「在韓米軍配備」とは?

関連ニュース

8月の訪韓外国人 前年比34%減少=中国人客が激減 - 09月22日(金)20:33 

【ソウル聯合ニュース】韓国観光公社が22日までに発表した統計によると、8月に韓国を訪れた外国人観光客は前年同月比33.7%減の110万3506人で、6カ月連続の減少となった。  今年1月から8月までに韓国を訪問した外国人観光客は886万4182人で前年同期比22.8%減った。  8月に韓国を訪問した中国人観光客は前年同月比61.2%減となる33万9388人だった。中国が米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に対する報復措置として韓国旅行商品の販売を禁じ
カテゴリー:

韓国企業の中国撤退が加速 THAAD報復長期化で - 09月17日(日)10:59 

【ソウル聯合ニュース】中国に進出した韓国企業が、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国の「報復措置」により苦境に立たされている。報復が長期化する中、持ちこたえられずに中国事業からの撤退の動きを加速化させている。
カテゴリー:

ロッテマートが中国店舗を売却へ THHAD報復で損失止まらず - 09月14日(木)17:38 

【北京聯合ニュース】韓国大手スーパーのロッテマートが、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国による「報復」とみられる措置の影響を受け、業績が大幅に悪化していた中国店舗の売却作業に着手したことが14日分かった。
カテゴリー:

中国で韓国人狙った犯罪が増加 THAAD配備問題で - 09月11日(月)15:38 

【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に強く反対する中国で反韓感情が高まり、現地で暮らす韓国人を狙った犯罪が急増していることが11日、分かった。  国会外交統一委員会所属の朴炳錫(パク・ビョンソク)議員(与党・共に民主党)が外交部から提出を受けた「在外国民の事件・事故被害の現況」によると、中国で暮らす韓国人の犯罪被害は2015年の675件から昨年は1332件にほぼ倍増した。13年598件、14年574件と、毎年500件程度だった
カテゴリー:

【悲報】 韓国人旅行客の「嫌中」傾向くっきり 日本の人気高まる - 09月02日(土)16:54  news

韓国人旅行客に「嫌中」傾向くっきり 日本の人気高まる 【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル (THAAD、サード)」の在韓米軍配備に強く反対する中国による報復で訪韓中国人 観光客が減少する中、多くの韓国人も旅行先に中国ではなく日本を選んでいることが 分かった。  観光業界によると、韓国旅行大手ハナツアーのパッケージ旅行を利用して8月に中国を 旅行した韓国人の数は前年同月比36.7%減少した。今年1~3月期が前年同期比 11.8%増、昨年通年が前年比11...
»続きを読む
カテゴリー:

韓中の陸軍代表がソウルで会談 THAAD配備決定後初めて - 09月20日(水)18:41 

【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題で関係が冷え込んでいる韓国と中国の陸軍の代表が20日会談し、安全保障を巡る懸案について協議した。韓国軍関係者が同日明らかにした。  韓国軍関係者によると、アジア・太平洋域内諸国の陸軍トップらが一堂に会する「太平洋地域陸軍参謀総長等会議および陸軍管理セミナー(PACC&PAMS)」が行われているソウル市内のホテルで同日午前、金勇佑(キム・ヨンウ)陸軍参謀総長が中国人民解放軍の尤海濤・陸軍副
カテゴリー:

韓国 きょうのニュース(9月14日) - 09月14日(木)18:00 

◇大統領府 WTOへの中国提訴主張に「今は協力維持が重要」  韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発し中国が経済報復措置を取っている問題で、中国を世界貿易機関(WTO)に提訴するよう求める声が上がっていることについて、「今は北の核とミサイル挑発などにより、中国との協力を維持していくことが重要な時期」と述べた。提訴は中国の感情を悪化させかねないため、しばらくは様子を見るとの意味と受け止められ
カテゴリー:

平昌五輪開催地の江原道 外国人客誘致へ日本などでPR展開 - 09月14日(木)16:17 

【春川聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国の報復や北朝鮮の脅威で観光市場が萎縮する中、2018年平昌冬季五輪・パラリンピックが開催される韓国・江原道が外国人観光客の誘致に向け海外マーケティングを展開する。
カテゴリー:

ソウル市 東南ア・日本からの観光客誘致に本腰 - 09月11日(月)13:58 

【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国による報復で大幅に減少した訪韓中国人観光客の穴を埋めるため、ソウル市が東南アジアと日本で観光客誘致に乗り出した。  ソウル市は11日、マレーシアのクアラルンプールで8~10日に開催された旅行博覧会「MATTA Fair」でソウル観光広報館を設置し、イスラム教徒(ムスリム)に向けイスラム教の戒律にのっとった「ハラル」対応の製品の情報や、ソウル駅前の歩行者専用路「ソウルロ7017」
カテゴリー:

「在韓米軍配備」の画像

もっと見る

「在韓米軍配備」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる