「埼玉西武ライオンズ」とは?

関連ニュース

西武・源田 守備改善中! - 01月16日(火)01:29 

西武・源田 守備改善中!:プロ野球パ・リーグの新人王、埼玉西武ライオンズ・源田壮亮選手(24)は15日、不規則にバウンドする特殊なボールを使ったトレーニングを行った。...
カテゴリー:

【西武】ラッピング電車「L-train」に“三代目”が登場!26日に出発式も開催 - 01月12日(金)18:33 

 埼玉西武ライオンズと西武鉄道は12日、1月15日(月)から三代目の「L-train」が運行開始となることを発表した。  池袋線で運行している9000系L-train(2018年度末に運行終了予…
カテゴリー:

パドレス・牧田和久投手とよしもとがマネジメント契約 - 01月07日(日)11:57 

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーは7日、2017シーズンまで埼玉西武ライオンズに所属し、2018シーズンから米大リーグ、サンディエゴ・パドレスでプレーする牧田和久投手(33)とのマネジメント契約を締結したことを発表した。  同社は、牧田投手の今回の米国移籍に際し、エージェント業務を含めたサポートを行っており、今後もマネジメント業務だけでなくエージェント業務も含めて、牧田投手の米国における活動を全面的にサポートする。  牧田投手は「この度、アメリカでのサポートをして頂けることになり感謝しています。メジャーの舞台で活躍できるよう、野球に専念させて頂き、精一杯頑張りたいと思います」とコメントを寄せている。 ■牧田和久(まきた・かずひさ) 生年月日:1984年11月10日 出身地:静岡県 投打:右投げ/右打ち 経歴・獲得タイトル 経歴:静清工高-平成国際大-日本通運-埼玉西武(2011年ドラフト2位指名) 日本代表歴:WBC(2013・2017)、日米野球(2014)、プレミア12(2015) 獲得タイトル:最優秀新人(2011)、スピードアップ賞(2015~17) 月間MVP(2013年3月&4月) 【関連記事】 キングカズ×大谷翔平の初対談が実現「とても刺激になりました」 (16年12月22日) 大谷翔平、日本プロスポーツ大賞に感激「本当にうれしいです」 (16年1...more
カテゴリー:

180億円規模のドーム大改修! 西武ライオンズが描くビジョン - 01月13日(土)08:45 

 株式会社埼玉西武ライオンズがメットライフドーム周辺の改修計画を発表した。約180億円という規模からは、球団のみならず、西武グループ全体の意気込みが感じられる。この改修を通して、球団がどのようなビジョンを描いているのか直 […]
カテゴリー:

【新春SP】福岡ソフトバンクホークス・工藤公康監督が語る、日本一への軌跡~前編~ - 01月12日(金)07:30 

大逆転で優勝をさらわれた2016年の悔しさを胸に臨んだホークスの2017年シーズンを、工藤公康監督が振り返る!新春スペシャルインタビュー、さっそくスタートだ! 【写真を見る】優勝決定時には思わず涙した工藤監督 ―まずは2017年の日本シリーズを振り返ってもらいたいのですが、横浜DeNAベイスターズ相手に3連勝。このまま決まると思っていましたか? 工藤公康監督:「このまま決まる」ではなく、「このまま決めなきゃいけない」という心境でしたね。選手時代に何度も日本シリーズを経験させてもらいましたが、西武(=埼玉西武ライオンズ)にいたころ、1分3連敗の崖っぷちから4連勝で優勝したことがあります(86年vs広島東洋カープ)。ちょっとしたことで一気に流れが変わるのが短期決戦の怖さだということは身に染みていたので、4戦目で決めるんだという気持ちで臨みました。 ―しかし、そこから2連敗。4戦目にはあわやノーヒットノーランという完封負けも喫しました。あの時の心境は? 工藤監督:正直に話すと、「これはマズいことになった」と思ってましたね。6戦目で決めなきゃいけない、絶対に7戦目に持ち込ませてはいけないという緊張感は、これまでに味わったことのないものでした。 ―戦ってみて、横浜DeNAベイスターズというチームの印象は? 工藤監督:試合を重ねるごとに良さが出てくるのを感じていました。投げるのも、打つのも、思...more
カテゴリー:

楽天・菅原秀投手、星野仙一さんの訃報に驚き 「星野さんの気持ちも背負って結果を残したい」 - 01月06日(土)16:09 

 KONAMIの人気ゲームソフト「実況パワフルプロ野球」シリーズのイベント「パワプロチャンピオンシップス2017 全国決勝大会」が6日、千葉県千葉市の幕張メッセで開催され、ゲストとして福岡ソフトバンクホークスの田中正義投手、埼玉西武ライオンズの森友哉選手、東北楽天ゴールデンイーグルスの菅原秀投手、オリックスバファローズの山崎福也投手、北海道日本ハムファイターズの上沢直之投手、千葉ロッテマリーンズの有吉優樹投手が登場した。 イベントの合間に行われた囲み取材では、各選手が今月4日にすい臓がんのため70歳で死去した楽天の元監督で同球団副会長の星野仙一さんについて語った。 菅原投手は、驚きを隠せないようで「一番最近会ったのが昨年11月の(岡山県)倉敷のキャンプ。そのときにごあいさつに行ったら『今年はよく頑張ってくれた。来年もまた頑張ってくれ』と声を掛けていただいた」と沈痛な面持ちで語った。 続けて菅原投手は「そういう面では、星野さんの気持ちも背負って結果を残し、天国におられる星野さんに届けばなと思います」と奮闘を誓った。 一方、星野さんと同じ明治大学出身の山崎投手は「本当に尊敬する偉大な先輩。本当に、悲しいの一言しかありません。何度かお会いしてお話をしたことがある。『頑張れよ』と、いっていただきました」と思い出を語った。
カテゴリー:

「埼玉西武ライオンズ」の画像

もっと見る

「埼玉西武ライオンズ」の動画

Wikipedia

埼玉西武ライオンズ(さいたませいぶライオンズ、)は、日本のプロ野球球団である。パシフィック・リーグに所属している。

埼玉県をフランチャイズとし、同県所沢市にあるメットライフドームを本拠地、同さいたま市大宮区にある埼玉県営大宮公園野球場を準本拠地としている。また、二軍かつては「インボイス」、「グッドウィル」と言う二軍独自の球団名が使われたことがあった。(イースタン・リーグ所属)の本拠地はドームと同じ敷地内にある西武第二球場である。

球団の歴史 福岡時代 西鉄時代

西日本鉄道(西鉄)は、1943年にそれまでの大洋軍戦後の大洋ホエールズとは無関係。を譲り受け、西鉄軍として経営していたが、同年限りで解散し...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる