「増加率」とは?

関連ニュース

王者セブンを焦らせる、ファミマの「ファストフード」売上28%増 - 10月17日(火)05:00 

コンビニ業界で断トツ1位の座に君臨し続けているセブン-イレブン。しかし、その後を追うファミリーマートも決して手をこまねいている訳ではありません。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では、最近のファミリーマートの売上アップに大きく貢献する「中食改革」について、著者の佐藤昌司さんがプロの視点で解説しています。 ファミマの中食が好調。「中食改革」で日販差13万円以上のセブンを追撃 ファミリーマートで「中食構造改革」が実を結んでいます。 ファミマの2017年3~8月期決算によると、ファスト・フード(FF)の売上高が前期比28.5%増の725億円でした。全体の増加率が17.9%だったなか、特にFFが大きく伸長した形です。 「ファミ横商店街」と命名されたレジ横にあるFF売り場で6月から「焼き鳥」を販売開始しました。年間の販売目標を2億本に設定しましたが、わずか6日で1,000万本を超え、発売から約1カ月で3,000万本を突破したといいます。 06年の発売から累計10億個以上を販売したフライドチキン「ファミチキ」もファミ横商店街で販売しています。6月にはファミチキを擬人化したキャラクター「ファミチキ先輩」をテレビCMなどに投入し訴求しました。 8月には新たなラインナップとして「ファミ横商店街 おでん処」と銘打ち、新作のおでんを展開しました。また、「中華まん」を...more
カテゴリー:

【経済】「人手が足りない!」で倒産も。日本をダメにする新たな構造不況 - 10月14日(土)05:59  bizplus

東京商工リサーチが10月10日に発表した2017年度上半期の企業の倒産件数が、前年同期比で9年ぶりに前年を上回った。全国での倒産の増加率は約0.1%増と数字上はほんの少しだけ上回っただけのように見える。しかし後述するように、実はその構造に大きな変動が起きている。  先にこの問題の概要をまとめておくと、半期ベースでの企業倒産件数が前年同期を上回ったのはリーマンショック以来のこと。負債総額で見ると戦後最大の倒産となったタカタの影響が全体の7割を占めるが、倒産件数では従業員5人未満の零細企業が全体の7割を占めた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

9月の自動車生産販売 前年同期比増加率は5%超 - 10月13日(金)15:15 

中国自動車工業協会が12日に発表したデータによると、今年9月の自動車生産量は267万900台で前月比27.64%増加し、前年同期比5.54%増加した。自動車販売量は270万9100台で前月比23.93%増加し、前年同期比5.66%増加した。 ...
カテゴリー:

「人手が足りない!」で倒産も。日本をダメにする新たな構造不況 - 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 - 10月13日(金)05:00 

東京商工リサーチが発表した2017年度上半期の企業の倒産件数が、9年ぶりに前年を上回った。全国での倒産の増加率はわずかだが、実はその背景に不安な構造変化が垣間見える。都市部では今、とにかく人手が足りないのだ。
カテゴリー:

【調査】「急成長渡航先ランキング」大阪が2年連続で世界一 東京は6位、アジア勢が躍進 [Mastercard]★2 - 10月12日(木)16:56  newsplus

「急成長渡航先ランキング」の上位都市の分布(マスターカードの発表資料より) 外国人旅行者の来訪(インバウンド)が増え続ける大阪。その伸び率が世界ナンバーワンであると、データで裏付けられた。クレジットカード運営の米マスターカードが9月末に発表した「2017年度世界渡航先ランキング」によると、渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で大阪が1位に輝いた。アジア勢が上位を占める中、東京や中国、韓国などの各都市を抑えての快挙だ。渡航者の人数は東京が9位、大阪は17位で、ともに前年から着実...
»続きを読む
カテゴリー:

9月のICT輸出額 2カ月連続で最高更新=韓国 - 10月16日(月)15:48 

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部と産業通商資源部は16日、9月の情報通信技術(ICT)分野の輸出額(速報値)は前年同月比32.6%増の192億6000万ドル(約2兆1600億円)で、単月として先月(174億8000万ドル)に続き2カ月連続で過去最高を更新したと発表した。  前年同月比の増加率も2010年4月(33.3%)以来の高水準。増加率は今年3月以降、10~20%台を維持している。  品目別では半導体(98億8000万ドル)が73.3%増加し、2カ月連続で月間輸出額の最高記録を達成し
カテゴリー:

【調査】「急成長渡航先ランキング」大阪が2年連続で世界一 東京は6位、アジア勢が躍進 [Mastercard]★4 - 10月13日(金)20:21  newsplus

「急成長渡航先ランキング」の上位都市の分布(マスターカードの発表資料より) 外国人旅行者の来訪(インバウンド)が増え続ける大阪。その伸び率が世界ナンバーワンであると、データで裏付けられた。クレジットカード運営の米マスターカードが9月末に発表した「2017年度世界渡航先ランキング」によると、渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で大阪が1位に輝いた。アジア勢が上位を占める中、東京や中国、韓国などの各都市を抑えての快挙だ。渡航者の人数は東京が9位、大阪は17位で、ともに前年から着実...
»続きを読む
カテゴリー:

新疆、紡織衣類産業で就業者増加 - 10月13日(金)05:00 

 新疆ウイグル自治区の経済情報化委員会によると、紡績衣類産業に新たに就業した人数は昨年末までに24万人を超えた。今年末には40万人に達する見込み。新疆は中国の主な綿花生産地で、2014年から「紡織衣類産業で100万人の就業実現」計画を進めている。資源面での強みと優遇政策により新疆では紡織衣類産業への投資が続いており、14~16年の紡織衣類産業の固定資産投資は894億元(約1兆5243億円)、年平均の増加率は119.3%に達した。
カテゴリー:

【調査】「急成長渡航先ランキング」大阪が2年連続で世界一 東京は6位、アジア勢が躍進 [Mastercard]★3 - 10月12日(木)20:52  newsplus

「急成長渡航先ランキング」の上位都市の分布(マスターカードの発表資料より) 外国人旅行者の来訪(インバウンド)が増え続ける大阪。その伸び率が世界ナンバーワンであると、データで裏付けられた。クレジットカード運営の米マスターカードが9月末に発表した「2017年度世界渡航先ランキング」によると、渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で大阪が1位に輝いた。アジア勢が上位を占める中、東京や中国、韓国などの各都市を抑えての快挙だ。渡航者の人数は東京が9位、大阪は17位で、ともに前年から着実...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国経済 輸出・製造業の改善続くも回復鈍く=政府系機関 - 10月12日(木)14:45 

【世宗聯合ニュース】韓国の政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)は12日発表した「経済動向10月号」で、韓国経済について「輸出と製造業を中心に改善傾向を維持しているが内需の回復ペースは依然遅れている」との見方を示した。  輸出好調を追い風に製造業の生産は増加傾向にある。8月の全産業の生産は前年同月比2.6%増加し、前月の伸び(2.0%)を上回った。サービス業生産の増加率は2.1%と緩やかな増加基調を維持しており、鉱工業生産の増加率は前月のマイナス0.2%から2.7%の増加に転じた。  9月の輸出
カテゴリー:

もっと見る

「増加率」の画像

もっと見る

「増加率」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる