「地震」とは?

関連ニュース

島根地震の原因は未知の断層? 日本列島「次に危ない地域」 - 04月27日(金)06:30 

 4月9日未明に発生した島根県西部を震源とするM6.1の地震。震源に近い島根県大田市では、震度5強を観測した。「大田市や隣の出雲市で、5人が骨折などの重軽傷を負った他、水道管が破裂して、断水する地域も出ました」(全国紙松江支局の記者)  この地震、被害は出たものの、死者が出るほどではなく、地震の規模も、そこまで大きくはない。だが、この地震が持つ意味は大きいという。「島根は、ほぼ地震のない地域ですからね。基本的に西日本の日本海側にある県では、地震が少ないといわれています。島根に関して言えば、気象庁が提供する1923年以降の観測データで、震度5以上は3回しか記録されていない。日本でも有数の“地震の少ない県”なんです」(前同)  そんな県で、なぜ地震が起きたのか? 地震学者で琉球大学名誉教授の木村政昭氏は、こう解説する。「西日本で発生する大地震は主に、宮崎県沖にある日向灘付近で、フィリピン海プレートとユーラシアプレートがぶつかることに起因するものが多いですね」  最近では、2015年11月の薩摩半島西方沖地震(M7.0)や、2016年4月の熊本地震(M7.3)があるが、これらもプレートの動きが遠因となっているという。今回は、プレート衝突などの影響があまりない、地震危険地帯から大きく外れた地域で起こったが、例外ではない。「この2つのプレート衝突による余波が、北東に外れた島根県で...more
カテゴリー:

北朝鮮:核実験場は「崩落」 中国大学研究チームが分析 - 04月26日(木)21:09 

 中国科学技術大の研究チームは26日までに、北朝鮮が廃棄を発表した北東部豊渓里の核実験場の山が崩落したことが地震記録の分析で確認されたと明らかにした。概要を大学のウェブサイトで発表した。研究チームは放射性物質が漏れている可能性があり、観測を続ける必要があると指摘。
カテゴリー:

4月16日浜松にて「地盤から考える、地震に強い家づくりセミナー」を共同開催 - 04月26日(木)15:24 

[地盤ネットホールディングス株式会社] ■これからの地震対策の新常識。微動探査「地震eye」で地盤特性から考える家づくりを可能に  南海トラフ地震への危機感が高まる昨今、東海地方では「地震に強い家づくり」を考える人が増えています。  住宅関...
カテゴリー:

H28年度の都道府県別「学校給食実施状況調査」公立中で地域差大 - 04月26日(木)13:15 

 文部科学省は、全国の小中学校等における学校給食の現状と課題を把握するため、毎年学校給食実施状況や学校給食費などを調査する学校給食実施状況等調査を行っている。このうち、今回は平成28年度「学校給食実施状況調査」を取り上げ、都道府県別の学校給食実施状況を見ていく。平成28年度の学校給食実施状況 平成28年度「学校給食実施状況調査」は、平成28年5月1日現在、学校給食を実施している国公私立の小学校、中学校(中等教育学校前期課程を含む)、特別支援学校、夜間定時制高等学校、幼稚園、共同調理場を対象に実施した調査。学校給食の実施率や共同調理場設置状況、学校給食における外部委託状況などをたずねている。ただし平成28年度調査においては、熊本地震の影響を考慮して熊本県を調査対象より除いている。 なお、学校給食は「完全給食」「捕食給食」「ミルク給食」の3つに分類して扱われている。「完全給食」とは、給食内容がパンまたは米飯(これらに準ずる小麦粉食品、米加工食品その他の食品を含む)、ミルクおよびおかずである給食のこと。「捕食給食」とは、完全給食以外の給食で、給食内容がミルクおよびおかずなどである給食のこと。「ミルク給食」とは、給食内容がミルクのみである給食のこと。学校給食実施率は92.6% 国公私立学校において学校給食を実施している学校数は全国で2万9,959校、実施率は95.0%だった。完全給食の実施...more
カテゴリー:

熊本地震:阿蘇・北登山道が開通 山上への全ルート復旧 - 04月26日(木)12:16 

 熊本県阿蘇市の阿蘇中岳第1火口方面と南阿蘇村の国道57号を結ぶ県道298号阿蘇公園下野線(北登山道)が26日、約2年ぶりに規制解除され、通行が再開された。北登山道は2016年4月の熊本地震で被災した山上への主要な3ルートのうち最後まで規制が続いていた。
カテゴリー:

阿蘇山:全4ルート開通 熊本地震以来2年ぶり - 04月26日(木)21:55 

 熊本地震で被災し一部通行止めが続いていた熊本県道阿蘇公園下野線の「北登山道」(15.5キロ)が26日、大型連休を前に2年ぶりに開通し、これで阿蘇山上への4ルートがすべて復旧した。24日に立ち入り規制が解除された阿蘇山上の中岳第1火口もこの日、見学が再開された。
カテゴリー:

北朝鮮の核実験場、昨年9月に崩落 中国の大学調査 - 04月26日(木)19:52 

中国の「中国科学技術大学」の研究チームは26日までに、北朝鮮が昨年9月実施した核実験の威力が非常に強力だったため同国北東部の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場が崩落したとの見方を明らかにした。 北朝鮮による6回目だったこの核実験後に起きた複数回の揺れの震源地を特定するため高水準の地震関連データを分析。実験から8.5分後に起きた震動は崩落が原因の地震だったと結論付けた。 ただ、崩落部分は実験場があ...
カテゴリー:

阿蘇山上へ向かう3ルートが全線開通 - 04月26日(木)13:27 

 熊本県では、阿蘇山上へ向かう主な3つのルートが熊本地震からおよそ2年ぶりに全線開通しました。
カテゴリー:

阿蘇山上につながる登山道路 北登山道の通行再開 - 04月26日(木)12:24 

熊本県の阿蘇山上につながる登山道路のうち、熊本地震のあと通行止めが続いていた北登山道の通行が26日に再開され、大型連休に向けて観光客の回復が期待されています。
カテゴリー:

復旧を終え全面開通!阿蘇周辺で立ち寄りたい道の駅5選 - 04月26日(木)12:00 

温泉や人気観光地が集まる阿蘇は、お出かけ先の根強い人気スポット。また、地震で通行止めだった県道阿蘇公園下野線の復旧が終わり、ついに4月26日に全面開通。そんな阿蘇に出かける際に立ち寄りたい、阿蘇周辺の魅力的な道の駅を5つご紹介! 【写真を見る】道の駅 あそ望の郷くぎの「あか牛の焼肉丼」1300円。甘辛い味のタレを炒め絡めた阿蘇あか牛の焼肉と地元野菜。温泉卵を割るとまろやかに ■ 5月が最盛期の絶品スイカをゲット!「道の駅 すいかの里植木」 全国随一の生産量を誇るスイカを柱に、地元産の農畜産物や加工品をそろえる。スイカがゴロゴロと売場一面に並ぶ様子は圧巻。6月初旬までは大玉の品種「春のだんらん」「祭りばやし」が主に並ぶ。 上質な植木産のスイカはピークの5月に近づくほど糖度も上がり、味がさらによくなっていく。レストランはないが、各種弁当が充実しており屋外テラスでも楽しめる。 [道の駅 すいかの里植木]熊本市北区植木町岩野160-1 / 096-272-2333 / 9:00~18:30 / 第3木曜休み (祝の場合、翌平日休み) ※月によって無休の場合あり ■ 名産あか牛を存分に堪能!「道の駅 あそ望の郷くぎの」 みやげ品などを扱う「旬鮮あじわい館」や食事処「あじわい館」「あか牛の館」をはじめ、さまざまな施設があり楽しめる。 中でも近年注目を浴びている阿蘇地方の名産「あか牛」を使った...more
カテゴリー:

もっと見る

「地震」の画像

もっと見る

「地震」の動画

Wikipedia

地震(じしん、)という語句は、以下の2つの意味で用いられる日本地震学会地震予知検討委員会(2007)。

  • 地震学における定義: 地球表面を構成している岩盤(地殻)の内部で、固く密着している岩石同士が、断層と呼ばれる破壊面を境目にして、急激にずれ動くこと。これによって大きな地面の振動が生じこれを地震動(じしんどう)という宇津地震学1頁。
  • 大地のゆれ: 地震動のことで一般的にはこちらも「地震」と呼ばれる。「地震」(なゐふる)という語句は日本書紀にも見え、その他古文書の記録にも登場するが、これらは今日の地震学における地震動のことであり、また「大地震」、「小地震」などと共に震度の程度を表すものでもあった 宇佐美龍夫 「歴史史料の「日記」の地震記事と震度について」歴史地震 第18号、1-14、2002年。
  • 地震を対象とした学問地震学という。地震学は地球物理学の一分野であり、...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる