「堀尾正明」とは?

関連ニュース

【芸能】坂口良子さん、冷蔵庫に杏里容疑者の「10年前の手作りケーキ」 - 04月20日(木)10:11 

 20日に放送されたTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で、18日に知人の30代のホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕されたタレントの坂口杏里容疑者(26)について報道。レギュラー出演しているフリーアナウンサーの堀尾正明(61)が、杏里容疑者と母で2013年に亡くなった女優・坂口良子さん(享年57)との親子関係についてのエピソードを語った。  以前、取材で都内の良子さんの自宅マンションを訪れたことがあるという堀尾アナ。そのとき、良子さんが冷蔵庫からタッパーに入った...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

中村正人、ドリカム苦手なマツコに直談判「本当の姿を知って」 - 04月14日(金)13:01 

DREAMS COME TRUEの中村正人が、4月18(火)日19時56分から2時間にわたり放送される『マツコの知らない世界SP』(TBS系列)に出演。「世の中に蔓延する“ドリカムアレルギー”を何とかしたい!」とマツコ・デラックスに直談判する。今回スタジオに登場した中村は、マツコが他の番組で「ドリカムが苦手なところがある」と公言しているのを見たと告白。そこで、マツコ含む「ドリカムアレルギー」を持つ人々に“本当のドリカム”を知ってもらいたいと直訴する。話を進めていくと、「バンド名はDREAMS COME TRUE(夢は叶う)だが、やっている本人たちは必ずしも幸せではない!」という発言から、ボーカル・吉田美和の知られざる一面、そしてバンドの今後についてなど、これまで明かされたことのない話が続出。「吉田美和ビジネス」に人生をかけたと言う中村の仰天エピソードに、さすがのマツコも「もうこの辺でやめときましょう」と困惑の表情に。果たして、中村が懸念している「ドリカムアレルギー」は払拭されるのか? そして、中村がマツコに知ってもらいたい本当のドリカムの姿とは。さらにこの日は、「袋パンの世界」と「築地ホッピング」を特集。毎月250種類のパンを17年間食べているOL・ひのようこさんが、スーパーやコンビニにある明日すぐに買いに行ける袋パンを幅広く紹介するほか、築地市場の店600軒以上を食べ歩き、築地に...more
in English
カテゴリー:

堀尾正明「還暦まで生きていて良かった」約40年ぶり民放連ドラ出演 - 04月14日(金)11:47 

フリーキャスターの堀尾正明が、長谷川博己主演の新ドラマ『小さな巨人』(TBS系列、毎週日曜21:00~ 4月16日スタート ※初回は25分拡大)にて、約40年ぶりとなる民放連続ドラマ出演を果たすことがわかった。本作は、警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いを克明に描く警察エンターテインメントドラマ。実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をしていた捜査一課の刑事・香坂真一郎(長谷川)は捜査一課長を目指し邁進してきたが、あるミスを犯したせいで所轄へと左遷させられてしまう。しかし、不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちの姿を目にしたことで、自身の“正義”を信じて“悪”と対峙していくことになる。長谷川のほか、岡田将生、芳根京子、安田顕、春風亭昇太、香川照之が出演し、作品を盛り上げる。このたび出演が決定した堀尾は、学生時代に劇団俳優座の映画放送部に所属しており、1079年に『大空港』(フジテレビ系列)でテレビドラマ出演をしている。約40年ぶりとなる今回は、桂文枝(六代)演じる中田和正が経営するゴーンバンク社の顧問弁護士・五十嵐仁。第2話より出演する堀尾は「NHKアナウンサー時代には時々ドラマに出演させて頂きましたが、民放の看板ドラマに声を掛けて頂いて大変光栄です。脚本がとても面白く、かつ魅力的な俳優の皆さんに交じって参加でき、本当に還暦まで生きていて良かった!」と喜びを語...more
in English
カテゴリー:

堀尾正明、38年ぶり民放ドラマ出演「還暦まで生きていて良かった!」 - 04月14日(金)06:00 

 フリーキャスターの堀尾正明(61)が16日からスタートするTBS系連続ドラマ『小さな巨人』(毎週日曜 後9:00※初回25分拡大)で約38年ぶりにドラマ出演を果たすことがわかった。学生時代に劇団俳優座の映画放送部に所属しており、1979年の『大空港』(フジ)以来の民放連ドラ出演となる堀尾が登場するのは23日放送の第2話から。桂文枝演じる中田和正が経営するゴーンバンク社の顧問弁護士・五十嵐仁役に起用された。 【劇中カット】長谷川博己の妻役に市川実日子 『シン・ゴジラ』コンビ再共演  同ドラマは警視庁捜査一課長を目指す元エリートの所轄刑事・香坂真一郎(長谷川博己)が挫折を味わいながらも警察という巨大組織のなかで奮闘するエンターテインメント作品。これまでの謎解きを重視した警察ドラマとは一線を画し、リアルな警察内部の人間模様に焦点を当てた意欲作となっている。  同局朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』(月~金 前8:00)ではコメンテーターとして出演している堀尾だが、今回は役者業に久々チャレンジ。「NHKアナウンサー時代には、ときどきドラマに出演させて頂きましたが、民放の看板ドラマに声をかけていただいて、大変光栄です。脚本がとても面白く、かつ、魅力的な俳優の皆さんに交じって参加でき、本当に還暦まで生きていて良かった!」と喜びのコメントを寄せている。 【関連記事】 長谷川博己、T...more
in English
カテゴリー:

【芸能】明石家さんまが引退を撤回したのは爆笑・太田の言葉…「みじめなところを見せようと」 - 03月24日(金)00:26 

23日放送の「Nスタ」(TBS系)に、明石家さんまがVTR出演。同級生で同番組キャスターの堀尾正明と対談した。 報道番組への出演はほとんど初めてだというさんま。今までにそうした番組へのオファーはないようで「日本で一番信用されてない男ですよ!?」と謙遜する。 そんなさんまについて、堀尾は「60歳で引退する」と宣言していたことを話題にした。さんまは55歳のとき、60歳になったときにスパッと辞めて、後進に道を譲ろうと思っていたという。それに待ったをかけたのが爆笑問題の太田光だという。 太田から「それをやったらかっ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【週刊BSマップ】真実の宮本武蔵像とは  徹底検証していく番組「諸説あり!」 - 04月15日(土)10:00 

最近、歴史にまつわる番組が増えてうれしいやら見るのが大変やらなんですが、4月からBS-TBSで始まったのが、堀尾正明と吉川美代子が司会の「諸説あり!」(土曜午後…
in English
カテゴリー:

中村正人、ドリカム苦手なマツコに直談判「本当の姿を知って」 - 04月14日(金)13:00 

DREAMS COME TRUEの中村正人が、4月18(火)日19時56分から2時間にわたり放送される『マツコの知らない世界SP』(TBS系列)に出演。「世の中に蔓延する“ドリカムアレルギー”を何とかしたい!」とマツコ・デラックスに直談判する。今回スタジオに登場した中村は、マツコが他の番組で「ドリカムが苦手なところがある」と公言しているのを見たと告白。そこで、マツコ含む「ドリカムアレルギー」を持つ人々に“本当のドリカム”を知ってもらいたいと直訴する。話を進めていくと、「バンド名はDREAMS COME TRUE(夢は叶う)だが、やっている本人たちは必ずしも幸せではない!」という発言から、ボーカル・吉田美和の知られざる一面、そしてバンドの今後についてなど、これまで明かされたことのない話が続出。「吉田美和ビジネス」に人生をかけたと言う中村の仰天エピソードに、さすがのマツコも「もうこの辺でやめときましょう」と困惑の表情に。果たして、中村が懸念している「ドリカムアレルギー」は払拭されるのか? そして、中村がマツコに知ってもらいたい本当のドリカムの姿とは。さらにこの日は、「袋パンの世界」と「築地ホッピング」を特集。毎月250種類のパンを17年間食べているOL・ひのようこさんが、スーパーやコンビニにある明日すぐに買いに行ける袋パンを幅広く紹介するほか、築地市場の店600軒以上を食べ歩き、築地に...more
in English
カテゴリー:

堀尾正明「還暦まで生きていて良かった」約40年ぶり民放連ドラ出演 - 04月14日(金)11:45 

フリーキャスターの堀尾正明が、長谷川博己主演の新ドラマ『小さな巨人』(TBS系列、毎週日曜21:00~ 4月16日スタート ※初回は25分拡大)にて、約40年ぶりとなる民放連続ドラマ出演を果たすことがわかった。本作は、警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いを克明に描く警察エンターテインメントドラマ。実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をしていた捜査一課の刑事・香坂真一郎(長谷川)は捜査一課長を目指し邁進してきたが、あるミスを犯したせいで所轄へと左遷させられてしまう。しかし、不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちの姿を目にしたことで、自身の“正義”を信じて“悪”と対峙していくことになる。長谷川のほか、岡田将生、芳根京子、安田顕、春風亭昇太、香川照之が出演し、作品を盛り上げる。このたび出演が決定した堀尾は、学生時代に劇団俳優座の映画放送部に所属しており、1079年に『大空港』(フジテレビ系列)でテレビドラマ出演をしている。約40年ぶりとなる今回は、桂文枝(六代)演じる中田和正が経営するゴーンバンク社の顧問弁護士・五十嵐仁。第2話より出演する堀尾は「NHKアナウンサー時代には時々ドラマに出演させて頂きましたが、民放の看板ドラマに声を掛けて頂いて大変光栄です。脚本がとても面白く、かつ魅力的な俳優の皆さんに交じって参加でき、本当に還暦まで生きていて良かった!」と喜びを語...more
in English
カテゴリー:

【芸能】小林麻耶「波瀾爆笑」“復帰” 結婚には消極的「ちょっともういいかな」 - 04月09日(日)12:38 

フリーアナウンサーの小林麻耶(37)が9日に放送された日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)にゲスト出演した。 昨年9月までMCを務めていた麻耶はこの日放送の番組の後半、スタジオゲストとして登場すると「おかえりなさい」と声がかかり、満面の笑み。 体調面の変化を聞かれ、「仕事してなかったから…太りました!!!」とMCの堀尾正明(61)とツッコミに苦笑いを浮かべた。 番組では、ブログの写真とともに近況報告。昨年5月に生放送中に体調不良で倒れたが、「倒れちゃう!という感じで全部が回ってい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「堀尾正明」の画像

もっと見る

「堀尾正明」の動画

Wikipedia

堀尾 正明(ほりお まさあき、1955年4月24日 - )は、日本フリーアナウンサー、司会者、ニュースキャスターラジオパーソナリティ日本体育大学客員教授(2014年まで)、エフエム戸塚取締役。元NHKエグゼクティブアナウンサー(局次長級)。身長170cm。

経歴

1955年4月24日生まれ。父親は室蘭工業大学卒業の山師で、マンガンなどの鉱脈を探して全国を転々「週刊文春」2010年3月11日号p124、「阿川佐和子のこの人に会いたい」。正明は岡山で生まれ、山形、愛知、神奈川と移り、中学から...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる