「地方公共団体」とは?

関連ニュース

【IT障害】マイナンバーカード発行システムのバージョンアップで不具合 - 04月29日(土)09:59 

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/042801327/?rt=nocnt  地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は2017年4月28日、自治体がマイナンバーカードの交付に使うシステムのソフトウエアをバージョンアップした端末で不具合が発生したと明らかにした。ログを解析しながら原因を分析中で、早期に改修する予定という。  J-LISによるとカード管理業務で利用する端末の機能向上のため、人口規模に応じて自治体に複数設置される「市町村統合端末」と、自治体ごとに設置する「住基ネットCS(住民基本台帳ネットワークシステム コミ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

〈医療費窓口無料〉県の「現物給付」、これまで後手に - 04月27日(木)10:03 

 子どもの医療費を医療機関の窓口で立て替え払いせずに済む「現物給付」の制度は全国22の地方公共団体が導入しているほか、「現物給付」といったん窓口で立て替える「償還払い」との併用は16団体に上っている。県と同じく「自動償還」や「償還払い」制度のみは8団体で、県の「現物給付」への取り組みはこれまで後...
in English
カテゴリー:

北朝鮮ミサイル危機で頼るべきは自衛隊でなく地方自治体【評論家・江崎道朗】 - 04月26日(水)08:52 

【江崎道朗のネットブリーフィング 第10回】 トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う! ◆日本の安全保障の転換点となった4月21日  4月21日は、日本の安全保障の転換点として将来記憶されることになるだろう。  1950年6月25日に始まった朝鮮戦争のときも、九州では空襲警報が鳴ったことがあるが、実に67年ぶりにリアルな危機が押し寄せてきている。  そこで4月21日、菅官房長官が記者会見において、ミサイル攻撃を受けた際、身を守るためにとるべき行動をとりまとめ、内閣官房のホームページにある「国民保護ポータルサイト」に掲載したことを報告した。  さらに菅官房長官は、都道府県の国民保護担当者を集めて対策会議を実施したこともこう報告した。 《地方公共団体に対してその旨を通知し、住民への広報について協力を要請したほか、都道府県の国民保護担当者に対する説明会を、本日開催することといたしております。政府としては、引き続き、米国、韓国等と緊密に連携をとりながら、いかなる事態にも対応することができるよう、緊張感をもって、情報収集、警戒監視等万全を期してまいりたいと思います》  この記者会見のポイントは、二つ。  第一に、ミサイル攻撃を受けることを想定して官房長官が記者会見で「自分の身は自分で守るしかない」と国...more
in English
カテゴリー:

下水道、くらしを支え、未来を拓く「下水道展’17東京」 8月1日~4日 東京ビッグサイトで開催 - 04月25日(火)10:30 

[公益社団法人 日本下水道協会] 下水道展は、下水道管理者である全国の地方公共団体等を対象に、下水道に関する技術・機器を一堂に会し、展示・紹介される、国内最大の下水道イベントです。現在、日本国内においては、老朽化が進む下水道インフ...
in English
カテゴリー:

【北朝鮮情勢】山形でも北ミサイル避難訓練実施へ 危機感高まる日本海沿岸 - 04月19日(水)09:28 

北朝鮮をめぐる情勢が緊迫度を増す中、日本海沿岸の自治体で危機感が高まっている。 山形県の吉村美栄子知事は18日、弾道ミサイルの落下を想定した住民の避難訓練を行う意向を表明。昨年8月と今年3月、 男鹿半島沖にミサイルが落下し、国内初の避難訓練を実施した秋田県では、関連部署が危機管理体制を強化している。 吉村知事は会見で「山形県も日本海側にあり、万が一の場合にも対応できるよう、なるべく早期に訓練を実施したい」と述べた。 今後、実施時期や規模などを市町村と協議する。 弾道ミサイル落下を想定した避難...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

J-LIS、マイナンバーカード発行システムのバージョンアップで不具合(ニュース) - 04月28日(金)20:15 

 地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は2017年4月28日、自治体がマイナンバーカードの交付に使うシステムのソフトウエアをバージョンアップした端末で不具合が発生したと明らかにした。ログを解析しながら原因を分析中で、早期に改修する予定という。
in English
カテゴリー:

CSOとCIOが語る、攻撃への対処法と愛用のセキュリティ製品(後)(CSOとCIOが語る、攻撃への対処法と愛用のセキュリティ製品) - 04月27日(木)06:00 

 地方公共団体でのIT管理には、他の企業や組織とは異なる独自の課題がある。職員は、業務の遂行に役立つ情報を見つけるために、さまざまなウエブサイトにアクセスする必要がある。例えば、警察や法執行機関の捜査官が調査を進めた結果、「ダークウエブ」のサイトに至ることは多々ある。
in English
カテゴリー:

情報流出で停止していた「都税カード払いサイト」再開 「.tokyo」から「.lg.jp」に移行 - 04月25日(火)16:48 

サイトのURLは「https://zei.tokyo/」から、地方公共団体のみが使用できる「.lg」ドメインを使った「https://zei.metro.tokyo.lg.jp/」に変更したが、問題も指摘されている。
in English
カテゴリー:

本当に賭け事に強い都道府県はどこ?収益・損失金額ランキング カジノへの関心度も調査! - 04月24日(月)06:00 

at home VOXでは「好きではなくても経験あり ギャンブルに関する意識調査とみんなのエピソード」、「商い上手は賭け事上手? みんながイメージする賭け事が強そうな都道府県」で、「ギャンブル」についてアンケートしてきました。※ここでの「ギャンブル」とは、主に「公営賭博」(地方公共団体が施行する競馬・競輪・競艇・オート-レース・宝くじの通称。 公営ギャンブル。『大辞林』第三版より)のことを指しています。そして今回は最終回として、実際にギャンブル経験者が多い地域や、儲かった平均金額の高い、賭け事に強い地域を分析してみます。Q.「ギャンブル」をやったことはありますか?「はい」が多かった経験者の多い都道府県は、栃木と愛知。ちなみに、1位の愛知は前回調べた賭け事が強そうなイメージの都道府県で5位でしたね! 一方、未経験者が多かったのは愛知の隣の岐阜でした。近いのに正反対なのはなぜでしょう?経験の次は、好みを見てみましょう。Q.「ギャンブル」は好きですか?ギャンブル好きが多かった地域のトップは埼玉で32.3%。そして、2位の宮城と4位の東京は、ともに先ほどのギャンブル経験ランキングでも上位にランクインした地域。経験者だけでなく、愛好家も多いようです。一方、「いいえ」の回答率が高かった石川で、その割合は7割以上にのぼりました。さらに、各都道府県での実績、つまり儲かった/損失した金額についても調...more
in English
カテゴリー:

好きではなくても経験あり ギャンブルに関する意識調査とみんなのエピソード - 04月19日(水)06:00 

「ギャンブル」と聞くとあまり良いイメージではない人が多いかもしれませんが、日本ではいわゆる「公営競技」として競馬や競輪、競艇、オートレース、また「公営くじ」として宝くじやスポーツくじなどがあります。最近では昨年末に、いわゆる「カジノ法案」が成立し、話題にもなりましたね。ラッキーな経験をすることもあれば、あまりのめり込みすぎると手痛い損失になってしまうこともある「ギャンブル」。at home VOXでは今回、そんな「ギャンブル」についてアンケートを実施。結果を性別・世代別に分析してみました。「ギャンブル」は好きか、やったことはあるか、さらにラッキー・アンラッキー経験談など、気になる疑問を通して、賭け事に対するみんなの意識の違いを見てみたいと思います。※ここでの「ギャンブル」とは、主に「公営賭博」(地方公共団体が施行する競馬・競輪・競艇・オート-レース・宝くじの通称。 公営ギャンブル。『大辞林』第三版より)のことを指しています。Q.「ギャンブル」は好きですか?(性別・年代別の回答結果)■男性■女性そもそも「ギャンブル」が好きかと言われれば、好きな人は少数派。年代別に見ると、男女とも若い人ほど好きではないようですね。やはりイメージが悪いのでしょうか。では、経験の有無に関してはどうでしょう。Q.「ギャンブル」をやったことはありますか?(性別・年代別の回答結果)■男性■女性男性は全年代で過半...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「地方公共団体」の画像

もっと見る

「地方公共団体」の動画

Wikipedia

地方公共団体(ちほうこうきょうだんたい、、)は、領土・人等の、全部ではなく一部を、支配・統治する行政機関(あるいは行政機関の集まり)のことであるブリタニカ百科事典【地方公共団体】。地方政府(ちほうせいふ)、地域政府(ちいきせいふ)、地方自治体(ちほうじちたい)などともいう。

概説

支配や統治を国家に全てゆだねるのではなく、領域内で自治(地方自治)を行い、法令で定められた自治権を行使する。領域内だけで有効な法令・規則類(条例 等)を定める権限も持つことが一般的である。

英語では、地方・地域ごとの統治機構(統治組織)を「local government ローカル・ガバメント」と言う。(なお、行政の区域だけを指すときはadministrative divisionなどというが、これは組織を指しておらず、別概念である。)中国語では「○○政府」という。

「国家からの統治 vs 自治」という対比に重点を置いた場合は「地方自治体」と呼ぶ。日本語では短く「自治体」と呼ばれることも多い。

日本の国内法上での用語は(かつて日本はあまり民主的とは言えない風土の国であった歴史的経緯などもあり1963年の最高裁判決文でも、非民主的であった過去には言及されている。第2次大戦前...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる