「坂口健太郎」とは?

関連ニュース

「西郷どん」原作者・林真理子「直木賞作家」で「大河作家」の語る理想の国家、政治家の本分 - 01月21日(日)09:45 

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 第2回「立派なお侍」1月14日放送  演出:野田雄介1月20日放送の「土曜スタジオパーク」で、林真理子先生は「直木賞作家」の肩書についで「大河作家(原作者)」の肩書を得たことを誇らしく語っていた。直木賞作家にして大河作家(原作者)は過去、どんな作家がいるか調べてみると、司馬遼太郎、海音寺潮五郎、城山三郎、永井路子、山崎豊子、杉本苑子、新田次郎、陳舜臣、高橋克彦、宮尾登美子、と錚々たる作家たちであった。林真理子先生、すごい。だが、直木賞受賞作「最終便に間に合えば」「京都まで」の「京都まで」は京都が舞台で、「西郷どん!」も京都からはじまっている。彼女にとっては京都がラッキースポットなのではないか。林真理子先生の原作「西郷どん!」は、上巻で安政3年、篤姫の婚儀まで進んでしまう。けっこう駆け足な展開(たくさんの資料を読み込んで勉強したことを短くわかりやすくまとめるほうが大変だと思う)なので、脚本の中園ミホ先生は、一足飛びの足跡を、一話一話、丹念に広げていかないとならない。はじめのほうは、西郷が翔ぶための、土台を着々作っているようで、「失敗する西郷さん」の「失敗」を描く。2話では、1846年、18歳になった吉之助(鈴木亮平)が、大きな挫折を味わうエピソードだった。泣く、西郷さん1...more
カテゴリー:

坂口健太郎×本田翼「non-no」史上初、映画公開を記念し男女ペアで表紙に登場 - 01月19日(金)16:30 

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演することで話題の映画『今夜、ロマンス劇場で』(2月10日全国公開)。映画監督を目指す青年・健司を演じている坂口と、健司に想いを寄せる塔子を演じている本田翼が、1月20日…
カテゴリー:

【芸能】直撃!成海璃子「坂口健太郎似イケメンとお正月釣り堀デート」[18/01/19] - 01月19日(金)10:27  mnewsplus

直撃!成海璃子「坂口健太郎似イケメンとお正月釣り堀デート」 1/19(金) 7:02配信 FRIDAY https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180119-00010000-friday-ent 直撃にこんなに驚いてくれた成海。この場には、一緒に飲み会を開いていた俳優の安藤政信も居合わせていた  本誌は年明け早々、都内の釣り堀で“塩顔イケメン”とデートを楽しむ成海璃子(25)の姿をキャッチした。  成海といえば、これまで俳優の綾野剛(35)をはじめ、パリコレにも参加したモデル・山下翔平(27)やハーフモデルのクロウド・モーガン(22)と浮...
»続きを読む
カテゴリー:

「綾瀬はるか史上、一番美しい」監督の絶賛に照れ笑い - 01月19日(金)05:00 

女優の綾瀬はるかが18日、都内で行われた映画『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミア&舞台挨拶に出席した。 本作は、映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)が密かに想いを寄せていたモノクロ映画のヒ…
カテゴリー:

綾瀬はるか&坂口健太郎が会いたい映画人は「マット・デイモン」「ナウシカ」 - 01月18日(木)23:10 

 綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演するラブストーリー「今夜、ロマンス劇場で」のジャパンプレミアが1月18日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、綾瀬と坂口をはじめ、本田翼、中尾明慶、石橋杏奈、メガホンをとった武内英樹監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日のプレミア、その他の写真はこちら  本作は、映画監督を夢見る青年・健司(坂口)と、モノクロ映画のなかから現れたお姫様・美雪(綾瀬)のせつない恋を紡ぐ物語。レッドカーペットイベントで約150人のファンと交流した綾瀬らは、作品のイメージカラーである青と白のサイリウムを手にした観客が待つ舞台挨拶へ登壇した。“王女感”を意識して美雪の人物像を構築していった綾瀬について、坂口は「美しかったです!」とニッコリ。「クランクインした時、既に綾瀬さんが劇中の衣装を着ていらっしゃったんですけど、その瞬間から美雪姫として存在していたんです。僕も健司としてお芝居がやりやすかったですね」と絶賛していた。  この日は「スクリーンの中からお姫さまが飛び出してくる」という設定にちなみ「映画やテレビを見ていて、画面から誰かが出てくるとしたら会いたい人は?」という質問が投げかけられた。中尾が、以前から役者として尊敬している「デンゼル・ワシントンです」と告白すると、石橋は「オードリー・ヘプバーンさん」と回答。さらに「今回の作品は、綾瀬さんがオードリー...more
カテゴリー:

坂口健太郎×本田翼「non-no」史上初、映画公開を記念し男女ペアで表紙に登場 - 01月19日(金)16:30 

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演することで話題の映画『今夜、ロマンス劇場で』(2月10日全国公開)。映画監督を目指す青年・健司を演じている坂口と、健司に想いを寄せる塔子を演じている本田翼が、1月20日(土)発売の「non-no」3月号で、共に表紙を飾ることがわかった。男女ペアで表紙に登場するのは、今回が同誌史上初となる。本作は、映画監督を夢見る青年・健司が密かに想いを寄せていたモノクロ映画のヒロイン・美雪(綾瀬)が、突然スクリーンから飛び出してきたことから起こる奇想天外なファンタジックラブストーリー。昨年卒業した「MEN’S NON-NO」のトップモデルとして、同じく男子からも女子からも絶大な人気を誇り、また俳優としても映画『ナラタージュ』、ドラマ『コウノドリ』など数々の話題作に出演するなど、勢い止まらない坂口。また、「non-no」のトップモデルとして女子のみでなく男子からも圧倒的な支持を集め、近年では女優としても出演映画『鋼の錬金術師』が世界190カ国以上での公開が決定するほどの大ヒット、名実共に若手NO.1モデルかつ女優の本田。2人が初めて一緒に仕事をしたのも、実は本田の着回し企画に、坂口が男子役として登場した2014年12月20日発売の「non-no」2月号だった。これまで、誌面やイベントなどでの共演はあったものの、打ち解けるまでの関係になったのは同誌の撮影がきっかけだったと...more
カテゴリー:

坂口健太郎×本田翼「non-no」史上初、映画公開を記念し男女ペアで表紙に登場 - 01月19日(金)16:30 

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演することで話題の映画『今夜、ロマンス劇場で』(2月10日全国公開)。映画監督を目指す青年・健司を演じている坂口と、健司に想いを寄せる塔子を演じている本田翼が、1月20日(土)発売の「non-no」3月号で、共に表紙を飾ることがわかった。男女ペアで表紙に登場するのは、今回が同誌史上初となる。本作は、映画監督を夢見る青年・健司が密かに想いを寄せていたモノクロ映画のヒロイン・美雪(綾瀬)が、突然スクリーンから飛び出してきたことから起こる奇想天外なファンタジックラブストーリー。昨年卒業した「MEN’S NON-NO」のトップモデルとして、同じく男子からも女子からも絶大な人気を誇り、また俳優としても映画『ナラタージュ』、ドラマ『コウノドリ』など数々の話題作に出演するなど、勢い止まらない坂口。また、「non-no」のトップモデルとして女子のみでなく男子からも圧倒的な支持を集め、近年では女優としても出演映画『鋼の錬金術師』が世界190カ国以上での公開が決定するほどの大ヒット、名実共に若手NO.1モデルかつ女優の本田。2人が初めて一緒に仕事をしたのも、実は本田の着回し企画に、坂口が男子役として登場した2014年12月20日発売の「non-no」2月号だった。これまで、誌面やイベントなどでの共演はあったものの、打ち解けるまでの関係になったのは同誌の撮影がきっかけだったと...more
カテゴリー:

「綾瀬はるか史上、一番美しい」監督の絶賛に照れ笑い - 01月19日(金)05:00 

女優の綾瀬はるかが18日、都内で行われた映画『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミア&舞台挨拶に出席した。本作は、映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)が密かに想いを寄せていたモノクロ映画のヒロイン・美雪(綾瀬)が、突然スクリーンから飛び出してきたことから起こる奇想天外なファンタジックラブストーリー。『のだめカンタービレ』シリーズの武内英樹が監督を務める。この日は、綾瀬のほか坂口健太郎、本田翼、中尾明慶、石橋杏奈、武内英樹監督が出席。気の強い王女を演じた綾瀬は「最近強い役が続いていたので、強すぎてしまわないように意識しました。王女ということで、オードリー・ヘプバーンのいろいろな作品をみて、歩き方や所作などをイメージしました」と役作りについて語ると、坂口は「綾瀬さんは、クランクインの最初から美雪姫になっていて、王女さま役は本当に美しかったです」と絶賛する。そんな“美しい”綾瀬との共演を「念願です」と語った石橋は「10年ぐらいこの仕事をさせていただいていますが、事務所主催のオーディションを受けたきっかけは、綾瀬さんのお顔が写ったポスターをみて、やってみようと思ったからなんです。こうして同じ舞台に立たせていただくことができて感動しています」と感無量な表情を浮かべていた。武内監督は「この映画の最大のテーマは、綾瀬はるか史上、一番美しい彼女を撮ること」と語ると、司会者から「一番美しかったで...more
カテゴリー:

綾瀬はるか&坂口健太郎が会いたい“映画人”は「マット・デイモン」「ナウシカ」 - 01月18日(木)23:10 

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演するラブストーリー「今夜、ロマンス劇場で」のジャパンプレミアが1月18日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、綾瀬と坂口をはじめ、本田翼、中尾明慶、石橋杏奈...
カテゴリー:

「綾瀬はるか史上、一番美しい」監督の絶賛に照れ笑い - 01月18日(木)22:08 

女優の綾瀬はるかが18日、都内で行われた映画『今夜、ロマンス劇場で』ジャパンプレミア&舞台挨拶に出席した。本作は、映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)が密かに想いを寄せていたモノクロ映画のヒロイン・美雪(綾瀬)が、突然スクリーンから飛び出してきたことから起こる奇想天外なファンタジックラブストーリー。『のだめカンタービレ』シリーズの武内英樹が監督を務める。この日は、綾瀬のほか坂口健太郎、本田翼、中尾明慶、石橋杏奈、武内英樹監督が出席。気の強い王女を演じた綾瀬は「最近強い役が続いていたので、強すぎてしまわないように意識しました。王女ということで、オードリー・ヘプバーンのいろいろな作品をみて、歩き方や所作などをイメージしました」と役作りについて語ると、坂口は「綾瀬さんは、クランクインの最初から美雪姫になっていて、王女さま役は本当に美しかったです」と絶賛する。そんな“美しい”綾瀬との共演を「念願です」と語った石橋は「10年ぐらいこの仕事をさせていただいていますが、事務所主催のオーディションを受けたきっかけは、綾瀬さんのお顔が写ったポスターをみて、やってみようと思ったからなんです。こうして同じ舞台に立たせていただくことができて感動しています」と感無量な表情を浮かべていた。武内監督は「この映画の最大のテーマは、綾瀬はるか史上、一番美しい彼女を撮ること」と語ると、司会者から「一番美しかったで...more
カテゴリー:

もっと見る

「坂口健太郎」の画像

もっと見る

「坂口健太郎」の動画

Wikipedia

坂口 健太郎(さかぐち けんたろう、1991年7月11日 - )は、日本俳優、モデルである。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属。MEN'S NON-NO専属モデル(2017年7月号をもって卒業)として活躍している。

略歴

2010年、19歳のとき、自ら応募した第25回MEN'S NON-NO モデルオーディションに合格しモデル活動をスタート。

2013年、塩顔男子ブームの火付け役として注目された今モテる“塩顔男子”代表、2014年ブレイク必至のイケメンモデルに直撃 モデルプレス独占インタビュー. モデルプレス(2014年2月21日)。

2014年、映画シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸で俳優デビュー坂口健太郎インタビュー - MEN'S NON-NO専属モデルの坂口健太郎が俳優デビュー!人生初のお芝居となった映画シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸について訊く。. プラスアクト(2014年10月6日)。メンズノンノ6月号で専属モデルとして20年ぶりに単独表紙を飾る「MEN’S NON-NO」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる