「売上高」とは?

関連ニュース

スターバックス、モバイル・オーダー&ペイ需要増大に対応が追いついていない? - 04月29日(土)17:00 

■コーヒーチェーン最大手のスターバックスは27日、第2四半期(1月~3月期)の決算発表で「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」の対応が後手に回っていることを認めた。国内の既存店・売上高前年同期比は第2四半期、3.0%の増加だった。市場予想の3.7%増に届かなかった。客単価は4%の増加だったが、客数(トランザクション)が2%の減少だ。一方、一昨年9月からライセンス...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
in English
カテゴリー:

AppleがQualcommへのロイヤルティ支払いを停止 - 04月29日(土)16:52 

AppleとQualcommが、ここ2、3ヶ月の間ロイヤルティの支払いに関して激しく戦ってきたことは特に秘密でもなんでもない。このたびAppleはQualcommに対し、争点となっているライセンス料の支払いを停止することを通告した。Qualcommはこの攻撃的な動きがあったことを認め、これにより収益が予想よりも下がることになると語った。 Appleは、支払いを再開するには裁判所の判断を待ちたいと回答した。もちろん同社は、決定後にはより少ないロイヤルティ額になることを期待している。 Qualcommの上級副社長兼相談役のDon Rosenbergは、その声明の中で「AppleはQualcommが長年ライセンシーとの間で締結してきた長期契約に対して不当に干渉している。これらの契約は今でも有効で強制力がある」と述べている。 もし最近のエピソードを見逃していたなら、一体両社の間に何があったのかと思うかも知れない。Qualcommは、世界中のスマートフォンメーカーの多くに対する、キーチップセットサプライヤーである。そうしたメーカーに対してデバイスで利用するSOC(システムオンチップ)やLTEモデムを製造している。しかしこれはQualcommのビジネスのほんの一部に過ぎない。 同社はまた、ワイヤレス技術に関連する数多くの特許を保有している。言い換えれば、もしスマートフォンを構築するなら、Qua...more
in English
カテゴリー:

スズキ、ヤマト、ユニクロ 2代目3代目が伸ばした企業 - 04月29日(土)16:00 

 このところ日本企業では創業家の存在が見直され、経営トップの座を創業家に“大政奉還”する企業が目立つ。そうした準備が進んでいるのがサントリーや竹中工務店、セコムなどだ。  創業家といえば、初代がいちばん偉大だと思われがちだが、実は今も成長を続ける大企業のなかには、2代目や3代目こそが凄かった、というところが少なくない。  例えばスズキの名物会長、鈴木修氏は、2代目社長・俊三氏の婿養子として3代目の座に就いた。社長就任の翌年に軽自動車「アルト」を発売。地域によって車の価格が違った時代に、全国統一の格安価格で売り出し大ヒットを生み出す。1981年には米GM(ゼネラルモーターズ)との業務提携に打って出た。その際、こんな言葉を残している。 「GMは大きな鯨です。一方でスズキはメダカよりも小さな蚊。メダカなら鯨にのみ込まれてしまうかもしれませんが、小さな蚊ならいざという時には空高く舞いあがり、飛んでいくことができます」  その言葉のとおり、スズキはGMに呑み込まれることなく業績を伸ばし、発展的に提携を解消。今年2月にはトヨタとの業務提携を実現させた。修氏が自ら豊田章一郎・名誉会長に打診し仕掛けたものだ。  弱小メーカーだったスズキの売上高を就任時から10倍まで押し上げた修氏は、長男の俊宏氏に社長の座を譲った。  カリスマ経営者としてのイメージがあまりに強く、創業者だと思い込まれている人たちも...more
in English
カテゴリー:

NY株式市場:ダウ工業株反落、40ドル安 - 04月29日(土)12:39 

 28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比40・82ドル安の2万0940・51ドルで取引を終えた。四半期決算の売上高が市場予想を下回った半導体のインテルが3%を超える急落となり、相場全体を押し下げた。
in English
カテゴリー:

飯500円以内に抑えたいのにどこ行っても1000円近くする アベは円安地獄やめろ - 04月29日(土)10:36 

東京商工リサーチによると、ピザを中心に飲食店を展開していたベンチャー「遠藤商事・Holdings.」(東京都目黒区)が4月28日、東京地裁から破産開始決定を受けた。 500円前後の安価なピザを提供することで話題になり、急成長していたが、コスト負担も重くなっていたという。負債総額は約13億円。 「NAPOLI」「Napoli’s PIZZA&CAFFE」「DROP」「Barta」といった店舗を運営。職人技をシステム化し、窯焼きピザを1枚90秒で焼けるシステムを開発し、500円からの「ワンコイン窯焼きピッツァ」を売りにしていた。 2010年設立ながら、20...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ANAグループ、2020年度には機材数を25%増 今年度はLCCに5機導入 - 04月29日(土)16:55 

ANAグループは、2016年1月に策定した「2016~2020年度ANAグループ中期経営戦略」を、環境変化や各事業の状況を踏まえた2017年度以降の4年間の施策を取りまとめた、「ローリング版2017」として発表した。 エアライン事業は、国際線とLCCの拡大で安定した収益基盤を築き、2020年の首都圏空港発着枠拡大に向けた備えを強化する。リゾート・プレジャーマーケットの強化に向け、フルフラットとなるビジネスクラスを搭載したボーイング787-9型機をホノルル線に投入するなど、エアバスA380型機の投入に向けた準備を加速する。 LCCは、バニラエアには2017年度中に3機を導入し、15機体制とする。東京/成田発着の国内線の増強を秤つつ、レベニューマネジメントを強化する。中距離線への進出も検討する。ピーチには2017年度中に2機を追加し、20機体制とし、仙台や札幌/千歳など新規拠点の展開を推進する。両社間の連携で効率化も目指す。 2017年度にはエアバスA321neoを4機導入するほか、エアバスA320neo、ボーイング777-9X、ボーイング787-10型機の導入を推進し、グループの総機材数は2016年度末の268機から2020年度には約335機に拡大する。 2017年度と比較し、2020年度には、国内線は需要に応じて適正機材を投入する「ピタッとフリート」の推進や訪日・ミレニアル世代の需...more
in English
カテゴリー:

ヒラノテクシードは17年3月期業績の修正と配当の上方修正を発表 - 04月29日(土)16:26 

■売上高は前回予想を下回るものの、利益面では大幅な上方修正 塗工機関連機器のヒラノテクシード(東2)は28日、17年3月期業績の修正と配当の上方修正を発表した。
in English
カテゴリー:

【破産】「500円ピザ」で急成長したが……「NAPOLI」運営の飲食ベンチャー破産★2 - 04月29日(土)15:36 

東京商工リサーチによると、ピザを中心に飲食店を展開していたベンチャー「遠藤商事・Holdings.」(東京都目黒区)が4月28日、東京地裁から破産開始決定を受けた。 500円前後の安価なピザを提供することで話題になり、急成長していたが、コスト負担も重くなっていたという。負債総額は約13億円。 「NAPOLI」「Napoli’s PIZZA&CAFFE」「DROP」「Barta」といった店舗を運営。職人技をシステム化し、窯焼きピザを1枚90秒で焼けるシステムを開発し、500円からの「ワンコイン窯焼きピッツァ」を売りにしていた。 2010年設立ながら、2016...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【経済】ZOZOTOWN「ツケ払い」、未払い率「把握していない」業績は絶好調 - 04月29日(土)11:24 

 ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長は4月28日、同サイトで商品購入から最大2カ月間支払いを遅らせることができる「ツケ払い」について、「利用率についてはお答えできない。未払いがどれくらいなのかは把握していないのが現状」などと説明した。  ツケ払いは、5万4000円(税込)以内の注文なら商品購入から最大2カ月間、支払いを遅らせることができる(「ツケ」にできる)サービス。GMOペイメントサービスが決済代行を担当し、同社の「GMO後払い」を利用して提供している。  テレビCMな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

九電、純利益792億円 17年3月期連結決算 - 04月29日(土)10:31 

九州電力が28日発表した2017年3月期連結決算は、純利益が前期比7・9%増の792億円で、2年連続の黒字となった。川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の安定稼働による燃料費の削減が寄与した。売上高は、燃料費調整制度に基づく電気料金の値下げが影響し、前期比0・4%減の1兆8275億円だった。 九電によると、川内原発の稼働で220億円程度の収支改善効果があった。瓜生道明社長は記者会見で「自...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「売上高」の画像

もっと見る

「売上高」の動画

Wikipedia

売上(英:sales)(あるいは「売上高」とも)とは、企業会計で用いられる用語概念で、収益の分類のひとつで、当該企業の本業によって得た収益のことである。例えば、本業の商品サービスによる収益のこと。東京商工リサーチ「売上」 「売上」は「営業外収益」と区別・対置されうる。

なお経理業務用語、簿記用語としては、日々記録する簿記勘定科目としては「売上」を用い、年度末に作成する決算書では「売上高」という用語を用い、比較的しっかりと区別していることも多い。

その意味では「売上」(英:net sales)のほうは、ある一定期間における売上の総額である。例えば、一会計年度(や四半期)に計上された、個々の売上を全て足し合わせた金額である。

ただし、「売上」と「売上高」は、経理、簿記の領域では厳密に言え...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる