「地方分権」とは?

関連ニュース

20世紀を繁栄させた「石油時代」が終わり、第二の原始時代が始まる - 08月15日(火)04:45 

賛否両論あった前回掲載の記事「さよなら資本主義。日本が「失われた20年」で学んだ意外な経済革命」で、今後期待される「地産地消経済」のシステム作りは日本がリードできるとの見方を示した、メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さん。今回はさらに一歩踏み込み、今後石油に変わって自然エネルギーが普及していくことで、世界は「植生文明」に突入していくと持論を展開。その「植生文明」とは何かについて詳しく解説しています。 地産地消経済は植生文明 地産地消経済は、植生文明でもある。ルネサンス(復古革命)である。 地産地消経済とは 前回(地産地消経済の成立条件は)の復習になるが、地産地消経済は、植物由来の材料、自然エネルギー、植物性食料などから成り立つことになる。材料はセルロースナノファイバーから各種の材料を生産できるようになり、鉄・アルミなどの金属製品を代替、プラスチックなどの石油由来の材料はほとんどすべてを代替できる。 エネルギーは、再生可能エネルギーになり、自然エネルギーの不安定性をリチウム固体型電池、燃料電池、圧縮空気、レッドストック・フロー電池などで安定化することになる。 そして、食糧革命が起きている。動物性食料、肉などが植物性食料に置き換わってきている。植物性食料の方が人口維持能力が高いので、植物性食糧に置き換わるし安い。味が同じなら肉から代替肉になる。 ということで見てきたように...more
カテゴリー:

【政権交代可能な二大政党制】細野豪志元環境相、若狭勝衆院議員と都内で会談 政策協議継続へ、双方が新党を構想 - 08月12日(土)00:02  newsplus

産経ニュース、2017.8.11 22:46更新 http://www.sankei.com/politics/news/170811/plt1708110019-n1.html  民進党を離党した細野豪志元環境相は11日夜、東京都内で政治団体「日本ファーストの会」代表の若狭勝衆院議員と会談した。両氏はそれぞれ新党を立ち上げる意向を表明しており、会談では今後の連携を視野に、政策協議を継続していくことで一致した。  細野氏は会談で「政策のすり合わせは時間をかけてやりたい」と強調した。会談後、記者団には「(若狭氏から)政権交代可能な二大政党制を作りたいとの思いを感じた。慌て...
»続きを読む
カテゴリー:

「地方分権」の画像

もっと見る

「地方分権」の動画

Wikipedia

地方分権(ちほうぶんけん)は、特に政治行政において統治権中央政府から地方政府に部分的、或いは全面的に移管する事を指す。対義語は中央集権

政治・行政以外の組織体では、分権組織と呼ぶ場合もある。

特徴

総じて地方主義にとっては有用であり、逆に国家主義の面からは反対される部分が大きい。

長所
  • 地方地域がそれぞれの事情に合った、より適切で柔軟な統治を行うことができる。
  • 特定の地方に分離独立運動が存在する場合、完全な独立と強制的な従属の折衷案となる。
  • 中央政府が機能不全に陥った場合、国家統治のバックアップとして機能する。
短所
  • 中央政府の権限が縮小されるため、国家全体での行動を起こす際により多くの調整が必要となる。そのため治安、国防といった面の弱体化が懸念される。また国家の根本である徴税能力も低下する可能性がある...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる