「堺正章」とは?

関連ニュース

草なぎ剛、香取に次いで『smart』表紙登場 お気に入りデニムも公開 - 02月23日(金)12:49 

 元SMAPの草なぎ剛が、男性ファッション誌『smart』(宝島社)の5月号(3月24日発売)の表紙に登場することが、わかった。草なぎが単独でファッション誌の表紙を飾るのは、昨年10月にファンサイト「新しい地図」を立ち上げ後、初めてとなる。 【写真】映画『光へ、航る』撮影現場の模様  同誌にも初登場となる草なぎ。昨年12月発売号では、ともに新しい地図を立ち上げた香取慎吾が表紙を飾っており、「この間、慎吾ちゃんが出てたから、僕も一緒に出た気になってた(笑)」とおちゃめに意気込み。芸能界随一のデニムマニアとして知られているが、誌面でも「ボクが所有しているお気に入りのジーパンも公開するので楽しみにして下さい!」と呼びかけている。  草なぎは全8ページの特集に登場し、デニム紹介のほか4月6日公開の映画『クソ野郎と美しき世界』について語るインタビュー、今の心境がわかる一問一答などが掲載される。 【関連記事】 【写真】草なぎの愛犬・くるみちゃんがテレビに登場 【写真】草なぎ剛、激しく踊る! 退所後初CMは「1本満足バー」新作 稲垣・草なぎ・香取、堺正章に“焼肉密会”の真相明かす(17年11月03日) 草なぎ剛、NHK実録ドラマで特命取材班の記者役 『赤報隊事件』に迫る (17年12月20日) 元SMAP3人の映画に新人・中島セナ起用 香取慎吾の短編に出演へ (18年02月02日)
カテゴリー:

香取慎吾、奪われ気づいた歌の重要性 『新しい地図』映画の撮影風景公開第2弾 - 02月17日(土)05:00 

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾ら『新しい地図』のメンバーが出演する映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)。香取が出演するパート『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』(山内ケンジ監督)の都内某所で行われていた撮影現場取材の情報が17日、解禁となった。山内監督、今作が映画デビューとなる“新人”でモデルの中島セナとともに取材に応じた香取は、自身にとって“歌”がいかに重要性であるかを語った。 【写真】撮影現場に持ち込まれた香取慎吾の絵  同作は、episode.1からepisode.4までの短編オムニバス構成で、4つのepisode.を4人の監督が脚本し、2週間限定で全国86館で上映される。Episode.2である『慎吾ちゃんと歌食いの巻』は歌を食べて生きる少女「歌喰い」(中島)と歌えなくなったアーティスト(香取)の不思議な関係が大きな変化を起こし…、という物語となっている。  香取慎吾役となった香取は「普段から役作りとか、あんまり考えない方なんですけど香取慎吾本人役なんで、いつも以上に何も考えてません(笑)。すごく楽ですね」とにっこり。当初は個人名を設定せずに行う予定だったが、山内ケンジ監督の意向によって本人役となった。『クソ野郎――』で初めて芝居の世界に足を踏み入れた中島は「たくさん話しかけてくださった」と香取の優しさに感謝した。  香取の部屋となる場所には、実際にアトリ...more
カテゴリー:

草なぎ剛、『新しい地図』映画の撮影風景公開「温かいものを持って帰ってもらえる」 - 02月16日(金)05:00 

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾ら『新しい地図』のメンバーが出演する映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)。草なぎが出演するパート『光へ、航る』が、このほど埼玉県内でクランクイン。お笑いコンビ・爆笑問題の太田光監督、女優の尾野真千子と共に囲み取材にも応じ、「温かいものを持って帰ってもらえる」と見どころを語った。 【写真】映画『光へ、航る』撮影現場の模様  同作は、episode.1からepisode.4までの短編オムニバス構成で、4つのepisode.を4人の監督が脚本し、2週間限定で、全国86館で上映される。episode.3である『光へ、航る』は裕子(尾野)とオサム(草なぎ)は息子・航(ささきゆうた)を失う。息子を失った悲しみを抱えながらも必死に生きていくしかない2人が、失った息子の右腕を探す旅に出ることを決意し、裕子とオサムは共に日本中を奔走することになり…、という物語となっている。  この日は裕子と息子・航とのキャッチボールシーンと終盤の夫婦のシーンが公開された。脚本も担当した太田監督は「成功は確信している。日本の映画史に残る名シーンが撮れた。手応えを感じている。全米が泣くと思います。アカデミー賞を狙ってます」とテキトーにコメントして笑わせた。  「SMAPのころから、よく知っている」という草なぎとの共演に太田監督は“絶口調”。「きのう、ラブホテルで...more
カテゴリー:

【テレビ】TBS系アイドル50年史特番に麻丘めぐみ、石野真子、菊池桃子ら集結、ピンク・レディー密着映像も - 02月07日(水)04:58  mnewsplus

2018.2.7 4:00 アイドル50年史特番に麻丘めぐみ、石野真子、菊池桃子ら集結、ピンク・レディー密着映像も 2月12日(月)に放送されるTBS系音楽特番「『歌のゴールデンヒット』-青春のアイドル50年間-」のスタジオゲストが発表となった。 過去2回の放送では、「オリコン1位の50年間」と題して歴代のオリコン1位獲得曲を振り返ってきた『歌のゴールデンヒット』。今回は“アイドル”に焦点を当て、蔵出し映像や秘蔵エピソードを交えながら、過去およそ50年の間に活躍したアイドルたちを4時間にわたって特集する。 スタジオにゲスト...
»続きを読む
カテゴリー:

中国人がビックリ・・・何度もテレビドラマ化するなんて、日本人は「西遊記」が好きすぎるだろ! - 02月21日(水)23:32  dqnplus

2018-02-21 15:12  三国志、水滸伝と並んで、日本で人気の高い中国の古典文学作品と言えば「西遊記」だろう。小説というよりもドラマやアニメといった映像作品としてのイメージが強く、日本では何度かテレビドラマ化されている。 中国メディア・東方網は19日、「日本人はどれだけ西遊記が好きなの? 少なくとも4回はドラマ化してる」とする記事を掲載した。  もともと中国がオリジナルの西遊記。本場でもテレビドラマ化されており、なかでも1986年に制作された「86版」はレジェンドとして当時も今も高い人気を誇っている...
»続きを読む
カテゴリー:

稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾、16年ぶりに『JUNON』再登場 - 02月16日(金)17:00 

 元SMAPの稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾が、雑誌『JUNON』(主婦と生活社)に16年ぶりに登場することが、明らかになった。23日発売の4月号は“奇跡の再登場”の第一弾として、60分におよんだ3人のインタビューをほぼノーカットで掲載する。 【別カット】夜景をバックにクールな3人  草なぎは、同誌に登場していた20歳の頃について、「今思えば、生意気だったし、トンがってたし、どうしようもないな、と思うんだけど、初々しさというか。最近、この歳になるとどこか“あの頃のことを忘れたくないな”って思ったりするんですよね」と回想。  そして、昨年に「新しい地図」を立ち上げ、3人で新たな道を歩み始めた現在の心境について「いろんな新しいことに挑戦して、今こうやってまた縁がつながってJUNONさんにも出してもらって、あの頃の気持ちの若さのままに、突き進んでる感じなのかな」と打ち明けている。  また、同号の巻頭には俳優の福士蒼汰が登場。そのほか、超特急、竹内涼真、宮野真守、中川大志、野村周平、新田真剣佑、三浦大知などが誌面を飾っている。 【関連記事】 【写真】草なぎの愛犬・くるみちゃんがテレビに登場 【写真】稲垣吾郎の半同居人「ヒロくん」TV初登場 【写真】ついに実現!香取慎吾&山本耕史の親友2ショット 【写真】草なぎ剛、激しく踊る! 退所後初CMは「1本満足バー」新作 稲垣・草なぎ・香取...more
カテゴリー:

4月公開の『新しい地図』映画、ようやく撮入 草なぎ「なかなか始まらなかった」と苦笑 - 02月16日(金)05:00 

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾ら『新しい地図』のメンバーが出演する映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)で、草なぎが出演するパート『光へ、航る』がこのほど埼玉県内でクランクイン。太田光監督、尾野真千子と共に囲み取材にも応じ、草なぎは「なかなか始まらなかった」となかなか撮影が始まらなかった状況にもどかしさを抱えていたことを口にした。 【写真】映画『光へ、航る』撮影現場の模様  同作は、episode.1からepisode.4までの短編オムニバス構成で、4つのepisode.を4人の監督が脚本し、2週間限定で、全国86館で上映される。episode.3である『光へ、航る』は裕子(尾野)とオサム(草なぎ)は息子・航(ささきゆうた)を失う。息子を失った悲しみを抱えながらも必死に生きていくしかない2人が、失った息子の右腕を探す旅に出ることを決意し、裕子とオサムは共に日本中を奔走することになり…、という物語となっている。  この日は裕子と息子・航とのキャッチボールシーンと終盤の夫婦のシーンが公開された。4月公開ながら2月に入ってようやくクランクインとなったが、草なぎは「撮影が始まる、始まると言ってなかなか始まらなかった」と苦笑い。続けて「始まったら猛スピードでフルスロットルで駆け抜けていきたい。最高の作品を作るので期待してください」と誓った。  香取が出演するepis...more
カテゴリー:

【テレビ】広末涼子、音楽番組で司会に初挑戦 10代の歌手活動は「恥ずかしかった」『歌のゴールデンヒット-青春のアイドル50年間-』 - 02月01日(木)10:36  mnewsplus

https://www.oricon.co.jp/news/2104871/full/ 2018-02-01 04:00  女優の広末涼子がテレビ番組の司会に初挑戦する。TBS系『歌のゴールデンヒット-青春のアイドル50年間-』(2月12日 後7:00~10:54)で、4時間におよぶ特番収録の前に取材に応じた。  広末とともに司会を務めるのは、過去2回の放送でも司会を務めた堺正章、自身の不倫騒動で1回お手つきのあった宮迫博之(雨上がり決死隊)。 「なぜ私が、というのが最初の感想でした。よろしいんでしょうか?」と及び腰の広末に、堺は「腹くくってください」と激励。 広末は...
»続きを読む
カテゴリー:

「堺正章」の画像

もっと見る

「堺正章」の動画

Wikipedia

堺 正章(さかい まさあき、1946年6月6日 - )は、日本コメディアン歌手俳優、司会者、ラジオパーソナリティ。本名、栗原 正章(くりはら まさあき)。愛称は「マチャアキ」「堺先生(しゃかい しぇんしぇい)」「巨匠」「Mr.かくし芸」。

エンターテイナー、タレント、歌手など様々な肩書きを持つが、1990年代以降はテレビ番組の司会を中心に活動している。ホリプロを経て、ケイダッシュ田辺エージェンシー傘下の個人芸能事務所エスダッシュに所属。

来歴

スパイダーズ在籍時の堺正章(前列左端) 1946年6月6日、喜劇俳優である堺駿二の長男として東京都<...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる