「声優キャスト」とは?

関連ニュース

濱田龍臣、「乃木坂46」与田祐希は「ごはん食べてる途中に寝てた」天然ぶり暴露 - 01月15日(月)16:00 

ONE氏の人気漫画を実写ドラマ化した「モブサイコ100」の会見が1月15日、東京・六本木のテレビ東京で行われ、主演の濱田龍臣をはじめ、共演の与田祐希(乃木坂46)、波岡一喜、声優キャストの大塚明...
カテゴリー:

『爆釣バーハンター』クロスメディアプロジェクト始動 - 01月15日(月)12:00 

 バンダイ・小学館・東映アニメーションの3社共同による『爆釣(ばくつり)バーハンター』プロジェクトが発表された。  「身の回りにあるバーコードの奥に“バーソウル”と呼ばれる未知の生命体が住む“バーコード海”が広がっている」という設定で、フィッシングホビー「爆釣バーロッド」で“バーソウル”を釣ることができ、AR(拡張現実)で釣りやコレクションを楽しめる。  今回、東映アニメーションでテレビアニメ化。3月15日より『月刊コロコロコミック』(小学館)で漫画連載開始、そして3月17日に『爆釣バーロッド』などの玩具がバンダイから発売される。 ■公式サイト「大漁!!爆釣市場」 http://bbh.b-boys.jp/ 【関連記事】 アニメ『シンカリオン』声優キャスト発表 中川家出演の出発式も開催 (17年11月20日) 初音ミク、アニメ『シンカリオン』に運転士として登場 (17年12月27日) スーパー戦隊史上初“Wレッド”お披露目 早くもライバル心みせる (18年01月12日) レベルファイブ「レイトン」シリーズTVアニメ化 来年春地上波放送決定 (17年12月29日) ボンズ×村田和也の新作アニメ『A.I.C.O.』Netflixで3・9世界配信 (18年01月10日)
カテゴリー:

「進撃の巨人」梶裕貴「2018年も駆逐してやる!」でもリヴァイに嫉妬 - 01月13日(土)14:00 

 人気テレビアニメ「進撃の巨人」第2期の総集編「劇場版『進撃の巨人』Season2 覚醒の咆哮」が1月13日、全国47館で封切られた。声優キャストの梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、細谷佳正、橋詰知久、肥塚正史監督が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  「進撃の巨人」は、諫山創氏の人気漫画のアニメ化で、圧倒的な力で人類を壁の中へと追い込んだ巨人たちと、それに対抗するエレン・イェーガーら調査兵団の壮絶な戦いを描く。  この日は、テレビアニメ第3期の新ビジュアルが初披露された。だがビジュアルに主人公エレンの姿はなく、人気キャラクターであるリヴァイが配されていたため、梶は「ついに僕降板じゃないですか!(笑) あれエレンじゃない」と驚きの声をあげる。「がんばったんだけどな……」と絶句する梶に対し、肥塚監督は「3期はリヴァイが話の根幹にいるということを表している」とフォロー。それでも「前のキービジュアルもエレンが後ろの方で」「本当に主役が変わっちゃったな」と、ぼやきは止まらなかった。  自虐を交えて笑いを誘った梶だが、「2018年の抱負」を発表するコーナーでは「2018年も駆逐してやる!」と気合十分。「僕にとって『進撃の巨人』とエレンという役は、ライフワークのようなところがある。もう5年くらい。人生の4分の1は駆逐人生で...more
カテゴリー:

濱田龍臣、「乃木坂46」与田祐希は「ごはん食べてる途中に寝てた」天然ぶり暴露 - 01月15日(月)16:00 

 ONE氏の人気漫画を実写ドラマ化した「モブサイコ100」の会見が1月15日、東京・六本木のテレビ東京で行われ、主演の濱田龍臣をはじめ、共演の与田祐希(乃木坂46)、波岡一喜、声優キャストの大塚明夫、メガホンをとった坂本浩一監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  「ワンパンマン」などで知られるONE氏の同名漫画を、テレビ東京とNetflixがタッグを組んだ木曜深夜のドラマ枠「木ドラ25」で実写化。主人公は、存在感がないため周囲から“モブ”(背景などにいる特徴のないキャラ)と呼ばれている中学2年生・影山茂夫(濱田)。一見冴えないモブだが、実は強大な超能力を持っており、感情の高ぶりが100%になった時に能力が爆発する。  ドラマ版は、特撮やVFXを駆使した壮大な超能力バトルシーンが展開される。同局の担当者は、「ご存じの通り、テレビ東京の売りは、なるべく低予算で番組を作ること。低予算のなかでエッジの効いたものを作ってきましたが、今回はお金をかけました(笑)。ちょっと背伸びをして、お金をかけて迫力のあるアクションドラマを作っています」とアピールした。  出演陣は、劇中衣装で登場した。モブの特徴である個性的なおかっぱ頭を披露した濱田は、「お話をいただいた時は『この髪型になるんだ。中学2年生なんだ』という衝撃がありました。いざやってみると『どう...more
カテゴリー:

「進撃の巨人」梶裕貴「2018年も駆逐してやる!」でもリヴァイに嫉妬 - 01月13日(土)14:00 

人気テレビアニメ「進撃の巨人」第2期の総集編「劇場版『進撃の巨人』Season2 覚醒の咆哮」が1月13日、全国47館で封切られた。声優キャストの梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、細谷佳正、橋詰知久...
カテゴリー:

予想が難しい!?ハリウッド大作とアニメ両極が支持される日本の映画ランキング - 01月10日(水)08:00 

いよいよ2018年の幕が開け、2週にわたりTOP10作品に入れ替わりのなかった映画動員ランキングにも大きな変動があった。 【写真を見る】人気キャラ、ハリー(コリン・ファース)がまさかの復活(『キングスマン:ゴールデンサークル』)/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation ■ 『SW』の連勝なるか!?対抗馬はヒット作『キングスマン』の続編 日本でもスマッシュヒットとなったスパイアクションの続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、土日2日間で動員22万4000人、興収3億3000万円を突破。惜しくもランキングでは2位となったが、ファンの期待を裏切らなかったようで、前作『キングスマン』(14)の公開3日間の2倍以上もの興収を記録した。 12月15日に公開されて以来快進撃を続ける『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、土日2日間で動員22万8000人、興収3億4300万円を記録し、4週連続の首位に輝いた。累計興収は、すでに61億円を越え、累計動員数は410万人を突破。6日には千葉県舞浜のシネマイクスピアリで応援上映が開催され、ライトセーバーの持ち込みやコスプレはもちろん、上映中の歓声や声援もOKという特別企画に、ファンは大いに盛り上がった。 また中国での上映も始まり、オープニング3日間で30億円を突破するなど、その勢いは世界各国に拡...more
カテゴリー:

「声優キャスト」の画像

もっと見る

「声優キャスト」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる