「坂口杏里」とは?

関連ニュース

【芸能】電気も電話もガスも危なかった?泰葉の仰天告白に「大丈夫?」の声 - 11月13日(月)10:25  mnewsplus

11月6日、泰葉のブログにショッキングな文章が掲載された。 〈今回のクラファンに頼りません。電気も電話もガスも危ないところでした〉 この“告白”には「お金がないってこと?」「大丈夫なの、この人」など驚く人が続出したようだ。 泰葉は今、どのような状況にあるのだろうか。 「財団法人設立の目的でクラウドファンディング(CF)サイトで出資を募りましたが目的金額300万円のたった5%しか集まりませんでした。 今年の夏、元マネージャーの家の前に包丁と犬の糞、脅迫状を置いたことが報じられ、同時にCD制作の関係各所に支...
»続きを読む
カテゴリー:

ホストがいる愛の書店が歌舞伎町に誕生!恋愛相談にも対応 - 11月09日(木)08:46 

 先月、新宿・歌舞伎町のホストクラブやラブホテルに囲まれた一角に、“LOVE”をテーマにしたセレクト書店「歌舞伎町ブックセンター」がオープン。店に立つのは、書店員ならぬ「ホスト書店員」と「ホステス書店員」だというから気になります。  この一風変わった書店のオーナーは、元カリスマホストでホストクラブや飲食店を経営する手塚マキさん。書店のプロデュースは、文学カフェ「BUNDAN COFFEE & BEER」などを展開する「東京ピストル」代表の草ナギ洋平さん(ナギは弓へん剪)、本のセレクトは神楽坂の書店「かもめブックス」代表の柳下恭平さんが担当しています。  なぜこの異色の3人が、出勤途中のホストやキャバ嬢、風俗に向かう客が通行人の多くを占めるこの通りで書店をつくることになったのか、話を聞きました。 ◆歌舞伎町は愛のラビリンス ――歌舞伎町に書店をつくろうと思われたきっかけは? 手塚マキ(以下、手塚):もともと、うちの店のホストたちに教育も兼ねて本を読ませたいと思っていたんです。夏目漱石の『坊ちゃん』を朗読させたり、読んだ本を会社で買い取るシステムも導入してみたり、いろいろやりました。 それは、僕自身が本に助けられたことがあるから。ふとした一行に救われたことがあるんです。歌舞伎町には酒も仲間もいるけど、そこに本もあったらいい。そのことをたまたま知り合った草ナギさんに...more
カテゴリー:

『ザ・サークル』はエマ・ワトソンの成長物語。監督が現代社会風刺に隠した真のテーマを明かす - 11月10日(金)08:43 

『美女と野獣』の大ヒットが記憶に新しいエマ・ワトソンと、ハリウッドを代表する俳優トム・ハンクスが共演した『ザ・サークル』(11月10日公開)。公開に先駆けて、監督のジェームズ・ポンソルトが来日し、SNS社会に警鐘を鳴らす同作に込められた真のテーマを語った。 【写真を見る】作品のイメージとは正反対?ポンソルト監督の優しい笑顔に癒される! 本作はピューリッツァー賞にノミネートされたデイヴ・エガーズのベストセラー小説を原作にしたサスペンス。巨大SNS企業<サークル>に入社した主人公メイ(エマ・ワトソン)は、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、同社が運営するSNSの理想を追求するために、24時間365日、自分の生活をネット上に公開することになるのだ。 来日中に見つけた気になるものを、自身のインスタグラムに投稿するなど、プライベートでSNSを愛用しているポンソルトは「ハマりやすい性格だから、適度に使おうと心がけている」と、照れ臭そうに笑いつつも「SNSは人間の生活の延長線上にあるが、リアルでのやり取りの代用には絶対ならない」と断言する。 劇中ではSNSのネガティブなイメージが描かれていることについて「使う人によって良い使い方と、悪い使い方があると思うんだ」と慎重な姿勢を貫くポンソルト。現実世界でも、SNSが“監視社会”の一端を担っていることについては「誰かに情報を盗み取...more
カテゴリー:

「坂口杏里」の画像

もっと見る

「坂口杏里」の動画

Wikipedia

坂口 杏里(さかぐち あんり、1991年3月3日 - )は、日本の元バラエティタレントグラビアアイドル、女優。ANRI(アンリ)へ改名し、AV女優として活動する。

東京都出身。母は女優の坂口良子。継父はプロゴルファー尾崎健夫

略歴

1991年(平成3年)3月3日、東京都に生まれる。成城学園初等学校成城学園中学校堀越高等学校卒業。

母は女優の坂口良子、実父は元不動産会社社長、継父はプロゴルファーの尾崎健夫

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる