「増田明美」とは?

関連ニュース

【女優】ぱるる、「ひよっこ」で朝ドラ初出演! - 04月26日(水)12:39 

女優の有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜前8・00)の“東京編”新キャストが26日、東京・渋谷の同局で発表され、“ぱるる”こと元AKB48の島崎遥香(23)が朝ドラに初出演することになった。 島崎は、ヒロイン・谷田部みね子(有村)が働く「すずふり亭」の料理長・牧野省吾(佐々木蔵之介)の娘・牧野由香を演じる。 AKB48卒業後、女優として活躍してきたが、朝ドラデビューを果たす。 みね子は集団就職で上京。 みね子が暮らすアパート「あかね荘」の人々に白石加代子...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

鳥居みゆきが震災復興を語る! 復興フルマラソンに挑戦 - 04月21日(金)18:21 

10月1日(日)に開催される「東北・みやぎ復興マラソン2017」を、仙台放送とBSフジで同時生放送することが決まった。 【写真を見る】本番に向けて鳥居みゆきが意気込みを語る また「東北魂TV」(毎週日曜夜11.00-11.30BSフジ)に出演する鳥居みゆき、トミドコロと、「仙臺いろは」(毎週火曜夜9.54-9.59、毎月最終金曜夜7.00-7.55)に出演するLiLiCoが、フルマラソン部門に出場する。 「東北魂TV」では、鳥居らの練習の様子や、番組として参加する6月24日(土)開催の「仙台放送まつり2017仙台万博」や、8月4日(金)~6日(日)の「宮城元気まつり」の模様が、随時放送予定。 今回は、仙台出身でもある鳥居に、大会出場への意気込みや、震災復興への思いを聞いた。 ――フルマラソンに出場することについて。 私は走らないんですよ。トイレを我慢しててもリギリまで走らないです! でも、まったく運動していないから、筋肉が生まれたてみたいで、(トレーニングを続ければ)今後は走るための筋肉しかつかないみたいです。 ――練習はしていますか? (トミドコロらとの)グループLINEで、本当はやってないけど練習したって報告しました(笑)。 ――不安に感じていることは? 女性の方の場合、(マラソン中の)トイレはどうしてるんでしょうか? 私はトイレに入ったらケータイをいじったりたいので(笑)。 ...more
in English
カテゴリー:

織田裕二『世界陸上』20年目11大会連続メインキャスター就任 - 04月21日(金)05:00 

 俳優の織田裕二が8月4日よりTBS系で放送する『世界陸上 ロンドン』のメインキャスターに決定した。織田はフリーアナウンサーの中井美穂とともに1997年アテネ大会以来、20年目、11大会連続でメインキャスターを務めることとなる。節目の年となる今大会では現地・イギリスのロンドンより10日間、過去最長の93時間にわたって放送。織田は「スポーツはドキュメントなので、本当に何が起こるか分からないじゃないですか。世界最高のドキュメントをライブで楽しみましょう」と熱く呼びかけている。 『世界陸上ロンドン』のメインキャスター織田裕二(左)、中井美穂(右) ボルトポーズでアピール  「すべてがつながる瞬間がある」をコンセプトとした今大会の注目は、なんといっても今大会で引退を表明している“人類最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)のラストラン。これまで世界陸上とオリンピックで合計19個の金メダルを獲得してきたボルトがこの夏、20個目の金メダル獲得するのか、世界中の期待が高まる。  織田は「この20年のあいだ、思い入れの強かった選手の引退には寂しい思いをしてきましたが、次々と現れる新星たちを一生懸命追っかけてきたので、感慨にふけるようなヒマは無かったですね」と語るが、ボルトの引退は感慨深いようで「ボルトにとってはこれで『終わり』なんですけど、ライバルの若い選手たちにとってはこれが『始まり』だと...more
in English
カテゴリー:

浅田真央の引退で振り返る、明暗わかれる女性アスリート第2の人生 - 04月19日(水)16:12 

 世界的に活躍した女性アスリートたちは、引退後は解説者やコーチとして活躍する人が多いという印象があります。しかし、その規定ルートにハマらない第2の人生を踏み出した元女性アスリートの姿もテレビでよく見かけますよね。  ただ、その中でも立場の明暗はハッキリと別れてしまっている模様。今回は、そんな引退後の女性アスリートたちのその後を追ってみました。 ◆橋本聖子 参議院の当選4回、ベテラン政治家  橋本聖子はスピードスケートおよび自転車競技の選手として、合計7回(冬季大会4回・夏季大会3回)のオリンピック出場を果たし、アルベールビル冬季オリンピックスピードスケート女子1500m銅メダルに輝きました。  1995年からは参議院議員として政治に参加。現在は政治家として、実子3人を含む三男三女の母として充実した日々を送っているようです。  2014年にはフィギュアスケーター高橋大輔選手にキスを強要したのではないかという疑惑が、週刊誌を賑わせましたね(双方の事務所が強制について否定コメント)。真偽は分かりませんが、橋本聖子は、日本スケート連盟会長&2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事でもあり、セクハラ疑惑が出るほどの権力を手にしているとはいえるでしょう。 ◆増田明美 ジャーナリスト、NHK朝ドラのナレーションも  元女子マラソンで1984年ロサンゼルスオリンピック...more
in English
カテゴリー:

増田明美さん「代表選考が客観的に」 マラソン新方式に - 04月19日(水)04:04 

 3年後の東京五輪に向けて、マラソン日本代表の選考が大きく変わる。18日に日本陸連が決めた新たな選考方式は、酷暑の本番で戦える選手をいかに選び抜くか、選考の透明性をどう確保するかという、二つの課題を解…
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」20話「こんないい人いない!」の連続 - 04月26日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第4週「旅立ちのとき」第20回 4月25日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博  視聴率:  %(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)前日比20話はこんな話みね子(有村架純)は東京に働きに行く決意をしたものの、肝心の就職先がなかった・・・。つまんねえ人間なんてどこにもいねえよ正月早々、「くまが出てこれはくまった、なんてな」とベタなダジャレを言って、奥さん(しずちゃん)が全然笑ってくれない、とぼやく宗男(峯田和伸)。まあ仕方ない。古いラジオを出してきて、イギリスで大人気のビートルズをみね子にすすめる。若者と語り合いたかったと言うが、じつは、東京に行くと思いつめるみね子を励ましたかったようだ。「せっかく行くんだし、若いんだし、あんまり背負ってばかりじゃなくて、自由に生きろって言うんだ」優しいおじさんにみね子は真面目に返す。「自由ってなに? 私は、やることが目の前にあって、それを一生懸命やるのが好きだよ」と。そんなふうに考えてしまう自分を「つまんない」と謙遜するみね子に「つまんねえ人間なんてどこにもいねえよ」と宗男。いいひとだなあ。でも、「自由」を知らなければ、それはそれで幸せなのかも。「なんでもいいとか言うんでねえ」もうひとり、いいひとがいた。流行りのギャグ担当かと思っていた田神...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」16話。やたら毒舌なアナウンサー - 04月21日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第16回 4月20日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武  視聴率:  %(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)前日比16話はこんな話聖火リレー大会の様子がテレビで放送され、谷田部家、助川家、角谷家がそろって鑑賞する。 聖火リレーの放送、「ほんの短い時間」とナレーション(増田明美)は言っていたけれど、そこそこみんな映っていて、よかった、よかった。時子(佐久間由衣)がドキドキしながら見ていたら映らなくてがっかり、みたいな流れになるんじゃないかと思ったら、そんなことはなくてホッとした。ただ、アナウンサー(声・茂木淳一)が、「村一番の美人さんであります」と持ち上げた後に「夢の翼が折れないことを祈ろうではありませんか」と落し、「スタイルの向上には目をみはるものがある」と持ち上げた後に「どうか翼が折れないことを祈るばかり」とまた落とすという仕打ちに、時子はいささかむくれてしまう。アナウンサーはこれ以外にも、「人里離れた小さな村」 「便乗する」「あやかろうと」「いかにも農家の三男坊という顔をしています」「孫を応援するおばあちゃん」「これでも昔は」「侮れませんな」などと、なんとなくバカにしたような表現を重ねる。なぜだ。こんなことあっていいのか。それでも奥茨城...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」15話。ちょうちんブルマで感動の聖火リレー - 04月20日(木)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第15回 4月19日(水)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武15話はこんな話聖火リレー大会が行われ、みね子(有村架純)がアンカーを立派につとめた。大忙しの日々 ↑と、増田明美さんが言っているときに、みね子と時子(佐久間由衣)が楽しげにブランコを漕いでいるという牧歌的ないい画が挿入される。働いてないじゃん! いやきっと、ブランコで足腰のトレーニングをしていたにちがいない。 これが政治ってもんだ走者と順番を決めるとき、寄付をもらっている人や村長も走らせることに。それを、青年団団長(尾上寛之)は「政治」といい、増田明美さんが「わかりたくないですね」と皮肉る。なかなかにやりとさせるシーン。お呼びじゃない化学の先生と体育の木脇(増田)には協力してもらうが、田神先生(津田寛治)は「お呼びじゃない」(BY植木等)。田神先生は、当時のギャグを言う係になっちゃっていますね。と、まあいろいろ楽しそうにバタバタ準備をして・・・1964年10月4日、いよいよ、奥茨城村で聖火リレー大会がはじまった。三男(泉澤祐希)は「おれを忘れねえでけれ」「ありがとう」「ありがとう」と感無量。時子は女優になるために、おしゃれなはちまきをして、カメラに笑顔を振りまく。みね子は、おとうさん...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」14話。泣きながら笑った神回 - 04月19日(水)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第14回 4月18日(火)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博14話はこんな話聖火リレー企画を携えて、みね子(有村架純)、三男(泉澤祐希)、時子(佐久間由衣)は、青年団を説得に行く!お父さん、決戦の日です “泣くのはいやだ、笑っちゃおう” ではあるものの、人間は、嬉しいときも泣いちゃうものだと思った14話。前夜は春の嵐が吹き荒れ、関東では今年初の夏日になるかもというくらいの気温が上昇。「ひよっこ」の視聴率も上昇してほしい。「運命の日曜日」(増田明美のナレーションより)、みね子が、めっちゃ緊張して、まるで宝塚音楽学校の生徒さんが校舎の廊下を90度で曲がる規則の様に、道をかちっと直角で曲がるところがかわいかった。三男(泉澤祐希)と時子(佐久間由衣)は親に内緒で青年団に行くが、みね子のとこは家族に応援されて出かけるところも谷田部家の結束を感じる。でも、結局、三男と時子のお母さんたち(柴田理恵、羽田美智子)にバレるところがほのぼの。お父さん、決戦の日です 決死の覚悟で提案した聖火リレーをいともたやすく「くっだらねー」「ばかばかしい」「ムダだムダ」と却下する青年団のひとたち。だが三男は「村出ていくんだから余計なお世話」と言われてカチン。農家の三男坊には居場所...more
in English
カテゴリー:

「ひよっこ」12話。父は蒸発したのか。進めみね子! - 04月17日(月)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」第12回 4月15日(土)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎博12話はこんな話実(沢村一樹)のお土産のマッチを手がかりにすずふり亭を訊ねた美代子(木村佳乃)は鈴子(宮本信子)と省吾(佐々木蔵之介)が親切にしてくれる。蒸発人間↑このネーミングに「なんだか悲しい言葉ですね」と増田明美さん。ほんとうに。1960年に「ガス人間第一号」(本多猪四郎監督)という映画が公開されていますが、“○○人間”って五感が馴染む時代だったのでしょうか。「人造人間キカイダー」は72年にはじまっています。ともあれ、1万人近いひとが出稼ぎに東京にいっていなくなっていたなんて、60年代の東京、おっそろしい。だからって東京も捨てたもんでもなく、青年警察官の綿引正義(竜星涼)が同郷(いばらき)のよしみで、実探しを手伝ってくれると言う。すずふり亭の鈴子と省吾も美代子に優しい。牧野母子は天使のようだ。谷田部と名乗っただけですぐにわかるし、おまんじゅうのお礼も言う。会ったことのある人を忘れないことは客商売の基本とはいえ、人情にあふれまくりだ。「失踪なんかじゃないですよ、絶対」ときっぱり言い、鈴子と目配せしながら励ます省吾。夕ご飯もすすめる。でも、主人がいつか家族みんなでこちらに伺おう...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「増田明美」の画像

もっと見る

「増田明美」の動画

Wikipedia

増田 明美(ますだ あけみ、本名・木脇 明美増田が代表者を務める特定非営利活動法人「日本ダブルダッチ協会」を、内閣府ウェブサイトの「全国特定非営利活動法人情報の検索」画面で検索すると、詳細結果の「代表者名」欄に「木脇明美(増田明美)」と表示される(2011年8月9日閲覧)。、1964年1月1日 - )は、元女子マラソン陸上競技長距離走選手で、現在はスポーツジャーナリスト・レース解説者タレントなどで活動中である。1984年ロサンゼルスオリンピック女子マラソン日本代表。佐々木七恵とともに1980年代前半の日本における女子長距離走の第一人者であった。
千葉県夷隅郡岬町(現・いすみ市)出身。法政大学通信教育部経済学部中退。

経歴 成田高校時代まで

専業農家の家庭...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる