「垂直離着陸機」とは?

関連ニュース

エイ・キューブド、自動操縦の垂直離着陸機の初飛行に成功 - 02月14日(水)20:42 

A³ by Airbus(エイ・キューブド)が開発を勧めている自動操縦の垂直離着陸機「Vahana(バハナ)」が、現地時間1月31日、アメリカ・オレゴン州のペンドルトンにあるペンドルトンUAS試験場で初飛行に成功した。 実物大の機体が完全自動操縦で高さ約5メートルまで上昇し、53秒間飛行した。翌2月1日にも飛行し、成功した。 プロジェクト・エグゼクティブのザック・ラバリング氏は、「本日、私たちは航空宇宙のイノベーションにおいて偉業を達成しました。ナプキンに描いたコンセプトスケッチから2年足らずで、バハナは実物大の自動操縦航空機へと進化し、初飛行を成功させました。私たちのチームはA³とエアバスのファミリー企業、MTSIやペンドルトンUAS試験場などのパートナーから受けたサポートに、心から感謝しています。」とコメントした。 エイ・キューブドは2015年5月に設立した、エアバスのプロジェクト組織でアメリカのシリコンバレーに拠点を置いている。スピード、透明性、献身という3つの特質を中心にプロジェクトに取り組み、製品化が可能なデモンストレーション機や説得力のあるサイズのデモンストレーション機の制作を行っている。
カテゴリー:

通報遅れ「説明ない」 オスプレイ機体一部落下で防衛相 - 02月13日(火)10:37 

 【東京】小野寺五典防衛相は13日の閣議後会見で、米軍普天間飛行場の垂直離着陸機MV22オスプレイの機体一部落下事故を巡り、米軍が当初日本側に報告していなかった問題について「現在まだ正確な形で日本側に説明がない」と不快感を示した。  米軍機の事故は日米合意で通報が義務付けられている。今回米軍は8日...
カテゴリー:

「垂直離着陸機」の画像

もっと見る

「垂直離着陸機」の動画

Wikipedia

垂直離着陸機VTOL機、Vertical Take-Off and Landing、ブイトール機、ヴィトール機)はヘリコプターのように垂直に離着陸できる飛行機である。

回転翼機であるヘリコプターは慣例的に垂直離着陸機(VTOL機)には含めない。

特徴と分類

ヘリコプターは空中でのホバリングが可能である。そのため、離着陸場所を比較的自由に選べるなどの利点がある。しかし、回転翼端が音速を超えると衝撃波が発生し揚力を失うため、速度の上限が370km/h前後に存在し固定翼機ほどの高速性はない。また前進効率は固定翼機に劣るため、移動距離あたりの燃費効率が劣る。一方で固定翼機は、離着陸の際に十分な距離を持つ滑走路(ただし必要距離は機体によって大きく異なる)が必要となり、運用に制限がある。そのため、距離の長い滑走路が存在しない場所への高速飛行という要求を満たすために、固定翼機の高速性とヘリコプターの場所を選ばない離着陸性を兼ね備えた、垂直離着陸機(VTOL機)が開発された。

垂直離着陸機(VTOL機)の離着陸時には、ヘリコプター同様に強力に下方へ空気を押し出す力の反作用で浮力を得るため、相応に強力な動力が必要である。そのため離着陸専用の動力を持つ機体も存在する。離陸後に水平飛行する時には、固定翼機同様に主翼によって生み出される揚力を利用し高度を保ち、動力は前進運動のために用いられるため、ヘリコプターよりも高速度が得られ、移動距離あたりの燃費効...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる