同じ)、客単価が+0.1%、売上が-0.1%だったと発表。 期初より既存店売上は前年を上回ってきたものの、7月に客数が前年同月比でマイナスとなって以降、それに引っ張られる形で既存店売上も下がり、10月には既存店売上が-...
»続きを読む
カテゴリー:

SGHD/東証一部に上場、2018年3月期予想売上高7.5%増 - 12月13日(水)15:00 

SGホールディングスは12月13日、東京証券取引所市場第一部に上場するとともに2018年3月期業績予想を発表した。 初値は1900円で、公開価格1620円に対し17%高となった。初値による時価総額は約6084億円。 20 […]
カテゴリー:

SGHD/3~9月の売上高5.0%増、営業利益23.7%増 - 12月13日(水)13:00 

SGホールディングスは12月13日、2018年3月期第2四半期決算を発表し、売上高は4814億8500万円(5.0%増)、営業利益289億5000万円(23.7%増)、経常利益293億7700万円(28.0%増)、当期利 […]
カテゴリー:

正栄食品工業/物流費6.11%増の37億円 - 12月13日(水)11:15 

正栄食品工業が12月13日に発表した2017年10月期決算によると、物流費(荷造運搬費+倉敷料)は37億5827万2000円(前年同期比6.11%増)だった。 売上高に占める物流費の構成比は、前年同期比3.48%から3. […]
カテゴリー:

もっと見る

「売上高」の画像

もっと見る

「売上高」の動画

Wikipedia

売上(英:sales)(あるいは「売上高」とも)とは、企業会計で用いられる用語概念で、収益の分類のひとつで、当該企業の本業によって得た収益のことである。例えば、本業の商品サービスによる収益のこと。東京商工リサーチ「売上」 「売上」は「営業外収益」と区別・対置されうる。

なお経理業務用語、簿記用語としては、日々記録する簿記勘定科目としては「売上」を用い、年度末に作成する決算書では「売上高」という用語を用い、比較的しっかりと区別していることも多い。

その意味では「売上」(英:net sales)のほうは、ある一定期間における売上の総額である。例えば、一会計年度(や四半期)に計上された、個々の売上を全て足し合わせた金額である。

ただし、「売上」と「売上高」は、経理、簿記の領域では厳密に言え...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる