「城下尊之」とは?

関連ニュース

八代亜紀も海外で高評価…趣味で広がる50歳からの人生 - 04月21日(土)16:00 

かつては「時間つぶし」や「手なぐさみ」的なイメージの強かった主婦の“趣味”が変わり始めているという。 実際、子育てが一段落した50代以降の主婦が、手芸や読書といった趣味にのめり込むケースはこれまでも少なくなかったが、その多くは「作って終わり」「読んで終わり」になりがちな“自己完結型”だった。 しかし、そんなOVER50の主婦の趣味にも、時代の波による変化が起きているという。 「昔と比べると、趣味は世代間交流のツールとして機能しています。習い事やお稽古の種類も多様化していますし、『コミュニケーション』を重視している方が多いですね」 そう語るのは、趣味と資格のスクール情報を30年近く発信しつづけている『ケイコとマナブ』の正田彩佳さん。 女性の平均寿命が87歳を超えたいま、50歳はまだまだ人生の折返し点をちょっと過ぎたあたりだ。 インターネットが普及したこともあり、趣味で世界が広がったという人だけでなく、中には、新たな仕事を生み出した人も! 「自分で時間とお金をつぎ込んで幸せを感じるものが“趣味”だとするなら、自分の技術をお金がもらえるレベルにまで高めたものが“特技”だといえます。趣味は時間と経験が豊富なほど上達しますので、そうした“特技”につながりやすい...more
カテゴリー:

【芸能】<桜田淳子>本人やる気もファン不在!芸能界復帰に早くも暗雲..テレビ出演NGの壁 - 04月07日(土)12:21  mnewsplus

「今さら売れない」「難しい」――。  桜田淳子(59)の芸能活動について、芸能関係者に聞くと、芳しくない反応ばかりだった。桜田は先月のデビュー45周年記念公演で約1年ぶりにステージに立ったばかり。  約1300通もの応募から抽選で選ばれたファン約380人の反応も上々で、「これをもって実質的に芸能界復帰」と関係者は言い、仕事のオファーも舞い込んでいると明らかにしていた。当人もやる気で、今後についてファンの注目が集まっているが……。  まずレコード会社の音楽プロデューサーはこう言った。 「今回の公...
»続きを読む
カテゴリー:

【音楽】<宇多田ヒカル>12年ぶり全国ツアー  離婚情報の“戦略と背景” ファンの飢餓感あおる手法 - 04月14日(土)12:54  mnewsplus

コラム【芸能界仕事術】  先週末、宇多田ヒカル(35)の離婚が報じられた。宇多田といえば、言わずと知れた、日本のトップシンガー・ソングライターだ。  2010年に“人間活動”を理由に無期限活動休止となった。自分で切符を買って電車に乗るといった普通の行動をしたいので……というわけだ。  14年にイタリア人バーテンダーと再婚し、長男を出産。16年になってNHK朝ドラ主題歌をリリースして活動を再開したとされている。その流れの後、離婚が明らかになるのだが、その理由も時期もまったく不明のままとなっている。...
»続きを読む
カテゴリー:

「城下尊之」の画像

もっと見る

「城下尊之」の動画

Wikipedia

城下 尊之(しろした たかゆき、1956年1月23日 - )は、芸能リポーター、元スポーツ新聞記者

来歴

福岡県北九州市出身。明治学園中学校、1975年久留米大学附設高等学校、1979年、立教大学法学部在学中から産経新聞にてアルバイトにて運動部で原稿書きをしていた。卒業後、産経新聞社に記者職で入社し、サンケイスポーツにて文化部記者として芸能系を取材講演依頼.com 城下尊之プロフィール。1982年、モーニングジャンボ奥さま8時半ですTBSテレビ)の芸能デスク担当として勤務男性リポーターの交代要員を探していた番組のディレクターより指名され、サンケイスポーツを退職。芸能リポーターへ転身。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる