「地域再生」とは?

関連ニュース

地域の担い手育成派遣業は馴染まず 自民党PT - 07月18日(火)05:00 

 自民党総務部会「地域社会の担い手育成プロジェクトチーム」(葉梨康弘PT座長)が7月6日に会合を持ち、人材派遣業による地域再生の可能性を探った。 専門家からの意見を聴取する目的で日本人材派遣協会の野村浩和事務局長や厚生労働省の担当課長を招いて業界の実態等についてレクチャーを受けたものの、派遣業が地域再生に馴染みにくいとの結論に至り、NPO等の活用を検討し直すこととなった。…[続きを読む]
カテゴリー:

蔵書で床が抜けそうに…「静岡県立中央図書館」が臨時休館 - 07月16日(日)05:57 

 床と一緒に腰も抜けてしまいそうな話である。静岡県立中央図書館の2階閲覧室の床に、最大で幅1・4ミリ、長さ3メートルにわたる複数のひびが発見され、3~4カ月の臨時休館を余儀なくされた。静岡県教育委員会の担当者によれば、 「県立図書館は築48年になるので、今年の4月から6月にかけて長寿命化に向けての施設調査を行い、発見しました。ひびは職員も以前から認識していましたが、古さゆえのものと、危ないとは思っていませんでした」  放置すれば、床が抜けることにもつながりかねないという。古い建物に東海地震への懸念もあるが、 「地震に対しての補強はすでに行っており、耐震性については県の基準を満たしております」(同)  だが、安心することなかれ、今回の“ひび”は、図書館が抱える根源的な問題とつながっているというからヤッカイである。 「今回の調査では、本の荷重がかかりすぎているという指摘がされました」(同)  閲覧室の床の構造は1平方メートルあたり荷重が300キロまで耐えられる設計になっている。ところが、ここには約20万冊の本が収蔵され、1平方メートルあたり560キロの荷重がかかっていたのだ。 「本が増えてもそのくらい耐えられるだろうという認識だったのです。続々と新刊が出る中で、資料保存を使命とする図書館は蔵書量がどんどん増えていきます。ほぼ満杯になってしまった現状をどうするか、数年来の懸案でした」(同...more
カテゴリー:

東京から南相馬の商店街へ「地域再生に」150万円 - 07月17日(月)11:04 

東京電力福島第1原発事故と東日本大震災からの経済復興を後押ししようと、東京都の文京区商店街連合会が16日、南相馬市原町区の栄町商店街に約150万円を寄付した。加盟店舗が掲げる相馬野馬追の旗、防犯カメラ
カテゴリー:

地域再生照らす炎 住民らキャンドルイベント - 07月14日(金)09:45 

東京電力福島第1原発事故で一時全住民が避難を強いられた福島県南相馬市小高区で12日、ろうそくで市街地を彩るイベントが行われた。昨年7月12日に一部を除いて避難指示が解除されてから丸1年となったのを記念
カテゴリー:

「地域再生」の画像

もっと見る

「地域再生」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる