「売上高」とは?

関連ニュース

道路貨物運送業者、2016年の売上高合計は約20兆760億円 6年連続増収 - 06月27日(火)07:22 

道路貨物運送業者の2016年の倒産件数は176件で前年比17.0%の減少となった。
カテゴリー:

視界不良のアベノミクス。日経平均株価はもはや予測不能なのか? - 06月27日(火)05:00 

6月2日、1年半ぶりに2万円の大台を回復した日経平均株価。20日には年初来高値をつけましたが、今後の株価を占う予想記事自体が少なくなるなど、その先行きは専門家であるアナリストでも予測不能となっているようです。果たして景気は上向くのでしょうか。メルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、トランプ大統領の政策や中国の一帯一路路線、そして日本企業の業績など、国内外の様々な要因を鑑みつつ、今後の景気の動向を大胆に分析しています。 日経平均株価はどうなるか? 景気の動向を見るには、先行指標である日経平均株価や米国ダウを見る必要があるが、その株価予想がアナリストで真逆になっている。もう1つが、予想記事が少なくなってきて、アナリストが予想できない状態のようである。それなら、ここで予想してみよう。 高値圏での上下への振れは大きい アナリスト達の予測が、真逆な予測になり予想自体も少なくなり、レイモンド・メリマンなどの占星術まで株価予想の世界に出てきたようである。当たるも八卦ということのようだ。 この理由は、ダウも日経平均も高値圏にいることである。株価が下がると押し目買いが入り、上がると利益確定売りが出て株価を下げるからである。このため、上げ下げの方向がない。もう1つが、良い情報では上げ、悪い情報では下げることになっている。 日経平均は、PER14倍で低く、より一層の高値の可能性がある。...more
カテゴリー:

データ経営が社員の成長を生み出す - DHBR - 06月27日(火)04:50 

タクシーの営業は終電を逃した客を狙うのが収益性を高めるコツというのが業界の定説だったが、データ分析の結果は違った。都心では早朝が需要過多なのに固定化された業務シフトではカバーできなかった……ファクトベースで論理的に仕事の仕方を見直すと、売上高が上がり、社員の中に自信とやる気が湧き上がり、自主的に業務改善するようになり、成長する。複数企業の再生を果たした“プロ経営者”が、最たる労働集約産業に、データ分析とロジカルマネジメントを導入。具体例を通して生産性向上策の7つの要点を明かす。
カテゴリー:

【医薬】大日本住友、がん新薬の治験失敗 計画遅れ2年超 [6/26記事] 「がん幹細胞」をピンポイントで攻撃する世界初の新薬候補 - 06月26日(月)21:09 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26IL1_W7A620C1TJ1000/ 2017/6/26 20:48  大日本住友製薬は26日、開発中の抗がん剤「ナパブカシン」の販売計画が大幅に遅れると発表した。胃がんでの最終段階の臨床試験(治験)が事実上失敗し、当初2018年度としていた当局への販売申請は最短でも20年度までずれ込む。ナパブカシンは年間売上高が1千億円を超える超大型薬「ブロックバスター」に成長する可能性があるとみられていた。  ナパブカシンは、がんの親玉である「がん幹細胞」をピンポイントで攻撃する世界初の新薬候補として注...
»続きを読む
カテゴリー:

高島屋の営業利益5%増 3~5月期、訪日客が牽引 - 06月26日(月)18:59 

 高島屋が26日発表した2017年3~5月期の連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比5.1%増の80億円だった。円安の影響などで、訪日外国人(インバウンド)向けの売上高が約1.5倍の126億円になったことが、業績全体を牽引した。
カテゴリー:

【企業】将棋熱に企業も注目 動画の目玉、通販活況 [6/26]ヤフーのネット通販サイトでは将棋関連商品の売上高が6月は前年比の6倍 - 06月27日(火)05:10 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26IQD_W7A620C1EA1000/ 2017/6/26 23:11日本経済新聞 電子版  将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)の活躍に、企業も熱い視線を送っている。対局の放送や動画配信は人気を集め、目玉コンテンツの一つになりつつある。ヤフーのインターネット通販サイト上では将棋関連商品の売上高が6月は前年比の6倍になり、将棋のゲームアプリの利用者数も増えている。子どもとの接点を増やしたい学習塾の関心も高い。  インターネットテレビ「アベマTV」を共同運営するサイバーエージェントで...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京市場の注目銘柄】(26日)ミスミグループ本社 2.9%高 - 06月27日(火)05:00 

 ≪5月売上高大幅増で「買い」継続≫  ■ミスミグループ本社(9962) 前週末比2.9%高の2542円。23日発表した5月売上高は前年同月比26%増の250億円で、FA、金型部品、VONA事業の全てで2桁の伸び率。ゴールドマン・サックス証券は目標株価を従来の2600円から2800円に上げ、投資判断「買い」を継続。当面はマクロの追い風と、自助努力による成長の両輪が寄与し高成長を維持との見方は不変と指摘した。
カテゴリー:

【AI】AIのアドバイスで職場の“幸福度”向上、業績もアップ 日立が実証実験[6/26記事] 20社以上と共同で行ってきた - 06月26日(月)21:28 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/26/news074.html 日立が、従業員の行動データから組織全体の“幸福度”を測定し、人工知能がよりよい働き方を助言する実証実験を実施。アドバイスによって幸福度と業績が向上したという。 [片渕陽平,ITmedia] 2017年06月26日 13時55分 更新 「あなたは、午前中に会話するとハピネスが高くなるタイプです」「6人以上の会議だとハピネスが上がる傾向があります」――日立製作所は6月26日、従業員の行動パターンから組織全体の幸福度(ハピネス)を計測し、人工知能(AI)がよりよい働き方を...
»続きを読む
カテゴリー:

「セキュリティを完全に体に染み込ませる」、NECの受注拡大作戦(国内大手のセキュリティ人材育成) - 06月26日(月)20:00 

 NECはグループで1万人以上のセキュリティ人材を育成済みだ。同社は2012年にサイバーセキュリティを成長領域に据え、2014年には2018年3月期までにセキュリティ人材を当時の600人から1200人に増員し、関連事業の売上高を当時の約2倍となる2500億円に引き上げる目標を立てた。
カテゴリー:

日本オラクル17年5月期は増収増益、トップ交代は「クラウド推進のため」(ニュース) - 06月26日(月)18:32 

 日本オラクルは2017年6月26日、2017年5月期(2016年6月~2017年5月)の決算を発表した。売上高は1731億9000万円(前期比1.8%増)、営業利益は525億円(前期比4.6%増)だった。
カテゴリー:

もっと見る

「売上高」の画像

もっと見る

「売上高」の動画

Wikipedia

売上(英:sales)(あるいは「売上高」とも)とは、企業会計で用いられる用語概念で、収益の分類のひとつで、当該企業の本業によって得た収益のことである。例えば、本業の商品サービスによる収益のこと。東京商工リサーチ「売上」 「売上」は「営業外収益」と区別・対置されうる。

なお経理業務用語、簿記用語としては、日々記録する簿記勘定科目としては「売上」を用い、年度末に作成する決算書では「売上高」という用語を用い、比較的しっかりと区別していることも多い。

その意味では「売上」(英:net sales)のほうは、ある一定期間における売上の総額である。例えば、一会計年度(や四半期)に計上された、個々の売上を全て足し合わせた金額である。

ただし、「売上」と「売上高」は、経理、簿記の領域では厳密に言え...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる