「塚原あゆ子」とは?

関連ニュース

「新鮮さを失わないように」中谷美紀の作品への向き合い方 - 10月11日(水)10:00 

週刊ザテレビジョン創刊35周年企画として、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るスペシャル連載。第5弾は、1993年の大ヒット作「ひとつ屋根の下」(フジ系)でドラマデビューして以来、数々の話題作で存在感を発揮してきた中谷美紀が登場。 【写真を見る】「ハルモニア―」では週刊ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞!/©浅井佳代子 ■ デビュー時は緊張で震えた 見る者を魅了する美麗なルックスは今も変わらないが、本人はデビュー当時の本誌グラビアを見て「まるまるしている」と苦笑。「ひとつ屋根の下」では、舞台女優の役だった。「セリフは2つか3つぐらいでしたけれど、それまでお芝居の経験はゼロだったので、現場では緊張のあまり震えていました」と振り返る。それから「長男の嫁2~実家天国」(1995年TBS系)、「Days」(1998年フジ系)などを経て、「ハルモニア・この愛の涯て」(1998年日本テレビ系)で堂本光一と共演し、連ドラ初主演。言葉を理解できない少女・由希を好演し、週刊ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞も獲得した。 「由希は、セリフが一つもない役。実験的な手術を受けたことによって脳に損傷を受けてしまい、チェロを教えに来た秀行(堂本)に対しても全くリアクションしないという設定でした。人間の感情を除外しなければいけないので、時々無性に声を出したくなりました。...more
カテゴリー:

「塚原あゆ子」の画像

もっと見る

「塚原あゆ子」の動画

Wikipedia

塚原 あゆ子(つかはら あゆこ)は、日本テレビドラマ演出家プロデューサードリマックス・テレビジョン所属。

経歴・人物

埼玉県久喜市出身。淑徳与野高等学校、千葉大学文学部文学科卒業塚原あゆ子(Tsukahara Ayuko) | 株式会社 ドリマックス・テレビジョン。

作品 ドラマ

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる