「塩釜港」とは?

関連ニュース

【捕鯨】調査捕鯨船、南極海へ出港 山口・下関、再開後3回目 「シー・シェパード」は今冬妨害活動は行わず - 11月09日(木)18:58  newsplus

南極海で調査捕鯨をする船団が9日、山口県下関市の下関港を出港した。来年3月までにクロミンククジラ333頭を捕獲する計画。南極海での調査捕鯨の中止を命じる2014(平成26)年3月の国際司法裁判所(ICJ)判決を受けて政府が捕獲調査を見合わせ、15年度に再開した後、3回目の調査捕鯨となる。  下関の船団は「勇新丸」(724トン)と「第3勇新丸」(742トン)。広島県・因島からの母船「日新丸」(8145トン)や宮城県・塩釜港からの「第2勇新丸」(747トン)など3隻と洋上で合流して向かう。  当...
»続きを読む
カテゴリー:

歌枕「籬が島」の赤い橋リニューアル 「観光の目玉に」 - 11月08日(水)06:05 

塩釜市の塩釜港に浮かぶ名勝「籬(まがき)が島」に架かる橋の修繕工事が完了しリニューアルされた。島は和歌に詠まれた歌枕の地。江戸時代に松尾芭蕉が訪れ、2014年に国の名勝「おくのほそ道の風景地」に指定さ
カテゴリー:

「塩釜港」の画像

もっと見る

「塩釜港」の動画

Wikipedia

塩釜港(しおがまこう)は、宮城県塩竈市を中心に松島湾内にある港湾施設の通称。正式名称は仙台塩釜港塩釜港区港湾法上の国際拠点港湾に指定されている。

歴史

※「鹽竈」「塩竈」「塩釜」は全て「しおがま」と読む。 奈良時代から平安時代にかけて、塩釜港は陸奥国国府兼鎮守府である多賀城外港の1つであった。今は内陸になっている香津(こうづ)町が国府(こう)の港を意味する国府津(こうづ)ではないかと推定されている。奈良・平安時代には、「塩竈」は有名な歌枕であった。

中世には千賀ノ浦と呼ばれ、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる