「圭」とは?

関連ニュース

【サッカー】<日韓戦>直近5試合を振り返る!日本代表は韓国に2010年以降負けなし継続中! - 12月16日(土)16:54  mnewsplus

これまで数多くの死闘を演じてきた日本と韓国。16日にはE-1選手権最終戦で激突することになるが、今回はどのような試合になるだろうか。東アジアのタイトルをかけた1戦を前に、両国が対戦した直近5試合を振り返る。 ザック体制下で初の海外遠征。南アW杯後初の日韓戦 写真 Yahoo!ニュース 通知数: Yahoo! JAPAN メニューを開く 日韓戦、直近5試合を振り返る。日本は2010年以降負けなし継続中 12/15(金) 7:19配信 51 フットボールチャンネル これまで数多くの死闘を演じてきた日本と韓国。16日にはE-1選手権最終戦で...
»続きを読む
カテゴリー:

「加藤シゲアキはナンバーワンホストになれる」元カリスマホスト・手塚マキ - 12月16日(土)15:53 

 作家・加藤シゲアキの最新長編小説『チュベローズで待ってる(AGE22・AGE32)』の刊行を記念して開催されたスペシャルトークイベントの様子をお届けするルポの後編。  MCに吉本興業所属のピン芸人・タケト氏。壇上に著者・加藤シゲアキ、作家仲間である芥川賞作家・羽田圭介氏、元カリスマホストである「歌舞伎町ブックセンター」オーナーの手塚マキ氏。そして聞き手に歌舞伎町のホスト&キャバ嬢の皆さんを迎え、ここでしか聞けない意外な話が次々と飛び出した。 ――元ホストの手塚さんは、『チュベローズで待ってる』をどう読まれましたか? 手塚「本当に“超売れっ子ホスト”の気持ちを持ってる主人公だなと思いました。ただ、その人間性を知るには、下巻まで読まないとわからない。下巻を読んではじめて、『ああ、だから彼は売れっ子になれたんだな』とわかる。これって実は、ここにいるホストの中でも、5年以上ホストやってないとわからないようなレベルの高い話なんですよ」 加藤「ぼくはホストには行ったことがなくて、今回取材もしていない。だから、そのあたりのリアリティがどうなのかなということは、書きながら不安ではあったんです。ホストクラブに行ったことがない人もたくさん読むでしょうから、こんなホストクラブありそうだなとか、こうだったら面白いなというところから想像を広げていった部分がかなりある」 手塚「ホストクラブとして...more
カテゴリー:

錦織圭 正月特番と東京五輪イベントで故障明けが不安 - 12月16日(土)12:03 

プロテニスプレーヤーの錦織圭(27)が11月29日、東京パラリンピック開幕まで1000日前となるスポーツイベントにゲスト出演した。地元小学生と記念撮影を行うなど心温まるひとときで...
カテゴリー:

中澤裕子 気合入れて伸ばしていた髪をバッサリ切ってボブにする - 12月16日(土)11:50 

タレントの中澤裕子が、ロングヘアをバッサリとボブにカットした姿をアメブロで公開している。中澤は「かなり 気合い入れて伸ばしてたんだけど なんか やりきった感? いやそうかな…なんだろ…ていうか やっぱり 髪長いの似合ってないわ あたし みたいな」と、髪を切った理由を説明し、ボブになった写真を公開。 中澤が髪を切ったのは13日に放送されたフジテレビ系『FNS歌謡祭 第2夜』に出演した翌日だったという。同番組には、中澤のほか、福田明日香、安倍なつみ、石黒彩、飯田圭織というモーニング娘。の1期メンバーが集合し、約18年ぶりにインディーズデビューシングル『愛の種』を披露。 久しぶりのモーニング娘。としてのステージを経て、心境の変化があったのか、「歌い切って翌日 切りたくなって切ってきた」と明かした。 これを受けて読者からは「あぁーーーーしゅきぃーーーー!!!!!やっぱ裕ちゃんは短い方がかわいい」「裕ちゃんのショート大好きですよ」「短いの似合うから羨ましいな そっちが良いと思います」など、絶賛の声が寄せられている。 【関連記事】 ・「軽い。」(中澤裕子オフィシャルブログ) ・中澤裕子、20年前のモー娘。写真に「泣かされました」 ・中澤裕子 モー娘。1期OG18年ぶり再集結に「まさか また5人で歌える日がくるなんて」 ・中澤裕子 福田明日香のブログに感涙「夢の中で全員集合するか」...more
カテゴリー:

現代の魔法使い落合陽一×小山裕己「絶対飛ばない紙飛行機や竹とんぼを飛ばす方法」 - 12月16日(土)11:00 

『情熱大陸』出演で話題沸騰、“現代の魔法使い”落合陽一が主宰する「未来教室」。『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、最先端の異才が集う筑波大学の最強講義を独占公開! 見たこともない奇抜な形の紙飛行機がすいすいと飛んでいく。おお入魂の職人芸か、と思わされるが、実はこれ、コンピューターにデザインを手伝わせることで「簡単に作れる」のだ。今回のゲスト、小山裕己の研究事例のひとつである。 JAXA(宇宙航空研究開発機構)や理化学研究所と同じ国立研究開発法人である産業技術総合研究所(産総研)は、今年3月にロイターが発表した「イノベーションを牽引する世界の国立研究機関ランキング」で5位になるほどの実績を誇る。小山はその産総研に所属する若き研究者で、落合陽一によると「僕の東大大学院時代のひとつ後輩で、分野がすごく近いので、今日は濃い研究の話ができると思います」とのこと。 「人前で長時間話すのに慣れていない」と言う小山の講演はしかし、ガチな研究を支えるクールな情熱と、鬱勃とほとばしるエンターテイメント性で聴衆の想像力にみやびなひっかき傷を残す。 * * * 小山 僕の研究分野はコンピューター・サイエンスでして、最近は特に「コンピューテーショナル・デザイン」と呼ばれる研究を...more
カテゴリー:

【サッカー】<アルジャジーラ名将>本田を「ファンタスティックな選手」としつつも対策に自信!「ホンダにはウィークポイントがある」 - 12月16日(土)16:39  mnewsplus

テン・カテ監督が本田を「ファンタスティックな選手」としつつも対策に自信 FW本田圭佑が所属する北中米カリブ海王者パチューカ(メキシコ)は、16日にFIFAクラブワールドカップ3位決定戦で開催国王者アルジャジーラ(UAE)と対戦する。決戦を前に敵将のヘンク・テン・カテ監督は「ホンダにはウィークポイントがある」と不敵な笑みを浮かべた。 【動画】本田の無回転ミドルが炸裂! 強烈なブレ球に相手GKキャッチできず  かつてフランク・ライカールト監督時代のバルセロナで参謀役を務めていたテン・カテ監督。前日の記者会見で...
»続きを読む
カテゴリー:

本田圭佑は過密日程の中でのCWC3位決定戦に疑問…指揮官「選手たちは消耗している」 - 12月16日(土)15:01 

クラブ・ワールドカップで3位決定戦に挑むことになったパチューカ。だが、ここ2試合でいずれも120分の延長戦をこなした後の3位決定戦に、本田圭佑も不満を抱えていると指揮官が語っている。
カテゴリー:

「明日の約束」山口まゆら、注目の若手女優をフィーチャー! - 12月16日(土)12:00 

井上真央主演ドラマ「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジ系)に生徒役で出演中の4人の若手女優にフィーチャー。番組プロデューサーの河西秀幸氏が「とにかく役柄に合う方にお願いした」と起用を明かす山口まゆ、井頭愛海、夏子、竹内愛紗がドラマ出演の感想などを語った。 【写真を見る】井頭愛海は、クラスの学級委員長・田所那美を演じ感情を爆発させたシーンにも挑戦/(C)カンテレ 12月19日(火)に最終話を迎える同ドラマは、高校のスクールカウンセラー・日向(井上)が、人間関係に葛藤しながら男子生徒の吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリーだ。 ■ 山口まゆ「将来は井上さんみたいな女優になりたい」 母親のネグレクトに悩む2年生のバスケ部マネジャー・増田希美香を演じる山口。第1話では、日向と相談の上、母親に絶縁を言い渡すシーンを熱演した。 【山口コメント】 今年の夏に、大人っぽく見えるようにとか、内面を変えたいと強く思っていた時の「明日の約束」出演でした。この作品を機に、何かを変えようと思って、芝居に関してより深く考えたり、いろいろな人の意見を聞いたりして、常に、次の演技に生かせるように、役が自分の中にもっと入ってくるように取り組みました。 一番近くにいた井上真央さんからすごく刺激を受け、吸収させていただきました。芝居の仕方や現場でのふるまいなどを見ていて、大好きになり...more
カテゴリー:

キンタナ氏来日 人権問題担当の国連特別報告者 北朝鮮拉致問題で国会議員と会談 - 12月16日(土)11:44  newsplus

拉致問題解決、キンタナ氏に訴え…超党派議連 12/16(土) 11:33配信 読売新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00050043-yom-pol  超党派でつくる拉致議員連盟の国会議員は15日、 北朝鮮の人権問題を担当する国連特別報告者のトマス・キンタナ氏と国会内で会談した。  議連会長代行の古屋圭司衆院議員は「拉致は究極の人権侵害だ」として、拉致問題の早期解決を訴えた。 キンタナ氏も「私が東京に来たということが、北朝鮮や国際社会に拉致問題が重要な問題だと気づかせるチャンスになる」と応じた。  キ...
»続きを読む
カテゴリー:

太川陽介ナレーション『路線バスの旅Z』岐阜城から鳥取砂丘を目指す - 12月16日(土)06:00 

テレビ東京系にて12月16日(土)18時30分より『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』の第4弾が放送される。太川陽介&蛭子能収コンビから、田中要次&羽田圭介コンビに変わり早4回目。マドンナに村井美樹を迎え、織田信長の天下統一の拠点であった岐阜城をスタートし、3泊4日で鳥取砂丘を目指す。待ち受ける日本最大の湖・琵琶湖をどちらから回るかに苦戦するほか、難しいルート選択の連続。バスが無い、宿も無い、トラブル連発という試練を乗り越え、ゴールに辿り着けるのか。また、今回も番組のナレーションで“バス旅”の先輩・太川が参戦。おなじみキートン山田とともに新シリーズを盛り上げる。 関連リンク 蛭子能収が飛んだ!映画『ローカル路線バスの旅 THE MOVIE』のお蔵入りしそうだったシーン 太川陽介&蛭子能収、路線バスの旅卒業の”寂しさ”語る 蛭子能収「実は計算して笑いを取っていた」 蛭子能収、路線バスの旅で苦戦する太川陽介を「心の中で応援だけしてた(笑)」 蛭子能収、太川陽介が誰だかわからなくなる!?「可能性がある...more
カテゴリー:

もっと見る

「圭」の画像

もっと見る

「圭」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる