「塩釜港」とは?

関連ニュース

お待たせ「三陸塩竈ひがしもの」 厳選メバチの出荷始まる - 09月15日(金)09:01 

宮城県塩釜市の塩釜港に水揚げされるメバチマグロのうち、鮮度や色つや、脂のりの条件で厳選された「三陸塩竈(しおがま)ひがしもの」の出荷が14日、始まった。 はえ縄船が9〜12月、三陸沖で漁獲した40キロ
カテゴリー:

どうだ!ひがしものだ! メバチマグロ塩釜港に続々 - 09月14日(木)13:40 

宮城県塩釜市の塩釜港に水揚げされるメバチマグロのブランド魚「三陸塩竈(しおがま)ひがしもの」の出荷が14日、始まった。「赤身の酸味、上品な脂を堪能してほしい」と水産業関係者はPRする。 はえ縄船が9〜
カテゴリー:

「塩釜港」の画像

もっと見る

「塩釜港」の動画

Wikipedia

塩釜港(しおがまこう)は、宮城県塩竈市を中心に松島湾内にある港湾施設の通称。正式名称は仙台塩釜港塩釜港区港湾法上の国際拠点港湾に指定されている。

歴史

※「鹽竈」「塩竈」「塩釜」は全て「しおがま」と読む。 奈良時代から平安時代にかけて、塩釜港は陸奥国国府兼鎮守府である多賀城外港の1つであった。今は内陸になっている香津(こうづ)町が国府(こう)の港を意味する国府津(こうづ)ではないかと推定されている。奈良・平安時代には、「塩竈」は有名な歌枕であった。

中世には千賀ノ浦と呼ばれ、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる