「地方分権」とは?

関連ニュース

衆院憲法審査会:地方分権進展で参考人から意見聴取 - 04月20日(木)13:03 

 衆院憲法審査会(森英介会長)は20日午前、「国と地方のあり方」をテーマに4人の参考人から意見を聞いた。大津浩明治大教授は、地方分権の進展に向けて「合理性が相当あれば、地方の条例が(法律に)優越することを認めるべきだ」と主張。憲法94条が定める「法律の範囲内で条例を制定することができる」との規定を念頭に、「憲法改正はあり得る」と指摘した。
in English
カテゴリー:

琉球新報「自民党県連が辺野古容認、政府と党本部を説得するのが矜持だろ。沖縄保守の伝統がー!」 - 04月11日(火)10:44 

自民党県連は第48回県連大会を開き、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を「容認」する方針を決めた。 「辺野古移設を含むあらゆる可能性を追求する」という方針を転換した。 しかし「辺野古が唯一」との方針を変えない安倍政権に対して「あらゆる可能性」を模索するよう、政府と党本部を説得するのが沖縄保守の矜持(きょうじ)ではないか。 かつて県外移設を公約に掲げた県連は説明責任を果たすべきだ。 大会では「最高裁判決に従い辺野古の代替施設への移設を容認する以外に具体的かつ現実的な方策は見いだせない」と...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「地方分権」の画像

もっと見る

「地方分権」の動画

Wikipedia

地方分権(ちほうぶんけん)は、特に政治行政において統治権中央政府から地方政府に部分的、或いは全面的に移管する事を指す。対義語は中央集権

政治・行政以外の組織体では、分権組織と呼ぶ場合もある。

特徴

総じて地方主義にとっては有用であり、逆に国家主義の面からは反対される部分が大きい。

長所
  • 地方地域がそれぞれの事情に合った、より適切で柔軟な統治を行うことができる。
  • 特定の地方に分離独立運動が存在する場合、完全な独立と強制的な従属の折衷案となる。
  • 中央政府が機能不全に陥った場合、国家統治のバックアップとして機能する。
短所
  • 中央政府の権限が縮小されるため、国家全体での行動を起こす際により多くの調整が必要となる。そのため治安、国防といった面の弱体化が懸念される。また国家の根本である徴税能力も低下する可能性がある...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる