「地方自治法」とは?

関連ニュース

太宰府市長が失職 2回目の不信任決議、全会一致で可決 - 12月12日(火)20:37 

 福岡県太宰府市議会は12日、芦刈茂市長(68)に対する2回目の不信任決議案を全会一致で可決し、芦刈市長は地方自治法により失職した。10月に市議会が全会一致で1回目の不信任決議を可決。芦刈市長が議会を…
カテゴリー:

【徳島】<阿波踊り>赤字解消へ 徳島市と弁護士らが観光協会を調査 - 11月22日(水)21:53  newsplus

徳島市の阿波踊りで長年続いている累積赤字解消に向け、市は21日、主催者の市観光協会へ地方自治法に基づく調査に入った。市職員や弁護士、公認会計士らが22日まで、徳島市の阿波おどり会館内にある協会事務局から資料の提供を受け、収支の疑問点がないか調べる。  徳島新聞社とともに主催する市観光協会が金融機関から借り入れている4億3600万円に対して、市は同額を損失補償しており、地方自治法に基づく調査の実施を決めた。市は9月に3者で運営改善を検討する協議会を設置し、阿波おどり実行委でも協議会で議論するよう...
»続きを読む
カテゴリー:

太宰府市議会:芦刈茂市長の不信任を再決議 市長失職 - 12月12日(火)18:57 

市長選は18年1月21日告示、28日投開票の見込み  福岡県太宰府市議会(定数18)は12日、解散後の初議会で、芦刈茂市長(68)の2度目の不信任決議案を全会一致で可決した。地方自治法に基づき芦刈氏は失職した。市長選は来年1月21日告示、28日投開票となる見込み。芦刈氏は立候補の意向を表明しており、他にも複数、出馬の動きがある。
カテゴリー:

沖縄県民が翁長知事を提訴 国連への私的旅行に税金を不正流用 - 11月21日(火)19:13  news

翁長雄志沖縄県知事が2015年9月、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で、参加資格がない「県知事」の立場で演説を行ったことを公務としたのは「不当利得」だとして、元会社経営の江崎孝氏(76)=宜野湾市=ら県民5人が21日、 翁長氏に公費から支出した約96万円(渡航・宿泊費、日当など)を返還請求するよう県に求める訴訟を那覇地裁に起こした。 原告団は10月13日、地方自治法に基づき、県監査委員に住民監査請求を行ったが、同27日に「1年以内の請求期限を経過した不適当な請求」などとして却下されたため、...
»続きを読む
カテゴリー:

「地方自治法」の画像

もっと見る

「地方自治法」の動画

Wikipedia

地方自治法(ちほうじちほう)は、地方自治に関する日本法律である。

概説

日本国憲法第92条地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。」に基づき、「地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする」(第1条)日本の法律である。

1947年4月17日に公布され、日本国憲法施行の日(1947年5月3日)に施行された。これに伴い、東京都制、道府県制、市制町村制が廃止され、地方自治法施行の時点で日本国の行政権が及ぶ区域にある、都道府県、市町村は地方自治法による地方自治体となった。

地方自治法施行時点でアメリカ合衆国の行政権下にあり、日本国の行政権が及ばなかった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる