「地方分権」とは?

関連ニュース

小池百合子も枝野幸男も、みんな「日本新党」だった、かつての門下生たちが激突、総選挙、本日 - 10月22日(日)11:00 

第48回衆議院議員総選挙は、きょう投開票が行なわれる。今回の選挙に際しては、小池百合子東京都知事を代表に、民進党から前原誠司代表ら一部議員が合流する形で新たに「希望の党」が発足した。民進党が事実上の解体となる一方で、希望の党に合流しない枝野幸男氏ら同党の議員によって「立憲民主党」が結成される。時をさかのぼれば、今回の選挙で台風の目となった小池氏も、前原氏も、そして枝野氏も、政治家としてスタートを切ったのは同じ政党だった。その政党の名は「日本新党」という。日本新党は1992年5月、前年まで熊本県知事を務めていた細川護熙氏がまず一人で立ち上げた。このあと党員を募って、同年7月の参院選では細川・小池両氏ら4人が比例区で当選する。翌93年4月の東京都議会選挙では20議席を獲得したのに続き、7月の総選挙では、参院から鞍替えした細川氏と小池氏を含む57人が立候補し、うち35人が当選する大躍進となった。選挙後、8月には、新生党・新党さきがけ・日本社会党・公明党・民社党・社会民主連合などと連立し、細川を首相とする非自民政権が誕生する。このとき日本新党から出馬して当選した35人には、細川・小池両氏をはじめ、枝野幸男、前原誠司、野田佳彦(元首相)、海江田万里(元民主党代表)、長浜博行(元環境相、現参院議員)、伊藤達也(元金融担当相)、河村たかし(現名古屋市長)、松沢成文(前神奈川県知事)、中田宏(前横...more
カテゴリー:

関西プレスクラブ:井戸・兵庫知事が地方分権改革で講演 - 10月11日(水)20:18 

 関西プレスクラブの定例会が11日、大阪市内で開かれ、関西広域連合長の井戸敏三・兵庫県知事が「地方分権改革と関西広域連合」と題して講演した。  関西広域連合は2010年に2府5県で発足し、これまでに大阪や神戸など4政令市と奈良県が加わった。
カテゴリー:

小池百合子の「三都物語」崩壊w 愛知県知事「合同街頭演説はもうやらない。希望への支援も見送り」 - 10月11日(水)13:31  news

3知事演説会は行わず=希望への支援も否定-大村愛知知事【17衆院選】  愛知県の大村秀章知事は11日の定例記者会見で、これまで実施する方針を示していた 希望の党代表の小池百合子東京都知事、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事との合同街頭演説会について、 衆院選期間中は行わない考えを明らかにした。希望への支援も見送る。  大村氏は会見で、小池、松井両氏が7日に東京・銀座で実施した合同演説会に言及し、 「希望の党の演説会ということだったので、少し違うのかなと遠慮させていただいた」と説明した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

知事会が各党公約評価、与党に高得点 19知事の平均値 - 10月08日(日)19:22 

 全国知事会(会長・山田啓二京都府知事)は8日、各党が発表した衆院選(10日公示)の公約について、地方分権や人口減少対策など地方に関係する観点で評価し、結果を公表した。 「地方自治の強化」「地方創生の…
カテゴリー:

【総選挙】「都民ファースト」都議、劣勢に焦り 「小池さん人気ではね返せるか」 小池氏は地方分権確立を強調 ★2 - 10月08日(日)13:56  newsplus

「都民ファースト」都議、劣勢に焦り 「小池さん人気ではね返せるか」 小池氏は地方分権確立を強調 2017.10.8 07:48 http://www.sankei.com/politics/news/171008/plt1710080016-n1.html  希望の党代表として7日、街頭演説した東京都の小池百合子知事。日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と減税日本を率いる河村たかし名古屋市長とともに壇上に立った小池氏は「地方分権確立のため、(3人で)連携をとってしっかり進めたい」と訴えた。一方、希望の党を支える都民ファーストの会所属都議は「劣勢が続いている。小池さんの人...
»続きを読む
カテゴリー:

国権か民権か。衆院総選挙前に改めて考える「リベラル」の定義 - 10月16日(月)20:00 

10月3日に枝野幸男氏が結党するや、衆院選においてリベラル派候補者が集う第三極としてみるみる存在感が増した立憲民主党。しかしながら、そもそもどのような主義・信条をして「リベラル」とするのでしょうか。今回のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では著者でジャーナリストの高野孟さんが、150年の日本の近代政治史を紐解きながら、「日本的リベラル」について解説しています。 立憲民主党は「下からの民主主義」をめざす──日本的リベラルとはつまり民権主義のことなのだ! 立憲民主党の枝野幸男代表は、演説の中で必ず「もう右でも左でもない。上からか、下からか、だ。今までの政治は、上から目線の政治だった。立憲民主党は暮らしの現場からの、草の根からの、下からの民主主義を前に進める」と述べている。 希望の党の小池百合子代表も「右でも左でもない」と言っているが、ではどこなのだというと「ド真ん中のフェアウェイだ」そうで、これは右か左かという横の座標軸の設定を認めた上で、その真ん中を狙うという「中道」路線になる。それだと、民進党から真っ先に希望へ流れた細野豪志氏とも同じ、平面的な発想である。 それに対して枝野氏は、「もはや、右か左かという座標で政治は語れない。そうではなくて、上からか下からかだ」と、縦の方向に問題を立体化して捉え直しているのである。 この「下からの」が、実は立憲民主党のキーワードである。 ...more
カテゴリー:

衆院選:大村・愛知知事は「三都」の街頭演説に不参加 - 10月11日(水)20:06 

 愛知県の大村秀章知事は衆院選の選挙期間中、希望の党代表の小池百合子東京都知事と日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事との合同街頭演説に参加しない方針を明らかにした。3知事は共同構想「三都物語」を発表し連携して地方分権を進めるとしているが、大村知事は11日の定例記者会見で「(政党演説会への参加は)遠慮していきたい」と述べた。
カテゴリー:

これは地域vs全国の戦いだ。どうなる、「小池劇場」選挙の行方 - 10月09日(月)04:30 

衆院解散の前後から、日本の政界を取り巻く状況は日々めまぐるしく変わっています。小池都知事が「希望の党」を結党したかと思えば、前原氏率いる民進党と合流するなど、公示直前になって状況は混沌としてきました。はたして、この選挙の争点はどこにあるのでしょうか? 今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、今話題の「希望の党」の本質を検証し、組閣や9条改正など選挙後の政局までを大胆に予測しています。 どうなる、「小池劇場」選挙 小池都知事の代表就任で小池新党を希望の党と命名、民進党議員を選択し、維新の会と連携。これで大きな枠組みができたようである。全国政党の自民・公明 VS 地域政党の維新・希望である。 0. 地域対全国の戦いに 地方政党も全国政党も安全保障政策は大きな争点にならない。どちらの党も安保法制に賛成している。靖国参拝もしている。 というより、維新・希望のほうがタカ派である可能性が高い。憲法9条に自衛隊を載せるだけの全国政党に対して、維新・希望は米国との対等な相互防衛条約締結を言い出す可能性もある。このため、北朝鮮対応は、維新・希望がより優れた対応になる。そうすると、憲法9条2項の改正を主張することになる。 このように不毛なイデオロギー論争はなくなる。お友達の優遇として、加計学園や森友学園の非難は出るが、それより国内政策の論争になることが確実である。 争点は、消費...more
カテゴリー:

【衆院選】公約評価、トップは自民。公明2位、希望は3位。全国知事会 - 10月08日(日)19:04  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000071-jij-pol 全国知事会は8日、衆院選公示を10日に控え、与野党8党の政権公約について 評価結果を発表した。トップは自民党の73.3点で、以下、公明党72.1点、 希望の党64.5点、立憲民主党60.3点、日本維新の会60.0点などの順だった。   評価基準は「地方自治、地方税財源の充実強化」「持続可能な社会保障制度の確立」 など10項目で、合計点数は100点。19知事の採点結果を平均した。評価の取りまとめに 当たった飯泉嘉門徳島県知事は記者会見で「日本が今後発展を遂げる...
»続きを読む
カテゴリー:

【総選挙】「都民ファースト」都議、劣勢に焦り 「小池さん人気ではね返せるか」 小池氏は地方分権確立を強調 - 10月08日(日)09:43  newsplus

「都民ファースト」都議、劣勢に焦り 「小池さん人気ではね返せるか」 小池氏は地方分権確立を強調 2017.10.8 07:48 http://www.sankei.com/politics/news/171008/plt1710080016-n1.html  希望の党代表として7日、街頭演説した東京都の小池百合子知事。日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事と減税日本を率いる河村たかし名古屋市長とともに壇上に立った小池氏は「地方分権確立のため、(3人で)連携をとってしっかり進めたい」と訴えた。一方、希望の党を支える都民ファーストの会所属都議は「劣勢が続いている。小池さんの人...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「地方分権」の画像

もっと見る

「地方分権」の動画

Wikipedia

地方分権(ちほうぶんけん)は、特に政治行政において統治権中央政府から地方政府に部分的、或いは全面的に移管する事を指す。対義語は中央集権

政治・行政以外の組織体では、分権組織と呼ぶ場合もある。

特徴

総じて地方主義にとっては有用であり、逆に国家主義の面からは反対される部分が大きい。

長所
  • 地方地域がそれぞれの事情に合った、より適切で柔軟な統治を行うことができる。
  • 特定の地方に分離独立運動が存在する場合、完全な独立と強制的な従属の折衷案となる。
  • 中央政府が機能不全に陥った場合、国家統治のバックアップとして機能する。
短所
  • 中央政府の権限が縮小されるため、国家全体での行動を起こす際により多くの調整が必要となる。そのため治安、国防といった面の弱体化が懸念される。また国家の根本である徴税能力も低下する可能性がある...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる