「堀田真由」とは?

関連ニュース

「わろてんか」鈴木保奈美が明かす、しずの裏設定とは? - 10月20日(金)15:15 

ヒロイン・てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が、“ロミオとジュリエット”さながらの恋模様を繰り広げている連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】高橋一生演じる伊能の訪問シーンは、笑い過ぎて撮影困難に!/(C)NHK こっそり会う2人に、“ギョロ目の鬼さん”こと、てんの父・儀兵衛(遠藤憲一)が怒り狂うなか、母・しず(鈴木保奈美)は儀兵衛とてんの仲を何とか取り持とうと尽力している。おっとりとした天然キャラの奥様ながら、聡明さを兼ね備えた、しずを演じる鈴木保奈美のインタビューを紹介する。 ──“朝ドラ”への出演は今回が2作目ですが、出演が決まった時のお気持ちは? ずっと現代劇ではないものに出演してみたかったですし、京ことばを話す役を演じてみたかったので、とてもうれしかったです! 以前、連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」(1988年)に出演した時はまだこの仕事を始めたばかりで、プロデューサーとディレクターの違いすら分かっていませんでした。とにかく夢中だったせいか実はあまりよく覚えていないので、今回は撮影が始まるのがとても楽しみでした。 ──しずはどんな女性だと思いますか? とにかく朗らかで前向きな人です。京都のいいとこのお嬢様で、きっと、そんなに苦労せず育っているんじゃないでしょうか。 お店のこともお家のことも、母親のハツ(竹下景...more
カテゴリー:

[堀田真由]朝ドラ「わろてんか」妹役で奮闘中の美少女 ヒロイン葵わかなとは私生活でも仲良し - 10月20日(金)13:30 

 女優の葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「わろてんか」(NHK総合)に、葵さん演じるヒロイン・藤岡てんの妹・りん役で出演している堀田真由さん。朝ドラ初出演で「一つの夢がかなった」と言い、葵さんとは同い年でプライベートで一緒に食……
カテゴリー:

堀田真由主演「36.8℃」ポスタービジュアル公開、11月18日より加古川で公開 - 10月19日(木)07:00 

NHK連続テレビ小説「わろてんか」にヒロインの妹役で出演中の堀田真由が主演する映画「36.8℃ サンジュウロクドハチブ」のポスタービジュアルと場面写真が公開された。作品は、全国の自治体と組んで制...
カテゴリー:

「わろてんか」14話。竹下景子が高橋一生に悶える場面は、あの伝説のホームドラマオマージュか - 10月18日(水)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「一生笑わしたる」第14回 10月17日(火)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博14話はこんな話無許可で見世物をやって露天商に咎めらたキース(大野拓朗)の逃亡劇に巻き込まれた藤吉(松坂桃李)は、てん(葵わかな)をかばって怪我をしてしまう。 許されぬ恋やリリコ(広瀬アリス)に、藤吉(松坂桃李)が手紙で書いてきたことが嘘だったと教えられたてん。藤吉は売れっ子の芸人ではなく、大阪の米問屋の長男で、ただの放蕩息子であった。その話を聞いたりん(堀田真由)とトキ(徳永えり)は「跡取りの長男長女 ますますたいへん」「許されぬ恋や」と盛り上がる。藤吉のことを引きずるてんは、学校の帰り、お参りに神社に立ち寄ると、また藤吉に出会ってしまう。露天商とのトラブルに巻き込まれて負傷した藤吉を、家の蔵に匿い看病するてん。それを風太(濱田岳)に見られて、また、ひと波乱ありそう。 いい味出してるキース、発展途上の藤吉8年前の出会いといい、いつもキースがトラブルメーカー(及び、てんと藤吉を結びつけるきっかけ)だが、大野拓朗のあっけらかんとした雰囲気が憎めない。大野拓朗は、デビュー時、高学歴イケメン俳優という触れ込みだったが、「とと姉ちゃん」(16年)でコメディリリーフとしての才能を花開かせ、今回も...more
カテゴリー:

「わろてんか」12話。ナレ死、救世主、偶然の再会、予定調和も極まると前衛に見えてくる - 10月16日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第2週「父の笑い」第12回 10月14日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博12話はこんな話ある日、伊能栞(高橋一生)が藤岡家を訪問。用件は、てん(葵わかな)が送った、亡くなった長男・新一(千葉雄大)が残した論文を読み、投資をしたいというものだった。新一、ナレ死ナレ死は、朝ドラや大河ドラマにつきものではあるが、今回のナレ死は、おひとが悪い。まず、てんと妹りん(堀田真由)が、新一に向かってお茶碗を差し出しているカットからはじまり、切り替わると、仏壇。新一はすでに亡くなっていることがわかるという流れになっていた。ドラマにおける登場人物の死は、当然ながら創作であり、そこには、視聴者を泣かせたい、感動させたい、登場人物の転機にしたいなど、なんらかの作意がある。今回の冒頭のこれは、新一の死にもうひとつフックをかけたかったのだと思うが、相手は“死”である。しっかり見せるか、さらっとするか、どちらかでよかったのではないか。百歩譲って、主人公たちが、亡くなってもなお、新一と共に生きているところを表している、と考えたい。百歩譲らなかったら、人気ワード「ナレ死」によって、ネットニュースの見出しや、ツイッタートレンドを狙ったのだろうかと想像してしまう。なにはともあれ。千葉雄大、わずか2週...more
カテゴリー:

[堀田真由]朝ドラ「わろてんか」妹役で奮闘中の美少女 ヒロイン葵わかなとは私生活でも仲良し - 10月20日(金)13:30 

 女優の葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「わろてんか」(NHK総合)に、葵さん演じるヒロイン・藤岡てんの妹・りん役で出演している堀田真由さん。朝ドラ初出演で「一つの夢がかなった」と言い、葵さんとは同い年でプライベートで一緒に食……
カテゴリー:

「わろてんか」りん役・堀田真由のやってやったぞなシーンにご注目! - 10月20日(金)07:45 

葵わかながヒロインを務める連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)は、10月16日より第3週が放送されている。 【写真を見る】堀田真由が“やってやったぞ”と思う見せ場とは? 本作は京都の老舗薬種問屋に生まれたてん(葵)が、ひょんなことから寄席経営を始め、日本中に「笑い」を届けるために奮闘する物語。 10月14日放送の第12回で、ようやく藤吉(松坂桃李)と再会を果たしたてん。しかし、第3週では、藤吉が大阪・船場の米問屋の長男坊であることが判明し、てんと藤吉は“ロミオとジュリエット”さながらの恋模様を繰り広げている。 そんな時、てんの妹・りんがある大胆な行動に出て、周囲を驚かせる。姉のことが大好きで、“優等生タイプ”のりんを好演する堀田真由にインタビューし、撮影中のエピソードや今後の見どころを聞いた。 ■ 実は大阪局制作“朝ドラ”のファン? ──出演が決まった時の心境を教えてください。 とにかく、びっくりしました! ヒロインを葵わかなさんが演じるということは知っていたので、その妹役と聞いてうれしかったです。 ──ご家族にはすぐに連絡されたのですか? 今は一人暮らしをしているのですが、決まったという連絡があった日は、たまたま母が家に来ていたんです。うれしくてニタニタが止まらない表情のまま家に帰ったら、母に「何かいいことあったでしょ? もしかして...more
カテゴリー:

堀田真由主演「36.8℃」ポスタービジュアル公開、11月18日より加古川で公開 - 10月19日(木)07:00 

 NHK連続テレビ小説「わろてんか」にヒロインの妹役で出演中の堀田真由が主演する映画「36.8℃ サンジュウロクドハチブ」のポスタービジュアルと場面写真が公開された。  作品は、全国の自治体と組んで制作するオリジナル映画「ぼくらのレシピ図鑑シリーズ」の第1弾。「地域」の「食」をキーワードにした「高校生」たちの青春オリジナル映画を手がけていくプロジェクト。地元の食材やオリジナル料理が劇中にふんだんに登場するのが特徴で、地域を徹底的に取材したオリジナル脚本でシリーズの拡大・展開を目指す。  プロジェクトの具体的な内容は、地元市民を対象にした「映画セミナー」「俳優・脚本ワークショップ」にはじまり、「出演者オーディション」「映画撮影」とつながっていく。映画が完成した後も、市民と一緒になって映画や街をピーアールするための「宣伝ワークショップ」を行って、地元にある映画館で完成披露試写会を開催し、全国へ展開していく。  シリーズ第1弾の「36.8℃」は兵庫県加古川市が舞台。監督・脚本は「幸福(しあわせ)のスイッチ」(06)で娘と父親の関係を繊細に描いた、関西出身の安田真奈が手掛ける。共演には岸本華和、西野凪沙、安藤瑠一、平井亜門らフレッシュな顔ぶれが並び、渡辺真起子、寺脇康文ら実力派の俳優が脇を固める。  今回「俳優ワークショップ」「出演者オーディション」には、高校生を中心に子供から大人...more
カテゴリー:

「わろてんか」13話。視るほうも笑って受けとめよう、てんちゃんのように - 10月17日(火)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「一生笑わしたる」第13回 10月16日(月)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博13話はこんな話8年前の出会いと同じ“くすり祭り”で、てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は再会を果たす。どうやら、お互い意識してしまったようで・・・。 切ない男たち3週目に入った「わろてんか」。ベタもあれば、わざと外してくるところもあり、ときにブラックにも思える笑いもあって、笑える、笑えないと賛否両論。まるで視聴者の包容力を試されているようだ。てんが、藤吉のたわいない言動を笑って、彼を喜ばせ勇気づけるように、我々も、毎日朝ドラを懸命につくっているスタッフや俳優に、感謝の笑顔を届けたい。てんと再会した藤吉は、手紙と同じく、嘘をつき続ける。八卦とハクションをかけた「八卦ション」というたわいないダジャレに顔をほころばせるてんを見たら、8年もの間、ぱっとしない芸人人生を送っている藤吉は嬉しくなって、それはもう好きになるだろう。相手が可愛く成長しているのだからなおさらだ。見栄を張るしかない男が希望に出会う物語だと思って「わろてんか」を観ると、いろんなことを笑って済ますことができるような気がしないでもない。人間だけがもつ力、“笑い”とは赦すことなのだ、きっと。そして、もうひとり、寂しい男がいる。て...more
カテゴリー:

「堀田真由」の画像

もっと見る

「堀田真由」の動画

Wikipedia

堀田 真由(ほった まゆ、1998年4月2日 - )は滋賀県出身の日本の女優。アミューズ所属。

来歴

成島出監督による2部作映画ソロモンの偽証の主人公・藤野涼子役を選出するために行われた大規模なオーディションに応募し、書類選考・2次審査を経て滋賀から単身で上京。東映東京撮影所での合宿に参加し、最終選考の5人にまで残ったが落選。その時に芸能事務所のスカウトもあったが、2014年にアミューズで5年ぶりに行われた新人発掘イベント「オーディションフェス2014」に自ら応募し、3万2214人の中からWOWOWドラマ賞を受賞した。

2015年、事務所の先輩の仲里依紗が主演するWOWOWドラマWテミスの求刑で、仲が演じる平川星利菜の妹の穂乃果役でデビューする。同年4月から東京の学校に転入した。

人物
  • 特技はバレエで6歳から10年間バレエ教室に通っており、「オーディションフェス2014」の決勝でも披露した。
出演 テレビドラマ
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる