「坂本龍一」とは?

関連ニュース

Xマス映画の定番「ラブ・アクチュアリー」も初登場!シネマ・コンサートが高価なのに大人気の理由 - 10月22日(日)12:00 

 映画をフルオーケストラの演奏で上映する「シネマ・コンサート」という新たな映画鑑賞スタイルが人気を集めている。入場料金は9800円(S席)と高額ながら、松本清張原作のサスペンス人間ドラマ「砂の器」(1974)、今年のアカデミー賞で話題になった「ラ・ラ・ランド」(2016)は前売りの時点で完売。今後も、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(10月13~15日に大阪、名古屋、東京)、クリスマスの定番ラブストーリー「ラブ・アクチュアリー」(12月22日大阪、25日東京)が控えている。いま、なぜ、シネマ・コンサートなのか。その人気の秘密に迫る。(取材・文/平辻哲也)  ちょっと贅沢な時間である。シネコンではお目にかかれない巨大なスクリーン。正装の交響楽団員が登場し、指揮者がタクトを振るうと、生演奏。音楽を楽しもうか、映像を見ようか。最初はちょっとした戸惑いもあるかもしれない。  時間の流れ方も違う。シネマ・コンサートは、約15分のインターミッションを挟む2部構成。まるで、舞台か歌舞伎を見るような感覚なのだ。通常の映画上映のエンドクレジットでは立ち去る人も多いが、シネマ・コンサートは、ここがヤマ場。観客は映画の余韻、最後の演奏を堪能し、交響楽団へ惜しみない拍手を贈る。時にはスタンディングオベーションとなり、「ブラボー!」との声も。指揮者は舞台中央と袖を何度も往復することになる。  これ...more
カテゴリー:

「新鮮さを失わないように」中谷美紀の作品への向き合い方 - 10月11日(水)10:00 

週刊ザテレビジョン創刊35周年企画として、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るスペシャル連載。第5弾は、1993年の大ヒット作「ひとつ屋根の下」(フジ系)でドラマデビューして以来、数々の話題作で存在感を発揮してきた中谷美紀が登場。 【写真を見る】「ハルモニア―」では週刊ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞!/©浅井佳代子 ■ デビュー時は緊張で震えた 見る者を魅了する美麗なルックスは今も変わらないが、本人はデビュー当時の本誌グラビアを見て「まるまるしている」と苦笑。「ひとつ屋根の下」では、舞台女優の役だった。「セリフは2つか3つぐらいでしたけれど、それまでお芝居の経験はゼロだったので、現場では緊張のあまり震えていました」と振り返る。それから「長男の嫁2~実家天国」(1995年TBS系)、「Days」(1998年フジ系)などを経て、「ハルモニア・この愛の涯て」(1998年日本テレビ系)で堂本光一と共演し、連ドラ初主演。言葉を理解できない少女・由希を好演し、週刊ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞も獲得した。 「由希は、セリフが一つもない役。実験的な手術を受けたことによって脳に損傷を受けてしまい、チェロを教えに来た秀行(堂本)に対しても全くリアクションしないという設定でした。人間の感情を除外しなければいけないので、時々無性に声を出したくなりました。...more
カテゴリー:

【テレビ】矢野顕子、バックバンドを務めてくれたYMOは「最高のダンスバンド」 - 10月01日(日)05:01  mnewsplus

2017年9月30日15時9分 スポーツ報知 矢野顕子、バックバンドを務めてくれたYMOは「最高のダンスバンド」  歌手の矢野顕子(62)が30日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜・前7時半)に出演し、元夫で音楽家の坂本龍一(65)が所属する「YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)」は、「私のバックバンドだった」と語った。  矢野は高校生の時、ジャズ研(ジャズ研究会)に所属、当時はジャズを演奏している軽音楽部があるのは青学大だけで、「ここだ」と決め、猛勉強の末に進学したという。  YMOのメンバー...
»続きを読む
カテゴリー:

『SONGS』で話題曲の背景に迫る SHISHAMO、NOBU、コトリンゴを特集 - 10月19日(木)17:00 

 NHK総合の音楽番組『SONGS』(毎週木曜 後10:50)の11月2日放送回では「2017年 話題の歌スペシャル」と題し、SHISHAMO、NOBU、コトリンゴの3組を特集し、ライブパフォーマンスを届けることが明らかになった。 【写真】11月2日放送『SONGS』に出演するNOBU、コトリンゴ  女性3人組バンドSHISHAMOは、携帯電話のCMソングに起用された「明日も」で話題に。YouTubeで公開されたミュージックビデオは1300万再生を突破した同曲を、400人のファンを集めたスタジオで演奏する。  「明日も」は、出身地の神奈川県川崎市を大切にしているメンバー・宮崎朝子(Vo/G)、松岡彩(B)、吉川美冴貴(Dr)の3人が地元密着のJ1チーム・川崎フロンターレを応援中に生まれた楽曲。メンバーは楽曲誕生の地、等々力陸上競技場を訪れるほか、行きつけの川崎市梶ヶ谷のとんかつ屋で高校の恩師と再会。3人の飾らない人柄と、若い世代を惹きつけてやまない歌詞の秘密をひもとく。  宮崎出身のシンガーソングライター・NOBUは「泣ける歌がある」とラジオや有線から口コミで話題が広まった。キャリア8年。音楽の道をあきらめたかけこともあったが、家族の支えもあって夢に再チャレンジした。  「いま、太陽に向かって咲く花」は、子どものころから音楽の夢を共に追いかけた兄のために作った楽曲。NOB...more
カテゴリー:

安藤サクラ×蒼井優×満島ひかり×宮崎あおいを蜷川実花が撮影!東京国際映画祭ビジュアル披露 - 10月08日(日)08:00 

 第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)のスペシャルビジュアルが、このほど披露された。「Japan Now」部門の特集企画「Japan Now 銀幕のミューズたち」に登場する安藤サクラ、蒼井優、満島ひかり、宮崎あおいを、写真家・映画監督の蜷川実花氏が撮影。公式サイト(www.tiff-jp.net/)では4週にわたってビジュアルを掲載していくほか、公式プログラム、映画祭会場内でも展示を行う予定だ。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  1985年5月に幕を開け、2度の隔年開催を経て記念すべき30回目を迎える東京国際映画祭。世界に発信したい日本映画を独自の視点でセレクションするJapan Now部門では、今年は現代日本映画界のミューズともいえる女優4人を特集する。同世代でありながら別々の個性を持ち、その魅力で業界をけん引する女優陣の最新作や、ターニングポイントとなった作品を上映するとともに、彼女たちにインスパイアを受けた監督・クリエイターを招いたトークイベントを実施していく。  第30回東京国際映画祭は、10月25日~11月3日に六本木ヒルズを中心に開催。なお「Japan Now 銀幕のミューズたち」の上映作品とゲスト登壇者は以下の通り。 「家族はつらいよ2」/蒼井優 「花とアリス」/蒼井優 「0.5ミリ」/安藤桃子監督、安藤サクラ 「かぞくのくに」/ヤ...more
カテゴリー:

坂本龍一、第30回東京国際映画祭「SAMURAI賞」受賞!軌跡をたどるイベントも実施 - 09月22日(金)14:00 

日本を代表する音楽家・坂本龍一が、第30回東京国際映画祭の「SAMURAI賞」を受賞することが決定した。時代を切り開く、革新的な作品を世界に発信し続けてきた映画人に贈られる同賞。「ラストエンペラ...
カテゴリー:

「坂本龍一」の画像

もっと見る

「坂本龍一」の動画

Wikipedia

坂本 龍一(さかもと りゅういち、Sakamoto Ryūichi、1952年1月17日 - )は、日本のミュージシャン、作曲家編曲家音楽プロデューサーピアニストキーボーディスト 。東京都出身。

人物

世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深い。

幼いころから作曲を学び、東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロやKYLYNバンドのメンバーとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる