「地域住民」とは?

関連ニュース

東京五輪・パラリンピックで密かに注目したい穴場競技「ボッチャ」とは? - 12月11日(月)15:41 

~今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第55回~  フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。  2020年東京五輪を見据えて現地観戦できそうな穴場競技を探している本稿。今回はパラリンピック競技のボッチャに狙いを定めました。オリンピックのほうにはないオンリーワンの魅力、そして2020年に向けて設置される有明体操競技場での開催という魅力。そりゃあもちろん、体操で日本の団体金メダルを見られれば最高ですが、その残り香をボッチャで感じるというコースも一応念頭に置いておくといいでしょう。トランポリンや新体操よりもラクに入れるかもしれないのですから。  今回向かいましたのは、東京都武蔵野市にある武蔵野総合陸上競技場・体育館。こちらはJFLの武蔵野シティFCが本拠地とするなど、スポーツを通じた地域住民の活性化・健康増進に貢献している施設です。武蔵野市からほど近い調布市には、2020年に向けて新設される会場で第一号のオープンとなった武蔵野の森...more
カテゴリー:

「あってはならない事件」=「八幡様」惨事に地域住民ら-宮司殺害 - 12月08日(金)12:57 

 「深川の八幡様」と地域住民に親しまれ、信仰を集めてきた富岡八幡宮で起きた事件から一夜明けた8日、殺害された宮司富岡長子さん(58)の知人や氏子らは「あってはならない事件。痛ましい」と不安な様子で語った。 神輿(みこし)総代関係者の50代男性によると、富岡さんの弟で死亡した茂永容疑者(56)は、父の跡を継いで2001年まで数年間、宮司を務めた。しかし、金遣いが荒いなど素行が悪く退任。父が宮司に復帰し、その後富岡さんを後継に指名した。 富岡さんを中傷する怪文書が出回るなど、同容疑者との間にはトラブルが絶えなかったという。今年7月、同容疑者から男性に電話があり、約40分間にわたり悪口を聞かされた。男性は「情緒不安定で泣きながら電話してきた。おかしいと思った」と振り返った。 近くに住む女性は「勢力争いをしていたんだろう。静かな町内だったのに恥ずかしい」と悲しんだ。 【時事通信社】
カテゴリー:

真っ赤な“制服”新調 飯山南パトロール隊 - 12月07日(木)09:42 

丸亀市飯山町の飯山南コミュニティ協議会(秦勉会長)は6日、地域住民で組織する「法(のり)の郷(さと)自主防犯パトロール隊」のブルゾンを新調し、飯山南小学校(井上晃宏校長)でお披露目した。
カテゴリー:

常盤ときめき隊、今年最後の朝市 新鮮な野菜販売 - 11月28日(火)12:45 

 秋田県能代市常盤地区の農家らでつくるNPO法人常盤ときめき隊(石川博孝隊長、28人)による今年最後の朝市が26日、同市上町の「夢工房 咲く咲く」駐車場で開かれ、地域住民らが新鮮な野菜を買い求めた。
カテゴリー:

しんじょう君に続け! 愛媛のニホンカワウソ「なーしくん」、ゆるキャラGPでトップ10入り - 11月28日(火)06:00 

国内で活動するゆるキャラたちが一堂に会し、雌雄を決する大イベント「ゆるキャラグランプリ」の2017年大会の決選投票が11月18、19日にかけて行われた。成田市の「うなりくん」(参照:「千葉の時代が到来した」うなりくん、ゆるキャラV! 「成田」つながりの海老蔵も祝福)が激戦を制したが、トップ10を見るとかなり個性的な面々が揃っている。その中で記者の目を奪ったのは、10位の「なーしくん」(愛媛県愛南町)。前回の覇者で、現在人気沸騰中の「あのキャラ」と同じくニホンカワウソをモチーフとした彼は、カワウソブームの中で更なる人気者となるのだろうか...?地道に足を使った活動でファンベース拡大「なーしくん」が誕生したのは、13年の夏。かんきつ類の一種「愛南ゴールド」の帽子と、真珠のネックレス、貝の形をした前掛け、尻尾にはカツオと、同町の特産物で身を飾った姿が特徴的なニホンカワウソをモチーフにしたゆるキャラだ。公式サイトの「誕生秘話」によると、愛南町御荘菊川の「かわうそ村」出身の男の子で、名前は、地域住民が語尾につける「なーし」という方言から取られている。 前掛けにつけられているのは、これまでに交流した様々な地域、ゆるキャラの缶バッジで、「友情の証」なのだという。ニホンカワウソ、ゆるキャラ、というと真っ先に思い浮かぶのは2016年のグランプリを制した高知県須崎市の「しんじょう君」。現在の形状の「し...more
カテゴリー:

宮城の大川小で遺族ら語り部に SNSで告知後10回目、石巻市 - 12月10日(日)18:48 

東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が死亡、行方不明になった宮城県石巻市立大川小で10日、遺族や地域住民などで...
カテゴリー:

主役は、ぼくたち。日本一小さな村の「公園改革」 - 12月07日(木)16:59 

「市議会は、17時からだよ」ドイツの環境先進都市・フライブルクで、案内役のロバートが教えてくれた。ここは、地方の街づくり政策のモデルとして、世界的に有名な街。市議会は、市民が議会に参加しやすいように、夕方に開会するらしい。「街のことは、住んでいる自分たちで考えよう」。こういった市民参加の考え方が、住みやすく楽しい街づくりを支えているのだと聞いた。日本にも、そんな街…いや村があるようだ。公園づくりは、「ぼく」たちがやる。日本で一番面積の小さな村で、小さな住民たちが、公園改革というでっかい仕事に燃えている。何もない広場をここにしかない公園へ富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今この村の子どもたちは、新しい公園づくりで大忙しだ。今は何もない広場を、日本一楽しいと自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに来た人が、いつの間にか仲良しになれるような公園づくりをしよう。これらをコンセプトにした「船橋村 園むすびプロジェクト」に、7人の子どもたちと造園屋さんが中心となって立ち上がった。遊び場を自分たちで考える水遊びがしたい!思い切り、泥で遊びたい!公園に行っても人がいないから、寂しい!自分たちファースト。改革のアイデアを出すのは「子ども公園部長」と名付けられた子どもたち。ここでしかできない遊びや遊具、ルールづくりに頭をひねる。遊び場を今よりも楽...more
カテゴリー:

自動運転の実証実験開始、スムーズに雪上走行 上小阿仁村 - 12月03日(日)19:46 

 国土交通省が2020年までの実用化を目指す自動運転サービスの実証実験が3日、秋田県上小阿仁村の道の駅「かみこあに」を拠点に始まった。東北では初めてで、雪上での実験は全国初。4日から地域住民を乗せ、安…
カテゴリー:

<北木造船>秋田沿岸で漂着相次ぐ 知事「テロに警戒」 - 11月28日(火)10:01 

秋田県沿岸に北朝鮮の漁船と見られる船が相次いで漂着した問題で、佐竹敬久知事は27日の定例記者会見で「テロの心配もある。地域住民は不安だろう」と懸念を示した。 佐竹知事は「北朝鮮からはすぐ木造船が来る」
カテゴリー:

防災用太陽光発電装置 自治体負担無し 公民館などに設置 - 11月27日(月)10:00 

災害時に自治体が避難所指定している施設であるものの、現状は非常用発電設備を準備していない施設が多数あり、避難した市民に電力を供給出来ない状況になっています。 ファブスコはその様な自治体の避難所に、自治体のイニシャル負担が無いスキームにて、非常用電源としての太陽光発電装置付きカーポートの設置を行います。 避難した地域住民は情報端末や電気自動車などを充電したり、災害器具等を使用したりすることができます。
カテゴリー:

もっと見る

「地域住民」の画像

もっと見る

「地域住民」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる