「地方公共団体」とは?

関連ニュース

地方教育費、平成27年度は16兆1,964億円…2年連続の増加 - 06月23日(金)14:00 

 文部科学省は6月22日、「平成28年度地方教育費調査(平成27会計年度)」の中間報告を公表。平成27年度に支出された地方教育費総額は、2年連続増加し16兆1,964億円となった。このうち、学校教育費は前年度比0.9%増の13兆6,263億円だった。 文部科学省は、学校教育、社会教育、生涯学習関連、教育行政のために地方公共団体から支出された経費(決算額)の状況を明らかにするため、地方教育費調査を昭和24会計年度から毎年実施されている。調査の対象は、都道府県・市町村の教育委員会、公立の幼稚園、幼保連携型認定こども園、小学校、中学校、特別支援学校、高等学校、中等教育学校、専修学校、各種学校及び高等専門学校(公立大学法人が設置する高等専門学校を除く)。 平成27年度に支出された地方教育費総額は、16兆1,964億円。前年度より1,018億円(0.6%)増となり、2年連続で増加した。教育分野別にみると、「学校教育費」が前年度比0.9%増の13兆6,263億円、「社会教育費」が前年度比1.0%減の1兆6,141億円、「教育行政費」が前年度比0.2%増の9,560億円。「学校教育費」「教育行政費」は2年連続の増加、「社会教育費」は3年ぶりに減少に転じた。  学校種類別の学校教育費では、「小学校」6兆867億円、「中学校」3兆4,656億円、「高校(全日制)」2兆5,919億円。今回調査から対象...more
カテゴリー:

【ちきりん】「日本の生産性」は、どうして低すぎるのか - 06月17日(土)17:17 

今回、東洋経済新報社が開催した「超・生産性会議」では、重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長、キャリア形成コンサルタントの伊賀泰代氏、そして、まちビジネス事業家でエリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉氏の3人に問題点を整理してもらい、議論を交わしてもらった。 中略 問題は「現場」よりも「マネジメント側」にあり 人材コンサルタントの伊賀泰代氏は、工場以外の生産性という前提で、日本企業の生産性の問題は、現場よりもマネジメント側にあると指摘した。 「生...
»続きを読む
カテゴリー:

「地方公共団体」の画像

もっと見る

「地方公共団体」の動画

Wikipedia

地方公共団体(ちほうこうきょうだんたい、、)は、領土・人等の、全部ではなく一部を、支配・統治する行政機関(あるいは行政機関の集まり)のことであるブリタニカ百科事典【地方公共団体】。地方政府(ちほうせいふ)、地域政府(ちいきせいふ)、地方自治体(ちほうじちたい)などともいう。

概説

支配や統治を国家に全てゆだねるのではなく、領域内で自治(地方自治)を行い、法令で定められた自治権を行使する。領域内だけで有効な法令・規則類(条例 等)を定める権限も持つことが一般的である。

英語では、地方・地域ごとの統治機構(統治組織)を「local government ローカル・ガバメント」と言う。(なお、行政の区域だけを指すときはadministrative divisionなどというが、これは組織を指しておらず、別概念である。)中国語では「○○政府」という。

「国家からの統治 vs 自治」という対比に重点を置いた場合は「地方自治体」と呼ぶ。日本語では短く「自治体」と呼ばれることも多い。

日本の国内法上での用語は(かつて日本はあまり民主的とは言えない風土の国であった歴史的経緯などもあり1963年の最高裁判決文でも、非民主的であった過去には言及されている。第2次大戦前...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる