「在留資格」とは?

関連ニュース

【入管法】介護福祉士志望の留学生が急増…在留資格に追加 5年前の30倍、入学者の1割 - 08月14日(月)09:47  newsplus

介護の国家資格「介護福祉士」の取得を目指す留学生が急増している。 専門学校などの養成校に今春、入学したのは全国で計591人と、統計を取り始めた2012年度の約30倍で、入学者全体の1割近くに上っている。 9月に施行される改正出入国管理・難民認定法(入管法)で在留資格に「介護」が加わり、新たに介護福祉士となった外国人は、最大5年の在留資格が得られ、繰り返し更新できることが背景にある。 公益社団法人「日本介護福祉士養成施設協会」(東京)によると、専門学校や短大など全国の養成校で、12~14年度は...
»続きを読む
カテゴリー:

【在留資格】「日本の味を世界に」 シェフ 日本在留しやすく 外国人、高度人材の対象に - 08月02日(水)09:58  newsplus

政府は2018年度をめどに、外国人シェフが日本で在留資格をとりやすくする。技能の高いシェフについて学歴や年収などで評価する「高度人材ポイント制」の対象に加える方向で検討する。 日本で料理を学ぶ留学生には在留資格を付与し、就労を促す。日本の味を世界に広げてもらうため、外国人材を活用する。 これまで外国人シェフは、10年間母国で調理の経験があれば「技能」の在留資格を取得して日本で働くことができた。これ… 続く 配信2017/8/1 11:52 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます http://www.nikkei.co...
»続きを読む
カテゴリー:

【週刊朝日】弱者が弱者をたたく「分断社会」 その背景には人口減少と経済停滞…「移民を受け入れるしかない」★4 - 08月01日(火)10:36  newsplus

人口が減少し、経済が停滞するときに起きるのが「社会の分断」だ。 今年1月、神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな(HOGO NAMENNA)」と書かれたジャンパーを着て世帯訪問していたことが問題となった。ジャンパー着用が10年間引き継がれていたことも、世間を驚かせた。 着用のきっかけは、07年に生活保護を打ち切られた男性が、市役所窓口で市職員をカッターナイフで切りつけた事件だった。市職員の結束力を高めるため、着用が始まった。 市が問題を受けて今年設置した有識者による検討会では、財政社会学が専門の...
»続きを読む
カテゴリー:

【週刊朝日】弱者が弱者をたたく「分断社会」 その背景には人口減少と経済停滞…「移民を受け入れるしかない」★2 - 08月01日(火)00:16  newsplus

人口が減少し、経済が停滞するときに起きるのが「社会の分断」だ。 今年1月、神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな(HOGO NAMENNA)」と書かれたジャンパーを着て世帯訪問していたことが問題となった。ジャンパー着用が10年間引き継がれていたことも、世間を驚かせた。 着用のきっかけは、07年に生活保護を打ち切られた男性が、市役所窓口で市職員をカッターナイフで切りつけた事件だった。市職員の結束力を高めるため、着用が始まった。 市が問題を受けて今年設置した有識者による検討会では、財政社会学が専門の...
»続きを読む
カテゴリー:

【在留資格】日系4世に日本で就労資格、法務省導入へ★2 - 07月31日(月)19:21  newsplus

法務省は、一定の日本語能力などの要件を満たした海外在住の日系4世が日本で就労できる新たな在留制度を導入する方針を固めた。 制度開始当初は、年間1000人程度の受け入れを見込む。近く意見公募(パブリックコメント)を行い、実施時期を決める見通しだ。 新制度は、日系4世に日本への理解や関心を深めてもらい、将来的に日本と現地の日系人社会との懸け橋になる人材の育成を目的とする。 制度案では、他国で働きながら滞在できる「ワーキングホリデー制度」と同様に、対象年齢を18~30歳に限定し、滞在中は就労が可能な...
»続きを読む
カテゴリー:

【週刊朝日】弱者が弱者をたたく「分断社会」 その背景には人口減少と経済停滞…「移民を受け入れるしかない」★6 - 08月02日(水)11:03  newsplus

人口が減少し、経済が停滞するときに起きるのが「社会の分断」だ。 今年1月、神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな(HOGO NAMENNA)」と書かれたジャンパーを着て世帯訪問していたことが問題となった。ジャンパー着用が10年間引き継がれていたことも、世間を驚かせた。 着用のきっかけは、07年に生活保護を打ち切られた男性が、市役所窓口で市職員をカッターナイフで切りつけた事件だった。市職員の結束力を高めるため、着用が始まった。 市が問題を受けて今年設置した有識者による検討会では、財政社会学が専門の...
»続きを読む
カテゴリー:

【週刊朝日】弱者が弱者をたたく「分断社会」 その背景には人口減少と経済停滞…「移民を受け入れるしかない」★5 - 08月01日(火)13:35  newsplus

人口が減少し、経済が停滞するときに起きるのが「社会の分断」だ。 今年1月、神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな(HOGO NAMENNA)」と書かれたジャンパーを着て世帯訪問していたことが問題となった。ジャンパー着用が10年間引き継がれていたことも、世間を驚かせた。 着用のきっかけは、07年に生活保護を打ち切られた男性が、市役所窓口で市職員をカッターナイフで切りつけた事件だった。市職員の結束力を高めるため、着用が始まった。 市が問題を受けて今年設置した有識者による検討会では、財政社会学が専門の...
»続きを読む
カテゴリー:

【週刊朝日】弱者が弱者をたたく「分断社会」 その背景には人口減少と経済停滞…「移民を受け入れるしかない」★3 - 08月01日(火)08:10  newsplus

人口が減少し、経済が停滞するときに起きるのが「社会の分断」だ。 今年1月、神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな(HOGO NAMENNA)」と書かれたジャンパーを着て世帯訪問していたことが問題となった。ジャンパー着用が10年間引き継がれていたことも、世間を驚かせた。 着用のきっかけは、07年に生活保護を打ち切られた男性が、市役所窓口で市職員をカッターナイフで切りつけた事件だった。市職員の結束力を高めるため、着用が始まった。 市が問題を受けて今年設置した有識者による検討会では、財政社会学が専門の...
»続きを読む
カテゴリー:

【週刊朝日】弱者が弱者をたたく「分断社会」 その背景にあるのは人口減少と経済停滞…「移民を受け入れるしかない」 - 07月31日(月)21:50  newsplus

人口が減少し、経済が停滞するときに起きるのが「社会の分断」だ。 今年1月、神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな(HOGO NAMENNA)」と書かれたジャンパーを着て世帯訪問していたことが問題となった。ジャンパー着用が10年間引き継がれていたことも、世間を驚かせた。 着用のきっかけは、07年に生活保護を打ち切られた男性が、市役所窓口で市職員をカッターナイフで切りつけた事件だった。市職員の結束力を高めるため、着用が始まった。 市が問題を受けて今年設置した有識者による検討会では、財政社会学が専門の...
»続きを読む
カテゴリー:

【日本人の血が流れていればOK】法務省、海外に住む日系人に日本で働きやすくする制度を検討 - 07月31日(月)11:56  news

法務省は、一定の日本語能力などの要件を満たした海外在住の日系4世が日本で就労できる新たな在留制度を導入する方針を固めた。  制度開始当初は、年間1000人程度の受け入れを見込む。近く意見公募(パブリックコメント)を行い、実施時期を決める見通しだ。  新制度は、日系4世に日本への理解や関心を深めてもらい、将来的に日本と現地の日系人社会との懸け橋になる人材の育成を目的とする。 制度案では、他国で働きながら滞在できる「ワーキングホリデー制度」と同様に、対象年齢を18~30歳に限定し、滞在中は就労...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「在留資格」の画像

もっと見る

「在留資格」の動画

Wikipedia

在留資格(ざいりゅうしかく)とは、外国人が日本に入国・在留して行うことのできる活動等を類型化したもので、詳細は出入国管理及び難民認定法(入管法)とその下位命令(施行規則)により規定されている。現在は計27種類の在留資格が定められ、それぞれに該当要件・付与される在留期間等が公表されているが、実際の許否判断については入国管理局地方入国管理局の最上級行政庁である法務大臣の裁量によるものとされているため、その詳細(通達等)は公開されていない。

日本滞在中に、在留状況や周囲の事情の変化などにより在留資格の変更(永住申請含む)や取得を、あるいはさらなる在留継続のために在留期間の更新を、それぞれ当該外国人本人が地方入国管理局に出頭して申請しなくてはならないが、申請人が16歳未満の場合、病気等やむを得ない事由がある場合には法定代理人等による代理申請も可能となっている。また、地方入国管理局長に届け出た...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる