「圧力強化」とは?

関連ニュース

【安倍&トランプ】日米首脳会談→自動車・農業分野で日本への圧力強化も - 04月19日(木)19:47  newsplus

自動車・農業分野で… 日本への圧力強化も 4月19日 11時16分 今回の日米首脳会談で貿易や投資などを協議する新たな枠組みを設けることで合意したことを受けて、アメリカ側はトランプ大統領が主張する貿易赤字の削減に向けて、日本に対し自動車や農業の分野で市場開放を求める見通しです。 自動車分野についてトランプ大統領は、日本には自動車の安全基準などの非関税障壁が存在する、としています。 18日の首脳会談の冒頭でも、「われわれが日本に自動車を輸出する際の障壁を取り除かなければならない」と述べて、非関税障壁の...
»続きを読む
カテゴリー:

中国、台湾へ圧力強化 北京台北つなぐ海底トンネル建設案も - 04月13日(金)14:16 

中国福建省海事局は12日、中国海軍が18日から台湾海峡で実弾軍事演習を行うとの通知を行った。通商問題や米の「台湾旅行法」の発効で、米中間の対立が高まるなか、中国当局は、米に近い台湾への圧力を強化し、トランプ政権に強いけん制する狙いがある。
カテゴリー:

ロ外相の訪朝で合意=北朝鮮、連携呼び掛け - 04月10日(火)22:17 

 【モスクワ時事】ロシアのラブロフ外相と北朝鮮の李容浩外相が10日、モスクワで会談した。ラブロフ氏は会談を受け記者団に「平壌を訪問するよう私に招請があり、受諾した」と述べ、訪朝で合意したことを明らかにした。時期など詳細は分かっていない。 会談冒頭で李氏は「朝鮮半島とわが国を取り巻く状況、国際情勢が(ロ朝の)友好と協力のさらなる強化を求めている」とロシアに連携を呼び掛けた。ロシアは中国と共に北朝鮮に対する圧力強化に反対し「対話による解決」を主張してきた。北朝鮮としては、27日の南北首脳会談、6月初旬までに行われる見通しの米朝首脳会談を前に、中ロを後ろ盾にして米韓との会談を有利に進めたい思惑がある。 会談を踏まえ、ラブロフ氏は記者団に「状況の段階的な正常化、南北と米朝の首脳会談の準備が進んでいることを歓迎する」と表明。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がロシアのプーチン大統領との会談を模索しているという見方があるが、ラブロフ氏は「きょうはこの問題は議論しなかった」と述べた。 一方で両首脳は定期的にやりとりをしているとも強調。「(両首脳が)適切だと考えた時に接触の可能性を検討するだろう」と含みを持たせた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【軍事】有視界飛行の模擬格闘戦では練習機や電子戦機に敗北してるF22「ラプター」 それでも最強といえるワケ - 03月28日(水)09:36  newsplus

最強のステルス戦闘機として名高いF-22「ラプター」。 かつて2016年には、北朝鮮への圧力強化のために沖縄県の嘉手納基地に12機が暫定配備され、その存在感を内外に示しました。 そして在日米軍基地の航空祭などでは、機体展示が行われることもありますが、機体の周辺ではMPが常に監視しており、機密性の高い機体である事がうかがえます。 残念ながら日本では機体の展示のみですが、アメリカ空軍には「ラプター」のデモフライトチームがあり、全米はもとよりヨーロッパやアジアのエアショーなどで機動飛行のデモを披露しています。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

自動車・農業分野で… 日本への圧力強化も - 04月19日(木)11:16 

今回の日米首脳会談で貿易や投資などを協議する新たな枠組みを設けることで合意したことを受けて、アメリカ側はトランプ大統領が主張する貿易赤字の削減に向けて、日本に対し自動車や農業の分野で市場開放を求める見通しです。
カテゴリー:

対ベネズエラで各国と協力=米副大統領、コロンビア訪問見送り - 04月11日(水)09:30 

 【ワシントン時事】ペンス米副大統領の報道官は10日、南米訪問を中止したトランプ氏に代わって米州首脳会議に出席するペンス氏が「非民主的な国に自分の行動への責任を取らせるため、中南米の同盟諸国と協力していく」方針だと明らかにした。独裁を強め経済が破綻状態にあるベネズエラのマドゥロ政権に対する圧力強化を呼び掛ける見通しだ。 米州首脳会議は13、14の両日、ペルーの首都リマで開催される。トランプ氏は当初、リマからの帰途コロンビアも訪れ、サントス大統領と会談する計画だったが、ロイター通信によると、ペンス氏はコロンビアを訪問しない。 【時事通信社】
カテゴリー:

【米空軍】意外と負けてる、空の支配者F-22「ラプター」 練習機や電子戦機に敗北、それでも最強のステルス戦闘機といえる理由 - 03月30日(金)11:51  newsplus

最強のステルスとして名高い戦闘機F-22「ラプター」( 「最強」の名をほしいままにしている米空軍のステルス戦闘機F-22「ラプター」ですが、演習などでは意外と負けています。時には練習機や電子戦機にまで撃墜(判定)されているにもかかわらず、それでも最強といわれるのはなぜでしょうか。 ■「空の支配者」F-22「ラプター」  最強のステルス戦闘機として名高いF-22「ラプター」。かつて2016年には、北朝鮮への圧力強化のために沖縄県の嘉手納基地に12機が暫定配備され、その存在感を内外に示しました。  そして在日米軍基...
»続きを読む
カテゴリー:

「圧力強化」の画像

もっと見る

「圧力強化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる