「地方自治法」とは?

関連ニュース

【東京】オリンピック競技会場埋め立て地帰属問題 大田区 調停案に反発強まる - 10月16日(月)05:34  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171016/k10011178841000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007 東京オリンピック・パラリンピックで競技会場が設けられる東京・臨海部の埋め立て地について、東京都の自治紛争処理委員は、16日、江東区におよそ86%、大田区におよそ14%を帰属させるとする調停案を正式に提示します。大田区では、受け入れを拒否して裁判で争うべきだという意見が議会を中心に強まっていて、今後の対応が焦点となります。 東京オリンピック・パラリンピックでボートなどの競技会場が設けられる東...
»続きを読む
カテゴリー:

江東区と大田区が領有を主張していた埋立地、江東区86%大田区14%で都が調停案 - 09月30日(土)10:08  news

東京都臨海部の人工島「中央防波堤埋立地」(約五百ヘクタール)の帰属を江東区と大田区が 四十年以上争っている問題で、都が任命した自治紛争処理委員は二十九日、 全面積の86%を江東区、14%を大田区に帰属させる調停案の原案を、両区に示した。 両区が受け入れれば決着となるが、大田区側では内容に反発する声があり、最終的に裁判となる可能性もある。 正式な調停勧告は十月中旬までに提示され、両区は調停内容を受け入れるか否かを回答する。 一方でも拒否すれば不調となり、地方自治法に基づいて、裁判に持ち込まれる...
»続きを読む
カテゴリー:

「地方自治法」の画像

もっと見る

「地方自治法」の動画

Wikipedia

地方自治法(ちほうじちほう)は、地方自治に関する日本法律である。

概説

日本国憲法第92条地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。」に基づき、「地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする」(第1条)日本の法律である。

1947年4月17日に公布され、日本国憲法施行の日(1947年5月3日)に施行された。これに伴い、東京都制、道府県制、市制町村制が廃止され、地方自治法施行の時点で日本国の行政権が及ぶ区域にある、都道府県、市町村は地方自治法による地方自治体となった。

地方自治法施行時点でアメリカ合衆国の行政権下にあり、日本国の行政権が及ばなかった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる