「在来種」とは?

関連ニュース

まるで洋菓子!? 店主のセンスが光る、札幌・円山エリアの大福とは - 01月16日(火)20:00 

大福というと、黒豆やよもぎなどといったものが浮かびますよね。しかし、チョコやモンブランといった、大福のイメージからは少し離れた味が楽しめるお店もあるんです。今回は、じわじわ大福人気がきている札幌・円山エリアの注目店を紹介しますね。 右から「モンブランもち」と「マシュマロベリー大福」。各140円 ■ 定番から、珍しいものまで豊富な種類の大福が並ぶ 2011年にオープンした「餅菓子商 白谷」。入るとすぐ、大福がずらりと並んだショーケースが。大粒でしっかりとした味わいの十勝在来種「いわいくろ」を使った「十勝黒豆大福」など定番の大福もありますが、一風変わった大福も。「くりーむいちごもち」や「マシュマロベリー大福」など、まるでケーキのような名前の大福があるんです!  さっそく珍しい大福を紹介していきましょう。まずは、「モンブランもち」。モンブランは名前のとおり、クリーム入りの大福の中にモンブランが乗ったケーキのような大福。また、「マシュマロベリー大福」は、餡の代わりにマシュマロが入っており、餅と食感の違いが楽しめる一品です。このほかにも「レアクリームチーズ大福」など、まるでケーキのようなネーミングのお餅が揃っています。 テイクアウトだけではなく、店内では好みの大福と抹茶をゆっくりと味わっていくことも可能。「大福と抹茶のセット」(抹茶200円+大福代)の抹茶は、店員の方が注文を受けてから点てて...more
カテゴリー:

今年のカープは怒涛の135勝!? シーズン前の風物詩、2018年「安仁屋算」発表される - 01月16日(火)09:00 

カープファンにとってもはやシーズン前の風物詩、定番イベントとなっているのが広島東洋カープOBで現在は中国放送(RCC)プロ野球解説者も務める安仁屋宗八(あにや・そうはち)氏による、カープ投手陣の勝ち星予想だ。そのあまりにもポジティブな予想内容は、インターネット上で「安仁屋算」と呼ばれ、多くの人から愛され、親しまれている。そんな安仁屋算の2018年度版が、1月14日に広島市内で開催されたイベントで発表され、RCCのアナウンサー・坂上俊次氏が自身のインスタグラムで取り上げた。果たして今回は何勝と予想したのか。日本記録だって軽く超えられる!?しかし、2016年3月にRCCが放送した「開幕直前! 3時間生放送スペシャル」の中で「カープファンが笑顔になる 先発ローテ・安仁屋算」として「安仁屋算」が登場。さらに2017年の同番組内でも「連覇に期待を込めて 安仁屋算」と半ば公式(?)用語化しているのだ。ちなみに、2016年には先発だけで70勝(実際は52勝)、2017年は「ひかえめにして99勝(実際は88勝)」と、ファンを大いに笑顔にさせてくれる勝ち星を予想している。では2018年はどうだったのか。坂上氏のインスタグラムによると、最新の安仁屋算が発表されたのは、RCCが開催したカープファンのイベント「Veryカープ!プレミアム・ファンミーティング」内だ。投稿された画像には、坂上氏と共に安仁屋氏、...more
カテゴリー:

「かぼちゃ電車」115系、JR東・高崎支社管内で3月定期運行終了へ - 01月15日(月)22:00 

高崎支社管内を走る115系電車が、2018年3月で定期運行を終了する――。JR東日本高崎支社が1月15日、ホームページ上で115系の引退を発表し、ツイッター上では惜しむ声が相次いでいる。「ぐんまーから115系が消えるのか」プレスリリースによると115系は、113系に山岳路線対応のブレーキを搭載した近郊形電車として1963年に登場。翌年から高崎支社管内で運用が開始された。車体のカラーは緑とオレンジ、青とクリームが基本だが、線区によってはオリジナル塗装もある。高崎支社の塗色が緑とオレンジであることから、「かぼちゃ電車」や「みかん電車」などという愛称で親しまれた車両だ。ツイッター上では、高崎支社管内からの115系引退に対し、 さよなら115系。。。。。。。。、。、- ゆうと (@_yuto316_) 2018年1月15日 近々115系乗りに行こう確実に乗れる方法があるし...- Ayつばさっち[JH16] (@tubasaH027) 2018年1月15日 高崎の115系が3月に引退するそうです。115系の日にプレス発表、ラストランツアー11500円と、前回の107系同様高崎支社は凝ってますね?#115系 #引退 #JR東日本高崎支社 pic.twitter.com/vf3x32CPDb- スマイル急行 (@smile_exp) 2018年1月15日 つ、ついにぐんまーから115系が消える...more
カテゴリー:

【かいぼり】井の頭池 池の水を抜いたらスッポンが… 在来種増える - 01月14日(日)14:54  newsplus

東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で、水を抜いて水質浄化し、外来生物を駆除する「かいぼり」が行われている。13日は水位が膝下まで下がった池で、市民ボランティア約100人が魚や亀を捕獲。駆除する外来種と保全する在来種に選別した。 かいぼりは都や両市などが実施し、今回は2013年度と15年度に続き3回目。過去2回と比べて、外来種が減って在来種が増えた傾向がみられたという。自転車などの粗大ゴミも大幅に減り、公園利用者の意識が向上したようだ。  井の頭池は四つに区分され、このうち「お茶...
»続きを読む
カテゴリー:

井の頭池:かいぼり 在来種増加、スッポンも ゴミ大幅減 - 01月14日(日)12:00 

 東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で、水を抜いて水質浄化し、外来生物を駆除する「かいぼり」が行われている。13日は水位が膝下まで下がった池で、市民ボランティア約100人が魚や亀を捕獲。駆除する外来種と保全する在来種に選別した。
カテゴリー:

近鉄の新型「名阪特急」がカッコイイ! でも、「小田急新型ロマンスカーに似ている...」? - 01月16日(火)11:00 

2018年1月11日、近畿日本鉄道は、大阪と名古屋を結ぶ「名阪特急」の新型車両の投入を発表した。車両外観のカラーリングは「透明感のある深い赤」。先進的でスピード感あふれる形状が特徴だ。飛行機のビジネスクラスなどで使われる「バックシェル」を全座席に設置、後部座席に気兼ねなくリクライニングできる。増え続ける訪日外国人客(インバウンド)への対応も、大きなポイントだ。無料インターネット接続サービスのWi-Fi(ワイファイ)を提供し、全席にコンセントも付ける。大型荷物を収容できるロッカー等の荷物置き場を設置される。投入時期は2020年3月から。東京五輪開催に備え、順次投入される予定だ。ツイッターには、この新型車両に関するさまざまな声が寄せられている。「ロボットに変身しそう」ツイッターに届いているのは、こんな反応だ。 名阪特急の新型車両楽しみやなWi-Fi繋がるのは嬉しいただ、デザインはどこぞの名鉄か小田急みたいな感じやわ。近鉄名阪特急に新型車両 全席にバックシェル装備、先頭車は前面展望も 2020年春導入(乗りものニュース) https://t.co/oIlmL6y5KD- 文 (@gjSyjG7AQ3ZYizK) 2018年1月11日 2020年に近鉄特急新型車両導入とはマジかwwデザインが斬新すぎる。JR東日本のe235系は電子レンジとか言われているけど、この車両はデビューしたら炊飯器と...more
カテゴリー:

落下から200年、「八王子隕石」を研究機関が分析 八王子市民「隕石なんてあったんだ!」 - 01月16日(火)06:00 

九州大学、国立極地研究所、国立科学博物館、国文学研究資料館、総合研究大学院大学は、2017年12月28日に、東京都八王子市に落ちた「八王子隕石」と見られる隕石の分析を初めて行ったことを発表した。ネット上では「八王子隕石」という名前を初めて聞く人が多いようで、「八王子隕石なんてあったんだ」といった声が上がっている。「八王子隕石」かどうかの断定はできなかったものの...もともとは、1817年12月29日に現在の東京都八王子市中心部に大量に落下した隕石を「八王子隕石」と呼ぶという。これについては、当時の日記などの史料にも言及されていたというが、隕石のほとんどは現在に至るまでに散逸してしまったという。その後、1950年代になると京都で、「八王子隕石」について記載された紙とともに約0.1gの隕石の小片を発見。ただ、同じ包みの中に1866年に落下した隕石である「曽根隕石」について書かれた紙も入っていたため、小片はどちらなのか判別が出来なかった。今回の分析を通しても、「八王子隕石」なのかどうかの断定はできなかったと発表。また、「曽根隕石」と「八王子隕石」が同じタイプの隕石であることも否定できないという。ただ、「八王子隕石」は数多く降り注いだとされることから、八王子市内の旧家などに残っている可能性もあるとして、今後もその発見と分析を進めていくとしている。ネット上では、「八王子隕石」という名前を初め...more
カテゴリー:

「井の頭池の水」ぜんぶ抜く スタートから4年、在来種が順調に回復 - 01月15日(月)20:00 

2018年1月13日~14日にかけて井の頭恩賜公園で「井の頭かいぼり祭」が開催された。「かいぼり」とは農閑期にため池の水を抜き、池を干す管理作業のことだが、最近は公園などの池で水質改善や外来種駆除を目的に行われる例も増えている。2017年からテレビ東京で不定期放送されている番組『池の水ぜんぶ抜く』を思い浮かべる人もいるだろう。ただし、井の頭池のかいぼりは同番組の企画というわけではない。「豊富な湧水に支えられ多様な水生生物の生育していた井の頭池を目指す」として東京都が主導し、市民ボランティアの協力のもと、2014年から2年おきに行われてきた。なんとスッポンが生息「井の頭恩賜公園 100年実行委員会」の公式ブログによると、池の水をポンプで抜き始めたのが2017年12月26日。井の頭池は「お茶の水池」「弁天池」「ボート池」「ひょうたん池」の4つの池から構成されており、神田川につながっているひょうたん池を通して排水していく。そして、ある程度水位が下がった1月13日~14日時に、市民ボランティアによって水生生物を捕獲する「おさかなレスキュー隊」が実施された。すでに同公園の一大イベントとして認知されているようで、ツイッター上にはかいぼりを見かけた人や参加者と思われるユーザーから、その様子が投稿されていた。 「井の頭公園かいぼり祭り」なう。テレビ取材が来てる訳でもないのにすごい人出。明らかに例の...more
カテゴリー:

池の水抜く「かいぼり」に成果 井の頭池、増える在来種 - 01月14日(日)14:39 

 昨春に開園100年を迎えた東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で、池の水を抜く「かいぼり」が行われている。水質を改善し、在来種を保護するのが目的。13日は、ボランティアや行政関係者ら約2…
カテゴリー:

【動物】「かいぼり」効果、井の頭池で水鳥の繁殖盛んに - 01月13日(土)22:40  scienceplus

東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池に生息する水鳥・カイツブリの繁殖が盛んになっていることが、 認定NPO法人「生態工房」(武蔵野市)の調査でわかった。  池では水を抜いて水質を改善させる「かいぼり」を実施しており、 在来種のエビや小魚などの餌が豊富になったことが要因とみられる。 関係者は「本来の生態系に戻れば」と期待を寄せている。  井の頭池のかいぼりは、水質浄化と外来種の駆除を目的に2013、 15年度と2回実施。先月末からは3回目が始まり、13、14日は池の生き物を都民らが...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「在来種」の画像

もっと見る

「在来種」の動画

Wikipedia

在来種(ざいらいしゅ、native species)とは、ある地域に古くから存在する生物種(下位区分である亜種品種なども含む)やその系統を指す。

概要 背景

世界全体で、地域に本来分布していない生物種である外来種が意図的に、あるいは人と物資の頻繁な移動により非意図的に導入されることが増えている。たとえば、日本に定着している外国由来の外来種は2千種を超えるといわれている。これに伴い、生態系への影響や遺伝子の攪乱などの問題が生じている。また、農作物においても世界的にF1品種が台頭し、地域の風土に即した品種の多くが持続困難となっている。このように、生物種やその系統の地域多様性が乏しい状況になりつつある。

定義

在来種は、人為が大きく影響する外来種(外来生物)や帰化植物F1品種栽培品種(園芸品種)などの、対義語とさ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる