「塚本晋也」とは?

関連ニュース

宮沢賢治が苦悩した「理想と現実」の葛藤とは… - 03月20日(月)10:00 

MCに伊集院光、武内陶子アナウンサーを迎え、古今東西の「名著」を読み解く番組『100分de名著』(Eテレ、毎週月曜22:25)で、3月は「銀河鉄道の夜」「春と修羅」などの作品で今も多くの人に愛される宮沢賢治(1896~1933)をピックアップ。代表作を絞るのも難しいほど多面的な作品群に4つのテーマから光を当て、宮沢賢治の奥深い世界に迫っていく。原田郁子(クラムボン・ボーカル)が、童話の朗読を担当、映画監督の塚本晋也が詩の朗読を担当、指南役には山下聖美(日本大学芸術学部教授)を迎える。賢治ほど、現実と理想のギャップの中で煩悶した人間はいない。父親に反発しながらも経済的に頼らざるを得ない負い目。農民の幸せを願って創設した「羅須地人協会」が誰からも理解されずに頓挫したこと。病弱のために肥料工場の技師としての仕事を全うできなかったこと。その苦悩と、必死の願い、祈りの全てが込められた作品が「雨ニモマケズ」であり、理想と現実のせめぎあいを描いたのが「なめとこ山の熊」などの童話だった……。3月20日の第3回は「理想と現実のはざまで」と題して、作品に描かれた賢治の葛藤を克明に読み解きながら、私たちが理想と現実にどう向き合っていけばよいかを考える。 関連リンク 有村架純、役作りで体重増減も…朝ドラ『ひよっこ』 ...more
in English
カテゴリー:

宮沢賢治はなぜ人々の心をひきつけるのか? 言葉の表現の可能性に迫る - 03月14日(火)10:57 

MCに伊集院光、武内陶子アナウンサーを迎え、古今東西の「名著」を読み解く番組『100分de名著』(Eテレ、毎週月曜22:25)で、3月は「銀河鉄道の夜」「春と修羅」などの作品で今も多くの人に愛される宮沢賢治(1896~1933)をピックアップ。代表作を絞るのも難しいほど多面的な作品群に4つのテーマから光を当て、宮沢賢治の奥深い世界に迫っていく。原田郁子(クラムボン・ボーカル)が、童話の朗読を担当、映画監督の塚本晋也が詩の朗読を担当、指南役には山下聖美(日本大学芸術学部教授)を迎える。3月13日の第2回は、「永遠の中に刻まれた悲しみ」と題して、心象スケッチ「春と修羅」、童話「やまなし」などを読み解くことで、人間にとっての言葉の表現の可能性に迫っていく。この「春と修羅」は単なる詩集ではないと山下教授はいう。既存の詩の枠内におさまらない新たなものを作りたいという野心と気概が込められた作品なのだ。心象スケッチとは、ただ単に一人の人間の心のうちを描くものではない。心象とは、宇宙や無限につながるものであり、人間の心象を描くというのは、個人的なものを越えて普遍的なものをスケッチすることだと賢治はいいたかったのだという。妹トシの死への悲しみを刻印した一篇「永訣の朝」も、単に個人の悲しみだけではなく、トシが自らの身をもって示した「人間は死ぬ存在である」という絶対的な真実をこそ記したかったのである。 ...more
in English
カテゴリー:

宮沢賢治が苦悩した「理想と現実」の葛藤とは… - 03月17日(金)21:29 

MCに伊集院光、武内陶子アナウンサーを迎え、古今東西の「名著」を読み解く番組『100分de名著』(Eテレ、毎週月曜22:25)で、3月は「銀河鉄道の夜」「春と修羅」などの作品で今も多くの人に愛される宮沢賢治(1896~1933)をピックアップ。代表作を絞るのも難しいほど多面的な作品群に4つのテーマから光を当て、宮沢賢治の奥深い世界に迫っていく。原田郁子(クラムボン・ボーカル)が、童話の朗読を担当、映画監督の塚本晋也が詩の朗読を担当、指南役には山下聖美(日本大学芸術学部教授)を迎える。賢治ほど、現実と理想のギャップの中で煩悶した人間はいない。父親に反発しながらも経済的に頼らざるを得ない負い目。農民の幸せを願って創設した「羅須地人協会」が誰からも理解されずに頓挫したこと。病弱のために肥料工場の技師としての仕事を全うできなかったこと。その苦悩と、必死の願い、祈りの全てが込められた作品が「雨ニモマケズ」であり、理想と現実のせめぎあいを描いたのが「なめとこ山の熊」などの童話だった……。3月20日の第3回は「理想と現実のはざまで」と題して、作品に描かれた賢治の葛藤を克明に読み解きながら、私たちが理想と現実にどう向き合っていけばよいかを考える。 関連リンク 有村架純、役作りで体重増減も…朝ドラ『ひよっこ』 ...more
in English
カテゴリー:

窪塚洋介「安倍は外国にバラマキ外交ばかりしてる!」 - 02月05日(日)10:42 

窪塚洋介 日本政府に物申す!安倍政権をバッサリ 映画監督 塚本晋也も ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000002-dal-ent  俳優の窪塚洋介(37)が21日、都内で行われた米映画「沈黙-サイレンス-」の初日舞台あいさつで日本政府を痛烈に批判した。 司会者に「社会的弱者に対するこの映画のメッセージは?」と問われた窪塚は 「東北大震災(東日本大震災)が起こってたくさんの弱者が生まれました。 なのに、この国のみっともない政府の連中は他の国に1兆、2兆、3兆円と俺たちの血と汗の税金を使って、 ば...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「塚本晋也」の画像

もっと見る

「塚本晋也」の動画

Wikipedia

塚本 晋也(つかもと しんや、1960年1月1日本人の公式サイト・プロフィール - )は、日本の映画監督俳優東京都出身、豊島区在住。大沢事務所所属。日本大学芸術学部卒業。現在は、多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科教授

自ら、製作から監督、脚本、撮影、美術、編集、主演までこなし、そこから生まれる映像には、クエンティン・タランティーノジェームズ・ワン&リー・ワネルギャスパー・ノエ、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる