「土砂災害」とは?

関連ニュース

土砂災害の犠牲者、過半数が高齢者 国交省が対策強化へ - 01月14日(日)19:58 

 過去20年間に土砂災害で犠牲になった556人のうち、高齢者が281人で過半数を占めることが国土交通省のまとめでわかった。同省は高齢者が利用する施設に避難計画の策定や充実を促すなど、対策を強める方針だ…
カテゴリー:

【外出は極力控えてください】北海道、明日25日から27日まで「見通し全くきかない猛吹雪」へ - 12月24日(日)20:22  news

◇25~27日に大荒れの天気に  急速に発達する低気圧の通過と強い寒気の流れ込みで、北海道は25~27日に大荒れの天気になるとみられ、日本気象協会北海道支社は 「見通しの全くきかない猛吹雪になるところもある」などと警戒を呼び掛けている。  札幌管区気象台によると、25日に二つの低気圧が日本海と本州の南側から三陸沖をそれぞれ急速に発達しながら北東へ進み、 夜にはオホーツク海で一つにまとまる見込み。26日にはオホーツク海でさらに発達する。  25日昼ごろまでは気温が高く、雨で雪解けが進んで土砂...
»続きを読む
カテゴリー:

【気象】北海道「見通し全くきかない猛吹雪も」警戒呼び掛け [12/24 20:18] - 12月24日(日)20:39  newsplus

北海道「見通し全くきかない猛吹雪も」警戒呼び掛け 毎日新聞:2017年12月24日 20時18分 http://mainichi.jp/articles/20171225/k00/00m/040/050000c 25~27日に大荒れの天気に  急速に発達する低気圧の通過と強い寒気の流れ込みで、北海道は25~27日に大荒れの天気になるとみられ、 日本気象協会北海道支社は「見通しの全くきかない猛吹雪になるところもある」などと警戒を呼び掛けている。  札幌管区気象台によると、25日に二つの低気圧が日本海と本州の南側から三陸沖をそれぞれ急速に発達しながら北東へ進み、...
»続きを読む
カテゴリー:

「土砂災害」の画像

もっと見る

「土砂災害」の動画

Wikipedia

土砂災害(どしゃさいがい)とは、大雨地震に伴う斜面崩壊(がけ崩れ・土砂崩れ)、地すべり土石流などにより人の生命財産が脅かされる災害火山の噴火に伴う溶岩流火砕流火山泥流を含める場合もある。goo国語辞書「【土砂災害】」、2016年10月22日閲覧。(原典:松村明(監修)デジタル大辞泉、小学館)。

定義

地表の斜面を構成する岩石重力を受けており、何らかの要因により不安定になると下方へ移動する。その様式には、落石、地すべり、崩壊、流砂、土石流などいくつかの種類がある。これらの現象は全て一括りにして、「マス・ムーブメント()」地盤工学会(2006年)、p.196、または「斜面移動()」、あるいは「(広義の)地すべり()」3つの国際学会とユネスコが設けた世界地すべり目録委員会は、滑り、落下、前方回転、伸張、流動を含んだ運動を総称して"''landslide''"(日本語訳:地すべり)と定義している。運動のタイプ、せん断タイプ、材料の3要素により細か...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる