「墜落事故」とは?

関連ニュース

【メヒコ】大地震で内相と州知事がヘリ視察→ヘリが墜落し地上の人が2人死亡→内相と知事は無事 - 02月17日(土)21:12  news

【AFP=時事】メキシコ南部で発生した強い地震の震源付近で16日、現地視察に向かったアルフォンソ・ナバレテ内相とオアハカ州知事が乗っていたヘリコプターが墜落し、地上にいた2人が死亡した。内相は無事だった。当局が明らかにした。  メキシコ内務省のツイッター投稿によると、墜落事故は、ナバレテ内相とオアハカ州のアレハンドロ・ムラト知事が、マグニチュード7.2の強い地震に見舞われた現地の視察にヘリで向かっていた際に起きたという。  内省は「不運にも、この事故によって地上にいた2人が命を落とした」と述べた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

リアルすぎる衝撃映像が2位にランクイン! - 02月16日(金)18:36 

現在、多くの人の関心を集めているものといえば、何と言ってもオリンピック。4年に一度という重みが与える緊張感と、歴史が動く瞬間を見ることができるのが醍醐味ともいえる。そこで、同じく普段あまり見ることのできない映像を見ることができる注目の海外ドキュメンタリー番組をHuluの週間ランキングからピックアップ。 今回、ムビコレが取り上げるのは、2位にランクインした『衝撃の瞬間:特別編』。本作はナショナルジオグラフィックチャンネルで2004年から2013年まで6シーズンにわたって放映されていた番組の特別編となっている。このシリーズは、世界各地で起きた大惨事を再現して検証する番組。主要な目撃者や生還者の証言だけでなく、保管文書や写真のようなリアルさを見せるフォトリアリスティックなCGを駆使しながら、専門家たちが事件の真実を明らかにするというものだ。 特別編では、多くの犠牲者を出した1985年の日本航空123便の墜落事故なども取り上げているが、なぜ悲惨な事故が起きてしまったのかについて丁寧に分析しながら原因の究明を行っている。 そんなシリアスな番組が注目される一方で、ある意味対極に位置する番組といえば、3位の『“ex-エックス”オン・ザ・ビーチ 〜戦慄のバカンス〜』や6位の『ジョーディ・ショア 〜ワイルド・ジョーディのニューカッスル・ライフ〜』といった美男美女が繰り広げる恋愛系リアリティー・...more
カテゴリー:

オスプレイが空中給油訓練 名護市安部、16年の墜落事故原因に - 02月16日(金)07:00 

 沖縄県国頭村安田の集落近くで14日午後5時45分ごろ、米海兵隊輸送機MV22オスプレイが空中給油を受ける様子が確認された。オスプレイへの空中給油は、2016年12月に名護市安部でのオスプレイ墜落事故の原因となった訓練で、専門家からは難易度が高く危険性の高さが指摘されている。  8日には、米軍普...
カテゴリー:

 【テレ朝・報道ステーション】ネットで炎上している富川悠太アナの不用意発言に元自衛隊・佐藤外務副大臣も苦言 - 02月15日(木)12:40  seijinewsplus

 テレビ朝日の看板ニュース番組「報道ステーション」のキャスターをつとめる富川悠太アナウンサーが、 番組内での自衛隊に対する発言をめぐり、ネット上で炎上している。  炎上したのは7日の放送での発言。同番組は記録的な大雪に見舞われている福井県での自衛隊の除雪について報道。 大雪の影響で多くの車が立ち往生している国道8号と中継を結び、富川アナが状況を説明。  その際、1100人の自衛隊が集まり、前日の夜から作業を続け、220台の車を救ったと伝えた。 しかし、その直後、「ただ、24時間で除雪できたのは、手作業が...
»続きを読む
カテゴリー:

急降下認識できず、墜落=空自ヘリ浜松沖事故-調査結果 - 02月14日(水)21:22 

 昨年10月に起きた浜松市沖の航空自衛隊ヘリコプター墜落事故で、空自は14日、夜間で視界が悪かったため、機長らが機体の動きや高度などを錯覚する「空間識失調」に陥り、急降下を認識できなかったことなどが原因とする調査結果を公表した。高度計や機体の昇降率を示す計器の確認が足りなかったことが背景にあるという。 【時事通信社】
カテゴリー:

【メキシコ】地震で現地視察に向かった内相のヘリが墜落 地上で2人死亡 内相は無事 - 02月17日(土)17:53  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3162888?cx_module=latest_top 2018年2月17日 17:11 発信地:メキシコ市/メキシコ 【2月17日 AFP】メキシコ南部で発生した強い地震の震源付近で16日、現地視察に向かったアルフォンソ・ナバレテ(Alfonso Navarrete)内相とオアハカ(Oaxaca)州知事が乗っていたヘリコプターが墜落し、地上にいた2人が死亡した。内相は無事だった。当局が明らかにした。  メキシコ内務省のツイッター(Twitter)投稿によると、墜落事故は、ナバレテ内相とオアハカ州のアレハンドロ・ムラト(Alejandro Murat)知...
»続きを読む
カテゴリー:

飛行再開は墜落現場周辺避ける ヘリ事故で陸自、佐賀県に - 02月16日(金)18:25 

佐賀県神埼市の陸上自衛隊ヘリコプター墜落事故で、陸自西部方面総監の湯浅悟郎陸将は16日、副島良彦副知事と県庁で会談...
カテゴリー:

操縦士「空間識失調」と結論 - 02月15日(木)13:52 

操縦士「空間識失調」と結論:航空自衛隊は、2017年10月、静岡・浜松市の沖合で起きた、救難ヘリコプター墜落事故の調査結果を公表し、操縦士が正しい平衡感覚を失う「空間識失調」に陥っていたと結論づけた。...
カテゴリー:

ビットコインなどの仮想通貨 所有者が突然死しても肉親相続できず。換金できず永遠に彷徨うことに - 02月15日(木)00:34  news

デジタルウォレットの鍵がないと、残された人は資金にアクセス不能 解決を当てにできる当局は存在しない-仮想通貨情報サイト担当者 マシュー・ムーディー氏は5年前、2人乗り飛行機でカリフォルニア州の峡谷上空を飛んでいた際、墜落事故に遭って亡くなった。   父親のマイケル・ムーディー氏は、26歳で死亡した息子が仮想通貨ビットコインのマイニング(採掘)を手掛けていたことを 知っていたが、保有枚数やその突き止め方も分からず、答えを見つけ出そうと過去3年を費やしてきた。   「息子はビットコインのマイニング...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア旅客機墜落事故、FDR解析でピトー管が氷結して高度情報が誤っていたことが判明 - 02月14日(水)07:52  news

2月11日にモスクワ郊外に墜落した旅客機An-148の事故について、モスクワに本部がある州際航空委員会はフライトレコーダーの最初の解析を行い、 ピトー静圧管の氷結によって操縦士が飛行速度について不正確な情報を受け取った可能性があると発表した。 センサーであるピトー静圧管は、航空機の速度、圧力、また操縦に必要なその他のパラメータを測定する。 州際航空委員会によると、センサーの氷結は、航空機の3つの装置すべての加熱状態が飛行中ずっとオフだったことと関係している。なお、この原因はまだわかっていない。...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「墜落事故」の画像

もっと見る

「墜落事故」の動画

Wikipedia

  • 転送 航空事故...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる