「報告書提出」とは?

関連ニュース

ソフトバンク通信障害67万人に影響 総務省「重大事故」と判断 事故報告書提出要求 - 02月22日(木)22:27 

ソフトバンクは22日、19日に発生した通信障害の影響人数が約67万人に達したと発表した。総務省も21日に同社から報告を受け、「重大事故」と判断。3月20日までに…
カテゴリー:

米国マックが健康メニュー、子ども向けからチーズバーガー消える? 日本では...... - 02月16日(金)19:25 

米国マクドナルドは2018年2月15日、2022年までに子ども向けセット「ハッピーミール」(日本の名称はハッピーセット)からチーズバーガーを外すなど健康メニューに転換する方針を発表した。同社は「幸せな食事で家族を支援するグローバルコミットメント」という声明で、詳細にメニューの変更を説明。特に子どもの健康に配慮し、新セットメニューを600キロカロリーに抑えることを強調。チーズバーガーは通常メニューには残すが、ハッピーミールからは外す。 日本のマックではオモチャと絵本が交換できるだけ? 新たなハッピーミールのメインメニューは、チーズを挟まない、通常のハンバーガーと、4個もしくは6個入りチキンマックナゲット。サイドメニューのマックフライポテトは現在より小さいサイズになる。 また、飲み物はボトル入りミネラルウォーターを選べるようにする。チョコレートミルクは糖分を減らし、カロリーや塩分を一定水準以下にして果物、野菜、シリアルのメニューを増やし、人工調味料の使用をやめるとしている。 一方、日本のマックのハッピーセットからもチーズバーガーは消えるのだろうか――。日本マクドナルドホールディングスも翌16日、「米社発表のグローバルコミットメントの取り組みを日本でも実施する」と発表した。 しかし、その内容は「お子様の健全な成長と家族の幸せを応援する取り組みとして、まず2018年はハッピーセットに付いて...more
カテゴリー:

理髪店やビューティサロンの倒産、過去最多の151件 中小で多発 - 02月15日(木)07:00 

理髪店や床屋、美容院、ビューティサロンやエステティックサロンなどを手がける理美容業の倒産件数が、2017年は151件にのぼり過去最高となった。帝国データバンクが07年~17年の倒産(法的整理のみ)を、初めて分析。18年2月13日に発表した。大手事業者との競争が激化し、中小事業者の倒産が多発しているという。 脱毛エステの大型破産が影響 帝国データバンクによると、2017 年の理美容業の倒産は151件で、11年の149件を上回り過去最多となった。08年以降は100 件を超えて推移しているうえ、16年から2年連続で前年を上回っている。 負債総額は138億100万円(前年比252.5%増)となり、ピークだった2009年(123億7100万円)を上回り、過去10年で最大となった。 このうち、「美容業」は135億6700万円で全体の98.3%を占めた。一方、「理容業」は最も大きかった2008年(8億300万円)以降の9年間のうち、6年で前年比で減少。負債規模の小さな倒産が大半となっている。 ただ、負債総額の大半は、首都圏を中心に脱毛サロン「エターナルラビリンス」や、まつげエクステサロン「MAQUIA」を展開していたグロワール・ブリエ東京(東京都港区)の経営破たん(負債は約97 億7200 万円)によるもの。 同社は20~30 代前半の女性をターゲットに、駅近くの好立地を生かした店舗展開で急成長...more
カテゴリー:

コインチェック、日本円での出金を再開 金融庁に報告書提出 - 02月13日(火)23:40 

約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出したことで金融庁から業務改善を求められていた、仮想通貨取引所「コインチェック」が2018年2月13日、日本円での出金を再開した。 また同日、金融庁に報告書を提出したことも発表した。 他の機能も安全が確認され次第再開 コインチェックは、1月26日に顧客の所有していた仮想通貨「NEM」が不正送金されたことを受け、翌27日には日本円での出金を含む一部の機能を一時停止していた。 当初は技術的な安全性の確認・検証を進めており、日本円での出金の再開時期については未定としていたが、13日に再開した。 コインチェックの発表によると、今後も安全性が確認され次第、他の機能も再開していくという。 また13日、金融庁から受けていた業務改善命令に係る報告書を提出したことも報告した。 報告書は、金融庁から指摘されていた「本事案の事実関係及び原因の究明」、「顧客への適切な対応」、「システム管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化」、「実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定」の4点についてで、今後も引き続き改善策を実施し、保証金の支払や預かっている仮想通貨の送金再開ができるよう、システムの安全性の確認を進めるとしている。 【関連記事】株価急落、リーマンショック以降で最大 ...more
カテゴリー:

業務改善命令に係る報告書提出のご報告 | コインチェック株式会社 - 02月13日(火)17:37 

業務改善命令に係る報告書提出のご報告 | コインチェック株式会社本日、コインチェック株式会社は、このほど発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連して金融庁より受けております業務改善命令に係る報告書を提出いたしましたことをご報告いたします。 報告内容は、業務改善命令において指摘されておりました、(1)本事案の事実関係及び原因の究明 、(2)顧客への適切な対応、(3)システム管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化、(4)実効性ある...
カテゴリー:

確定申告はじまる「佐川長官出てこい!」個人事業主ら憤懣やるかたなく - 02月16日(金)20:00 

2018年2月16日、全国の税務署で確定申告がはじまった。 毎年「面倒くさい」などと、税務署にシブシブ出向く個人事業主らが少なくないなか、今年は税務署にとって、さらに「逆風」が吹いている。 麻生財務相、「苦情起きるかも」と予測 「逆風」の原因は、税務の執行を司る国税庁の佐川宣寿長官への批判だ。 森友学園への国有地売却問題で、佐川長官(当時、財務省理財局長)が2017年2月24日の衆院予算委員会で、近畿財務局と森友学園の交渉記録について、「平成28(2016)年6月の売買契約をもって事案は終了したので、記録が残っていない」と断言。また、17年3月13日の参院予算委員会では、森友学園への国有地払下げの経緯における政治家の働きかけについて、「不当な働きかけが一切ないことから記録が保存されていない」などと答弁していた。 2018年2月13日の衆院予算委員会では、立憲民主党の長妻昭氏がその件にふれ、「保管すべき書類を『すべて廃棄した』と言い張った佐川氏に、一般の納税者が怒っている」と指摘。「税の信頼が保てるのか」と迫ると、麻生太郎財務相が「当然、そういうことも起きるということは十分あり得ると思っておかなければならないと思う」と述べるなど、確定申告のために税務署を訪れる個人事業主らの苛立ちを予想していた。 そして申告開始の2月16日、ツイッターやインターネットの掲示板などにも、個人事業主らの憤...more
カテゴリー:

電通、労働環境改善に130億円投入 ネットユーザーは「体質改善」急務と指摘 - 02月16日(金)11:50 

広告大手の電通は、2017年7月から進めている「労働環境改革 基本計画」について、取り組み状況などを2018年2月13日に発表した。 18年末までの完了を目指す「改革に必要な環境・基盤整備」は、「労務管理の徹底と見守りの強化」「業務棚卸によるワークダイエット」「ワークスタイルのスマート化」の3つが柱。それらを推進するため、18年は130億円を投入する。 「労務問題が二度と再発することがないよう」 2017年の労働環境改革にかかったコストは総額70億円で、300人の増員に13億円、社内業務のIT化を始めとする効率化やアウトソーシングや労務管理の徹底に40億円、オフィス環境の改善に17億円が投じられた。 その結果、17年には三六協定に基づく残業時間の超過者は3月に1人のみで、以降はゼロを保ち、管理職を含む社員1人当たりの総労働時間は16年の2166時間から2031時間まで減少、有給取得率も64.0%まで上昇した。 改革2年目となる18年は、その倍近い130億円が用意され、特に効果のあったIT化などの業務改善には80億円、オフィス環境の改善と増員にそれぞれ25億円ずつが投じられる。 電通は発表文で、「労務問題が二度と再発することがないよう、全社をあげて労働環境改革を推進してまいります」と綴っている。 巨額を投じての改革ではあるが、ツイッターでは、 「課長クラスの意識を変えない限り、増員し...more
カテゴリー:

マック、決算絶好調で完全復活!? お客からも評価の声 - 02月14日(水)20:05 

日本マクドナルドホールディングス(HD)の2017年12月期連結決算は、売上高が前期比11.8%増の2536億円、本業のもうけを示す営業利益は2.7倍増の189億円、純利益は4.5倍増の240億円と、絶好調だった。2018年2月13日の発表。6年ぶりに最高益を更新した。 鶏肉偽装問題などで失墜した信頼を回復し、復活の兆しが鮮明となった。 「普通の会社(経営陣)ならまず無理」 マクドナルドのトンネルは長かった。2014年の期限切れ鶏肉使用や、15年の商品への異物混入が相次いで発覚して以降、客離れが深刻化。15年12月期まで2年連続で最終赤字と、業績が低迷していた。 そこで15年からは、「ビジネスリカバリープラン」と銘打った挽回策を打ち出し、大規模な店舗改装や新メニューの積極投入。スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」との協業など、数々の施策が功を奏して、2016年12月期連結決算では純利益が53億円と3期ぶりに黒字に転換していた。 今回の決算を受けて、ヤフーニュースのコメント欄では、 「今のマクドナルドには客のニーズに少しでも寄り添っていこうという姿勢が見える。ほんの数年前にはなかったのに」 「なんだかんだ言ってもマックはすごいよな。あの状況からしっかりV字回復させるのだから。普通の会社(経営陣)ならまず無理」 と、サラ・カサノバ社長の手腕を評価する声が多かった。 また、 「波に乗...more
カテゴリー:

コインチェック、業務改善へ 金融庁に報告書提出 - 02月13日(火)18:50 

コインチェックが金融庁に業務改善のための報告書を提出。仮想通貨「NEM」が流出したトラブルを受け、再発防止策などをまとめたという。
カテゴリー:

「報告書提出」の画像

もっと見る

「報告書提出」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる