「地方自治法」とは?

関連ニュース

【公務員】合格倍率「激辛カレー」に例えた昇任試験 神戸市が廃止へ 20政令指定都市で初 管理職のなり手不足で - 04月19日(木)18:37  newsplus

職員が試験勉強に使った問題集などには下線がびっしり引かれていた 神戸市は、唯一の昇任試験である「係長試験」を廃止し、日頃の勤務評価をベースとした選考を2018年度から始める。昇任にこだわらない若手職員の増加を背景に受験率が年々下がり、負担軽減策を施してきたが、久元喜造市長が公約に基づき廃止を決めた。全国の全20政令指定都市で、実施してきた昇任試験をやめるのは初とみられる。(霍見真一郎) ◇本年度から勤務評価で選考  神戸市の係長試験は1955年度にスタート。政令市で最も早く筆記試験を取り入...
»続きを読む
カテゴリー:

【築地市場】告発の浜渦元副知事ら2人不起訴 豊洲移転「偽証」容疑 東京地検特捜部 - 03月30日(金)12:50  newsplus

※たまたまスレです  築地市場の豊洲市場への移転問題を検証する東京都議会の調査特別委員会(百条委員会)で偽証したとして、地方自治法違反容疑で告発されていた浜渦武生元副知事(70)ら2人について、東京地検特捜部は30日、不起訴処分とした。  浜渦氏は副知事時代、東京ガスからの豊洲の用地買収を担当。昨年3月に実施された百条委の証人喚問で、2001年7月の基本合意後は「一切携わっていない」と証言した。元都幹部の赤星経昭氏(72)は合意後に土壌汚染対策などを取り決めた確認書を「知らなかった」と述べた。  百条委は...
»続きを読む
カテゴリー:

【立憲民主党】20歳の大学生も国会議員に 立憲、改正案を提出へ - 04月17日(火)13:18  seijinewsplus

 「20歳、大学生」。そんな国会議員がいてもいいのではないか。 立憲民主党が議員に立候補できる年齢を一律に5歳引き下げる法案を国会に出す方針を固めた。今後、与野党の各政党にも賛同を呼びかける。  現在は、公職選挙法と地方自治法で衆議院議員、自治体議員、市町村長に立候補できるのは25歳以上、 参議院議員と都道府県知事は30歳以上とさだめられている。 法案は議員立法で、それぞれの被選挙権年齢を一律に5歳引き下げるよう両法を改正する内容だ。  英国では、2015年の総選挙で当時20歳の大学生が当選...
»続きを読む
カテゴリー:

【熊本】“パワハラ”問題の北口市議 全会一致で「失職」決定 - 03月26日(月)19:51  newsplus

FNNニュース 3/26(月) 18:08配信 パワハラ音声で問題となった熊本市議、北口和皇(かずこ)氏の失職が決定しました。 熊本市議会最終日の26日、地方自治法の議員の兼業禁止規定に抵触しているため、 北口氏に議員の資格はないとする議案が突きつけられ、採決で全会一致で可決、北口氏の失職が決まりました。 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180326-00000183-fnn-soci ...
»続きを読む
カテゴリー:

「地方自治法」の画像

もっと見る

「地方自治法」の動画

Wikipedia

地方自治法(ちほうじちほう)は、地方自治に関する日本法律である。

概説

日本国憲法第92条地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。」に基づき、「地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする」(第1条)日本の法律である。

1947年4月17日に公布され、日本国憲法施行の日(1947年5月3日)に施行された。これに伴い、東京都制、道府県制、市制町村制が廃止され、地方自治法施行の時点で日本国の行政権が及ぶ区域にある、都道府県、市町村は地方自治法による地方自治体となった。

地方自治法施行時点でアメリカ合衆国の行政権下にあり、日本国の行政権が及ばなかった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる