「地域再生」とは?

関連ニュース

ふるさとに帰って蕎麦屋になる。離島でよみがえった屋号。 - 11月18日(土)17:00 

新潟市内の港から、日本海を進むこと約1時間。そこには”離島”という言葉よりも実際にはずっと大きい佐渡島(さどがしま)がある。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。しかし、そんな佐渡のとある集落に、多くのお客さんがわざわざ各地から出向いてでも食べに行く、という蕎麦屋「茂左衛門(もぜむ)」がある。ここで蕎麦を打つ理由Photo by 伊藤ヨシユキ佐渡の港町、両津で生まれ育った店主の齋藤和郎(さいとうかずお)さんは、多くの佐渡出身者がそうであるように、進学を機に東京へ出た。「将来的にはいつか佐渡島に戻って、地元のためになることをしたい」という思いを抱えながら、卒業後は東京で地域計画のコンサルタントとして勤務。しかし当時は、まだバブル景気が残る時代。地域おこしといえば常に建設計画が中心だった。果たして大型の建物を中心にした地域再生計画が本当に佐渡にとって必要なことなのか。それ以外にもっと個人サイズのことで何かできないだろうか。さまざまな考えをめぐらせる日々を過ごしていたという。「何かひとの手で作れるもので、佐渡の良さが活きることを学びたい」元々なにかを作ることが好きだった彼は、島のためになる「学び」を模索し始める。そして、尊敬する歴史家から「佐渡島における蕎麦...more
カテゴリー:

鳥取県がJK課を開設。JKら16人が体を張って地域活性化へ 関係者「少子化対策に重点を置きたい」 - 10月25日(水)15:20  news

鳥取県日野町が地域づくりに情熱を燃やす高校生ボランティアの活動拠点に役場庁舎を開放し、新たに「JK(地元改革)課」を立ち上げる。 「課長」を含む構成員は地元の日野高校や米子南高校に通う16人の生徒たち。 1人を除く全員が女子で、11月1日の辞令交付を受け、地域再生に向けたイベントの自主企画や町のPR、政策提言など幅広い”業務”をこなす。 町条例で定める正規の行政組織ではないが、関係者は「少子高齢化にあえぐ地域に若者の風を吹き込みたい」と期待を寄せる。 日野町「JK課」立ち上げ 女子高生の力で地...
»続きを読む
カテゴリー:

いつまで東京が面倒見るの? 地方創生を急がないとヤバい理由 - 11月12日(日)11:00 

いつも読者からの質問に回答してくれる、メルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』の著者で人気コンサルの永江一石さん。今回は、近年マスコミでも取り上げられる「地方創生」についての質問です。日本の地方が廃れるのは「自然の摂理」とし、地方創生=善という流れに疑問を投げかける質問者に対して、永江さんはどう答えたのでしょうか? そもそも何のために地方再生はすべきなのか Question news picksなどの記事を見ていると、定期的に地方再生をテーマにした記事を見かけます。 私は毎回少し違和感を感じるのですが、どの記事も地方創生=善、という大前提で書かれていますが、そもそも何のために地方再生はすべきなのでしょうか? 確かに廃れるよりは活気がある方が良いと思いますが、需要のない不便な地域を無理やり再生することは、自然淘汰を妨げる気がします。東京一極集中のリスクヘッジでしょうか?地域再生の必要性について、永江様のご見解を教えてください。 永江さんからの回答 地方創生=善、ということでもなくて、根本的に、創生・再生しないと地方が生きていけないから推進されているのだと思います。 わたしは以前ブログで、団塊の世代が後期高齢者に突入、65歳以上の高齢者を54%の労働人口が支える「2025年問題」を紹介しましたが、地方ではすでにその段階も超えてしまっているのが現状です。 若年層は増...more
カテゴリー:

「地域再生」の画像

もっと見る

「地域再生」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる