「増田寛也」とは?

関連ニュース

【地域社会】過疎自治体4割で30代女性の人口が増加、理由は… 「田舎への移住促進策の取り組みが結実」との見方 - 08月22日(火)17:54  newsplus

過疎自治体4割で30代女性人口増加、理由は… 読売新聞:2017年08月22日 16時52分 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170822-OYT1T50097.html  2015年までの5年間で、過疎自治体の4割で30歳代の女性人口が増えたことが、一般社団法人「持続可能な地域社会総合研究所」の分析でわかった。  10年と15年の国勢調査を比較した。 藤山浩(こう)所長(元島根県立大教授)は21日の発表記者会見で、「田舎へ移住する傾向が強まり、促進策に取り組んできた地域の努力が実を結んでいる」との見方を示した。  同研究...
»続きを読む
カテゴリー:

土地相続、登記されず塩漬け 相続人特定に膨大なコスト - 08月19日(土)11:11 

 名義人の死亡後も相続登記されないなどして、所有者が不明になる土地が広がっている。有識者でつくる所有者不明土地問題研究会(座長・増田寛也元総務相)の推計では、所有者が分からなくなっている可能性がある土…
カテゴリー:

【話題】「資産」から「お荷物」へ 別荘地に見る土地神話の崩壊 - 08月12日(土)14:20  newsplus

 売るに売れない、捨てるに捨てられない「負動産」を、お金を払ってでも処分したいという動きがでてきた。かつて土地は、持っているだけで値上がりする大切な「資産」だったが、いまや持っているだけで税金や管理費がのしかかる「お荷物」だと感じる人が増えている。  その典型例が別荘地だ。バブルのころ、週末に家族と遊びにいける別荘を持つことは「ステータス」だった。静岡県内の不動産業者は当時、何度も東京にきて多くの商談をまとめたことを懐かしむ。  30年たち、いまやそうした別荘地は様変わりしている。道路は補修...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】土地相続、登記されず塩漬け 相続人特定に膨大なコスト…推計で九州より広い410万㌶ - 08月19日(土)13:54  newsplus

2017年8月19日11時11分 名義人の死亡後も相続登記されないなどして、所有者が不明になる土地が広がっている。有識者でつくる所有者不明土地問題研究会(座長・増田寛也元総務相)の推計では、所有者が分からなくなっている可能性がある土地の総面積は、九州よりも広い約410万ヘクタールに達する。 不動産登記は義務ではないため、相続登記されずに何十年も放置されると、子から孫、ひ孫の代へと相続権を持つ人がどんどん増え、売買などが事実上できない「塩漬け」の状態になりやすい。 資産価値の高い都市部でも所有者が分からな...
»続きを読む
カテゴリー:

【不動産】「資産」から「お荷物」へ 別荘地に見る土地神話の崩壊 - 08月14日(月)22:34  bizplus

売るに売れない、捨てるに捨てられない「負動産」を、お金を払ってでも処分したいという動きがでてきた。かつて土地は、持っているだけで値上がりする大切な「資産」だったが、いまや持っているだけで税金や管理費がのしかかる「お荷物」だと感じる人が増えている。 その典型例が別荘地だ。バブルのころ、週末に家族と遊びにいける別荘を持つことは「ステータス」だった。静岡県内の不動産業者は当時、何度も東京にきて多くの商談をまとめたことを懐かしむ。  30年たち、いまやそうした別荘地は様変わりしている。道路は補修さ...
»続きを読む
カテゴリー:

「増田寛也」の画像

もっと見る

「増田寛也」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる