「地政学リスク」とは?

関連ニュース

急落するドル、一時105円台半ば 慶応、勝ったり負けたりの売買で...... - 02月20日(火)07:00 

ドル円相場が荒れた。米国債利回りの上昇や米連邦準備制度理事会(FRB)が数か月内に利上げするとの観測が強まるなどのドル高材料が少なくないにもかかわらず、日本銀行の国債買い入れ規模の縮小(テーパリング)への警戒感と、国内機関投資家による米国債の償還や利払いに絡んだ円買いなどを受けて円高ドル安が進んだ。東京外国為替市場の円相場は1ドル108円台後半から、2018年2月16日には105円台半ばまで下落。この日は政府が国会で、黒田東彦日銀総裁の続投を示すなどの動きがあったものの、市場は「想定内」の予測で、円高傾向に歯止めがかからなかった。 こうした動きに、慎重を期す早稲田の唯光、身を乗り出す明治RWと慶応の石油王。それぞれの見立ては...... 昨年9月8日の安値更新、予想以上の急落(早稲田) 2月13日(火) トレンドの底が形成されている雰囲気が漂うと解釈してきたが、今日の相場には、下降トレンドの底を更新する形となった。安値が107.398円をつけ、直近の安値である2017年9月8日の107.309円に匹敵する値を出した。大陰線(売りシグナルとなるローソク足。上下にヒゲがなく、相場の始まりから終わりまで終始売られた状況)であることから、下降トレンドはいまだ形成途中であるようだ。 しかし、9月8日の安値を突破はしなかったことから、新しいポジションをとることは見送った。 2月15日(木) 今...more
カテゴリー:

激しい値動きも、きっちり稼ぐ! テスト明け、早明慶「プラス」でそろい踏み - 02月13日(火)17:28 

ドル円相場は激しい値動きとなった。2018年2月5 日に110 円台前半だったドル円相場は、一時110.29円の高値をつけたが、米国株の大幅な下落を受けて日経平均株価が大きく値を下げる動きなると109円台後半まで急落した。 米国株がさらに下落すると、日経平均株価も暴落。ドル円は一時108円46銭をつけたが、株価が下げ幅を縮小すると109円台に回復。とはいえ、米株安・金利上昇がくすぶる展開が続き、ドル円相場は108円前半~半ばで推移した。早稲田大の唯光、明治大のRW、慶応大の石油王はそろってテスト明け。さっそく取引に打ち込み、利益をあげた。 作戦成功! OCO注文でプラスを確保(早稲田) 2月6日(火) 指値で注文していたOCO注文(「One Cancels the Other」の略で、一度に二つの注文を発注して、どちらかの注文が約定したら別の注文が取り消される方法)が、きょう約定した。 13時48分に、注文価格である108.500円で100ドルの売りポジションが決済された。実現損益がプラス209円、スワップの合計がマイナス11円。前週からの損益が、プラス198円という結果になった。 直近のサポートライン(=支持線。為替レートが過去に何度かその水準で下げ止まった価格帯をいう)となっているのは108.50円付近が有力であると考えて、この値段に指値注文を入れていた。これまでOCO注文は入...more
カテゴリー:

「地政学リスク」の画像

もっと見る

「地政学リスク」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる