「地方自治法」とは?

関連ニュース

福岡・福智町長:違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い - 08月19日(土)07:10 

 福岡県福智町が地方自治法で売却を禁じられた「行政財産」である町営住宅を住人の元町議(88)に売却していた問題で、嶋野勝町長が早期売却に難色を示す当時の住宅課長を担当から外していたことが関係者への取材で分かった。早期売却を求める元町議との衝突を回避するため、住宅課長を排除するのが目的だったとみられる。
カテゴリー:

「東京五輪」選手村に都有地を9割引で売却? 「舛添前知事に差額払わせろ」と提訴 - 08月17日(木)20:47  liveplus

2020年東京五輪の選手村用地として、臨海部の中央区晴海の都有地を不当な廉価で売却したとして、都民ら33人が小池百合子都知事を相手に8月17日、東京地裁に提訴した。舛添要一前都知事と買い取った業者11社に対して、適正価格との差額分を請求することなどを求めている。原告らによると、差額は1000億円はくだらないという。 訴状などによると、問題になっているのは、東京駅から3~4kmのところにある晴海5丁目の都有地約13.4万平方メートル。東京都は2016年、公募で唯一手をあげた大手デベロッパー11社のグループに129億6000万円で実...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京湾】埋め立て地の帰属争い激化 大田区vs江東区 - 08月16日(水)12:11  newsplus

■五輪・パラ、ボートとカヌーの「聖地」に  東京湾に浮かぶごみの埋め立て地「中央防波堤埋立地(中防)」(約509ヘクタール)の帰属を巡り、東京都江東区と大田区の争いが激化している。中防では2020年東京五輪・パラリンピックのボートとカヌー・スプリントの会場「海の森水上競技場」の整備が進む。両区は7月、中防が将来的に「ボートとカヌーの聖地」となることを見据えて帰属を主張し、地方自治法に基づく調停を小池百合子知事に申請。東京大会前の決着を求めた。【柳澤一男】 ■都に調停を申請  中防は「内側」と「...
»続きを読む
カテゴリー:

自称今治市民の黒川敦彦さん敗北 監査請求の結果、加計学園への建設用地の無償提供は適法でしたwww - 08月11日(金)14:42  news

加計への用地提供差し止め請求棄却  学校法人「加計かけ学園」の獣医学部新設計画を巡り、愛媛県今治市の市民団体メンバーが市による 建設用地の無償提供差し止めなどを求めた住民監査請求で、市監査委員は10日、 「(無償提供などは)法令などに基づき適正に行われた」として請求を棄却した。  市は2月、36億7500万円で購入した建設用地16・8ヘクタールを学園に無償提供し、 県とともに建設費など最大96億円を補助する内容の基本協定を学園と締結。建設工事は既に始まっている。  請求では、学部の設置認可...
»続きを読む
カテゴリー:

地方自治法違反:元町議に町営住宅売却 福岡・福智町 - 08月18日(金)07:30 

 福岡県福智町が地方自治法で売却を禁じられた「行政財産」である町営住宅を、居住者の元町議(88)に売却していたことが17日、関係者への取材で分かった。町営住宅の土地の一部は売却前から県の護岸工事の用地となることが決まっており、元町議は購入後に転居して県から移転補償費約4600万円を受け取っていた。嶋野勝町長は元町議から売却を再三要求された事実を認めており、町営住宅を巡る不透明な土地取引が浮き彫りになった。
カテゴリー:

【総務省】人口少ない自治体の議員 なり手不足が深刻 兼務の難しさ、議員報酬の少なさ、無関心・・・法改正視野に検討 - 08月17日(木)18:48  newsplus

 人口が少ない自治体で、議員のなり手が不足する問題が生じている。高知県大川村では、議会を廃止し、住民が村政に直接議会に参加する「村民総会」の設置を一時、検討する事態に。長野県喬木村議会は、夜間と休日に審議日程を移す方針を固め、なり手の確保を進める。国も今年度、町村議会の在り方について研究会を設置。議会活動と仕事を兼業しやすくするなど、なり手確保に向け、地方自治法などの改正も視野に入れた検討に乗り出した。  議員のなり手不足の背景には、人口減少や地方政治への住民の関心の薄さ、議員報酬の少なさ、行...
»続きを読む
カテゴリー:

東京湾:埋め立て地の帰属争い激化 大田区vs江東区 - 08月16日(水)11:35 

五輪・パラ、ボートとカヌーの「聖地」に  東京湾に浮かぶごみの埋め立て地「中央防波堤埋立地(中防)」(約509ヘクタール)の帰属を巡り、東京都江東区と大田区の争いが激化している。中防では2020年東京五輪・パラリンピックのボートとカヌー・スプリントの会場「海の森水上競技場」の整備が進む。両区は7月、中防が将来的に「ボートとカヌーの聖地」となることを見据えて帰属を主張し、地方自治法に基づく調停を小池百合子知事に申請。東京大会前の決着を求めた。【柳澤一男】
カテゴリー:

【東京地裁】石原氏の責任否定文書、都弁護団が撤回 578億円損害賠償請求 豊洲用地訴訟[08/08] - 08月08日(火)10:19  newsplus

石原氏の責任否定文書、都弁護団が撤回 豊洲用地訴訟 2017年8月8日01時47分 http://www.asahi.com/articles/ASK8742WYK87UTIL01N.html  東京都の豊洲市場用地のうち、都が東京ガス側から土壌汚染のある土地を578億円で購入したのは違法だとして、都民らが都に対し、購入を決めた石原慎太郎・元都知事に損害賠償請求をするよう求めた住民訴訟で、都の弁護団は7日、石原氏に賠償責任はないとする従来の方針を支える証拠文書を撤回したことを明らかにした。 特集:豊洲移転問題  都は元々、石原氏の決定に「違法性はない」と...
»続きを読む
カテゴリー:

「地方自治法」の画像

もっと見る

「地方自治法」の動画

Wikipedia

地方自治法(ちほうじちほう)は、地方自治に関する日本法律である。

概説

日本国憲法第92条地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。」に基づき、「地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする」(第1条)日本の法律である。

1947年4月17日に公布され、日本国憲法施行の日(1947年5月3日)に施行された。これに伴い、東京都制、道府県制、市制町村制が廃止され、地方自治法施行の時点で日本国の行政権が及ぶ区域にある、都道府県、市町村は地方自治法による地方自治体となった。

地方自治法施行時点でアメリカ合衆国の行政権下にあり、日本国の行政権が及ばなかった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる