「地方創生」とは?

関連ニュース

~SBIグループの「地方創生」プロジェクト~株式会社佐賀共栄銀行との金融商品仲介業サービス開始のお知らせ - 01月18日(木)15:00 

[株式会社SBI証券] [画像: https://prtimes.jp/i/7957/194/resize/d7957-194-464255-0.jpg ]  佐賀共栄銀行は、創業68年の歴史を持つ地域金融機関で、佐賀県内を中心に営業展開を行っております。「地域と共に栄える銀行」の経営...
カテゴリー:

「未来の教室」とEdTech研究会、経産省が設置 - 01月18日(木)10:15 

 経済産業省は2018年1月16日、就学前教育・学校教育・リカレント教育の現場が目指すべき「未来の教室」の姿とEdTech開発の方向性や導入に向けた課題を検討するため、「『未来の教室』とEdTech研究会」を設置すると発表した。1月19日には第1回研究会を開催する。 EdTech(エドテック)とは、Education(教育)とTechnology(テクノロジー)を組合せた造語。たとえば、大規模公開オンライン講座「MOOCs」など、革新的な教育・人材開発技法を指す。 現在、世界各国では「創造性」「課題解決力」「科学技術」などを重視した教育改革が進み、教育現場ではさまざまなEdTechの実装が進んでいる。 経済産業省では、こうした世界の潮流を意識し、日本の産業や地方創生の未来を切り拓く人材(チェンジメイカー)育成を進めるため、「『未来の教室』とEdTech研究会」を設置。「就学前教育・学校教育・リカレント教育の場の未来の姿(未来の教室)」「未来の教室のために開発すべきEdTechの姿」「EdTechの開発と教育現場への導入に向けた諸課題」の3点を検討していく。 「『未来の教室』とEdTech研究会」では、文部科学省が告示した新学習指導要領の実現に向け、学校現場をサポートすることを意識。経済産業省内の「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」が示す人材像や人材移動の姿も意識しながら、...more
カテゴリー:

地域仮想通貨が続々発行、地方の救世主となるか? - 01月18日(木)06:35 

2017年を代表するパワーワードといえば、年初から対ドルレートが10倍超にもなった「ビットコイン」をはじめとする「仮想通貨」だろう。ビットコインは2018年に入って大きく値を崩しているが、それでも2017年初比ではおよそ10倍の水準は維持している。こうした中、2018年は地域活性化策として話題だったローカルマネー「地域通貨」について、仮想通貨版の「地域仮想通貨」が続々と発行されそうだ。果たしてそれは「地方創生」につながるのか。現状をまとめた。
カテゴリー:

【フロントランナー 地域金融】北海道銀行の地方創生の取り組み(6) - 01月17日(水)05:00 

 北海道銀行と北海道総合商事の連携によるロシアビジネスの支援業務はスタートしてから一定の年月が経過し、現地ネットワークやノウハウを蓄積できた。日本からの輸出の取扱品目はコメやタマネギ、ジャガイモ、リンゴなどの農産品やその加工品、清涼飲料や寒冷地向け住宅建材などが中心。近年の極東ロシアは生活水準が上向いており、中国産より割高でも安全・安心で高品質な道産品の需要が見込まれるという。
カテゴリー:

第4回日本ジビエサミット(1/25-27 in鹿児島)で国産ジビエの魅力を引き出す「料理セミナー」実施 - 01月16日(火)11:00 

[辻調グループ 辻調理師専門学校]  「日本ジビエサミット」は、ジビエを通じた地方創生への新たなヒントを提供することを目指して、一般社団法人日本ジビエ振興協会が主催する、日本最大級のジビエサミットです。第4回目となる本サミットでは、ジ...
カテゴリー:

全国初、人材育成で協定 由利本荘市と地域活性化センター - 01月18日(木)14:03 

 秋田県由利本荘市と一般財団法人地域活性化センター(東京・椎川忍理事長)は17日、人材育成に関する連携協定を全国で初めて締結した。市職員や地域づくりの中核となる民間人の育成を進め、地方創生につなげる。…
カテゴリー:

現役地方銀行員が語るウチの地方創生 第1回 「キャッシュレス」「フィンテック」を活用した地域経済活性化への取組み - 01月18日(木)08:30 

「(アップル社の)iPhoneのようなイノベーティブな金融サービスを創りたい」―― ふくおかフィナンシャルグループ(以下、ふくおかFG)のスマートフォンをベースとした金融サービスプラットフォーム「iBank」(アイバンク)は、そんな想いから始まりました。
カテゴリー:

13,000名が聴講する巨大カンファレンス開催! ~地方創生 EXPO~ - 01月17日(水)10:00 

[リード エグジビション ジャパン株式会社] 2月21日 (水) から23日 (金) の3日間、幕張メッセで開催される第1回 地方創生EXPOの同時開催イベントとして、連日行われる講演に注目が集まっている。 初回から豪華な講師陣が揃うなか、注目は衆議院議員 ...
カテゴリー:

『「未来の教室」とEdTech研究会』を設置します~産業と地方創生の未来を切り拓く人材育成の場とEdTechの姿を考えます~ - 01月16日(火)18:00 

世界各国では「創造性」「課題解決力」「科学技術」を重視した教育改革が進み、様々なEdTech(革新的な教育・人材開発技法)の教育現場への実装が進んでいます。
カテゴリー:

【大学】東京一極集中是正 23区大学 定員抑制「原則10年間」 恒久化、反発受け見送り - 01月16日(火)10:29  newsplus

一極集中是正法案ポイント 東京一極集中の是正に向け、地方にある大学の振興や地方での若者就労促進を図る政府の関連法案の概要が十五日、判明した。焦点とされた東京二十三区の大学の定員増を認めない禁止措置に関して、「原則十年間」としたのが柱だ。地方の大学が若者を引き付けるための取り組みを後押しする交付金を創設することも明記している。政府筋が明らかにした。 東京の大学の定員増を禁止する期間を恒久化する案も一時検討されたものの、都側などの反発で見送った。政府は今月二十二日召集の通常国会に法案を提出する...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「地方創生」の画像

もっと見る

「地方創生」の動画

Wikipedia

地方創生(ちほうそうせい)とは、第2次安倍政権で掲げられた、東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした一連の政策であるをもとに編集まち・ひと・しごと創生本部>関係法令・閣議決定等2015年12月26日閲覧。2014年(平成26年)9月3日の第2次安倍改造内閣発足時の総理大臣記者会見で発表された平成26年9月3日 安倍内閣総理大臣記者会見をもとに編集首相官邸2014年9月3日。ローカル・アベノミクスともいうまち・ひと・しごと創生本部>関係法令・閣議決定等2015年12月26日閲覧。

概要

日本の人口構造の推移と見通し。全体の人口減少と同時に65歳以上の人口(青)の割合が上昇する。 赤の太線は2030年に出生率が1.8程度、2040年に2.07程度に上昇した場合の人口の推移予測。 加速度的に進む日本全体の人口減少は、日本の経済社会にとって大きな重荷であり、今後も続くと推計される東京圏への人口流入に起因する、地方から始まり都市部へと広がる人口減少の是正のため、各地域の人口動向や将来の人口推計(地方人口ビジョン)、産業の実態や、国の総合戦略などを踏まえた、地方自治体自らによる「地方版総合戦略」の策定と実施に対して、国が情報・人材・財政の各種支援を、地方の自立性、将来性、地域性、直接性、そして結果重視の原則に即して行いをもとに編集まち・ひと・しごと創生本部>施策等2015年12月26日閲覧、地方における安定した雇用の創出や、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる