「売上高」とは?

関連ニュース

「創業以来50年赤字なし、経常利益3%」を実現する企業が示す「経営の本質」 - 08月23日(水)19:00 

どのような状況でも売上と利益を伸ばし続け、数十年という長いスパンで成長し続ける企業を創ること。それはあらゆる経営者に課された運命ともいえる。しかし、どうすればそのような企業を創れるのだろうか?これはかなりの難問だ。「消費者のニーズを満たすサービスを創出し続ける」「社会のためという理念を忘れない」という回答もあれば、「運が味方をしてくれることが大事だ」と言う経営者もいるだろう。企業が成長を続けるため必要なことは何か――その答えが、実際に成長を続けてきた企業の歴史の中に存在している。業務用食料品卸売業の先駆者として知られる、大阪の「エンド商事株式会社」は、1965年に食料品卸売業として創業以来、50年間赤字なし、経常利益率3%を実現し続けているのだ。エンド商事株式会社・代表取締役会長兼社長の遠藤勉氏が自社の歴史を綴った『エブリデイ・ロープライス 不況知らずのフランチャイズ』(遠藤勉著、ダイヤモンド社刊)は、成長を続けるための「答え」を与えてくれる一冊である。■好機を逃さず動く株式会社エンド商事は、食料品卸売業として創業後、ほどなくして業務用食品卸売業に転換。さらに日本初の業務用食品のC&C(キャッシュ・アンド・キャリー)型店舗立ち上げや、一般客に重点を置いた新型店のオープンとそのフランチャイズ化など、顧客のニーズや時代を先取りして業態を革新させていった歴史を持つ。同社の成長は、この的確...more
カテゴリー:

東京商品取引所でシステム障害 一時、売買停止に - 08月23日(水)16:42 

金やプラチナ、原油などの先物取引を手がけている東京商品取引所の売買システム「J‐GATE」で、2017年8月22日18時頃に障害が発生。その影響で一時、すべての商品の売買を停止した。23日13時現在、システムは完全に復旧している。 システム障害の原因について、東京商品取引所はJ‐CASTニュースの8月23日の取材に、「ハードウェア障害が起きたためとみているが、詳しくは調査中」と説明した。 原因はハードウェアの障害か 東京商品取引所によると、8月22日17時に日本取引所グループ(JPX)から障害が発生していると連絡が入り、取引端末が売買システムに接続できていないことがわかったという。 市場取引の参加者には17時19分に障害が発生したことを伝え、17時55分に全商品の取引を停止。18時41分に接続が復旧し参加者に確認の依頼を行った。19時に注文の受付を開始し、20時には立ち合いを再開した。 システム障害は、約3時間に及んだ。 【関連記事】残業代年8兆円が減少、「上限規制」で 大和総研が試算 マクド派の勝利で カサノバ社長「関西弁」でメッセージ 売上高がさえない 7月のコンビニやスーパー 農林水産被害、全国で931億円 7月の九州、8月の秋田豪雨で 天候不順で家計消費0.4%減 7...more
カテゴリー:

ディーエムエス/物流センターを移転開設し、売上高28億円目指す - 08月23日(水)14:00 

ダイレクト・マーケティングのトータルサービスを行っているディーエムエスは8月23日、物流センターを移転開設すると発表した。 <新物流センター開設で売上高28億円目指す> ディーエムエスは2015年4月より、川島ロジスティ […]
カテゴリー:

残業代年8兆円が減少、「上限規制」で 大和総研が試算 - 08月23日(水)12:30 

残業時間の上限が年720時間、月平均60時間に規制されると、残業代は最大で年8兆5000億円減少する――。シンクタンクの大和総研が、政府が導入を目指す「残業時間の罰則付き上限規制」についてこんな試算をまとめた。 規制が導入されれば、個人消費に影響しかねないとみている。 「雇用者報酬全体を下押しするリスクをはらむ」 「残業時間の罰則付き上限規制」が実現すれば、原則として「年360時間、月45時間」の上限が残業時間に設けられる。繁忙期などには特例が設けられるが、月平均60時間の「年720時間」に制限される見通しだ。 大和総研の試算によると、1人あたりの残業時間が月60時間に制限されれば、労働者全体で月3億8454万時間の残業が減少する。年間の残業代に換算すると、これは雇用者報酬の3%にあたる8兆5000億円に相当するという。 残業時間の削減分を新たな雇用者で補うためには、毎月160時間働けるフルタイム労働者240万人か、毎月100時間働けるパートタイム労働者385万人を確保する必要がある。 しかし、大和総研経済調査部のエコノミスト、小林俊介氏は「労働力率の上昇の余地も限られており、これ以上の大幅な就業者の増加は望みにくい」としており、「労働生産性の上昇は急務であるといえる」と結論付けた。 「残業時間の罰則付き上限規制」は、政府が推進する働き方改革の一環ではあるが、小林氏は「所定外給与の...more
カテゴリー:

セールスフォースの第2四半期、予想上回る--26%増収 - 08月23日(水)10:04 

セールスフォースの第2四半期決算は市場の予想を上回る内容だったが、株価は時間外取引で下落した。売上高は前年同期比26%増の25億6000万ドル。
カテゴリー:

「壽屋(ことぶきや)」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、 他のホビー関連企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想 - 08月23日(水)17:00 

壽屋(ことぶきや)のIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!
カテゴリー:

【競馬】スマホで馬券、地方競馬が復活…売上高47%増 - 08月23日(水)16:14  mnewsplus

スマホで馬券、地方競馬が復活…売上高47%増 8/23(水) 15:04配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00050066-yom-spo ネット投票用のスマートフォンサイト  赤字が続き自治体の「お荷物」といわれた地方競馬の復活がめざましい。  2016年度の売上高は4870億円で、底だった11年度より47%増加。浦和、高知競馬の馬券売り上げは過去最高を記録した。 売り上げの6割超を占めるインターネット投票の急伸が主因で、途絶えていた運営自治体への利益還元も次々と復活している。今年度は7団体が計32億...
»続きを読む
カテゴリー:

ジーンズメイトは既存店好調や新ブランドが注目され午後もストップ高続く - 08月23日(水)13:55 

■既存店の売上高が今期初めて前年同月比で増加 ジーンズメイト(東1)は23日、ストップ高となり、前場697円(100円高)で売買されたまま後場は13時を過ぎてもストップ高買い気配を続けている。
カテゴリー:

【企業】電通の業績予想下方修正と株価低迷 「過労自殺」問題との関係も - 08月23日(水)11:43  newsplus

電通の下方修正と株価低迷 「過労自殺」問題との関係 J-CAST NEWS:2017/8/23 07:00 https://www.j-cast.com/2017/08/23306356.html 国内広告代理店最大手、電通の株価が年初来安値圏に落ち込んでいる。 2017年8月9日、6月中間連結決算(国際会計基準)の発表に合わせて12月期通期の業績予想を下方修正したことが投資家の売りを呼んだためだ。 下方修正は海外事業の不調が主因だが、2016年発覚した、新入女性社員の自殺という痛ましい違法残業事件を受けた働き方改革も影響しているようだ。 下方修正の内容は、営業利益は従来予...
»続きを読む
カテゴリー:

マクド派の勝利で カサノバ社長「関西弁」でメッセージ - 08月23日(水)09:37 

「マック」VS「マクド」の愛称をめぐり激闘を繰り広げてきた、日本マクドナルドホールディングスの「マックなのか? マクドなのか? おいしさ対決!」キャンペーンは、「マクド派」が勝利した。2017年8月21日の発表。マック派「49%」対マクド派「51%」と、その差はわずかだった。この結果を受けて、8月22~28日の期間限定で、サラ・カサノバ社長兼最高経営責任者(CEO)がホームページのメッセージを関西弁に変更した。全国で11府県と使っている地域が少ない「マクド派」が勝った時の公約だった。 マック派にくすぶるマクド派への対抗心? サラ・カサノバ社長はホームページで、関西弁で「これからもマクドは、食のリーディングカンパニーとして一人ひとりが真摯に取り組んでいきまっせ」と、満面の笑みでメッセージを寄せた。 「マクドは、お店に来はるすべてのお客様に、いつでも最高のお食事体験を提供することを目指してますねん。ゆうても簡単なことちゃいます。そのために、世界でも最高のサービスをお客様に提供する必要がありますわ。近頃ウチらマクドに対するお客様の期待はそれはもう高まってますねん。頼むで、ゆうて。」 と綴っている。 そうしたなか、「マクド」の公式ツイッターには、 マクド派が 「マクド おめでとうございます。私もマクド派です」 「敗戦国関東は2度とマクドって呼ぶなよな」 と、高々と勝利宣言。 カサノバ社長に...more
カテゴリー:

もっと見る

「売上高」の画像

もっと見る

「売上高」の動画

Wikipedia

売上(英:sales)(あるいは「売上高」とも)とは、企業会計で用いられる用語概念で、収益の分類のひとつで、当該企業の本業によって得た収益のことである。例えば、本業の商品サービスによる収益のこと。東京商工リサーチ「売上」 「売上」は「営業外収益」と区別・対置されうる。

なお経理業務用語、簿記用語としては、日々記録する簿記勘定科目としては「売上」を用い、年度末に作成する決算書では「売上高」という用語を用い、比較的しっかりと区別していることも多い。

その意味では「売上」(英:net sales)のほうは、ある一定期間における売上の総額である。例えば、一会計年度(や四半期)に計上された、個々の売上を全て足し合わせた金額である。

ただし、「売上」と「売上高」は、経理、簿記の領域では厳密に言え...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる