「地上手配」とは?

関連ニュース

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

【北方領土ツアー】「旅券・ビザなし」で交渉中、 来夏目標 日本旅行業協会 - 11月09日(木)22:34  newsplus

日本旅行業協会(JATA)は11月9日の定例会見で、JATA事務局1名と会員会社の6名が参加した、10月26日から31日までの「北方調査団現地視察」について報告した。調査団の派遣は6月に続いて2回目。参加したJATA海外旅行推進部担当副部長の飯田祐二氏は、今回も国後島、択捉島、色丹島の3島を訪問し、現地の関係者とパッケージツアーの造成に向けた意見交換をおこなったことを説明し、「日露政府の交渉次第だが、旅行業界としては来年6月から9月のベストシーズンの商品化をめざしたい」と意欲を示した。交渉については「パスポート無し、ビザ...
»続きを読む
カテゴリー:

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

「地上手配」の画像

もっと見る

「地上手配」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる