「売上高」とは?

関連ニュース

【企業】積水ハウスで“お家騒動” 会長交代、実は「解任」だった・・・会長と社長が損失の責任巡り動議合戦→社長が勝つ - 02月22日(木)12:39  newsplus

「会長と社長の“骨肉の争い”が世間に知られたわけですから。“地面師被害”の数百倍も痛い」と関係者は愚痴る。 20日付の日本経済新聞が報じた、積水ハウスの“お家騒動”の件だ。 2月1日付のトップ人事で、和田勇会長(76=現相談役)の退任の実態は「解任」だったとすっぱ抜かれた。 東京・五反田の土地購入を巡って地面師に63億円をだまし取られた責任で、 和田氏は取締役会で阿部俊則社長(66=現会長)に退任を求めたが、賛成・反対同数で成立せず。 逆に阿部氏から和田氏解任の緊急動議が出され、賛成多数で和田氏は...
»続きを読む
カテゴリー:

エアアジアXグループ3社、インドネシア除き好調 2018年には日本への路線展開積極化 - 02月22日(木)12:04 

エアアジアXグループ3社は、2017年度と第4四半期の決算を発表した。 マレーシアのエアアジアXは、通期売上高は前年比17%増の45.6億マレーシアリンギットだった。乗客数は同25%増、搭乗率は同3%増の82%となった。税引後利益は9,890万マレーシア・リンギットとなった。 第4四半期では、タイ・エアアジアXの搭乗率は91%と同13%増加し、当期純利益は730万米ドルを計上した。一方で、インドネシア・エアアジアXはバリ島のアグン山の噴火の影響を受け、91.8万米ドルの当期純損失を計上した。 エアアジアXとタイ・エアアジアXは、2018年にそれぞれ3機を新たに導入する計画。エアアジアXグループでは日本とインドでの路線展開を積極化することを予定している。これによりエアアジアXのグループ3社は、2018年末までにリース機6機を含めた36機のエアバスA330-300型機を保有することになる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

1月の全国百貨店売上高、2カ月連続のマイナスもインバウンドが過去最高に - 02月22日(木)09:10 

 日本百貨店協会が2月21日、1月の全国百貨店売上高を発表した。売上高は5,157億円(前年同月比1.2%減)で、2カ月連続のマイナスになった。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

【アルファベット(グーグル)】高収益体質を維持できるのか ITの巨人を悩ます二つのコスト - 財務で会社を読む - 02月22日(木)05:02 

米グーグルの親会社アルファベットの売上高が初めて1000億ドルを超えた。収入の8割以上を占める広告事業は成長を続けているが、じわりとコストがかさみ始めている。
カテゴリー:

【企業】DMM.comがアダルト事業を分社化 企業イメージの変更狙い?上場の可能性は否定 - 02月22日(木)00:41  newsplus

仮想通貨から英会話までさまざまなビジネスを展開するDMM.com。同社は2月21日、これまで展開してきたアダルト事業を2018年3月1日をもって分社化すると発表した。当該事業は、2017年12月26日付けで設立された新会社デジタルコマースに承継される。 分社化にいたった背景としてDMM.comは、「2018年には、グループ創立20年となり、企業として節目となる年を迎えるにあたり、グループ全体の企業価値の最大化を目的に、この度、成人向け事業の分社化を決定致しました」と述べている。 石川県のレンタルビデオ屋として開業したDMM.comは、2...
»続きを読む
カテゴリー:

百貨店売上高1.0%減 東北・1月衣料品セール好調 - 02月22日(木)12:28 

東北百貨店協会が21日発表した1月の東北の売上高(9社17店)は、前年同月比1.0%減の148億7700万円となり、5カ月連続で前年を下回った。仙台圏で衣料品のクリアランスセールが好調で微減にとどまっ
カテゴリー:

USEN-NEXT、連結により業績大幅増--顧客単価を3万円に引き上げるクロスセル施策とは - 02月22日(木)10:20 

USEN-NEXT HOLDINGSは、2017年12月期の決算を発表した。USENとの連結により、売上高は1142億円、営業利益は58億円と業績は大幅増になっている。
カテゴリー:

都会と地方で売り上げ2極化、明暗分ける百貨店業界のゆくえ - 02月22日(木)06:15 

全国の百貨店売上高が2017年、既存店ベースで3年ぶりに前年を上回ったことが、日本百貨店協会のまとめで分かった。大阪が訪日外国人観光客の急増などに支えられ、対前年比6.6%増の売上高を記録したのをはじめ、札幌、東京、福岡など大都市中心部の百貨店に明るさが戻りつつある。これに対し、大都市圏の郊外や地方は売り上げの落ち込みが続き、閉店ラッシュが止まらない。流通経済大流通情報学部の矢野裕児教授(物流論)は「郊外や地方の百貨店は明るい材料が見えず、今後も厳しい状況が続くのではないか」とみている。都心と郊外、地方で売り上げが2極化する百貨店業界は、大きな岐路に立たされている。
カテゴリー:

先月の売上高、スーパーは増加・百貨店は減少 - 02月22日(木)01:30 

 先月の全国のスーパーの売上高は増加した一方で、百貨店は減少に転じ、明暗が分かれる結果となりました。
カテゴリー:

【直球緩球】高島屋・木本茂社長「地域共生が重要なテーマ」 - 02月21日(水)22:06 

 --消費動向の見通しは 「中間所得層の財布のひもはまだ固い。年間購入額100万円以下のカード会員への売上高は、昨年上期に4%減だった。悲観はしていないが、消費の拡大には、社会保障をはじめ将来不安の解消が必要だ」  --日本橋高島屋を核とした都市型ショッピングセンターの完成が間近だ 「半世紀以上培ってきた都市開発のノウハウを生かし、春から秋にかけ順次オープンする。2館から4館体制に増え、売り場面積も4万8千平方メートルから6万6千平方メートルとなり、広さのハンデが解消する。ニューファミリーの人気が高い流山おおたかの森(千葉県)の商業施設と合わせ、『面のまちづくり』を進める当社の戦略の象徴となる…
カテゴリー:

もっと見る

「売上高」の画像

もっと見る

「売上高」の動画

Wikipedia

売上(英:sales)(あるいは「売上高」とも)とは、企業会計で用いられる用語概念で、収益の分類のひとつで、当該企業の本業によって得た収益のことである。例えば、本業の商品サービスによる収益のこと。東京商工リサーチ「売上」 「売上」は「営業外収益」と区別・対置されうる。

なお経理業務用語、簿記用語としては、日々記録する簿記勘定科目としては「売上」を用い、年度末に作成する決算書では「売上高」という用語を用い、比較的しっかりと区別していることも多い。

その意味では「売上」(英:net sales)のほうは、ある一定期間における売上の総額である。例えば、一会計年度(や四半期)に計上された、個々の売上を全て足し合わせた金額である。

ただし、「売上」と「売上高」は、経理、簿記の領域では厳密に言え...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる