「塚地武雅」とは?

関連ニュース

塚地武雅、憧れの元祖美少女戦士と初対面にドギマギ - 05月24日(水)12:00 

 円谷プロが制作した未DVD化、再放送もほぼなされていない幻の作品をHDリマスターでよみがえらせるCS「テレ朝チャンネル2」のオリジナル番組『EXまにあっくす』。26日(後7:00~10:00)の放送に、『サイバー美少女テロメア』に美少女戦士として主演したひとり、女優の三輪ひとみがゲスト出演する。 幻じゃない!『怪奇!巨大蜘蛛の館』(1978年)  番組では、『怪奇!巨大蜘蛛の館』(1978年)、『白い手美しい手呪いの手』(79年)、『怨霊!あざ笑う人形危険な未亡人』(80年)など、テレビ朝日『土曜ワイド劇場』にて放送されたものを発掘してきた。そして土ワイ作品とあわせて放送してきた特撮ドラマ『サイバー美少女テロメア』が26日に惜しまれながら最終話を迎える。  ナビゲーターとして作品を紹介してきたお笑いコンビ・ドランクドラゴンの塚地武雄が、『サイバー美少女テロメア』に出演する美少女たちのなかでも、「一番好きです!」と公言していたのが、月島イツミ役の三輪。『テロメア』後は、ホラークイーンとして数々のホラー作品に出演。特撮番組ウルトラマンシリーズ、平成仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズなどでも活躍を続けている。  塚地にはサプライズで三輪が登場。動揺を隠し切れない塚地の姿も番組で観ることができる。その後は、番組ナビゲーターとして、斬新なデザインの露出度の高い衣装の苦労話、...more
カテゴリー:

元祖美少女戦士、露出度高い斬新デザイン衣装の苦労話を披露 - 05月24日(水)11:56 

元祖美少女戦士・三輪ひとみが、5月26日放送の『EXまにあっくす』(テレ朝チャンネル2、19:00~22:00)に登場。ナビゲーターを務めるドランクドラゴンの塚地武雅のイチオシで、ずっと「一番好きです!」と番組内で公言していたが、このたび『サイバー美少女テロメア』主演の1人でもある月島イツミ役の三輪と念願の対面を果たすことがわかった。円谷プロが制作した未DVD化、再放送もほぼなされていない幻の作品をHDリマスターで甦らせる同番組。塚地とヘドロ怪獣ザザーンの“2人”がナビゲーターとして作品を紹介している。今まで紹介した作品は『怪奇!巨大蜘蛛の館』(1978年)、『白い手美しい手呪いの手』(1979年)、『怨霊!あざ笑う人形危険な未亡人』(1980年)などのテレビ朝日『土曜ワイド劇場』にて放送されたものを発掘してきた。そして“土ワイ作品”とあわせて放送されてきた特撮ドラマ『サイバー美少女テロメア』が今回惜しまれながら最終話を迎える。この『サイバー美少女テロメア』に出演する美少女たちのなかでも、ナビゲーターをつとめる塚地がずっと「一番好きです!」と番組内で公言していたのが、主演のひとりでもある月島イツミ役の三輪だ。彼女は、『テロメア』出演後は、ホラークイーンとして数々のホラー作品で活躍しており、ほか特撮番組ウルトラマンシリーズ、平成仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズなど様々なジャ...more
カテゴリー:

【ドラマ】TBS「怪獣倶楽部」7人のオタク+1 ポスタービジュアル完成 - 05月21日(日)07:00 

[ 2017年5月21日 05:57 ]  俳優本郷奏多(26)が主演するTBS系ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記」(6月6日スタート、火曜深夜1・28、全4話)のポスタービジュアルが完成した。  70年代半ばに、特撮番組に登場する怪獣の研究に青春をささげた青年たちの物語。同人誌を作るために白熱した編集会議を中心に描くユニークな会話劇だ。 ポスターは怪獣倶楽部のメンバーが“7人のオタク”とばかりにキメた一枚。  特撮風セットに、怪獣倶楽部のエースの本郷、天才的に怪獣を評論する高校生の横浜流星(20)、スケッ...
»続きを読む
カテゴリー:

本郷奏多主演「怪獣倶楽部」で横浜流星&矢野聖人&柄本時生らの“特撮愛”爆発! - 05月21日(日)06:00 

俳優の本郷奏多が主演するMBS/TBSドラマ「怪獣倶楽部 空想特撮青春記」に、「キセキ あの日のソビト」などに出演した若手俳優・横浜流星のほか、矢野聖人、加藤諒、山口翔悟、柄本時生、塚地武雅(ド...
カテゴリー:

本郷奏多主演「怪獣倶楽部」で横浜流星&矢野聖人&柄本時生らの特撮愛爆発! - 05月21日(日)06:00 

 俳優の本郷奏多が主演するMBS/TBSドラマ「怪獣倶楽部 空想特撮青春記」に、「キセキ あの日のソビト」などに出演した若手俳優・横浜流星のほか、矢野聖人、加藤諒、山口翔悟、柄本時生、塚地武雅(ドランクドラゴン)、小松利昌、あの(ゆるめるモ!)、今川碧海、馬場ふみかが出演していることがわかった。あわせてお披露目されたキービジュアルには、怪獣を熱く愛する特撮オタクたちが集う“怪獣倶楽部”のメンバーが勢ぞろいしている。 ・【フォトギャラリー】「怪獣倶楽部」登場人物&議論の対象になる怪獣たち  “怪獣倶楽部”は空想特撮シリーズの怪獣を多角的に研究し、同人誌を発行するための編集会議を行っていた実在の団体。円谷プロが協力する本作は、1970年代半ば“特撮番組に登場する怪獣の研究”に全青春を捧げた青年たちの物語だ。「ウルトラマン」のゼットン、「ウルトラセブン」のメトロン星人、ガッツ星人、ゴース星人を徹底的に議論するマニアックな会議の模様を、全4話構成で描く。  横浜が演じるのは、主人公リョウタ(本郷)が所属する“怪獣倶楽部”唯一の高校生メンバー・カツオ役。若さに反して特撮への造詣は深く、同倶楽部の“エリート”であるリョウタを脅かす存在だ。矢野がリョウタのライバル・シンゴ役、加藤が怪獣のスケッチを担当するユウスケ役、山口が音楽の知識に長ける同倶楽部の中心人物・ニシ役を熱演。そして論理的思考...more
カテゴリー:

元祖美少女戦士、露出度高い斬新デザイン衣装の苦労話を披露 - 05月24日(水)12:00 

元祖美少女戦士・三輪ひとみが、5月26日放送の『EXまにあっくす』(テレ朝チャンネル2、19:00~22:00)に登場。ナビゲーターを務めるドランクドラゴンの塚地武雅のイチオシで、ずっと「一番好きです!」と番組内で公言していたが、このたび『サイバー美少女テロメア』主演の1人でもある月島イツミ役の三輪と念願の対面を果たすことがわかった。円谷プロが制作した未DVD化、再放送もほぼなされていない幻の作品をHDリマスターで甦らせる同番組。塚地とヘドロ怪獣ザザーンの“2人”がナビゲーターとして作品を紹介している。今まで紹介した作品は『怪奇!巨大蜘蛛の館』(1978年)、『白い手美しい手呪いの手』(1979年)、『怨霊!あざ笑う人形危険な未亡人』(1980年)などのテレビ朝日『土曜ワイド劇場』にて放送されたものを発掘してきた。そして“土ワイ作品”とあわせて放送されてきた特撮ドラマ『サイバー美少女テロメア』が今回惜しまれながら最終話を迎える。この『サイバー美少女テロメア』に出演する美少女たちのなかでも、ナビゲーターをつとめる塚地がずっと「一番好きです!」と番組内で公言していたのが、主演のひとりでもある月島イツミ役の三輪だ。彼女は、『テロメア』出演後は、ホラークイーンとして数々のホラー作品で活躍しており、ほか特撮番組ウルトラマンシリーズ、平成仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズなど様々なジャ...more
カテゴリー:

深夜ドラマ『怪獣倶楽部』 馬場ふみから追加キャスト発表 - 05月22日(月)09:43 

 MBS・TBSの深夜ドラマ枠「ドラマイズム」にて6月より放送される『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』のキャストが発表された。主人公・リョウタを演じるのは既報のとおり俳優の本郷奏多。リョウタの彼女・ユリコ役には、『non-no』専属モデルでグラビアアイドルの馬場ふみかが決定した。 【写真】本郷奏多、馬場ふみから役衣装のソロカットなど  時は1970年代半ば、青春を“特撮番組に登場する怪獣の研究”に捧げた青年たちの物語。“怪獣倶楽部”とは空想特撮シリーズを愛し怪獣を様々な角度から研究し、怪獣の同人誌を発行するために、編集会議を行っていた実際に存在していた団体。本作ではそんな彼らに着想を得たドラマを円谷プロ協力のもと実現。ウルトラマン、ウルトラセブンでの実際の話数を徹底的に研究する、彼らのマニアックな編集会議を全4話でユニークに描く。  怪獣倶楽部のメンバーの中で唯一の高校生メンバーでありながら、若さに反して、特撮への造詣は深く、リョウタの「怪獣倶楽部のエース」としてのアイデンティティーを脅かす存在となる“怪獣エリート”「カツオ」役に横浜流星。アツい性格で、人生のすべてを特撮に賭けていることを誇りに思っており、リョウタの評論を誰よりも評価しているが、同時に彼よりも良い評論を書くことに命を賭けている、リョウタのライバル「シンゴ」役に矢野聖人。  倶楽部の良心というべき穏やかな性格で...more
カテゴリー:

横浜流星が怪獣のエリートに!「怪獣倶楽部」個性派ぞろいの追加キャスト発表 - 05月21日(日)06:00 

6月からMBS/TBSにて放送開始する本郷奏多主演ドラマ「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」の追加キャストが発表され、横浜流星らが出演することが分かった。 【写真を見る】主演を務める本郷奏多。“特撮番組に登場する怪獣の研究”に青春をささげた若者たちを描く/(C)『怪獣倶楽部』プロジェクト “怪獣倶楽部”は実在していた団体で、怪獣をさまざまな角度から研究し、怪獣の同人誌を発行。今回ドラマ化される作品は、そんな団体をヒントに制作された物語だ。ウルトラマン、ウルトラセブンの実際のストーリーを研究する、彼らの編集会議を全4話で描き出す。 追加キャストとして発表された横浜は、怪獣倶楽部のメンバーの中で唯一の高校生メンバーでありながら、特撮への造詣が深く、本郷演じるリョウタの「怪獣倶楽部のエース」としてのアイデンティティーを脅かす存在。評論における切り口も天才的で、メンバーを唸らせる“怪獣エリート”カツオ役を演じる。 また、アツい性格で、人生のすべてを特撮に懸けていることを誇りに思っており、リョウタの評論を誰よりも評価しているが、同時に彼よりも良い評論を書くことに命を懸けている、リョウタのライバル・シンゴ役に矢野聖人。 絵が抜群にうまく怪獣のスケッチを担当するユウスケ役に加藤諒、怪獣倶楽部ナンバー1であり、音楽の知識に長けている倶楽部のまとめ役、ニシ役に山口翔悟。 怪獣倶楽部のナンバー2であり、気...more
カテゴリー:

本郷奏多主演『怪獣倶楽部』、横浜流星&馬場ふみから追加キャスト&ポスター解禁 - 05月21日(日)06:00 

 俳優の本郷奏多が主演を務める新ドラマ『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』(MBS・TBS/6月放送開始)の追加キャストが発表され、横浜流星、矢野聖人、加藤諒、柄本時生、塚地武雅、馬場ふみからが出演することが分かった。併せて、物語の舞台である1970年代半ばの時代を感じさせるポスター&キャストビジュアルが解禁となった。【関連】『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』キャスト&怪獣フォトギャラリー 本作は、空想特撮シリーズを愛し、怪獣を様々な角度から研究し、怪獣の同人誌を発行するために編集会議を行っていた実在の団体“怪獣倶楽部”が、ウルトラマンやウルトラセブンでの実際の話数を徹底的に研究する編集会議を、全4話で描く。主演の本郷は、熱く怪獣を愛するリョウタ役で「怪獣」と「恋愛」の葛藤をひたむきに演じる。 今回出演が発表された横浜が演じるのは、怪獣倶楽部のメンバーで唯一の高校生でありながら、特撮への造詣が深い“怪獣エリート”「カツオ」。カツオはリョウタに匹敵する知識の持ち主で、倶楽部のエースというリョウタのアイデンティティーを脅かす存在。 また、リョウタのライバル「シンゴ」に矢野、怪獣のスケッチを担当する「ユウスケ」を加藤、熱血漢の「ジョー」を柄本、最上級オタクであるリーダー「キャップ」に塚地、リョウタの彼女「ユリコ」を馬場が演じる。馬場は、劇中でリョウタに「倶楽部とユリコのどちらを取るのか?」とい...more
カテゴリー:

【芸能】<渡辺直美、ブルゾン…>女芸人の女優起用多発の裏側は?イモトアヤコから見る、女芸人が女優として成功する理由 - 05月20日(土)13:32 

人気の女性芸人・渡辺直美が、7月スタートの連続ドラマ『カンナさーん!』(毎週火曜 後10時~ TBS系)で、ゴールデン・プライム帯の連ドラ初主演をすることが発表された。昨今を見ると、現在放送中の『人は見かけが100%』(フジテレビ系)には、現在ブレイク中のブルゾンちえみが、また人気連ドラ『家売るオンナ』(日本テレビ系)のスペシャル版(5月26日放送)には、イモトアヤコが前作から連投を果たしている。ここに来て女芸人が“女優”として起用されることが頻繁に見受けられるが、その裏側には何があるのだろうか? 泉ピン子を...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「塚地武雅」の画像

もっと見る

「塚地武雅」の動画

Wikipedia

塚地 武雅(つかじ むが、1971年11月25日 - )は、日本コメディアン俳優。お笑いコンビドランクドラゴンのボケ(時折ツッコミ)担当である。相方は、鈴木拓。愛称は塚っちゃん

大阪府阪南市出身。プロダクション人力舎所属。阪南市立鳥取中学校大阪府立佐野高等学校桃山学院大学経済学部卒業。身長168cm、体重90kg、血液型はA型。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる