「地政学リスク」とは?

関連ニュース

【航空】エミレーツ航空、中型機「787」初導入 40機1.7兆円 - 11月12日(日)23:30  bizplus

中東最大の航空会社、エミレーツ航空は12日、米ボーイングから中型機「787―10」を40機購入すると発表した。機器類を含めたカタログ価格は151億ドル(約1兆7000億円)に達する。同日始まったドバイ航空ショーでボーイングと合意を交わした。  今回の合意は契約確定の前段階だが、エミレーツによる「787」導入は初めて。燃費効率に優れた中型機の導入によって、欧州エアバスの総2階建て機「A380」とボーイングの大型機「777」に偏った編成を見直す。  エミレーツのアハメド・アルマクトゥーム会長によると、「787」の納入は2022年...
»続きを読む
カテゴリー:

コラム:世界経済と日銀緩和、日本に追い風 死角は地政学リスク - 11月08日(水)06:54 

[東京 7日 ロイター] - 日本経済にとって、アベノミクススタート直後の2013年以来の追い風が吹いている。世界経済が回復基調を続けるなか、米欧日の中銀の政策スタンスの「差」を意識した日本株への資金流入が背景にある。米長期金利<US10YT=RR>の上昇が緩やかであるため、景気拡大の波は長期化しそうで、その点でも日本経済にはプラスとなる。「死角」なしに見える前途にあるリスクは、北東アジアと中東の地政学リスクではないか。
カテゴリー:

【高論卓説】北、中東の懸念消えない偶発的衝突 - 11月10日(金)05:59 

 日本経済にとって、アベノミクス・スタート直後の2013年以来の追い風が吹いている。世界経済が回復基調を続ける中、米欧日の中央銀行の政策スタンスの「差」を意識した日本株への資金流入が背景にある。米長期金利(10年債利回り)の上昇が緩やかであるため、景気拡大の波は長期化しそうで、その点でも日本経済にはプラスとなる。「死角」なしに見える前途にあるリスクは、北東アジアと中東の地政学リスクではないか。
カテゴリー:

「地政学リスク」の画像

もっと見る

「地政学リスク」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる